<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧



f0106597_05283447.jpg


皆さん、お元気ですか?
カレンダーを見たら、もう後一枚だけ。うわわー。今年は暖冬だったから何だか12月という感じがせず、今更ながら焦っている私。

今月は、水車小屋の仲間と、村のクリスマスバザーで水車小屋で挽いた小麦粉を販売して、資金を集めるという企画もあり、仕事は割と落ち着いて来たのですが、粉挽きで忙しい毎日です。ボランティアなのに粉挽きが上手になりたくて毎日水車小屋に行ってます。一度始めたらちょっと上手になるまで続けてみたい探究心は、我ながら結構日本人かもって思う(イタリア人はすぐ飽きる・笑)

ユキの学校の面談もほぼ終わり、残すはあと2教科、英語と歴史のみ。

f0106597_05283324.jpg

先日、フィレンツェに友人とランチをしに行ったら、サンタクローチェ教会前で、例年通りのクリスマス市が開かれていました。

f0106597_05283478.jpg


イタリア人にとっても、クリスマスというと北欧のイメージがあるらしく、このクリスマス市には北ヨーロッパ諸国の名産品や食べ物屋さんの屋台が並んでいます。
(この大きなプレッツェン、一度買ってほおばってみたいなっていつも思ってる)


f0106597_05283380.jpg

ホットワイン屋さんは教会の前です。
熱いから気をつけてね〜!

Weihnachtsmarkt - Mercato di Natale
11月28日〜12月20日 毎日10時〜22時
フィレンツェ、サンタクローチェ広場


f0106597_05283310.jpg

昨日、12月8日の土曜日は、ドゥオーモ広場でクリスマスツリーの点灯式が行なわれる日。
いやいや、凄い人出でした。
私は用事があったので点灯を待たずにさっさと退散。きっとキラキラして綺麗でしょうね。今度ゆっくり見ます。


f0106597_05283275.jpg

普段はもっとのんびりしているレプッブリカ広場のメリーゴーランドもこの日は大混雑でした。
街がワクワクざわざわしている今日この頃。たまには良いね♩と思いつつも、静かな水車小屋で粉挽きをしながら、ほっとしています。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined





気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2018-12-10 05:49 | フィレンツェという町 | Comments(0)

水車小屋で片付けもの

f0106597_05534055.jpg

今週は水曜日の粉挽きの後、水車のキウーザと呼ばれる水門が何故か上手く閉まらず、ため池に水が溜められなかったので、粉挽きは一旦中止。早く回復しないとクリスマスバザーの粉挽きに間に合わないのでかなりドキドキです。今朝アントネッロが少し直したけれど、まだ水漏れは続いていて、明日、明後日の様子見となりました。
なので、今日は、道具部屋の片付け。普段、パパッと使った道具を皆適当な所に置くから足の踏み場がない程散らかっていたのです。普段開けた事もなかった長箪笥を開いたり、引き出しを整理したり・・・。

f0106597_05534013.jpg

出たっ!お宝。そのものの金銭的な価値はなくても、大切に今まで伝えられて来た価値は十分ある品々ばかり。
オーナーさんの奥さんもこんな古い額縁や絵があるのは知らなかったそうで。


f0106597_05534192.jpg

100年程前の粉挽き職人。
おひげが立派です。


f0106597_05534139.jpg

水車小屋ではないけれど、同じ村の農家の前での集合写真。女性が手にしているのはテニスラケットかな?
こうして、掘り出し物が出て来ると思わず手が止まって作業が進まないのは世界共通ですね。


f0106597_05534111.jpg
オーナーさんの奥さんが作ってくれたカボチャのケーキとコーヒーでブレイク。
蒸したカボチャ、菜種油、卵、干し葡萄で作ったそうです。しっとりしてとても美味しかった♩今度私も作ってみよう。

f0106597_06025221.jpg


水車小屋のため池にダイブしたラーラが泥だらけになったので(汗)、暖炉に火を入れて、ラーラのシャンプー。
いつものように暖炉の前で乾かしたら、私の腕の中でぐっすり寝付いてしまいました。

f0106597_06043001.jpg

で、夜は暖炉の火で肉を焼く♩

f0106597_06050792.jpg

見て下さい!ラーラのこの真剣な顔(笑)。でもお肉をほっておいてもガブッとかはしないので、大丈夫です。

さあ、明日から新しい一週間。
来週はユキの学校の先生と面談が3件入っています。教科別で別の日だから、学校にいちいち車で行くのが面倒・・・。明日は哲学の先生と面談です。哲学は今年、高校3年生から始まりました。本人は結構気に入っていて、他の教科よりも力を入れて勉強しているみたい。授業が面白いのだそうです。
どんな先生なんだろう?男の先生なのですが、ユキ曰く、トッポ・ジージョ(覚えてる?)に似てるんだとか。

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2018-12-03 06:13 | 水車小屋物語 | Comments(0)

森から始まるパン作り


f0106597_02374258.jpg

今日は、自宅でのパン焼き用の薪を森に集めに行きました。
石窯って、途中で温度調整が出来ないので、最初に一気に温度を上げます、その後、途中で薪を足してもうちょっと温度を持続させるのですが、大きな薪を入れてしまうと、パンが丁度良く発酵したタイミングで、まだ焼けた炭が残っていて、なかなか丁度良く温度が下がりません。かといってそのままにしておくと下がってしまう。
温度を持続させつつ、燃え尽きる燃料を入れる必要があります。
そこで、このファッシーネと呼ばれる枯れ枝の束を入れるんです。

ただ単に枯れた枝をまとめているだけという感じがしますが、意外と、真っすぐな枝を見つけるのが結構大変。そして、一種類の木の枝ではなく、太さも木の種類も色々とッ混ぜる方が良いのだそうです。
今日は大きめの束を5束作りました。これで2回分♩


見えるかな?
ラーラが走って来ます。

これから家族でタイ料理&映画です♩「ボヘミアン・ラプソディ」!
た、楽しみだ〜

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-12-02 02:45 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho