フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2018年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


f0106597_06170621.jpg
さて、今回の大人の遠足の目的地はサンセポルクロという街。
ここで、マルケ州側から、ウルビーノの近くの住んでいるyukikoさんと待ち合わせをして、ランチをご一緒し、この博物館を訪れました。
f0106597_06270377.jpg
イタリアの野草に詳しいyukikoさん、日本の野草に詳しいakikoさんと一緒に、私もsawakinaちゃんにとっても、とても興味深い見学となりました
ここのミュージアムは、Abocaという企業が運営しているらしく、公立の博物館よりもちょっと豪華なんです。展示が素晴らしい。
f0106597_06295373.jpg
このシャンデリア♩
f0106597_06352437.jpg

ボタニカルアートがお好きな方に是非見て頂きたい植物図鑑の部屋。

f0106597_06341335.jpg

写真や映像がない時代、植物の特徴をいかに記録するかということに魂を注いだ人々の傑作です。

f0106597_06365845.jpg
本当に細かくて、緻密。
f0106597_06384173.jpg

好奇心おう盛な4人で見ると、それぞれ面白いものを発見。sawakinaちゃんが、本の展示ケースの端に必ず置いてあるドライフラワーを発見しました。きっと虫除けの効果があるのでしょうね。

f0106597_06400947.jpg
薬草にとっては容器も大切。
ガラスの容器と、陶器の容器はそれぞれの展示室に分かれています。

f0106597_06412456.jpg
壷の中には、真ん中に中に入れたハーブの名前を書き込むスペースがあるものもあります。
f0106597_06425146.jpg


そして、このお部屋。
じゃーん。思わず、海老反りになって写真を撮りたくなっちゃう。

f0106597_06435630.jpg

昔を再現して、天井から色々な種類のハーブがぶら下がっています。

f0106597_06455519.jpg

展示室のあちこちには、こうして実際のハーブやスパイスが置いてあり、手で触ったり匂いをかいだりすることが出来ます。yukikoさん曰く、この右下のpsillioは今もエルボリステリーアで売られていて、水にふやかして飲むと便秘に良いらしいです。便秘で悩んでいる訳ではないけれど、月1でデトックスが出来るらしい・・・とちょっと興味あり♩

f0106597_06582408.jpg
蒸留の道具や鍋なども展示されています。ハーブを潰すのも大量に行なうのは大変なので、滑車のし組みを利用した道具が使われていました。
f0106597_07010670.jpg
注ぎ口も全てガラスで出来ている容器。Vino con acqua marina ( 海水入りワイン)だって!「もの凄く不味いものとか臭いものを飲ませると、意識が戻るんじゃない?」とか、皆勝手なことを言いながら大笑い。
Teriaqueと書いてある容器を見て、これは「照り焼きソースが入ってる壷だ」とか(笑)。

f0106597_07034680.jpg

これは、病気と、その病気に効く聖人、その聖人のお祭りの日の早見表。
Disperati dai Medici (医者に見放された人)は聖パンタルコ、Poverta' ( 貧しさ) には聖サビーノ、なんていうのもありました。

f0106597_07095140.jpg

ワンフロアーのみで9部屋の展示室だけの小さな博物館なのに、じっくり2時間半かけてみてしまった私たち(笑)。楽しかったなあ。
私とsawakinaちゃんは日帰りで戻り、akikoさんはyukikoさんと一緒に車で南マルケに向かいました。

f0106597_07112873.jpg



アボカミュージアム ABOCA MUSEUM
無休(但し、12月25日、12月26日、1月1日は休館)
4月1日〜9月30日 10:00-13:00 15:00-19:00 10月1日〜3月31日 10:00-13:00 14:30-18:00
Via Niccolo' Aggiunti 75, Sansepolcro ( AR)
www.abocamuseum.it

フィレンツェからこの美術館のある街サンセポルクロとアンギアーリを周るワンデイトリップを組んでいます。
詳細はページが出来上がり次第お知らせします。
しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-04-30 07:23 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(2)

f0106597_19095498.jpg
ここ数日、日本から友人が来ており、本当に楽しかった。
色々なことをしたので写真が溜まっていて、どこから書いて良いのやら。順序が逆ですが、昨日は日本から来ているafricaさんと、sawakinaちゃんと車でトントコ、アンギアーリとサンセポルクロに行きました。

アンギアーリはフィレンツェから車で2時間程。坂の途中にある小さな古い街です。
ココ!新市街地と旧市街地を分ける下り坂は真っすぐと、サンセポルクロまで続いています。いつも写真を撮りたくなるスポット。

f0106597_19130066.jpg
ここ数日晴天続きのトスカーナ。写真を撮るのも楽しい季節になりました。
この真っすぐの道沿いが、有名な「アンギアーリの戦い」が行なわれた場所だそうです。

f0106597_19144240.jpg

旧市街地はこんな階段や坂道が続きます。勿論車は殆ど入れず、でもオート三輪は階段のない所は走っていました。パワーが出るように改造しているんだろうなあ。
f0106597_19232474.jpg
あ、猫。と思ったら、去年のパスクワの時に出会った猫でした。お久しぶりです。お元気そうで・・・。微動だにしない相変わらずの貫禄。

f0106597_19245453.jpg
アンギアーリって、観光地化し過ぎていない、でも保存状態の良い中世の村だと思います。
村に着く手前にとっても眺めの良い場所もあるんですよ。ドライバーさんがまわってくれるワンデイトリップで、アンギアーリにも立ち寄っています。キャンティやOrsoniチャ渓谷など、ありきたりのトスカーナでは満足しない方におすすめ。
f0106597_19284046.jpg
そしてアンギアーリでは、毎年10月にリントレピダ(L'INTREPIDA) というヴィンテージの自転車レースが開催されています。今年は10月19日から21日まで。42キロ、82キロ、120キロの3コースがあって、アンギアーリがスタート&ゴールとなり、村の周辺を走ります。景色がとても良いエリアなので、きっと走っていても楽しいでしょうね。
ウエアーもヘルメットも自転車もヴィンテージなんだそうです。一度、見てみたいな。

f0106597_19390797.jpg
アントネッロにお土産にこのレースのTシャツを買いました。デカっ!

さあ、アンギアーリの次はこの日の目的地、サンセポルクロです。

しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪









by lacasamia3 | 2018-04-28 19:40 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(0)

元気です

f0106597_13531785.jpg

気温もグングン上がって、お天気続き。
今週は、日本から友人が来たり、解放記念日でGASの仲間が我が家に集まったり、楽しく過ごしています。ネットが全然つながらなくて(涙)ブログがなかなか更新出来ませんが、毎日元気にしています。

ラーラも元気♩


しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2018-04-27 13:55 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)

DIYな日曜日

f0106597_14482167.jpg

さて、昨日の日曜日は、アントネッロも私もキッチンの改装で良く働きました。
私が壁を白く塗ってお掃除をした後で思いついちゃった冷蔵庫の移動(苦笑)。

f0106597_14504386.jpg

しかも、やるなら電気配線もきちんとしようということで、延長コードで対処するのではなく、壁をぶち抜いて、コンセントを近くに持って行こうという大掛かりな工事をやり始めました。

f0106597_14511631.jpg


電気ドリルで穴を開けて、配線を通して、セメント塗って。もう慣れてしまったけれど、自分でココまで出来るんだって、いつもビックリします。

f0106597_14525250.jpg
ドリルの音が怖くて私のパソコンの下に避難したラーラ。
f0106597_14575775.jpg


こういうことは、私が壁塗りを始める前に行なって欲しいとか、そのセメントが散らばってる辺り、掃除したんだけどなーという言葉は飲み込み(笑)、計画性と言う言葉は余り存在しないこの国で、思いつきと芸術的(?)センスで生きているイタリア人に付き合ってあげましょう。
しかも、今日から日本から来る友達が我が家に2日間泊まるのに、キッチンが工事中とは・・・。

f0106597_14591424.jpg


作業が終わってお疲れさんの乾杯。
冷蔵庫の移動は多分、水曜日になりそうです。


しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined



気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-04-23 15:18 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)
f0106597_21491686.jpg

ひゃー、大変だったけど何とか終わりました。
壁意外にも気になる部分が色々出て来て、これは夏までの課題にしようと思います。

コメントで興味を持って頂いたカビ用の殺菌剤ですが、Disinfettante per pareti (その名もズバリ、壁用殺菌剤)として売られていて、私は5リットル40ユーロ位のを買いましたが1リットルもあります。成分は塩素ベースの化合物らしいです。私はこれを刷毛で壁に添付し、乾かしてから金属ブラシでゴシゴシと表面を削り取りました。その後、防カビ効果のある塗料を2度塗りしました。

f0106597_21483272.jpg

左奥の冷蔵庫は、右の扉の後ろ側のスペースへ移動します。
冷蔵庫を移動して空いたスペースは壁を直して座れるようなスペースを作るというアイデアをアントネッロが提出。

今年は色々と家の中を綺麗にしたいな。


しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2018-04-21 21:55 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)

インビアンキーノ

f0106597_15581698.jpg

毎年、お客様の到着がちょっと途切れる4月。先週、大きな仕事をひとつ納品した後、今しか出来ないと思い、家の中の壁塗りを始めました。
塗るだけならまだしも、カビが生えてしまった場所に消毒液を塗って、削るという作業から始めたのですが、これが大変。埃だらけで、家の中が工事現場みたいになっています。

イタリアの家では毎年、または2年に一度、春夏になると家の壁を塗る所が多いようです。専門の職人も居て、インビアンキーノ(imbianchino)と呼びます。前から窓の周りの壁が気になって、今まで漂白剤で取り除いていたのですが、インビアンキーノの友人レンツォに相談した所、漂白剤ではカビは死なないのだそうです。一見、壁が白くなるからカビが除去されたように見えるけど、本当はまだ残っていて、上から壁を塗ると塗料の下からまた表れて来るのだそうです。
今回はレンツォおすすめの消毒液+カビ防止用の塗料でしっかりと除去することにしました。

大体、こういうことは男性がやる家庭が多いんですが、待っていてもいつまでたってもやってくれないので、それではと思い、私が。まあ、力仕事ではないので(でも体力勝負)、女性でも何とか出来ます。
そういえば、壁塗りにしろ、タイヤ交換にしろ、うちでは男女関係なくやらされるなあ。

寝室は終わって、現在、キッチンの壁塗りの仕上げです。出来れば今日、終わらせたい!
途中何度かくじけそうになったんですが(涙)、下塗りをして、キッチンの壁が段々白くなって行くと気持ちが良い。さ、着替えて壁塗りを始めましょう。



しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました。書店で見かけたら是非手に取ってみて下さい♩

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined



気に入っていただけたら↑をポチッとクリックをお願いします♪




by lacasamia3 | 2018-04-19 16:11 | トスカーナ山暮らし | Comments(3)
f0106597_02210654.jpg
今回ローマに行った目的はスクデリーエ・デル・クイリナーレという場所で開催されている「広重展」を見に行くことでした。
Scuderie(スクデリーエ)とは厩舎(馬小屋)を意味します。その昔、イタリア国王が向かいにあるクイリナーレ宮殿に居を構えていた頃から、イタリア共和国時代になっても1938年まで、馬と馬車を保管する場所として使われていたそうです。その後、時代の流れによって、車の整備場となり、80年代に馬車博物館となった後、現在のように企画展を行なう美術館となりました。

f0106597_04441866.jpg
私にとっても、これだけ沢山の歌川広重の浮世絵を一同にみるのは、初めてでした。
ユキとGちゃんにとっては、浮世絵の絶妙な視点がかなり面白かったようです。これは個人宅で催されたお芝居の様子。右側には役者達が準備をしており、左には押し寄せた観客、そして奥にはやんごとなき姫君が。左上には西洋風に散髪をした人もチラリと見えて、1800年代前半、少しずつ変化して行く日本の姿が想像出来ます。

f0106597_05032978.jpg
私はこの浮世絵に惹かれました。一瞬をとらえた構図。
「東海道五十三次」の作品もかなりの数が展示されていました。
f0106597_05071040.jpg
こんな面白い作品もありました。
こんなのを見て大笑いするのって今も昔も変わらないなあ。

f0106597_05152646.jpg



「鳴門の渦潮」!と家族で盛り上がる(笑)。以前、日本に行った時に橋から見てきました。
f0106597_05082225.jpg

自分の名前を見つけて喜んでいる人。
ユキは昔の日本人の顔の表情が面白かったようで、特に小さく描かれている人の仕草や表情を一生懸命見ていました。

日本からいらっしゃる方はわざわざ行く必要はないけれど(ローマは他にみるべき場所が沢山あるので・笑)イタリアに住んでいる方にはお勧めです。

HIROSHIGE Visione dal Giappone
Scuderie del Quirinale
7月29日まで

しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2018-04-14 05:19 | ローマ プチ情報 | Comments(3)

家族でローマの休日

f0106597_05474346.jpg
土日は、私たち家族3人とユキの親友Gちゃんで、ローマの休日を楽しんできました。前回、ユキがGちゃんご家族に招待されてブタペストに行ったので、今回は私たちがGちゃんをお誘いして、ローマに1泊で行きました。
快晴だった2日間、ローマでは国際マラソンが開催され、凄い人出でしたが、私たちは余り観光名所に行かなかったので、のんびりとローマ散歩を満喫♩

f0106597_05511930.jpg

今回、フルに活用したのがこちら。ATAC社の24時間パス。自動販売機で買え、24時間、48時間、72時間、一週間有効のパスがそれぞれあります。使い始めに機械に通し、打刻した時間から24時間以内であれば、市内のトラム、地下鉄、バスに自由に乗ることが出来ます。地下鉄に乗ったら一回1,50ユーロだから24時間で7ユーロはかなりお得。

f0106597_06034077.jpg

コロッセオとクイリナーレの間のモンティ地区はなかなかシックで素敵でした。結構何処に行くにも便利だし、この辺り、見直した(笑)。
遠くから、このブラブラ伸びている植物が見えて「あー!あそこの下まで行きたい」と思って歩いて行ったら。美味しいパン屋さんを見つけました。
こういう偶然の発見が旅の楽しみですね。

f0106597_06050251.jpg
丁度お昼時だったので、切り売りピザを温めてもらって、座って食べました。テーブル席があって、イートインが出来ます。
f0106597_06064394.jpg

フィレンツェからちょっと南に近づいただけで、どうしてこんなにトマトソースが甘くて濃厚で、モッツァレラがプリプリしているのでしょう??
モッツァレラ、生ハム、ルッコラのピザ。美味しかったなあ。
f0106597_06080994.jpg



自家製の焼き菓子もありました。
f0106597_06101327.jpg

アンティーコ・フォルノ・セルペンティ(Antico Forno Serpenti)
Via dei Serpenti, 122-123, 00184 Roma
8:00-20:00 無休 
コロッセオからプラプラとフォロロマーノの横辺りを散歩した途中、休憩に立ち寄るのに便利です。コロッセオから徒歩10分の場所です。

もうちょっとだけローマ話続きます。

しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined



気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2018-04-12 06:23 | ローマ プチ情報 | Comments(1)

f0106597_06161050.jpg
今朝はこんな霧でした。
管理会社に書類を届ける用事でフィレンツェに行くことにしていた今日、日本人の友人Mちゃんからお茶のお誘いがあり、ちょっと早めに出かけました。

f0106597_06172986.jpg
今日はカプチーノではなくて、カッフェ・ドルツォ。オーツ麦のコーヒーです。
ちょっと前まで胃の調子が少し良くなくて、空腹時にジューッと胃酸が出る感じがありました。風邪を引いた訳でもないのに、やけに喉がいがらっぽかったり、食事の前にちょっとムカムカしたり、心臓は健康なのにドキドキしたり(結局、原因は胃だったのですが)。
思えば、お客さんとコーヒーを飲んだり、アパート管理会社のスタッフにコーヒーに誘われたり、待ち時間に時間つぶしにバールに入ってコーヒーを飲んだりと、毎日4杯くらいはお砂糖を入れたエスプレッソコーヒーを飲んでいました。最近気をつけるようになり、お茶をする時は、紅茶やオーツ麦のコーヒーにしてお砂糖を入れないようにしたら、随分と胃の調子が良くなってきました。

毎日、ちょっとしたことだけれど心がけるようにしなくては。
イタリアって、すぐ「コーヒー飲む?」って聞かれて(この前ペンキを買いに行ったら、お店のおじさんにもコーヒー要る?って聞かれた・笑)、気をつけないと1日に何杯も飲むことになってしまいます。
f0106597_06245702.jpg

久しぶりにMちゃんとお喋り。
この方も、春で気温が上がって来たので、早い時間に毛布の下から出ていました。
f0106597_06260114.jpg

朝のうちに霧はすっかりと晴れて晴天。
プーリアの甥っ子が一昨日から3日間、フィレンツェに修学旅行に来ていました。
今の時期、フィレンツェは修学旅行の高校生で溢れています。


しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2018-04-07 06:28 | フィレンツェという町 | Comments(4)

パン焼きの1日写真日記

f0106597_06031869.jpg


昨日は丸一日パン焼きに行っていました。今までは朝か午後の半日に入ることが多かったのですが、久しぶりの1日当番。
楽しかったー。今回はあえて写真でお伝えしてみようと思います。
「これ何っ?」など質問があったらコメント欄に書き込んで下さい♩

朝10時スタート。

f0106597_06052464.jpg


f0106597_06060145.jpg
f0106597_06062280.jpg

f0106597_06065634.jpg
f0106597_06072189.jpg



お昼休み 13時

f0106597_06075406.jpg

f0106597_06091168.jpg



f0106597_06083074.jpg



スキアッチャータ焼き上げ14時30分


f0106597_06093574.jpg
パンの窯入れ15時
f0106597_06095809.jpg

焼き上がり15時40分

f0106597_06104005.jpg


この時期、発酵のスピードが一気に早くなるのでかなり焦ります。
昨日もちょっと発酵過多で釜に入れた時の膨らみが今ひとつ。

さらに天然酵母の量を減らす必要がありそうです。


しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-04-05 06:12 | 水車小屋物語 | Comments(10)