トスカーナの湖で涼む

f0106597_14440881.jpg


一昨日から猛暑が始まったフィレンツェ。さすがに我が家も上の階はかなり暑くなりました。でもリビングとキッチンは冷房なしですが涼しいです。朝は寒くて上着を着る程。石造り+山の中だと夏はかなり快適です。
この暑さだったらきっと夕方の湖は気持ちが良いだろうなあと思い、晩ご飯をお弁当箱に詰めて、家族三人+ラーラで近くのビランチーノの湖へGO!

やっぱり〜。夕方は殆ど人が居なくて、水温はかなり高いので気持ちが良かったです。
夕食前のひと泳ぎ♩

Lago di Bilancinoと呼ばれるこの湖は、フィレンツェに水を供給するためのダムとして作られた人工湖ですが、遊泳出来る場所があります。
今年は雨が多かったので水がたっぷり。
先日、近くの村で行なわれた考古学のイベントで面白い話を聞きました。このダムの工事が1984年から1999年に行なわれたのですが、工事が始まる前に、大規模な考古学の発掘調査が行われたのだそうです。その時の発掘調査の経験が現在のムジェッロ地方の考古学についての基盤となったそうです。当時若者だった人々が、現在は活発に出土品の管理保存と考古学イベントの開催に携わっています。

ダム工事が開始される直前、ブルドーザーが既に用意されていた状況の中で行なわれた発掘作業で、石製の乳鉢と乳棒が見つかりました。当時の考古学発掘の手順だと、出土品を洗浄して調査するのが通常だったのですが、「幸い」この2品は時間がなかったので泥がついたまま包装されて倉庫に保管されていたのだそうです。
近年、倉庫の調査(倉庫からも貴重な品が出てくるんだそうで・笑)で、この乳鉢と乳棒が注目され、ボローニャ大学が新しく購入した機械を試すと言う目的で。ボローニャ大学に貸し出した所、紀元前3万年のもので、乳鉢のくぼみデンプン質が検出されたそうです。さらに検出されたデンプン質は沼地に生えるティーファ(蒲)と呼ばれる植物の根であることが分かりました。洗わなくて良かった!

この出土品は9月に水車小屋の近くの村の美術館で展示されるそうで、出会えるのが楽しみです。

f0106597_15180514.jpg


水辺で乾杯♩
おにぎりと野菜のオカズで大満足。
f0106597_15182135.jpg

ビビリのラーラも波がないので、足が届く範囲で水に入っていました。



f0106597_15184809.jpg


帰りがけに近くの村のおいしいジェラート屋さんでジェラート♩
わ、もらった瞬間に溶け始めた。

今日は家に籠って翻訳の仕事です。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2018-08-01 15:14 | Comments(2)

水車小屋レスキュー隊

f0106597_13392033.jpg


先日のゲリラ豪雨で水車小屋の水路に小石や土砂が沢山溜まってしまいました。このままでは水車が回せないので、週末レスキュー隊出動!
男共は泥と小石をかきだしてバケツに入れ、上に持って行き、水車小屋の前の道に出来てしまった穴に埋める。


f0106597_13394286.jpg
これが結構な力仕事。
お疲れさま。

近年の地球温暖化の影響で起こる異常気象の被害を受けたとき、石造りの建物でも回復するのがとても大変なのに、日本の木造家屋が水に浸かってしまったら、住んでいる人の苦労は相当なものだと思います。しかも湿気の多い日本の夏で。


f0106597_13401437.jpg

マルゴー!!白い犬が茶色くなってた(笑)。この後、ずぶずぶと首までしっかり浸かってました。




f0106597_13404271.jpg

女性陣はパンを作るお部屋のお掃除。綺麗好きなイタリア人女性ってお掃除がとっても上手です。



f0106597_13410326.jpg
「見てみて〜!ちょっと日本風でしょ?」と言われた。彼女達の日本のイメージは、「キチンと畳まれた布巾」みたいです。


f0106597_13413131.jpg
お昼のデザート、巨大スイカがプールで冷えてます。

f0106597_13415560.jpg

作業が終わって皆でワシワシランチ。
8月は毎週末水車小屋に行くことになりそう。次回の作業は、パンを作る部屋と石窯の前のスペースの壁を、水でも洗えるように破水効果のあるペンキで塗り直すこと。粉で汚れ易いので、こうすれば簡単にお掃除が出来て清潔に保つことが出来るからです。

充実した心地よい日曜日でした。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2018-07-30 13:38 | 水車小屋物語 | Comments(6)


f0106597_22324739.jpg


さて、バカンス2日目は、spiaggia dei cani (ドッグビーチ) にいきました。無料のビーチで、ワンコを連れて行けます。
そうそう、今回のプチ旅行にはラーラも連れて行ったんです。別荘にはAちゃんの愛犬で大型ゴールデンレドリバーのマルゴも来ていたので、犬二頭! どうなるかとちょっと心配でしたが、上手に共存してました。

f0106597_23480639.jpg


海が大好きで泳ぎが得意なマルゴ。素潜りも出来て、海底の大きな石をくわえて持ってきます。

f0106597_23514852.jpg


棒を投げて取ってこーい!っていう遊び。

f0106597_00015498.jpg

波にも負けない。

f0106597_04192116.jpg


えーっと、えーっと.. それは棒でなくて、丸太ですね?



結構遠くまで泳いで行って丸太をくわえて戻って来るマルゴ。ゴールデンって本当に泳ぎが上手ですね。手のひらには水かきが付いています。


f0106597_18223387.jpg


この奥の子も棒を飼い主の所に持ってくのかな?
ドッグビーチと聞いて、ワンコが群れたり吠え合ったりして大変なことになるのでは?とちょびっと心配していましたが、ぜーんぜん。かえって、人間用のビーチよりも静かで、綺麗でした。確かにドッグビーチにワンコを連れて行こうと言う飼い主の大半は、犬をとても大切にしている人たち。可愛がっている犬は放置せず、ちゃんと目で追っているから、ちょっと座り込んで用を足そうとしていたらすぐにビニール袋を持って来て回収。ペットボトルや煙草の吸い殻などのゴミも全然ありませんでした。



f0106597_18230232.jpg


犬達は、広いスペースでのびのび(↑わ、どろんこ・笑)。きっと狭いスペースでリードで繋がれて他の犬と遭遇するとまた違うのでしょうが、この広い空間で、飼い主様と遊ぶのに忙しいと、他の犬にちょっかい出している暇ないのかも。


f0106597_18233956.jpg


犬見知りのラーラも、凄くリラックスしていました。
一瞬「お尻のにおいをかがせてくれい!」とおじさん犬が寄って来たのですが、凄いスピードで逃走。速く走れば逃げられると言う気持ちが、ラーラの中で余裕を生んだようで、全然大丈夫でした。




f0106597_18341649.jpg

のんびり楽しんでいる犬を見て、私たちもノンビリした気分になれました。
ピオンビーノのPerelliという海岸です。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2018-07-27 22:29 | イタリア犬物語 | Comments(2)
f0106597_18092954.jpg

先週は金曜日の夜から土日にかけて、友人同士3家族でトスカーナの海の別荘に行きました。フィレンツェから車で2時間半程の場所にある、サンヴィンチェンツォというティレニア海側の小さな街です。
Aちゃん夫妻の別荘は寝室が3部屋もあり、砂浜から10秒というベストロケーションでした。
f0106597_18100251.jpg

それにしてもイタリア人のヴァカンスの過ごし方って・・・
日本を長く離れていると、日本で過ごすヴァカンスってどうだったかな?って記憶がモヤモヤ曖昧になって来るのですが、友人同士でヴァカンスに出掛けた場合、昼寝タイムってあるのでしょうか?

f0106597_18113469.jpg

昼間はビーチに行って、散歩したりお喋りしたり、プカプカ海の中に浮かんだり、ワシワシ泳いだり。で、お昼前に料理係(勿論アントネッロ)が魚を仕入れに魚屋に行き、皆でご飯を作って食べる。ちなみに、メニューは、魚介のリゾットとタコとジャガイモの温かいサラダでした。タコがとっても柔らかくて美味しかったなあ。

午後2時頃から4時頃まで、それぞれが自分の寝室に戻って「寝る」。しかも窓を閉め切って、パジャマっぽいの着てかなり本気で寝ます(笑)で、最初に起きて来た人がコーヒーを淹れて、コーヒーの香りにつれられてそれぞれがちょっとずつ起きて来る・・・みたいな。
予定を詰め込んで、「はいっ、じゃあこの時間にここに行きましょう!」という計画性は全く無くて、これから何処行く〜?とその場で相談します。

夕方は、ヨットハーバー沿いのカフェでアペリティーボして、お散歩。晩ご飯は遅めにピザと魚のフライを食べに行く。
f0106597_18182376.jpg

なーんにもしなかったけど(爆)凄くノンビリ出来た週末でした。イタリア人ってバカンスの過ごし方がとっても上手だと思います。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



# by lacasamia3 | 2018-07-27 18:20 | トスカーナ山暮らし | Comments(7)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho