<   2020年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今の気持ち

今の気持ち_f0106597_22244770.jpg

イタリアに住んで今まで色んなんことがあったけど、ここ数日ほどイタリア人が狼狽えたのを見たことはありませんでした。

ミラノとヴェネツィアの間の10の街が封鎖された後、郊外のスーパーで棚が空っぽになってしまったり、マスクや消毒液がなくなったり。フィレンツェでも2日間ほど、郊外の大型スーパーでパスタなどが売り切れたそうですが(やっぱりイタリア人はこういう時はパスタ・苦笑)、昨日立ち寄った街の中のスーパーは通常通り商品が溢れていました。

誰が最初に感染したのかって血眼になって探してて、そんなところは日本と似ているなあと思ったり。最初は、中国人の入国にピリピリしていて、今は北イタリアからのイタリア人ツーリストにピリピリしていて。皆が不安がって怒ってる。ミラノに住んでいる人は日本人であっても色々言われるみたいだけれど、私はフィレンツェにいる限りは、電車でもバスでも隣に人が座って来るし特に違和感は感じないです。でもそんなことも、感染がイタリア人同士である今はどうでも良くなって来るのかも。

今日、なんとなくfacebookで流れてきたMisiaの動画を見ながら、あることに気がつきました。
それは中国湖南省の歌番組で日本人の歌手であるミーシャが歌っているものでした。中国語はわからないけれど、どうやらとても人気のある番組で、湖南省のテレビでもネット配信されているようです。審査員や観客が彼女の歌を聴きながら感じ入っている姿が映されていました。
そして思ったんです。中国の人だって今、とても苦しんでいるはず。家族を亡くしたり、家に帰れなかったり、学校や仕事に行けなかったり、友達に会えなかったり。最近は自分が住んでいる国のことばかりになって、武漢からの情報が入ってこないけど、武漢の人たちは今どうしているんだろう?この歌を聴くことで少し辛い気持ちが癒されたりしているのかな?

人々が、不安から逃れたいと思うばかりに、他人を思いやる気持ちを無くしたり、犯人を探そうとしたり、自分だけ助かろうと思ったり。それは当たり前の人間の本能なのかもしれない。でも、少し視野を広げて、想像力を一生懸命に使って、自分よりも苦しんでいる人、困っている人のことを思ってみたら、少しは他人に優しくできるかも。全部自分のものにしようという欲が少しなくなって、あるものをお互いに分合ってこの困難を乗り越えようとするかも。
日本人も中国人も、イタリア人も、世界中の皆、がんばれ!

先日、バスを待っていたら、おらが村の救急車が通りがかり、急いでいるのに、車から皆んなで私に大きく手を振ってくれました。
来週末から救急車にも再び戻ります。

最後に一つだけ笑い話。
スーパーの売り場から乾燥パスタがなくなっちゃった時、ペンネ・リッシェと呼ばれる筋が入っていないペンネだけが棚に残っていたんですって。イタリア人、どうやらペンネ・リッシェが嫌いらしい(爆)

一昨日の雪が嘘のよう。
今日は真っ青な快晴のフィレンツェです。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2020-02-28 22:28 | 私の独り言 | Comments(16)

雪が降りました

雪が降りました_f0106597_20344954.jpg


昨日は午後5時頃に激しい雹が降り、その後、30分くらい雪が降りました。かなりの吹雪だったのであっという間に10センチの積雪になってしまいました。
写真は雹が降っていた時のもの。そのまま雪が降ったのであれば、地面が暖かいからすぐに溶けてしまったのでしょうが、ベースに雹の層が出来たので、がっつり積もってしまいました。
夜の医療通訳の依頼が入り、ソロソロと車で下山。山越えをして抜け道で行くつもりでしたが、用心して高速を使いました。



雪が降りました_f0106597_20352965.jpg

帰りは夜の10時頃になってしまい、暗闇の中でチェーンをつけるのが面倒だったので、山道の途中で車を置いて、徒歩で上がろうと思っていましたが、アントネッロが「近くまで来たら迎えに行くから電話して!」と。大丈夫だよって言ったんですが、家から徒歩で迎えに来ると言い張るので、一緒に森を歩くことにしました。


雪が降りました_f0106597_20350929.jpg

(↑ここに車を乗り捨てておきました。今朝徒歩で下山したらすっかり溶けてた)

真っ暗な森の中を二人で手を繋いで歩くなんて、久しぶり〜。残念ながら月はなかったけれど、雪を踏みしめながら歩く暗闇の森は、昼間のそれとは別世界で、ちょっとワクワクしました。
たった20分ほどの道のりだけど、何だか楽しかったな。

そうそう、私が外出している間に、温水器の水道管が破裂するという事件が発生(涙)。急に気温が下がったからみたい。土曜日にアントネッロが直してくれるまで、シャワーはお預けです(涙)。ユキは今、お湯をストーブで沢山沸かしていて、ラーラのお風呂用の桶で行水をするらしい。逞しいのう。

今日は夕方から土砂降りです。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







by lacasamia3 | 2020-02-27 20:34 | Comments(4)

第三回パン焼きの会

第三回パン焼きの会_f0106597_07171482.jpg



先週の日曜日、マルケ州に住む日本人のお友達、ゆきこさんと、以前、私たちがマルケに行った時に泊まった水車小屋のあるb&bのオーナーアンナさん、フランコさん、そしてお友達たちが、我がアソシエーションの「パン焼きの会」に参加してくれました。
マルケから来てくれた皆さんは、伝統料理のアソシエーションのグループです。私とゆきこさんという2人の日本人が架け橋になって、トスカーナ州とマルケ州の2つのアソシエーションで交流ができてとても嬉しいです。

今回は15人といつもよりも人数が多くて、最初は心配していたのですが、我がアソシエーションの会員さんも手伝ってくれて、大成功でした。イタリア人の「ルールはないけど何となく協力し合う」という絶妙なチームワークはさすがです。一見するとそれぞれ好き勝手なことをやっているように見えるのにね(笑)

今回のブログの写真はゆきこさんに頂きました。スマホで撮っているのに写真が素晴らしい〜。陶芸作家である彼女は、野草にもとっても詳しいんですよ。



第三回パン焼きの会_f0106597_07173334.jpg

左のマダムは82歳!肌がツヤツヤでとってもお元気でした。朝10時から夕方4時くらいまでかかったのに、最後までお元気でした。真ん中はb&bのアンナさんです。


第三回パン焼きの会_f0106597_07180094.jpg

今回は、1キロパンを15個、スキアッチャータを8枚


第三回パン焼きの会_f0106597_07184109.jpg
粉挽きも見てもらえてよかった。


第三回パン焼きの会_f0106597_07195575.jpg

小さなお客様が小麦を入れたり、下から粉を取り出したり(笑)。まめまめしく働いてた。

第三回パン焼きの会_f0106597_07191377.jpg


窯も良い感じ。
普段は1キロパンと2キロパンを合わせて合計40個焼くので、小枝の束が4束必要ですが、今回は15個なので少し調整して、3束+私が森で拾って集めておいた丸太を7本ほど使いました。

覚書として今回の分量は

パン15個、スキアッチャータ8枚 生地の合計20kg

マードレ(天然酵母)3,6kg
粉 8,5kg
ぬるま湯 7,5 L
塩 75g

スキアッチャータの窯入れ温度 320度
パンの窯入れ温度 265度

パンの焼き上げまでにかかった時間55分


第三回パン焼きの会_f0106597_07202219.jpg

とっても美味しそうに焼けたでしょ?
パーフェクトな出来でした。




第三回パン焼きの会_f0106597_07204650.jpg


皆、喜んでくれて良かった。
楽しかったなー。

月に一度のパン焼きの会、毎回新しい出会いがあり、とても楽しい時間です。これを機会にパンにハマる人、家に石窯はあるけど使ったことがなかった人、パンマニアで普段からパンを焼いている人・・・いろんな人がパンを通じて繋がっていくのを見るのがとても嬉しいです。

また次回が楽しみ♩



今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2020-02-26 07:13 | 水車小屋物語 | Comments(0)
フィレンツェ美味しいもの3品_f0106597_05555819.jpg


今日のフィレンツェは曇りのち晴れ。
結構、暖かくて、帰りは上着を脱いでセーターで歩いていました。
アパートのチェックインの前に、立ち寄ったAla' で久しぶりにアランチーノを。ラグーが美味しくなってた♩シンプルに「肉だけを長時間かけてクタクタに煮た」具を中に入れたライスコロッケ。
うおー、美味しい♩



フィレンツェ美味しいもの3品_f0106597_05565844.jpg

しばらく見ていなかったチョコレートのサラミも。
ピスタチオがまぶしてあって、ビターなチョコレートが食後のコーヒーによく合います。

このあと、お客様のチェックインをアシストして、そのまま無料オリエンテーションサービスで、市場やスーパーなどをご案内しました。
グルテンフリーの食品を探されていたので、スーパーでグルテンフリー食品の棚へ。普段、自分が買わないので余り知らなかったけれど、イタリアではグルテンフリーのパスタはかなりの種類があり、殆どがトウモロコシで作られています。ちゃんと原材料表記には、卵、くるみ、アーモンドなど、アレルゲンとなる材料は太字で書いてあります。

ちなみにイタリア語でグルテンフリーは senza glutine (センツァ・グルーティネ)と言います。

uova 卵
zucchero 砂糖
farina 小麦粉
latte 牛乳
arachidi ピーナッツ
soia 大豆

大概、中規模のスーパーでは、そのチェーン店オリジナルのグルテンフリー食品の専用の棚があって、お菓子からパスタ、クラッカー、パンなど、バリエーションに富んだ食品が並べられています。もし分からなかったら店員さんに「senza glutineはどこ?」と聞いてみましょう。


フィレンツェ美味しいもの3品_f0106597_05563394.jpg

お客様の中には、食事制限があり、自炊目的でアパートを選んでくださる方もいます。これからは、そういう方にも安心して楽しく外食をしていただけるお店を探さなくては。フィレンツェにも最近は結構グルテンフリーのお店が増えているんですよ。

写真は記事とは全く関係ないけれど、カーニバルの時期のお菓子。
右が、お米とクリームを混ぜて団子にし、衣をつけて揚げてある、フリッテッレ。干しぶどうとラム酒入り。左は輪切りリンゴに衣をつけて揚げたもの。
どちらも、老舗のお菓子屋さん、ネンチョー二にて。

今日でカーニバルもおしまい。今年のイースターは4月12日です。

*********************************
この記事の中で行った場所は、

・アラ Ara' e' Sicilia Via degli Alfani 127, Firenze
・お菓子屋さんネンチョー二 Nencioni Via Pietrapiana 24R, Firenze
・スーパーCONAD Via Pietrapiana 42, Firenze



*********************************


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-02-26 05:55 | フィレンツェの美味しいお菓子 | Comments(0)

春を待つ

春を待つ_f0106597_02152718.jpg

日本でも報道されているかと思いますが、北イタリア、ロンバルディア州とヴェネト州では新型肺炎の感染が確認されています。

今年のヴェネツィアはカーニバルを途中で中止し、一番盛り上がる2月25日のMartedi' Grassoもイベントを行わないことにしました。2月24日現在、ミラノとヴェネツィアを線で結ぶロンバルディア州、ヴェネト州の一部の地域で、10もの街の完全な封鎖(人の移動も禁止)、サッカーの試合やコンサートなどのイベントの中止、大学も含め、あらゆる学校の授業や試験の中止を行っています。中国のそれとは比べ物にならないほど、まだコントロールできる数ですが、小さな街で一気に感染者数が増えたことに深刻に受け止め、この2つの州は、かなり勇気のある決断をしたと思います。
日本と違うなあと感じるのは、州知事や市長の決定権が大きいように見えること。厚生省などの官庁が出てくることはなく、表に出てくるのは市長や州知事です。

一人の感染者が出ると、その感染者の勤め先、親戚、友人全てに検査を行うという徹底した方法で、2月24日の時点で感染が確認されたのは、ロンバルディア州116人、ヴェネト州25人、エミリアロマーニャ州9人、ラツィオ州3人だそうです。

トスカーナ州では感染者は出ていませんが、学校の遠足や行事が中止になっています。ユキが楽しみにしていた、ヴェッキオ宮殿で行われるはずだった哲学の全国コンクールも多分中止。

今週も到着されるお客様が明日から毎日あり、今の所、フィレンツェやローマは観光をする分にはあまり大きな変化はありません。
でも、もし今月、来月にヴェネツィアやミラノに観光に行かれる予定がある人は、行き先を変えた方が良いかもしれません。少なくとも今月末、3月の初めまでは美術館、教会などが閉館し、お店も閉まっている所が多いようです。

毎日状況が変わるので、今後どうなるのかは、なんとも言えません。北イタリアでは、いつ自分の街に感染が広がって封鎖されるか分からないからと、スーパーでは買い占めも多々見られるそうです。でも私は出来るだけ買い占めなどに走らないように心がけたいと思います。食料は必要としている人に渡れば良いと思う。うちにはパンは沢山あるし、卵も、畑には黒キャベツもある。今年は暖かいから既にチコリが生えているし、冷凍庫にはまだまだお肉も沢山。日本から持ち帰った乾物も合わせれば、買い物に行かなくても2〜3週間は大丈夫だと思う。小麦粉だって、なくなったら水車小屋で小麦を挽けば良いだけのこと。

インターネットで様々な情報が錯綜する中、色んなことを考えたり、聞いたりし始めると、混乱してしまうけど、目の前の自分の生活をしっかりと見つめて、自分もあらゆるインフルエンザにかからないように、人にもうつさないようにしながら、春を待ちたいと思います。

ああ、春が待ち遠しいな・・・


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2020-02-25 12:36 | フィレンツェという町 | Comments(1)

おかえりの鍋

おかえりの鍋_f0106597_15474265.jpg

先週の月曜日の夜、イタリアに戻ってきました。
二週間ぶりに会うラーラは、おかえりー!とスペシャルな反応を期待していましたが、半日仕事に行って帰ってきたときと同じくらいだったかな(苦笑)。わーって騒いで、ワフワフして・・・暫くしたら寝に行く、みたいな。
でもいつも以上に頻繁に視線は感じます。



おかえりの鍋_f0106597_15482899.jpg


何だかこちらは暖かかったらしく、すでに野花があちこちに咲いていました。

アントネッロとユキは、沢山のお土産(例えばアントネッロは両刃ノコギリ、ユキは無印のペンセットと日本の化粧品、あと二人にパジャマ、洋服、などなど)を喜んでくれました。そして今回は、土鍋も持って帰ったので、これでやっと鍋ができる♩今まであったのは割れて水漏れして使えなくなってしまったんです。

というわけで、帰宅後2日目はお鍋にしました。
皆んなでつつく暖かいお鍋。おかえりなさいの味。そういえば、日本の実家でも、宮城から届いた美味しいお魚とわかめ(junjunさん、石巻の皆様、ありがと〜!)でしゃぶしゃぶをしました。これも、おかえりなさいの味。

日本とイタリア、両方に「おかえりー」って言ってくれる人が居て、嬉しいです。


おかえりの鍋_f0106597_15490176.jpg


たくさん焼いておいたパンもすっかりなくなっていたので、慌てて小さめのパンを電気オーブンで焼きました。
ハイジのパンみたい。

北イタリアでは新型肺炎が猛威を振るっていますが、イタリア政府の徹底した対応は逆に安心感を与えてくれます。これについてはまたブログでゆっくり書いてみたいと思います。
フィレンツェにいる限りは目に見えた大きな変化は見られないけれど、空港に着いた時は、おでこにピッとやって体温を測ってもらいました。

出来るだけスキャンダルではない確かな情報をしっかり捉えていきたいなって思っています。
あー、ブログを書いていると気持ちが落ち着いてくる。やっぱりブログは良いな。更新、頑張ります♩

人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2020-02-24 15:46 | トスカーナ山暮らし | Comments(3)

思い出の店

思い出の店_f0106597_22291082.jpg


今日は昔、父がとても好きだったお寿司屋さんに行きました。
20年前と変わらず、気持ち良く食事が出来て、美味しくて美しい江戸前寿司を堪能しました。

思い出の店_f0106597_22292227.jpg


父が亡くなった時、お参りに来てくださる方の為に出前を頼みながら、先代の親方と電話口で、お互いに泣きながら父を悼んだことを思い出しました。

素晴らしい江戸前寿司を満喫しました。

そうそう、アントネッロに頼まれていたお土産をゲット!「両刃ノコギリ」(笑)。以前、頂いたものをとても気に入って使っていて、もう一本欲しいと。
トランクに入れてイタリアに持ち帰ります♪

日本滞在はあと少し。イタリアへのお土産、考えなくっちゃ。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2020-02-14 22:28 | ドキドキ日本滞在記 | Comments(6)

「はるのいのち」 展

「はるのいのち」 展_f0106597_23412943.jpg


今日の東京はとても暖かかったですね。
朝から母と友人africaさんと一緒に横浜元町で開催されている我妻珠美さんの個展、「はるのいのち」に行きました。
20代の時、元町に下宿していた母はハイテーション(笑)。60年近く前にあったパン屋さんやお風呂屋さん、お菓子屋さんがまだあると喜んでいました。

個展が行われていたCROCO ART FACTORY は元町中華街駅から徒歩4分、静かな住宅地にある建物の2階です。
珠美さんの作品は個展の題名にふさわしい春を思わせる、私たちをわくわくさせる作品ばかりです。お馴染みの土鍋はいつ見ても可愛い♪我が家の石窯の熱にも耐え、直火だって大丈夫。美しさと機能性を併せ持っています。

tamamiさんの了解を頂いて作品の写真は撮ったのですが、きっと「こう見せたい」というご本人の希望もあると思うので、以下のリンクからご覧ください。
https://www.tamamiazuma.com/



「はるのいのち」 展_f0106597_23420719.jpg

これがとっても可愛かった一人用のミニミニ土鍋。勿論直火にかけられます。
このセイロもとっても小さいのです(お箸の大きさをご覧ください)



「はるのいのち」 展_f0106597_23414266.jpg


既に以前一人分の土鍋を購入していた母が真似して、帰り道に中華街の道具屋さん「照宝」でミニセイロをゲット。これで一人点心が出来ると喜んでいました(笑)



「はるのいのち」 展_f0106597_23423698.jpg


ギャラリーの方に教えてもらった中華街の慶華飯店は、地味な外観に反して、大当たりの美味しいお店でした。
こちらはお店の方が勧めてくれた海老玉。プリっぷりでしたよ。


「はるのいのち」 展_f0106597_23424714.jpg



そしてこちらは珠美さんお勧めの海老ワンタン。これも美味しかったなー。
そして味がとっても良いチャーシューが入った焼飯も目が覚める美味しさでした。ここはアントネッロとまた来たいお店。




「はるのいのち」 展_f0106597_23430464.jpg


お菓子屋さんで月餅も買ってきて、おやつに食べました。
沢山しゃべって沢山食べた楽しい一日でした。

**********************************
この記事の中で行った場所は、

CROCO ART FACTRY 横浜市中区元町1-71 メゾン元町2F
・慶華飯店 横浜市中区山下町150
・照宝 横浜市中区山下町150



*********************************


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-02-13 23:38 | ドキドキ日本滞在記 | Comments(4)

イトコーズと夕食会

イトコーズと夕食会_f0106597_22324100.jpg


今日は東京に住む叔父、叔母、従姉妹が我が家に集まり、夕食会でした。
それにしても、日本の夕食って時間が早い。家庭によっては5時半頃には準備をし始めて、6時には食べ始めるんですね〜。今晩は我が家もそんなタイミングでした。
イタリアではディナーの約束は大体8時から。食べ始めるのは9時からで、夕食は11時過ぎまで。
アントネッロが居ると、6時過ぎに夕食の準備をする母に「まだお腹が空かないー」と言い出し、 何かと面倒(苦笑)。

日本人の私としては前者が嬉しいかな。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2020-02-11 22:30 | ドキドキ日本滞在記 | Comments(2)
オススメのフィレンツェ土産_f0106597_15451356.jpg


おはようございます。今朝の東京はお天気だけど、結構寒いですね。一昨日、博多から東京に戻って来ました。東京滞在はあと1週間なので、昼間は友人に会ったりしています。
やっと今回の滞在でPASMOの基本的な使い方を覚えた感じ。今までは、母にPASMOの使い方を襲わったのに、わざわざ、券売機でPASMOで切符を買ったり(オレンジカードか!?)、機械に通す時、お財布から出していたのに、実は携帯のホルダーからそのままピッとできるのでビックリ。まだコンビニではPASMOで買い物をした事はないのですが、博多でも東京でもバス、地下鉄、電車に使えるから便利。こんなシステム、イタリアにも導入して欲しいな。

オススメのフィレンツェ土産_f0106597_15474887.jpg


今日は母が作ってくれたお弁当を持って、仕事で外に出られない友達に会いに行きます。残りのお弁当は、私が居ない間、実家に来客なのでお客様とお昼に家で食べるらしい。

オススメのフィレンツェ土産_f0106597_15482241.jpg


今回の帰国でのお土産は粉ものが殆ど。その中で、ちょっと重宝しているお土産を紹介します。

・フィレンツェの紅茶専門店La Via del Te'の紅茶
美味しい紅茶は日本にも沢山あるけど、フィレンツェのお店ということで。オリジナルフレーバーもあります。勿論、Via Santo Spirito の本店にもあるけど、私は
お菓子類と一緒にVIAEATALYで購入しました。

・サンタマリアノヴェッラ薬局のミントタブレット
レトロなデザインの缶が可愛くて、パッケージ買いかなと思って見ていたら、売り場の人に勧められて味見をしたんです。ほんのりシナモン風味で他にはない美味さでした。お口をスッキリさせたいときに。薬局内右手のポプリの売り場の奥のサプリメント売場レジ横にあります。お願いすると味見させてくれました。

<今日の浦島 >
エレベーターの0階を探してしまう

**********************************
この記事の中で行った場所は、

・イータリー EATALY Via Martelli 22R, Firenze
・サンタマリアノヴェッラ薬局 Officina Profumo Farmaceutica della Santa Maria Novella Via della Scala 16,Firenze



*********************************


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2020-02-10 15:44 | ドキドキ日本滞在記 | Comments(8)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho