<   2020年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

イタリア封鎖20日目

イタリア封鎖20日目_f0106597_05231416.jpg



<花は生活必需品>

イタリアは全国封鎖から20日間が経とうとしています。
今朝はちょっと車に乗りたかったので、私が買い物に出掛けました。封鎖の間、買い物は一人で行く事が義務付けられています。基本的には自分のコムーネ(市町村)から出る事が禁止されています。ただうちの村の場合、村の中に小さな商店しかなくて、村人の需要を満たす事ができないので、特別に市長が最寄りの一番大きいスーパーまでは行けるように許可を取ってくれました。



イタリア封鎖20日目_f0106597_05250769.jpg

花は生活必需品に入るそうで、苗屋さんは通常営業をしています。お願いする届けてくれるのですが、今日はお店に行って花を選びました。嬉しくて、色々買っちゃった♩
ソラマメの苗もありました。1枚目の写真は苗屋さんの看板猫(笑)

今日のスーパーでの買い物は、
トイレットペーパー、シャンプー、牛乳、果物、野菜、洗剤、モッツアレラチーズ、揚げ油、レンズ豆、豚肉、小麦粉、パスタ、トマト缶、ワイン10リットル(5リットル箱x2箱)、唐辛子の種(園芸用)、コーヒー、ラーラのご飯

入り口では相変わらず人数制限をしているので、2メートル間隔を空けて並び、10分ほど待ちますが、入ったら中は空いていて快適です。
特に品薄なものはありません。パスタも、トマト缶も、いつものように色んなメーカーのものが棚に大量に並んでいます。肉や野菜、オリーブオイル、ワイン、パン、小麦粉もたっぷりありました。
気づいた変化は、今までスーパーの中の肉屋さんがお願いするとカウンターで好きな部位を切ってくれたりしたのですが、今はスーパーで予めパック包装した肉のみが売られています。



イタリア封鎖20日目_f0106597_05240339.jpg

お昼は、アントネッロが見つけた野草(名前忘れた・笑)、赤ラディッシュ、人参に冷蔵庫に残っていたチーズを混ぜたサラダ、それにパン。



イタリア封鎖20日目_f0106597_05262794.jpg

<完全封鎖から7日目>

会社なども、生活に密着する職業(食品製造業、農業、運送、医療)以外の職種は先週から完全にストップしています。
「うおー!納期がっ」と一瞬頭を抱えたアントネッロですが、そこは立ち直りが早い(ユキと似てる)。早速、我が家が工事中(笑)



イタリア封鎖20日目_f0106597_05282044.jpg

かなり本気の工事(汗)
17年間見ぬふりをしていたテラスをやっと直す気になったようです。
あ、フローリングは既に完成しています。壁塗りがまだですが、今度アップしますね。



イタリア封鎖20日目_f0106597_05291965.jpg

<家から200メートル>

犬の散歩は家から200メートル以内と定められているようです。普段も誰もいないけど、試しに家から200メートルの場所にラーラの散歩に行ってみました。やっぱり誰もいない・・・

今回外出してみて気がついたのは、ガソリンの値段がずいぶん下がっている事。1ユーロ39セント(約166円)。今まで1ユーロ60セント前後だったから、これはかなりの変化です。外出制限があって人が移動しないし、飛行機も飛んでいないから消費が少ないんでしょうね。

あと、スーパーでお洒落な手作りマスクしている人をちらほら見かけました。もう普通のマスクが手に入らないから、手作りマスクの出番ですね。これでも他の人に飛沫を飛ばさないという効果があるから、役に立っていると思うな(効果は使い捨ての普通のマスクも同じです)

元々、封鎖は4月3日までだったけれど、4月18日まで伸ばされました。
20日も家に篭っているけれど、暴動が起きたり、規則を破る人が多発したすることはありません。皆、規則を守って家でジッとしています。今の時間を利用して、困っている人を助けるボランティア活動に参加する人も増えてきました。

イタリアに住んでいる皆さん、まだ先は長いけど、ちょっとずつ希望の光が見えてきたと思いませんか?(私には見えてる)
あと少し、自分のためにも、自分が大切にしている人たちのためにも、家に留まって一緒に頑張りましょう。



今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2020-03-31 05:22 | トスカーナ山暮らし | Comments(31)

ミミズになりたい...

ミミズになりたい..._f0106597_03365612.jpg

昨晩は出動はなく、朝までぐっすり眠れました!私のジンクス更新中(笑) 。
今日は、先日届いた苗を温室に植えました。久しぶりに畑の本を引っ張り出して...


ミミズになりたい..._f0106597_03374522.jpg


ズッキーニとキュウリ


ミミズになりたい..._f0106597_03382535.jpg

アーティチョーク、レタス、赤玉ねぎ


ミミズになりたい..._f0106597_03391396.jpg

温室のビニールが破けていたり、ガラスが割れていたところは、アントネッロが直してくれました。




ミミズになりたい..._f0106597_03422324.jpg


去年はこの時期、仕事忙しくて温室までできなかったもんな〜。
畑に夏野菜を植えるのがやっとでした。


ミミズになりたい..._f0106597_03400671.jpg


朝から夕暮れまで思いっきり畑をやって、気分爽快。
今はまだスカスカですが、この封鎖が解除される頃には少し賑やかになって来るかな?


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2020-03-30 03:35 | フィレンツェで畑 | Comments(12)

花を植えて種をまいて

花を植えて種をまいて_f0106597_01302028.jpg



今週は雪も降ったのに、今日はポカポカ陽気の晴天でした。
火曜日に近所の人とまとめてオーダーしていた苗を苗屋さんが届けてくれたので、いよいよ植えよう♩
パンジー(本当は小さめのビオラが良かったのですが、「適当にある花を6鉢持ってきて」って行ったらパンジーを持ってきてくれました。うん、これも悪くないかも)、バジル、イタリアンパセリ。温室用の野菜の苗も届きました。



花を植えて種をまいて_f0106597_01314386.jpg

アントネッロが作ってくれた園芸用のふるい。グリーンコンポストから石や木の枝などを取り除くのにとっても便利です。



花を植えて種をまいて_f0106597_01323741.jpg
ルッコラのタネも蒔きました。



花を植えて種をまいて_f0106597_01333981.jpg

花があるって良いなあ・・・元気な黄色、気持ちがワクワクしますね。


花を植えて種をまいて_f0106597_01343966.jpg


お昼は庭で収穫した西洋タンポポ。



花を植えて種をまいて_f0106597_01365491.jpg

ちょっと肉料理が続いていたので、デトックスです。
美味しいな。

今日は一日屋外に居たので、思いっきり光合成ができました♩

今晩は夜勤です。毎回、安眠祈願厄除け不動の私がシフトに入ると、不思議とサイレンが鳴らない(誰も怪我をしない、急病者が出ない)というジンクスがあるんです(笑)。大丈夫!きっと今晩もぐっすり眠れるはず。後ほど行ってきまーす。




今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪








by lacasamia3 | 2020-03-29 01:27 | トスカーナ山暮らし | Comments(22)
皆ちょっとずつ寂しがってる_f0106597_06104360.jpg


今日はアントネッロの誕生日でした。うちはいつも家族で祝うから、例年通りだけど、プレゼントを用意できないのが残念。ユキは山盛りのシュークリームを焼いてくれました。

嬉しいこともあったけど、悲しいことも。

ここ数年、闘病生活を過ごしていたユキの大親友のEちゃんのお父さんがご自宅で昨日亡くなりました。ユキが「こんな時にEちゃんをハグ出来ないのが悲しい」って言ってた。うん、うん、わかるよ。電話やメッセージじゃ伝わらない気持ち。会ってぎゅって抱きしめて伝えたいよね。

今、イタリア人は皆、寂しがってる。お祭り好きで、人との距離が近くて温かい性格のこの国の人たち。今は村ですれ違っても、マスクをしたまま遠くから手を振るだけ。封鎖から2週間が経ち、皆、人の温かさを恋しがっていると思う。

今日はコロナ出動が2件。いずれも軽症だったけど、防護服着て、現場行って、患者を救急車で病院に運んで、救急車の除染して、またサイレンが鳴って、防護服着て...のループ。
ちょっと疲れたな。フィレンツェ市内の救急搬送はもっと大変なことでしょう。

今晩は、ちょっと早めに寝まーす。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2020-03-28 06:09 | フィレンツェという町 | Comments(33)

今のフィレンツェ

今のフィレンツェ_f0106597_00481191.jpg


今日は一日休み!のハ・ズ・がー!!! 風邪ひきさんのボランティアが出たため、穴埋めで午後のシフトに入りました。
コロナで大騒ぎですが、通常の病院間搬送やコロナ以外の救急出動もあります。外出禁止だから交通事故は殆ど無いけど。


今のフィレンツェ_f0106597_00485285.jpg


今日は外科手術の為に、ドゥオーモの近くの病院から郊外の病院へ、患者を搬送。どの病院もコロナ専用の受付、診察室、病床を設けているため、大きくレイアウト替えをしています。ストレッチャーを押しながら、グルグル迷う。救急外科が2階から5階に変更!!普段でもラビリンスなイタリアの病院ですが、今は余計に動物的勘が必要。


今のフィレンツェ_f0106597_00494579.jpg


今のフィレンツェはこんな感じ。誰も歩いていません。



今のフィレンツェ_f0106597_00500909.jpg


普段はツーリストが一杯いて、ウンザリする事もあるけど、こんなに人がいないとちょっと淋しい。
普段、よく渋滞する外環道路はガラガラ。

今のフィレンツェ_f0106597_00514710.jpg


これは去年の写真です。夕方、音楽を奏でる人、犬の散歩をする人、ツーリスト、レストランのテラス席でアペリする人...
とっても賑やかで美しいサンタマリアノヴェッラ広場。

今年の夏にはいつもの賑やかな広場に戻っていると良いな。


今のフィレンツェ_f0106597_03411357.jpg

<オマケ>
センターでの本日のオヤジ飯は、Nさん(女性)作のオッソブーコ。ううう... アントネッロが晩御飯作って待ってるから食べて行けないけど、美味しそうな匂いが充満してます。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2020-03-27 00:47 | フィレンツェという町 | Comments(17)

雪_f0106597_05315840.jpg

昨晩からチラチラ降り始めた雪は今朝5センチくらい積もりました。
チェーンをつけてソロソロ降りて、救急車の朝番へ。

もう最近は毎日のようにコロナの出動があります。今朝も11時頃に一件入り、出動しました。
54歳の男性。発熱はあるものの歩けるので家の入り口から救急車まで看護師が付き添って徒歩で乗り込みました。雪に包まれた歩道を歩いてくる白い防護服を着ている看護師が「僕、保護色になってるよ」って言ってて可笑しかった。血中酸素が低かったので病院搬送ですが、このような方のうち重症化する方はほんの一部で、残りは病院で陽性検査をした後、体調が安定したらすぐに自宅隔離となります。

その後、中央センターに行って防護服とマスクの替えをもらって、うちのセンターに戻り、除染作業。これが結構大変。あらゆる表面を消毒液で濡らし、ペーパーで拭き取ります。



雪_f0106597_05332284.jpg


3時頃家に戻ったらすっかり雪が溶けていました。
チェーンをつける必要がなくてよかった。



雪_f0106597_05342499.jpg

↑この方、いよいよ今日から4月3日までお休みです。
これから手の込んだ料理が毎日食べられると思うと楽しみですが、大幅な体重増加も怖い(笑)。今、移動制限で他のイタリア人も、お菓子を手作りしたり、パスタを打ったりして、小麦粉の消費量が並みじゃないそうです。皆、制限が解除されたら、ちょっと丸くなってるね(爆)

雪_f0106597_06340148.jpg

1日目の今日は、手打ちタリアテッレ





雪_f0106597_05360475.jpg

ソースはイノシシのラグーソースです。
1月にうちの敷地内を通って狩場に行くハンター達に、お肉の塊を分けてもらったんです。フリーザーで冷凍していたものを解凍して、午後中、薪ストーブで6時間煮込みます。



雪_f0106597_05371993.jpg

我が家恒例の山盛りパスタ♩




雪_f0106597_05405936.jpg

お肉はセコンドとして食べました。
ワイルドで美味しいな。脂身は甘みがあります。




雪_f0106597_05420181.jpg

明日の朝食用のビスコッティまで作ってくれた。
これはアントネッロのお母さんのレシピだそうで、長方形のバットに生地を敷いて焼いて、それを切り分けたもの。ベーキングパウダーが入っているので、ソフトタイプです。素朴で美味しいな。

明日は一日お休みなので、パソコンで仕事をしたり、家の掃除をしようかな。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2020-03-26 05:30 | 山の食卓 | Comments(24)

昨日は、私は家に朝の6時に着いて、仕事に出かけるので起きてきたアントネッロと入れ違いでした。

そのまま午後まで寝ようと思ったのですが、昼前にお腹が空いて目が覚める。キッチンから美味しそうな匂いがしてきたので、パジャマのまま降りていくと、ユキがハムとチーズを沢山挟んだボリュームタップリのホットサンドを作ってくれていました。美味しい〜。

ぼーっと熱々のホットサンドを食べながら、ベルガモでの搬送のことを思い出す。

毎回、搬送した患者の顔を、たまに頭の中で反芻して、出来るだけ忘れないようにしています。
新聞やネットでは、重症者とか、感染者とか、死者と数字で書かれるけど、実際には数じゃなくて、それぞれが、私たちと何一つ変わらない、今まで自らの人生を過ごしてきた人たちです。ゴツゴツした大きな手で畑をやっていたのかな?とか、綺麗に切りそろえられている髪の毛は病気になる直前に散髪をしたのかな?とか、深夜の高速を走る救急車の中で、人工呼吸器のチューブに繋がれて鎮静された無言の患者の顔をじっと眺めながら想像します。看護師が手袋をした手で、そっと男性の乱れた前髪を優しく整えてあげました。彼女もあの時、私と同じことを考えていたのかも。

詳細は書きません。でも、目の前にいて生死の境をさまよっている患者のカルテを見るとウイルスの進行のスピードに驚かされます。それでも、この人たちの中には自発呼吸ができるようになって少しずつ回復していく人もいるでしょう。

こう書いたら誤解を招くかもしれないけれど・・・私はウイルスは細心の注意をする必要があるものだとは認識していますが、それをむやみに怖いと思ったことはありません。怖くはないけれど、私たちの生活や人々の健康をガラリと変えてしまったこのウイルスに対して、心の底から怒りのようなものを感じます。多分、その怒りが、搬送に対するエネルギーになっているのだと思うのです。
ドクターも、看護師も、ドライバーも、皆、心のどこかでそんな怒りを情熱に変える部分があるのだと思います。それは集中治療室の医療スタッフも同じかもしれません。お互いに敢えてそんなことは言わないけれど。
その情熱を毎回彼らと一緒に感じたいから、私は、依頼の電話があるとすぐにセンターに駆けつけてしまうのかな。



ホットサンドとニューシネマパラダイス_f0106597_06315925.jpg


午後はユキと映画「ニューシネマパラダイス」を見ました。
お互いに何故かぎゅーぎゅーにくっついて見た映画は、なんだかとっても温かくて、二人で沢山泣きました。



生きてて良かったって思った。



今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-03-25 06:31 | イタリア救急車ライフ | Comments(45)

ベルガモに到着する直前に、サービスエリアで最後の休憩をしました。

外にパトカーが停まっていて、中のバールにおばちゃんが一人。
今回のドライバーGさんは、めちゃめちゃトスカーナ訛りがあるおじさん。私がボランティアをやり始めた当初、Gさんが言ってる事が全然聞き取れなくて苦労しました。今も半分くらいしか分からないけど、大した事言っていないので問題なし(苦笑)。大事なことはイタリア語で言ってくれます。バールのおばちゃんに「あなた達、トスカーナから来たんでしょ?」ってすぐ当てられました(笑)トスカーナから結構頻繁に救急搬送に来ているので、おばちゃんも、私たちがベルガモの病院から他の地域の病院へ患者を搬送するためにトスカーナから来ていることを分かっているらしく、お会計の後で「有難うね!頑張ってね」って笑顔で送り出してくれました。

何故いつも夕方5時頃出発で、病院に8時か9時頃着くタイミングなんだろう?って思っていたので、ドクターに聞いたところ、病院側が一番忙しくない時間帯を狙うからだそうです。私がいつも見ている静かな夜の様子とは違い昼間の集中治療室はもっと忙しいのかも知れません。

ベルガモの病院はとても綺麗で、7棟で構成されている新しい建物です。最大1200床のキャパがあります。
今やどの病院もそうですが、ここでも新型コロナ肺炎専門の入り口から入ります。一般の患者、医療スタッフとは交わらないエレベーターと通路です。迎えに来てくれたスタッフは「もうこの棟全体が集中治療室になりそうな程だよ」って言っていました。
明るい集中治療室では、病院特有の電子音と共に、ラジオがついているのか、ポップス音楽が低めの音量で流れていました。スタッフは皆防護服を着ているので、遠くからでも分かるように、マジックペンで自分の背中と胸にグリグリと「エレナ」とか「ロベルト」と自分の名前が書いてあります。何だか可愛い(笑)。皆、防護服の上に更に緑色の手術用ガウンを羽織っています。そして手袋、ゴーグル、マスク着用。

病院のドクターと看護師、私たちが一緒に協力して、患者を病院のベッドから私たちのストレッチャーに移動させます。モニターや点滴の管、導尿カテーテル、人工呼吸器の挿管チューブがついているのでなかなか大変です。モニターの電極や人工呼吸器は私たちが持ってきた移動用のものに付け替えます。出発の準備ができたら、ストレッチャーを救急車に乗せて出発です。

今回の患者は62歳の男性。前回同様に、人工呼吸器をつけていて、深い鎮静状態にあります。移動中、ドクターと看護師が、数値を見ながら点滴を行ったり、鎮静剤の量を調整します。ベルガモからアレッサンドリアまでは2時間弱。
アレッサンドリアの病院でも、コロナ専用の入り口から入ります。迎えにきたスタッフが、「ここでも集中治療室で空きがある最後の1ベッドだよ」って言っていました。最後のベッドを隣の州の患者に譲る彼ら。有難う。患者は容態が安定しているので、うまくいけばもうすぐ人工呼吸器を取り外せるかも知れないそうです。お大事に。早く自発呼吸ができるようになって、ご家族と話ができるようになります様に・・・そうそう、イタリアの病院内で使われている俗語で、患者が回復して呼吸器を取り外すことをsvezzamento (乳離れ) って呼ぶんですよ

無事に患者を病院のベッドに移して、再びモニターの電極や人口呼吸器を付け替えて、救急車に戻ります。
私たちが上に行っている間にドライバーは救急車の中を完全に消毒液で拭き掃除し、戻ってきたストレッチャーやモニター、人工呼吸器も消毒液で濡らして紙で拭き取ります。その間、私たちは注意をしながら、防護服を脱いで、指定のゴミ箱に入れます。最後に完全に救急車を閉め切って消毒用のバルサンを炊いて15分待つ。これを夜中の2時に寒い病院の裏口でやるのは正直、結構辛い(苦笑)


 夜の高速と沢山の有難う_f0106597_00055064.jpg

フィレンツェに向かって戻る途中、真夜中のサービスエリアで最後の休憩。
晩御飯を食べる時間がなかったので、温めてもらったパニーノをパクリ。バールの男の子が「わざわざフィレンツェから搬送に来てくれて有難う。皆んなにキスしたいけど出来ないから、バーチ(キス)チョコあげるね」ってチョコを1個ずつプレゼントしてくれました。帰りの救急車の中で食べたバーチチョコは格別に美味しかった。




 夜の高速と沢山の有難う_f0106597_00062287.jpg

ドクターと看護師をフィレンツェに送って、朝5時半に、私たちのセンターがあるおらが村に到着。もう夜が明けてるよ。
Gさん、お疲れ様。長時間運転してくれて有難う。

皆さん、今日もブログを読んでくださって有難うございます。
ブログのリンクのシェアはご自由に行っていただいて構いません(というか、有難うございます♩)

テレビ局各社、週刊誌編集部より、ここ数日、日本から電話、メールなどでスカイプでの取材のご依頼をいただいていますが、取材は一切お断りしております。また、当ブログのいかなる写真、記事の転載、転用もお断りいたします。朝日新聞デジタル版でお伝えしたい事はお伝えしました。これからも、自分の目で見たり、実際に聞いたことだけを、このブログとツイッターのみで発信していくつもりですので、これをご縁にブログをお読みいただければ光栄です。また、イタリアがこの困難から抜け出した暁には、ご自分の足でイタリアに取材にいらしてください。食べ物が美味しくて楽しいイタリアを日本に発信して頂けたら嬉しいです。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2020-03-24 00:08 | イタリア救急車ライフ | Comments(67)
ベルガモに向かっています_f0106597_02481611.jpg


今日の17時にセンターから連絡があり、急に搬送が決まり、今、ベルガモに向かう救急車の中です。
今回のミッションは。呼吸器を付けたコロナ陽性患者をベルガモの病院からアレッサンドリア(ジェノヴァの北側の街)の病院に搬送すること。

顔見知りの若い男性ドクターと、女性看護師とドライバーの4人のチームです。一緒にベルガモに向かっている別チームはウーディネへ(地図好きな日本の母へ)。


ベルガモに向かっています_f0106597_02573004.jpg

本日のモグモグタイムは、Tucとキットカットのビター味。
病院に着く前にもう一度トイレ休憩して、病院で防護服に着替えます。

行ってきまーす! チャオ!


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2020-03-23 02:47 | イタリア救急車ライフ | Comments(27)

種まき

種まき_f0106597_04250513.jpg


こんにちは。イタリア中が外出禁止の中、今日も朝から夕方まで畑をしていました。
最近、救急センターに行くと「あれ?chiho、日焼けした?」と言われる程、家にいる時は、外でワシワシ一日中畑を耕しています。

納屋の整理をしていたら古い種がごっそり出てきました。
芽が出るかどうかわからないけど、種まきをしてみる。



種まき_f0106597_04264011.jpg


今まで使っていなかった温室を綺麗に掃除してみました。





種まき_f0106597_04280109.jpg

キュウリの苗。芽が出るかな〜?





種まき_f0106597_04290705.jpg


ルッコラも種を播きました。


種まき_f0106597_04301059.jpg

アントネッロが園芸用のふるいを新しく作ってくれました。
土から小石や雑草を取り除くのに便利です。





種まき_f0106597_04310010.jpg

鉢も綺麗に洗って、これにたくさん花を植えるぞー!
来週、苗屋さんが苗を届けてくれるそうなので、野菜の苗や花の苗を沢山注文しました。

今朝の朝日新聞を見てくださった皆様、ありがとうございます。
新聞の記事にはチラッと名前が出た程度ですが、朝日新聞デジタル版で、記事を読んでいただけます(有料です)。見つけて、ご連絡くださった皆さんありがとうございました。

今晩は0時から救急車の夜勤です。穏やかな夜でありますように・・・


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2020-03-22 04:24 | フィレンツェで畑 | Comments(20)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho