ラーラと散歩

ラーラと散歩_f0106597_21332186.jpg

またちょっと時間が空いてしまいましたが、元気です。
クリスマスシーズンで2週連続で水車小屋のイベントが続いていてバタバタしています。

昨日は、久しぶりに雨が降らなかったのでラーラとお散歩。

ラーラと散歩_f0106597_21343934.jpg

この嬉しそうな顔を見ると、どんなにバタバタしていても、お散歩に連れて行ってあげたくなる。

ラーラと散歩_f0106597_02395850.jpg
↑ドロドロ(涙)

しばらくお散歩に行ってなくても、「もしかしたら今日は行くかも?」ってわくわくした顔で毎日私を見上げる、希望を失わない(?)犬のポジティブな性格って素晴らしい。

ラーラと散歩_f0106597_02403344.jpg


明日は水車小屋の仲間と近くの村のクリスマスマーケット。屋台でパンやスキアッチャ-タ、粉を売ります。今晩は我が家でそのためのパン焼き。10時に持っていきたいから、朝4時起きでパン焼きという、本物のパン屋さんみたいな時間設定。たった15個だけど、私にとっては最高数。うまく焼けるかなあ・・・

頑張ります!


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






# by lacasamia3 | 2019-12-20 22:42 | イタリア犬物語 | Comments(0)

ニューフェイス登場

ニューフェイス登場_f0106597_08202779.jpg

今年、17才の老犬を看取った友人Mちゃん。
先日、縁あってボクサーのパピーをお迎えしました。親戚のブリーダーさんの所で、少し白内障があり、顎の骨がやや傾いてる為に、売る事が出来ない子を迎えたのだそうです。

ニューフェイス登場_f0106597_08204451.jpg

イタリアではホームセンターなどでペットが売られていることはないけれど、ブリーダーは存在します。そして、こうした、ちょっとした外観の違いや病気のためにはじかれてしまう子もいるんだなあ。
この子はMちゃん宅に迎えられて、きっと幸せになる事でしょう。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2019-12-15 08:19 | 私の独り言 | Comments(2)
フィレンツェのクリスマスツリー点灯式_f0106597_21405493.jpg

聖母マリアが懐妊するインマコラータ(聖母マリアの無原罪のお宿り)の祝日、12月8日は伝統的にクリスマスツリーやプレセーペの飾りつけをする日です。
すっかりその事を忘れて、フィレンツェのアパートのチェックインに行き、銀行に寄ろうとして、凄い人混みに焦る私。日本のラッシュアワー並みでした。ドゥオーモ広場の近くで、わー!という
歓声と共にツリーがパッと点灯。時計を見たら17時39分 (何と言う中途半端な時間)

フィレンツェのクリスマスツリー点灯式_f0106597_21413530.jpg

17時30分点灯が予定点灯時間だったそうですが(それもまたキリの悪い時間)スピーチが長引いて遅れたのか、遅れて到着する人を待った気遣いか?(多分前者) まあ、テレビ番組の時間だってめちゃくちゃだし、国営放送の大晦日のカウントダウンすら実際の時間に合わせられないイタリアなので、このあたりは別に揃える必要性はない様です。

フィレンツェのクリスマスツリー点灯式_f0106597_21415094.jpg


実際、このモヤモヤをアントネッロとユキにぶつけてみましたが、分かってもらえなかった(爆)



トルナブオーニ通り、フェラガモ本店前のサンタトリニタ広場も豪華なイルミネーションでした。
何故かローラースケートを履いたサンタ集団に遭遇。


昨晩に続き、今晩も救急車の夜勤です。
ううう... パジャマ着て家のベッドで寝たい。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2019-12-10 21:39 | フィレンツェという町 | Comments(2)

ぐらっと揺れました

ぐらっと揺れました_f0106597_04031398.jpg


揺れたというよりズドンと家にトラックがぶつかったような衝撃。久しぶりの地震でした。

今朝の早朝4時に、震度4の地震がありました。多分我が家は震度3位だったのかな?ラーラが騒ぐので、アントネッロはそれから眠れなくなったようで、起きてしまいましたが、私はそのまま再び2度寝。我が家は震源地から少し離れていたので、それほど揺れませんでした。フィレンツェでも少し揺れたようで、朝、仕事でフィレンツェに行ったら、どのバールでもその話で持ちきりでした。

イタリアでは耐震構造になっていない古い建物ばかりなので、結構、ちょっとの地震で建物に影響があります。フィレンツェの街の中で大きな地震があったことはないけれど、山の方ではたまに地震の被災の歴史を持っている地域があります。
今回の震源地は、フィレンツェの北側、アペニン山脈のふもとのムジェッロ地方です。水車小屋のある村、サンタガタ村の北側が震源地なのだそうです。とっても心配になって、午後ちょっと車で行ってみたのですが、外壁も内側も亀裂等はなく、目で見える被害はありませんでした。棚の上のものも崩れたりしていなくて良かった。オーナーさんのお宅は一部、壁の漆喰にヒビが入ってしまった部分もあったようです。

フィレンツェから北側に向かう列車は午前中、線路の安全確認のために、全てストップしてしまうし、震源地の人たちは、怖くて、車で寝た人が多かったのだとか。

先ほど、救急センターから電話があり、余震に備えて、この地域の警戒レベルが上がっているため、救急車の待機台数を増やすのだそうで、今晩のシフトに入るように頼まれてしまいました。うーむ。晩ご飯後に救急センターに行って、今晩は泊まりです。

ふと、東日本大震災の時のことを思いました。
広範囲にわたり酷い被害が発生したあの地震では、他の地域や自衛隊からの応援もあったでしょうが、きっと地元の救急隊員の方は、かなり無理なシフトで頑張られていたんだろうなって思います。救急車が何台あっても足りなかっただろう。もうすぐ9年が経とうとしているけれど、あの時、医療分野に限らず、あらゆる分野で働いていた人が皆、ギュッって頑張った時間、私は実体験はしていないけれど、遠いイタリアから応援していたし、祈ってた。普段は心の奥にしまっているけど、たまに思い出します。


ぐらっと揺れました_f0106597_04024421.jpg


「えへへ、早めのクリスマスプレゼント、もらっちゃいました♩」
ロン毛のくせに寒がりのラーラ。フワフワの毛布でご機嫌です。

さ、ちょっとシャワー浴びて、支度しとこ。何事もなく、皆が安心して眠れますように・・・


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2019-12-10 04:34 | フィレンツェという町 | Comments(0)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho