田舎モードな1日

f0106597_06083017.jpg


台風の次は地震と自然災害が続いていて、とても心が痛みます。まだ捜索作業が続いているとのこと。行方不明になっている方が無事で救出される奇跡を心から祈っています。そして、一刻も早くライフラインが復旧しますように。

f0106597_06253038.jpg


トスカーナにはブドウの季節が到来しました。
今年は実の付きが今までにない程で大豊作です。これでもかなりの数の房を剪定しました。

f0106597_06261968.jpg

畑のトマトとキュウリ、インゲンも豊作です。
籠では足りなくて、箱で収穫に行く(笑)。毎朝このくらいの量が採れています。


f0106597_06261927.jpg

テーブルの下で何かを見つけたらしい・・・


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2018-09-07 06:30 | フィレンツェで畑 | Comments(3)
f0106597_18262729.jpg



母たちがフィレンツェに居た頃はまだとっても暑かったのに、今はもう涼しくて、そろそろ長袖のブラウスでも良いかな〜?などと思ってしまう位の気温です。
朝晩は結構涼しくて、朝方、アントネッロに布団を取られて寒くて目が覚めるので、もう一枚かけなくては。

写真は母達と夕方のフィレンツェへアペリティーボをしに行ったボルピ・エ・ウーヴァ。ヴェッキオ橋のすぐそばのお店です。夕方はとっても混むので、予約を入れた方がベスト。


f0106597_18300671.jpg
色々なものをちょっとずつつまめるのがアペリティーボの楽しい所。
おしゃべりにも花が咲きます。
これは、アーティチョークとストラッキーノチーズのブルスケッタ。




f0106597_18290894.jpg

このプロシュットの美味しかったこと♩



f0106597_18285894.jpg

写真を撮るのを忘れましたが、テーブルパンも美味しいんですよ。
オリーブのせのサラダも皆でシェアして。

もう一品、トリュフ風味のサルシッチャをのせたクロストーネも頼みました。

人ごみが苦手な二人ですが、アッレ・グラーツィエ橋から川沿いに歩く夕方のフィレンツェはなかなか快適でした(行きは暑かったけど・笑)。
外でアペリが出来るのもあと一ヶ月半くらい。ワイン&おつまみ大好き♩という方にお勧めです。

Le Volpi e l'Uva
レ・ボルピ・エ・ウーヴァ
Piazza dei Rossi 1R, Firenze
055-2398132


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



# by lacasamia3 | 2018-09-05 03:41 | フィレンツェという町 | Comments(1)
f0106597_05372085.jpg


水車小屋の部品の1つで、タービンを支える梁がたわんできてしまったので、先日、一時的な緊急メンテをしました。でも最終的には新しく作りなおして替える必要があります。加工はアントネッロがやるにしても、材料となる材木自体の資金80ユーロが必要になりました。

20人くらい有志が居るから、80ユーロ集めるのであれば、1人5ユーロ払えば済むことで、素早く出来るのですが、水車小屋グループはそういう考えは出て来ない。

村で今週の土曜日に「ブラックベリー祭り」が企画されていることを知り、急遽、そのお祭りに参加することにしました。
そしてお祭りの当日の朝、それぞれのメンバーがブラックベリーを取りに行く(各自秘密のポイントがあるらしく、誰も何処に行ったか言わない・笑)。私はSちゃんに誘われて二人で眺めの良い丘へ。気持ち良いな〜。

f0106597_05364172.jpg


おおー、あるある。
実がしっかりしていて、ジューシーでとても甘いです。


f0106597_05434433.jpg

皆で力を合わせて、沢山採れました♩


f0106597_05450832.jpg

私の畑のインゲン豆も♩
それぞれの畑のリンゴやいちぢくも集まりました。


f0106597_05454241.jpg

1日中、スタンドに立って、ブラックベリーや野菜を売って、最後は目標額の倍を稼ぐことが出来ました!
疲れたけど、引っ搔き傷だらけになったけど、Tシャツにはブラックベリーの汁のシミがついちゃったけど(涙)達成感一杯の土曜日でした。




美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2018-09-03 05:49 | 水車小屋物語 | Comments(6)


さて、アンギアーリを満喫した私たちは、車で20分程の場所にある、サンセポルクロという街を訪れました。


f0106597_04040991.jpg



【回廊の静寂とフレスコ画】
とっても静かな回廊です。サンセポルクロは、トスカーナ州の端に位置しており、マルケ州とウンブリア州との県境なのですが、この静かな回廊は、以前訪れたウンブリア州で見た風景を思い起こさせてくれます。


f0106597_04093818.jpg


このフレスコ画を描いた人、愛でた人、大切に保管した人、修復した人・・・多くの人の手を経て、今、私が見ることが出来ている、そのことだけでも奇跡のよう。


f0106597_04112894.jpg


「これは絶対に小麦の袋だっ!」と最近、粉挽きにはまっている私は断言したい。


f0106597_05131304.jpg


【ハーブの香りと古道具の美しさ】
勿論、サンセポルクロの一番の見所は、ハーブ博物館。
所々に良い香りが漂っているので、心から癒されます。そして昔から大切に使われて来た道具の美しさも堪能しました。


f0106597_05421076.jpg

最後の休憩はここ。老舗のカフェ、パスティッチェリーア・キエーリ


f0106597_05455582.jpg

以前、ハーブ博物館の受付の女性に「サンセポルクロの美味しいお菓子屋さんは何処ですか?」って聞いたら、ここを教えてくれたんです。それ以来、必ず立ち寄っています。

f0106597_05444810.jpg

ジェラートの上にエスプレッソコーヒーを注いだアッフォガート。


f0106597_05492200.jpg

【トスカーナのヒマワリ畑】

トスカーナではヒマワリは7月末から8月上旬が見頃なので、行きの車の中からは既に花が終わりかけで下向きになってしまったヒマワリ畑ばかりだったのですが、バイパスに乗る直前に綺麗に咲いている畑を見つけました。


f0106597_05513640.jpg


大喜びの二人を見て私も嬉しい♩

この日は見せたかった風景を全て見てもらえました。
あとちょっと、母との夏休み話が続きます。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




# by lacasamia3 | 2018-09-01 05:53 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho