f0106597_02091115.jpg

もう既に10日以上前の話ですが、今年もトスカーナに来てくれた母とお友達のTさんに見て欲しい風景があって、アンギアーリとサンセポルクロへ遠足に行きました。
8月半ばだったから渋滞しているかと心配していた高速もスイスイ。フィレンツェから車で1時間程のアレッツォのインターで降りて、40分程車で走るとアンギアーリです。

f0106597_02165829.jpg


【アンギアーリの真っすぐな道】
見えるかな?アンギアーリとその先のサンセポルクロの街の間には、まーっすぐ直線で伸びる道があります。道マニアの母にこの道を見せたかったんです。案の定、非常に喜んでいました。
写真はありませんが、この後、生地屋さんブサッティで、多分2時間くらいタップリとお買い物。リネン好きのTさんも、ここのコットンとリネンをあわせた素朴な生地を気に入ってくれて、しょっぱなからテンションが上がる!私は母とお揃いのエプロンをオーダーしました♩届くのが楽しみだなー。


f0106597_02212480.jpg

【石畳の街なみ】
中世の面影がそのまま残るアンギアーリの旧市街地。そして・・・


f0106597_02224036.jpg

【植木上手の方のお庭】
をチラリと拝見(笑)一年中お花が絶えること無く咲いています。

それにしても二人とも健脚。
石畳の坂道もサクサク歩いちゃいます。この後、サンセポルクロに移動しました。

レンタカーで訪れられる方は、アンギアーリに着いたら、この真っすぐな道の坂を降りた途中右手にある駐車場をおススメします。大体、初めて来る人は旧市街地の上側にある駐車場に停めてしまうのですが、また坂を上って車を取りに戻らなくてはいけないし、結構混んでいます。ここの駐車場は意外と穴場で、旧市街地に直接アクセス出来る階段があるのでとっても便利です。

ちょっと長くなるので、続きは後ほど・・・



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined









気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



# by lacasamia3 | 2018-09-01 02:28 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(2)

野菜まみれ


f0106597_07201271.jpg

ここ最近、ブログの更新が滞っていてすみません。
何だか夜遅くまで起きていられなくて、12時を過ぎると瞼が重ーくなって、キーボードが勝手にzzzzzって連打してしまいます(笑)。朝更新すれば良いのですが、朝は畑の野菜の収穫をしています。今年は豊作で置き場がない程の嬉しい悲鳴!

去年、一昨年は干ばつで全然ダメだったのが、今年は週に一度くらいの丁度良いタイミングで雨が降るので、インゲン豆とキュウリが特に豊作です。毎日↑大体この量、収穫しています。インゲンもキュウリも油断するとすぐ大きくなっちゃうから、どんどん収穫しなくては。
トマトはまとめてトマトソースを作ったり、生でそのまま食べています。

母達と過ごした夏休みの写真も整理しなくては。
近々アップしますね。

それでは・・・ブオナ・ノッテ♩


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






# by lacasamia3 | 2018-08-31 07:28 | フィレンツェで畑 | Comments(4)

「壊れたら直す」の精神

f0106597_18373872.jpg

母達の思い出に浸っている暇無く、アントネッロとユキが帰って来てからバタバタとしていました。
日曜日はいつもの通り水車小屋。メインの作業は、バンキーナと呼ばれる梁(テコの原理でタービンを上下させる梁)がたわんで壊れそうだったので、緊急修理でした。石臼である二枚の石の高さを調整して、石の回転スピードを早めたり遅めたりする粉挽きにはとても重要な部品の1つです。

f0106597_18373762.jpg


これを新品と差し替えるには、丁度良い固さの材木を見つけるのに時間がかかるので、とりあえず応急処置として、我が家の庭から出土した(何でこんなものがうちにあるのかは分かりませんが?)U字型の鉄の針を横から差し込み、ボルトで3カ所を固定。これで暫くは持ちそうです。


f0106597_18373890.jpg


勿論、ロベルトお爺ちゃんも。毎週日曜日の午前中はここに来るって決めたらしい。最高齢メンバー(パチパチ)。


f0106597_18373860.jpg


母達も3回手伝ってくれたのですが、毎回、「イタリア人って良く働く!」って驚いていました。


f0106597_18373838.jpg


皆、自分が出来ること、したいことを好き勝手にやってる。でもちゃんと出来てる。


f0106597_18373723.jpg



水車小屋は「壊れたら直す」の繰り返し。
壊れて直せないものって殆んどないんだなあ・・・と私は感心するばかり。


f0106597_18373899.jpg

小屋の前に咲いているサルスベリ。
イタリア語では何と言うのかな?今度聞いてみよう。その名の通り幹はツルツル。

今日は爽やかな晴天のフィレンツェです。
朝晩は一枚着ないと寒い位。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2018-08-27 18:53 | 水車小屋物語 | Comments(1)

インゲン豆が豊作です

f0106597_05123964.jpg

母とTさんは今朝、元気に日本に到着しました。
本当に旅行運の良い母。台風の合間をすり抜けるようにして、行きも帰りも問題なしでした。帰ってすぐに、電話でまた来年の話してた(笑)。
76歳になってもこうして元気で来てくれること、本当に感謝しています。そして、母と一緒にいつも来てくれるTさんにも感謝。

二人が今回一番喜んだのは、豊作だった畑のキュウリとトマトとインゲン豆だったようです。(上はインゲン豆の苗に埋もれるラーラ)
f0106597_05135744.jpg
毎朝1キロ以上のインゲン豆と大きなキュウリが3〜4本、ズッキーニやトマトも沢山採れるので、収穫が楽しかったようです。食べるのも大変だったけど。

f0106597_05161845.jpg
沢山採れてもアントネッロとユキは居ないし、もう母達も帰ってしまったので、お隣のパオロの所にも随分と持って行きました。
キュウリもインゲンもズッキーニも、ちょっと油断すると巨大になってしまうから、マメに収穫しなくては。どうやら今年は、夏も適度に雨が降ったことが豊作の原因だったようです。近年あれほど悩まされたカメムシも殆ど見かけません。

来年も母達のために色々植えようっと♩


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






# by lacasamia3 | 2018-08-23 05:21 | フィレンツェで畑 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho