<   2019年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

1ユーロ50セントのループ

f0106597_17130739.jpg

今日は連休を利用して日本からいらっしゃるお客様のアパートへの到着が多く、1日フィレンツェ。郊外の駐車場に車を停めて、トラムで移動する事にしました。

トラムの停留所には必ず券売機があります。小銭が無かったので、カードで買おうとしたら読み取りの機械が壊れてる(涙)。とりあえず、後ろに並んでいた若者に譲って、その後、20ユーロ札を入れようとしたら、若者がひとこと「5ユーロ札以外のお札はお釣り出ないよ」と言ってくれた。そして「これで買って」と小銭をサッと私の掌に置く。

f0106597_17132392.jpg


「この1ユーロ50セント、あなたにはどうやって返したら良いの?」と困ってしまった私に彼は一言、

「また、困った人が居たら、その人にあげて」

そうだね。皆、困っている隣人のことをちょっとだけ助けてあげたら、世界はもっと良くなるね

自分より20歳以上若い人に、大切な事を気づかされた朝でした。


f0106597_17133894.jpg

<今日のラーラ>
最近、毎日仕事が外で夜しか帰れないので、夜帰ると思いっきり可愛がってます。



by lacasamia3 | 2019-10-31 17:12 | フィレンツェという町 | Comments(14)

秋が深まるトスカーナ

f0106597_16195948.jpg


皆さん、お元気ですか?
私も元気にしています。が!一昨日の夜発生した医療通訳の仕事で、毎日、病院通いの日々です。街の反対側の病院なので、車に乗ってる時間が多い。
昨日の朝は、救急病院から別の総合病院への搬送待ちで、うちの村の救急車チームが来るかも(結局別でしたが)とドキドキしていました。


f0106597_16203590.jpg


スタッフに暴言を吐くイタリア人の高齢の患者をサラリとかわし(でもしっかり反撃する・汗)、「朝10時なのにもうベッドがないわー」とのんびり呟く。そして、絶対走らない。
カオスなのに静か。数台の救急車のサイレンが近づいてきても、淡々とやることをこなす。
軽症だと待たされるけど、それはしょうがない。でも重傷の時は、救急外来に入ったらすぐ、足音も立てずに(忍者か?)どこからともなく複数の看護師がさっと現れて、すごい速さで患者をストレッチャーで中に運ぶ。

f0106597_16212139.jpg

世界中のERで働く医療スタッフに感謝と尊敬の気持ちを伝えたい・・・。
あと、晩御飯を食べている途中で、鉄砲玉のように飛び出していく私を温かく見守ってくれる家族にも感謝。

今日のワンコは、週末に立ち寄ったおらが村の朝市で野菜を売ってたGさんのワンコ、ベーガちゃん。女の子です。とっても賢くて懐っこいの。

f0106597_16221058.jpg

マッシモの美味しそうなパンもありました。
私は玉ねぎのフォカッチャを購入。

さあ、今週末の連休に向けて頑張るぞー。これから病院に行ってきます。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-29 16:19 | 私の独り言 | Comments(2)

森好き、キノコ好き

f0106597_02022315.jpg


↑森好きのラーラとアントネッロ。気が合うこのコンビは最近、毎週末、森に入ってキノコを探しています。森に入るとハッピーになって、どんどん坂道を登ってしまうラブラブな二人に私はついていけないので途中で帰る(笑)。

「あー、僕はなんて森が好きなんだ♩」って言いながら帰ってくる。ラーラもハアハアいうだけだけど(笑)眼がキラキラしてて同じ気分なんだと思う。



f0106597_02040401.jpg


森に入ったら手ぶらでは帰ってこないアントネッロ。
先週と今週は続けて巨大ポルチーニ一本ずつと、イタリアではgalletti( ガッレッティ)と呼ばれるアンズ茸を採ってきました。


f0106597_02050081.jpg


アンズ茸はシャキシャキして、とっても美味しいんです。


f0106597_02053054.jpg


こちらは今週採れたポルチーニ茸。ずっしり重いよ。

f0106597_07034819.jpg

夕食にアントネッロが作ってくれたのは、ピリッと唐辛子を利かせてソテーにしたトリフォラーティ。途中、赤ワインもを振りかけていました。
ポルチーニ茸は他のキノコと合わせて調理すると数倍美味しくなるんだなあ。今年はキノコの当たり年かも。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-27 02:01 | 山の食卓 | Comments(2)

冬時間がはじまります


f0106597_19124026.jpg

朝7時半でこの暗さ。今は一番朝が暗い時期です。
今日と明日の間に夏時間から冬時間に変ります。まだこちらで見たことがないのですが、夜中の3時にスマホやpcの時計をじーっと見ると、日曜日の2時59分の後、2時00分に戻るのだそうです(私は、まだ見たことがない)
とにかく実際には1時間長く眠れる嬉しい日。逆に夏時間に変わる時は1時間睡眠時間が短くなります。

明日からは朝が明るくて夕方、早く暗くなるんです。私は、冬の夕方のフィレンツェの街の暗さが結構好き。何時までたっても明るいサマータイムも楽しいけれど、夕方の薄暗い風景の中で街灯が灯っているのを見ると、何ともホッとします。

明日から冬時間。日本との時差は8時間になります。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-26 16:23 | フィレンツェという町 | Comments(0)
f0106597_15090079.jpg

これは、フィレンツェのドゥオーモのすぐそばのアパート、エリザベッタのテラスから見た風景です。
豪華なアルノビューも良いけれど、チラッとだけでもフィレンツェの歴史的建造物が見えるテラスがあるアパートに泊まると、毎朝、目を覚ますのが楽しくなりそう。夜もライティングされるのでとても綺麗だと思います。



f0106597_15092675.jpg

最近は少なくなったものの、お客様の中には喫煙をされる方もたまにいます。イタリアの場合、建物の中ではタバコは吸っていけないことになっているので(その代わり、歩きタバコはOK) ホテルでも、建物の外に出なくてはいけません。一方、こういうテラス付きのアパートだと、テラスであれば大丈夫。




f0106597_15095281.jpg
このアパートの特徴は、寝室一部屋だけど、ちゃんとベッドがシングル2台に分かれところ。
多くのフィレンツェのアパートは、寝室が一部屋の場合、分けられないダブルベッド入れてしまう事がほとんどです。でも逆に、日本からのお客様のリクエストはほとんどがツイン希望。ご夫婦でも、ツインじゃないと眠れないというケースが多いんです。そんな中、貴重な物件です。



f0106597_15104235.jpg
この日は同じくテラス付きのアパート、サンガッロスイートのチェックインの後に、私の本にも載せている SandwiChicに行きました。
相変わらず混んでる。




f0106597_15111815.jpg


スキアッチャータやパンを選べるので、ここのトスカーナパンが好きな私は、パンにプロシュットコット、チーズ、甘めのペペローニのソースを挟んでもらいました。
ああ、相変わらずの味。ちゃんと時間をかけて切り分けたパンを温めてから、具を挟むので、チーズがとろけて美味しいんです。





f0106597_15115335.jpg

仕上げは同じ通り沿い(もうちょっとメディチ家礼拝堂へ向かった方の右手)のCoccoleで、コーヒー&一口菓子。
ここのサブレなどの焼き菓子がとても美味しいんですよ。カウンターの左奥にあります。



**********************************
この記事の中で行った場所は、

・パニーノ屋さん SandwiChic Via San Gallo 3R, Firenze 無休
・お菓子屋さん Coccole Cioccolato Firenze Via dei Ginori 59R, Firenze 日曜定休
フィレンツェのアパート Elisabetta Via Sant' Elisabetta 4, Firenze

************************************



今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2019-10-24 00:08 | フィレンツェでアパート滞在 | Comments(4)

思い出に残る時間

f0106597_16382358.jpg



10月末とは思えない暖かさで、フィレンツェでは、昼間はなんと半袖な日が続いています。
友人がちょこっとフィレンツェに里帰りしていたので、過密スケジュールの中、ちょっとだけ会うことができました。共通のお友達の家で持ち寄りランチ。
何度でも言いますが、10月末で外で食事ができるなんて(驚)



f0106597_16384755.jpg

お料理上手なMちゃんの美しい太巻き。



f0106597_16391466.jpg

子供の成長を喜びながら、楽しく過ごしたひと時。
こうして会えた事を嬉しく思います。


f0106597_16394535.jpg

この日大活躍だったのが、先日お誕生日に水車小屋のメンバーSさんからもらった手作りバック。
持ち寄りランチで荷物が多い時、ガバッと大きな物を入れられるのが嬉しい。ビビットな色も気に入っています。

日本の即位の礼のニュースはイタリアでも報道されています。歴史的なこの行事で見られるにほんの様式美はきっとイタリア人の心にも響いたはず。
令和が健やかで平和な時代でありますように。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-22 16:37 | 私の独り言 | Comments(0)

水車小屋でお宝発見

f0106597_05081785.jpg

日曜日は水車小屋で大掃除。
多くの人が出入りするので、工具を置いている部屋などは、定期的に掃除をしないと、足の踏み場がなくなってしまうんです。


f0106597_05091831.jpg

10月下旬とは思えない温かさ。


f0106597_05100160.jpg

麦を綺麗にするヴァーリオも清潔に洗いました。



f0106597_05105050.jpg

よいしょ、よいしょ


f0106597_05113737.jpg

開かずの扉をあけてみると...


f0106597_05121409.jpg

出る出る! 古い工具や食器などが出てきました。上は、多分ヴィンテージのヌテッラの瓶。

f0106597_05130162.jpg
多分、これは穴を開けるドリルの先端。


f0106597_05132405.jpg

このグラスは次のイベントで使いたいな!


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2019-10-22 05:07 | 水車小屋物語 | Comments(0)
f0106597_01270496.jpg
救急車ライフ、今日は14時から20時までと、0時から明日の朝8時までのシフトです。
私がシフトの入った直後にサイレンが鳴り、心臓疾患の患者さんの病院間搬送。15時半に帰ってきて、その後は出動なし。こんな日もあります。パソコンでの仕事がはかどる。あと一時間半で一旦終了(この時点でサイレンは鳴って欲しくない。

一旦夕飯を食べに帰宅し、また夜中の0時にセンターに寝に戻ります。
最近は高校生、大学生の若いメンバーが増えて、週に2回のシフトにしています。ただ、土曜日の夜は若者が入りたがらないので、我々、中年グループがカバーします(笑)。

あ、お腹空いてきた。

f0106597_01392634.jpg
朝からちょっと遠くの森にキノコ狩りに出かけたアントネッロから、こんな写真が送られてきました。わざわざ遠くまで行ったのに、一本だけしかなかったらしい。
どうやって食べるのかな?パスタかな?

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-20 01:26 | イタリア救急車ライフ | Comments(2)

個性

f0106597_06205354.jpg

今日、アパートのチェックインを終えて、ローカル列車に乗った時のこと。

後ろから、「はい、ちょっと通してね〜」って、駅の職員が視覚障害者の若者手を引きながら、車内の座席に座らせる。二人は親しげに話してハグし、またねーって挨拶して、職員は駅に戻って行く。
その後、その男の子は楽しそうに携帯電話でおしゃべりしてる。

ふと逆側を見ると、別の座席にはスマホを目の前に置き、ビデオチャットを介して、巧みな手話で会話をしている女の子。余程お喋りが楽しいのか、終始弾けるような笑顔で静かに大笑いしてる。

偶然目にした2つの光景。周りの人達は何も気に留めず、ごく自然に受け入れてる。余りの自然さに、あえて誤解を恐れずに書くなら、まるで二人ともハンデというより、そういう個性を持っている人のようにすら見えた。それ程、のびのびと自由だった。イタリア人のこういう空気が好き。周りと違うものを持った人に遭遇しても適度にほっておいてくれる心地良い無関心。そして、もし誰かが助けを必要としたら、すぐに沢山の手差し伸べられる安心感。

ハンデを持つ人がそうでない人と一緒に自由に暮らせる優しい未来の種がここにはあるのかもしれない。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-19 06:20 | フィレンツェという町 | Comments(2)

変わらない風景


f0106597_03160298.jpg


朝は霧が出ていたけれど、昼前からすっきりと晴れたトスカーナ。
今朝は水車小屋の粉挽き体験のお客様と一緒に、粉挽きの後、サンタガタの村を散歩しました。




この小さな村には、村を縦断する小川が流れています。この川の澄んだ水は、一部、水車小屋のため池へと流れ込み、私たちの水車を回してくれているのです。
だから、今も粉挽きが出来ているのは、川の流れを変えなかった村の人のお陰。




f0106597_03185516.jpg


村のあちこちには、昔の村の様子を写した写真が飾られています。



f0106597_03171422.jpg


そして今の風景がこちら。
何も変わってない(笑)。窓の形や糸杉、石畳だって。昔のままの風景を今へと残してきたことを誇りし、その風景を愛しく思って、次の世代へと託す。トスカーナ人のそんなこだわりを強く感じます。

これを感じていただきたくて、住民でもないのに、誇らしげに、村散歩してます(笑)。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-18 03:34 | 水車小屋物語 | Comments(1)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho