<   2018年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

信じること

f0106597_07252442.jpg

日本はまた大型の台風が接近しているみたいですね。本当に被害がありませんようにと心から祈っています。逸れてくれれば良いのだけれど。
フィレンツェは9月に入ってから朝晩はかなり冷え込むものの、昼間はピカーンと晴れてかなり気温が上がります。昨日のアパートの下見でもこの青空。


f0106597_07293235.jpg

最近も、こんなゴツゴツパンを焼いています。
自主練、自主練!天然酵母が結構元気で、メリメリッと自然のクープが入りました。粉は勿論水車小屋で挽いた粉です。小麦はヴェルナと呼ばれる古代小麦。一回だけふるいにかけただけなので、ほぼ全粒粉です。

今日、ユキが先日一週間、夏休みの最後に過ごしたフォッローニカのアパートのオーナーさんから、「綺麗に使ってくれて有り難う」というメッセージをもらいました。実は親の私たちも結構ドキドキだったガールズ4人だけのアパート体験。口を酸っぱくして、「退出時には、冷蔵庫に入っているものは全て処分して、ゴミを捨てて電気を消す事。髪の毛とかはざっと掃いておくこと」と言っていたのですが、どうやらかなり完璧にお掃除をして、ベットメイキングまでして来たようで(笑)、オーナーさんがビックリしていました。
もうすぐ16歳。今回は、親の私たちも、子供を信じることの大切さを学ばされたような気がします。実は今回、本当は仲良し組み5人で行くはずだったんですが、お友達Eちゃんのご両親はこの旅行に反対で、彼女は参加しなかったんです。それぞれの親の考え方があるから、それはどうしようもないこと。
でも、一緒に行った4人は、お父さんやお母さんが信じていたから、そして本人達がそれに応えたから、高校生だけの旅を楽しく過ごせたのでしょう。

一週間何をしていたのかと言うと、
4人乗りのタンデム自転車に乗ったり、夜の大観覧車に乗ったり、アパートから徒歩5分の無料のビーチに毎日5回位行って、泳いだり、ゴロゴロしたり、ビーチバレーをしたり、ペダルボートで遊んだり。な、何かとっても健全じゃないですかっ!
ユキとGちゃんが食事当番で、生クリーム入りズッキーニのパスタを作ったとか、かたくなっちゃったバゲットを利用して、モッツアレラとトマトソースを上にのせてオーブンで焼いてなんちゃってピザにしたとか。皆でスーパーに行って、食事を作ったりすることがとっても楽しかったみたい。

なにせ、皆で2月から計画して楽しみにしていた旅行だったのだから、きっと思い出深い夏休みになったことでしょう。

やれやれ、やっと先週から学校が始まりました。
あれだけ夏休み中はダラダラしていたから、朝6時に起きれるのかと思ったら、シャキーンと朝起きて、元気にバタバタと学校に行っています。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







by lacasamia3 | 2018-09-29 07:49 | イタリア高校生日記 | Comments(0)

水車小屋でテアトロ

水車小屋の仲間と一緒に色々な事をやるとき、イタリア人のアイデアの豊富さに驚かされます。
もともと、最後の粉挽き職人だったトーニオさんが91歳で亡くなる直前に行なわれたインタビューが載った地元新聞の記事をオーナーさんの奥様が見せてくれたのが始まりでした。そこには粉挽き職人としての毎日、昔は人が沢山水車小屋に集まって賑やかだった事、粉は挽いても代金の支払いの受け取りは遅れるばかりだったこと、貯水池に洗濯に来た村の女性達が場所選びで喧嘩をしたりしていたこと、などが活き活きと、トスカーナの方言で綴られていました。

「これを水車小屋に来た人に聞かせてあげたいよね」という一言から始まったイベント。
てっきり1人の人が朗読するのかと思いきや・・・

f0106597_06180891.jpg

上手にインタビューを切り分けて、それぞれの水車小屋プロジェクトのメンバーが昔の人の服装で、会話形式で語るというお芝居になりました!

f0106597_06251106.jpg


たった5回しか練習していないのに、皆凄い上手。(あ、アントネッロは裏方専門なのでいません)

f0106597_06261188.jpg

写真がたくさんあるので、どんどん行きますね。


f0106597_06265461.jpg
多分、日本人が侍の格好をしたらシャレにならない位、本物感が出るのだと思いますが、この方達も同じく。

f0106597_06292387.jpg

f0106597_06280713.jpg


実は、フィレンツェの有名な劇場の演出家が我々の水車小屋グループの中に居るのです。で、衣装の一部は劇場からお借りしました♩でも自分たちで手作りした衣装もあります。

f0106597_06310720.jpg

えへへ、私も案内役としてガルツォーネのチョイ役を頂きました。
カウベルをガランガランと鳴らしながら、見に来てくれた人たちを先導する役です。

f0106597_06321966.jpg

お部屋に入りきれない程、多くの人が水車小屋に来てくれました。
皆で大笑いしたり涙ぐんだり・・・演じる方も観る方も1つになれるお芝居って最高。

いやいや、本当は本番前日のリハーサルがメタメタでどうなる事か?と本当に心配していたのですが、本番はバッチリ。
奇跡的な出来でした。

今年亡くなったオーナーさんに見せてあげたかったねって、皆心の中で思っていたと思う。
水車小屋のグループ内には、フリマグループ、メンテナンスグループ、粉挽きグループ、パン焼きグループがありますが、演劇グループも出来てしまったようです。演じる方はこれに味をしめて、来年の春にもまたやるのだとか。

そして先週末のイベントはまだまだ続くのです・・・


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







by lacasamia3 | 2018-09-26 06:39 | 水車小屋物語 | Comments(5)
f0106597_05240055.jpg

イベント続きでちょっと更新が止まっていました。
先週末は土日の2日間、水車小屋で、とても大きなイベントがありました。

f0106597_05281583.jpg
水車小屋を守ってくれている聖アガタにオリーブの枝を飾り、イベントの成功を祈ります。
どんな1日だったのかは後ほど・・・


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2018-09-25 05:32 | 水車小屋物語 | Comments(0)

今日も粉挽き

f0106597_05573773.jpg

今日は合計8人で粉挽き。
もちろん、最高齢メンバーのロベルトさんも♩補聴器をつけてるからとっても耳が良くて、時間に正確。10時に粉挽きするよって言ったら、時間ピッタリに車を運転してやってきます。


f0106597_05573877.jpg

「まだまだ」って言いながら、色んなコツを教えてくれる。
50年前に粉挽きをやめたとは思えない程、細かい事まで良く覚えています。

夏の間のゲリラ豪雨で貯水池に土砂が溜まってしまい、それを搔き出すにはシャベルカーが必要。その資金を捻出すべく、来週の日曜日は近くの村のスキアッチャータ祭りに参加する事になったので、それに必要な粉を少しずつ挽いて溜めているのです。


f0106597_05573884.jpg


今日のワンコは、ちょっと控えめなカメラ目線のキアラちゃんと、飽きちゃって大あくびしてる右奥のダルマちゃん。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2018-09-17 06:04 | 水車小屋物語 | Comments(4)
f0106597_23193515.jpg


今週末からシルバーウィークを利用してフィレンツェにお越しになるお客様が増え、ここ数日毎日フィレンツェに行っています。
先日は日本に行っていたお友達と、お帰りなさいランチ。お土産を色々もらって嬉しかった♩濡れた折りたたみ傘を入れるカバーとか、お洒落で軽い水筒とか。日本ってやっぱり凄いなあ。
お昼は、キアロスクーロのワンプレートランチにしました。一皿に2品を盛ってくれるので、飽きずに最後まで食べられる(笑)。私は、魚介のリゾット+魚介のサラダ。美味しかった♩

Chiaroscuro (キアロスクーロ)
Via del Corso 36R Firenze
無休



f0106597_23185252.jpg

別の日はお客様とサンティッシマアヌンツィアータ広場にある捨て子養育院の5Fのカフェへ。
やはりココは空が広い♩



f0106597_23185107.jpg

左側のロッジャの部分がカフェです。
いつも空いていて、広々としているのでゆっくりと楽しめます。

Caffe' del Verone (カッフェ・デル・ヴェローネ)
Piazza della Santissima Annunziata, Firenze
美術館の建物に向かって一番右の入り口から入り、すぐ左手のエレベーターで5Fに行くと、そこがカフェです。
ランチ、アペリティーヴォ(でも19時には閉まっちゃうので早めにどうぞ♩)もやっています。




f0106597_23185209.jpg
その後、とっても久しぶりに高級子供服のお店、ロレッタ・カポーニに行きました。
ここはいつも夢があって良いな。





f0106597_23185276.jpg

このエプロンのセンスが素晴らしい。
お客様は、素敵なリネンの赤ちゃん用のワンピースやクッションなどを購入されました。
思いがけず眼福にあずかりました。感謝です。

Loretta Caponi (ロレッタ・カポーニ)
Via delle Belle Donne 28R, Firenze
月曜〜金曜
タックスフリーも効きます。サイズ直しもここでやっているので、仕上がりがとっても早いんですよ。


f0106597_23185224.jpg

最近、修復されたサン・ミケーレ・デッリ・アンティノーリ教会。
フィレンツェの教会の中では稀に見る程、贅沢に使われた布の装飾が圧巻です。

Chiesa di San Michele degli Antinori (サン・ミケーレ・デッリ・アンティノーリ教会)
Piazza degli Antinori 1, Firenze

今日も1日フィレンツェです。
行って来まーす。

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-09-15 17:04 | フィレンツェお薦め処 | Comments(1)

我が家風オーブン料理

f0106597_06101957.jpg

今日はオーブン料理がしたくなり、まずは薪割り(笑)
帰宅して早々、石窯に火を入れました。

f0106597_06101977.jpg

夕方はいつも石窯の上から夕陽を眺めるラーラ。

f0106597_06101916.jpg

今日は、カボチャとインゲンのオーブン焼きと、トマトとモッツァレラチーズのオーブン焼きを2品作りました。

ひゃ〜今日は大変な事がありました!
午前中、水車小屋で粉挽きをして、片付けをする時間が無く、午後、フィレンツェにアパートのチェックインに行きました。フィレンツェから再び水車小屋に戻って片付けをしようと思いながら車を運転していたら、水車小屋の手前の街の入り口で、私の前を走っていたモトクロスバイクに乗った14歳位の男の子が急にバランスを崩し、転倒して、バイクは道の脇にぶつかって男の子は宙に投げ出され、右横の5メートル下の川に転落。
私は、ハザードランプを点けて、先ず車を降り、下を見ると、意識はあるものの頭から出血している男の子が川岸に座っていました。立ち上がらないように伝えて、携帯を手に集まって来た人たちに救急車を呼ぶように頼み、私も自分の携帯を取りに車に戻りました。で、戻って来たら誰も救急車(118番)に通報していない(怒)。早速私が救急車を呼びました。救急医療の講習の甲斐があり、何を伝えたら良いのか大体分かっていたので、落ち着いて必要な情報を伝えたら、最後に「とても分かり易いお電話有り難う♩」とコールセンターの人に言われました。
5mもの高さから落ちたけれど、幸い柔らかい土の上に落ちたので、大きな怪我はなかったようです。通りがかった外科医の女性が救急車が来る前に、川岸に降りてくれて、男の子に付き添ってくれました。とにかく、意識があって良かった。

知り合いの救急隊員が到着して、やっと私は水車小屋へ向かう事が出来ました。
はー、ビックリした。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪








by lacasamia3 | 2018-09-13 06:38 | トスカーナ山暮らし | Comments(12)

たかがパン、されどパン

f0106597_05361749.jpg


自分のことを、普段は面倒くさがりやで、さほど努力家でもないと思う。
でも、好きなことを見つけたら猛突進するのは干支がイノシシだからでしょうか?(笑)
もー、寝ても覚めても水車と石臼とパン焼きがグルグル。


f0106597_05361792.jpg

水車小屋でパン焼きして、家でも復習にパン焼いています。


f0106597_05361777.jpg


毎回出来上がりが違うのが面白い。
今回は少し塩が多過ぎたのと、もう少し酵母の量を増やせば良かったな。
先日家で焼いたこのパンは、粉は100%水車小屋で挽いたものを使っています。

来週の日曜日には、近くの村でスキアッチャータ祭りがあるので、私たちのグループも参加して屋台でスキアッチャータを売ることになりました。私は、朝のスキアッチャータ焼き部隊に参加。使う粉も挽かなくては行けないので、頑張って粉を挽き溜めておかないと。
頑張るぞー。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-09-11 05:42 | 水車小屋物語 | Comments(0)

田舎モードな1日

f0106597_06083017.jpg


台風の次は地震と自然災害が続いていて、とても心が痛みます。まだ捜索作業が続いているとのこと。行方不明になっている方が無事で救出される奇跡を心から祈っています。そして、一刻も早くライフラインが復旧しますように。

f0106597_06253038.jpg


トスカーナにはブドウの季節が到来しました。
今年は実の付きが今までにない程で大豊作です。これでもかなりの数の房を剪定しました。

f0106597_06261968.jpg

畑のトマトとキュウリ、インゲンも豊作です。
籠では足りなくて、箱で収穫に行く(笑)。毎朝このくらいの量が採れています。


f0106597_06261927.jpg

テーブルの下で何かを見つけたらしい・・・


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-09-07 06:30 | フィレンツェで畑 | Comments(3)
f0106597_18262729.jpg



母たちがフィレンツェに居た頃はまだとっても暑かったのに、今はもう涼しくて、そろそろ長袖のブラウスでも良いかな〜?などと思ってしまう位の気温です。
朝晩は結構涼しくて、朝方、アントネッロに布団を取られて寒くて目が覚めるので、もう一枚かけなくては。

写真は母達と夕方のフィレンツェへアペリティーボをしに行ったボルピ・エ・ウーヴァ。ヴェッキオ橋のすぐそばのお店です。夕方はとっても混むので、予約を入れた方がベスト。


f0106597_18300671.jpg
色々なものをちょっとずつつまめるのがアペリティーボの楽しい所。
おしゃべりにも花が咲きます。
これは、アーティチョークとストラッキーノチーズのブルスケッタ。




f0106597_18290894.jpg

このプロシュットの美味しかったこと♩



f0106597_18285894.jpg

写真を撮るのを忘れましたが、テーブルパンも美味しいんですよ。
オリーブのせのサラダも皆でシェアして。

もう一品、トリュフ風味のサルシッチャをのせたクロストーネも頼みました。

人ごみが苦手な二人ですが、アッレ・グラーツィエ橋から川沿いに歩く夕方のフィレンツェはなかなか快適でした(行きは暑かったけど・笑)。
外でアペリが出来るのもあと一ヶ月半くらい。ワイン&おつまみ大好き♩という方にお勧めです。

Le Volpi e l'Uva
レ・ボルピ・エ・ウーヴァ
Piazza dei Rossi 1R, Firenze
055-2398132


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2018-09-05 03:41 | フィレンツェという町 | Comments(1)
f0106597_05372085.jpg


水車小屋の部品の1つで、タービンを支える梁がたわんできてしまったので、先日、一時的な緊急メンテをしました。でも最終的には新しく作りなおして替える必要があります。加工はアントネッロがやるにしても、材料となる材木自体の資金80ユーロが必要になりました。

20人くらい有志が居るから、80ユーロ集めるのであれば、1人5ユーロ払えば済むことで、素早く出来るのですが、水車小屋グループはそういう考えは出て来ない。

村で今週の土曜日に「ブラックベリー祭り」が企画されていることを知り、急遽、そのお祭りに参加することにしました。
そしてお祭りの当日の朝、それぞれのメンバーがブラックベリーを取りに行く(各自秘密のポイントがあるらしく、誰も何処に行ったか言わない・笑)。私はSちゃんに誘われて二人で眺めの良い丘へ。気持ち良いな〜。

f0106597_05364172.jpg


おおー、あるある。
実がしっかりしていて、ジューシーでとても甘いです。


f0106597_05434433.jpg

皆で力を合わせて、沢山採れました♩


f0106597_05450832.jpg

私の畑のインゲン豆も♩
それぞれの畑のリンゴやいちぢくも集まりました。


f0106597_05454241.jpg

1日中、スタンドに立って、ブラックベリーや野菜を売って、最後は目標額の倍を稼ぐことが出来ました!
疲れたけど、引っ搔き傷だらけになったけど、Tシャツにはブラックベリーの汁のシミがついちゃったけど(涙)達成感一杯の土曜日でした。




美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2018-09-03 05:49 | 水車小屋物語 | Comments(6)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho