<   2017年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

秋のキャンティ

f0106597_06345960.jpg

昨日の日曜日は用事があり、グレーヴェ・イン・キャンティに朝から行き、一旦、アパートのチェックインでフィレンツェに戻って、更に午後、グレーヴェに戻るという非効率な1日でした。グレーヴェはフィレンツェから南側に車で約30分行った所にあり、フィレンツェの北側の我が家からは1時間以上かかります。
しかもフィレンツェでは国際フィレンツェマラソンが街の中で行なわれ、歴史地区だけでなく外環道路もシャットアウト(涙)。街の南側のグレーヴェ・イン・キャンティから一旦戻って来た時は、西側の隣町に車を置いて、トラムでフィレンツェに入るという作戦にしました。

グレーヴェに行った目的は、パリアイオというオーガニック市。フィエルーコラに似た完全ビオの市場です。残念ながら午前中の雨で出店数も来客数も少なかったのですが、色々と見ることが出来ました。

f0106597_06435705.jpg

焼きぐりを買って美味しかったので、栗を1キロ。見た目も「ビオな」お兄さん達(笑)が昔ながらの天秤で1キロを量ってくれました。

f0106597_06520339.jpg

昨日買って来たもの。
ヤギのチーズ、有機リンゴ、栗。リンゴはやっぱりセルジョさんのが一番美味しいけれど、このリンゴもなかなか美味しかったです。栗は明日我が家に来て下さるお友達夫婦と一緒に焼き栗にして食べようと思います。

明日は朝から病院の健康診断で血液検査。
うー、採血は気が重い。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪








by lacasamia3 | 2017-11-28 07:00 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(1)
f0106597_06121717.jpg
いつものように台所に立つアントネッロ。
毎日のご飯を作ることが特に苦ではないらしい。

今日のメニューは、ファジョーリ・アッルッチェッレット(Fagioli all'uccelletto ) 。フィレンツェの冬の名物料理です。
白インゲンは、前の晩から水に漬けておき、下茹でします。


f0106597_06135555.jpg
サルシッチャ(イタリアのソーセージ)をニンニクとオリーブオイルで炒め、白ワインを振りかけて蒸し煮にします。
f0106597_06164265.jpg
更に、予め潰したホールトマトを潰して加え、そのまま煮込みます。少し水気がひいたら下茹でして湯をきった白インゲンを加えて煮込みます。
香り漬けのセージも加えて出来上がり♩

f0106597_06183812.jpg

我が家の冬の定番メニューです。

f0106597_06224695.jpg


この変顔の人がシェフです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-11-26 06:24 | 山の食卓 | Comments(2)


犬話ばっかりでスミマセン。
最近、通っているバールのワンコが余りに可愛くて、彼女の顔を見に通っています(笑)。
早朝の仕事の時に寄ると、姿が見えなくて、居ないのかな?と思っていましたが、この毛布の下でモゾモゾと動く気配が。ちゃんと朝から出勤していました(二度寝してたけど・笑)
f0106597_17222127.jpg
昨日はちょっと遅く行ったから起きてました♩
ジャックラッセルテリアのミーナちゃん。
バールのオーナーさんと毎日出勤して、お店に居ます。新しいお客さんが入って来ると、その人の足元にちょこっと座って撫でてもらうまでじっと待つ。もしスルーされたら次のお客さんの所に移動(笑)。
f0106597_17242897.jpg
お客さんと一緒に他の犬が入って来ても、興味は示すけど絶対吠えない。
撫でてもらえたら嬉しそうに尻尾を振って、でも押し付けがましくなく、じっとその体勢でいつまでも撫でられています。

f0106597_17260173.jpg

ここは、ナポリコーヒーが飲めるお店。
中央市場の近くです。
ブリオッシュがとっても美味しくて、朝ご飯スポットとしてお勧めです。お願いするとカプチーノに沢山ココアとチョコレートをかけてくれます。
フィレンツェにいらしたらミーナちゃんに会いに行って下さい♩



Mo' Si Caffe'
Via Nazionale 106, Firenze
6:00-20:00



気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2017-11-24 17:31 | フィレンツェお薦め処 | Comments(1)

そっくりさん

f0106597_07340929.jpg

お客様のお嬢さんが作って下さったというラーラのそっくりさん♩

f0106597_07344568.jpg

本人はとっても気に入っていてパクッとやりたいらしい(ダメーっ)
どうも有り難うございます♩大事にします。

今日は昼から午後中、医療通訳でした。
日本から来た看護師とカルテの受け渡し、退院の手続き等。そして、最後の1泊のクリニックに転院し,明日の帰国便に備えます。

お腹ペコペコで9時頃帰宅したら、家の中はほかほかで、アントネッロのミートローフ(中にゆで卵が入ってるヤツ)が出来ていて。晩ご飯を食べながら、ああ、寄り道せずに、頑張ってまっすぐ帰って来て良かったなあと思った1日。


さあ、明日も頑張ろう。
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2017-11-21 07:41 | イタリア犬物語 | Comments(2)
f0106597_06344351.jpg

ここ数日、心に沁みる秋のトスカーナの風景を沢山見る機会に恵まれました。

f0106597_07004057.jpg
紅葉がこんなに美しかった年はなかったと思う程、ゆっくりと深まる秋を肌で感じた2日間。

f0106597_07082665.jpg

初めてイタリアにいらした方にも、このトスカーナの美しさを感じて頂けて良かった。11月のオルチャ渓谷はとても静かで、夏のハイシーズンの澄まし顔から、のんびりと本来の姿に戻っていました。

f0106597_07133367.jpg
2017年の秋は「美しかった秋」として思い出に残りそうです。
ぼちぼちブログ再開しまーす♩
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2017-11-20 07:16 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(1)
f0106597_22104683.jpg
一昨日は我が家で雪が降り、フィレンツェも随分寒くなってきました。
この時期に食べたくなるのは何と言ってもアツアツのリボッリータ(Ribollita) 。最近、週に一度の割合でフィレンツェの大衆食堂のリボッリータを食べ歩いています。
黒キャベツと白インゲン、水にふやかしたトスカーナパンをグツグツと煮込んだスープ。

今日のリボッリータは、サンタンブロージョの市場の中にある食堂、ダ・ロッコ(Da Rocco ) 。
ロッコお爺ちゃんは今日も元気にシャキシャキ働いていました。おいくつなんだろう?

f0106597_22154614.jpg

こちらは先日食べた、ゴッツィ(Gozzi)のリボッリータ
ダ・ロッコと同じようにトマトソースが入っています。かなり煮込んだ感じ。
f0106597_22170321.jpg


一方、先日食べたフィアスケッテリーア・ヌーヴォリ(Fiaschetteria Nuvoli ) はパンがまだ残っていて水分少なめ。ここのリボッリータが一番私の好みでした♩
今年は、他のお店のも色々食べてみたいな。

大体、テーブルチャージ、お水、リボッリータで7ユーロが相場なようです。
昼はこれだけで出て行っても全然大丈夫。パニーノに飽きたら、熱々のリボッリータを食べてみて下さい。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪










by lacasamia3 | 2017-11-15 22:20 | フィレンツェお薦め処 | Comments(0)

トスカーナの紅葉

f0106597_15523129.jpg

11月に入っても、余り激しい雨や風が続くこと無く(たまにありますが)、お天気の日もある今年。紅葉した葉が落ちないので、黄金色の山が目を楽しませてくれています。

ちょっと近況。先週はアパートのチェックインや医療通訳が数件ありました。
相変わらず、夜中の救急外来はバタバタ。でも毎度行く度に感じるのは、救急外来で働く人たちの使命感と、潔いプロ意識。重症の人が優先なので、軽症だと待たされるんですが、順番だからね。重症度は、軽症が白、水色、黄緑、一番重症が赤です。待っている間に、内部放送で、「コーディチェロッソ(赤)があと15分で到着」と流れると、ドクター達や看護師の表情に緊張が走るのが分かります。
イタリアでも日本でも、救急医療に関わっている方のご苦労、本当に分かります。そして感謝。

さあ、今週も頑張ろう。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2017-11-13 16:05 | トスカーナ山暮らし | Comments(5)

青い空とオリーブ畑

f0106597_19463211.jpg

久しぶりにアグリツーリズモ、ラヴァッキオに行ってきました。空が広い。



f0106597_19482434.jpg


朝ご飯のお部屋には暖炉に火が入っていました♩

f0106597_19494129.jpg


ここの朝ご飯はいつも美味しい♩
昨日はちょっと軽めに。

f0106597_19511827.jpg

ここの特製葡萄ジュースが結構美味しいのです。

f0106597_19545048.jpg
この日はアメリカの大学生グループのオリーブ収穫体験だったんです。
皆、このトスカーナの風景に感動していました。

f0106597_19573558.jpg
若いー。
トスカーナでは櫛の様な道具で手詰みで集めるんです。
f0106597_20000269.jpg

今年は雨が少なくて気温が高いので、熟すのが早く量も少なくて、通常は11月末まで続くオリーブの収穫は早く終わってしまいました。

f0106597_20030814.jpg

農場のワンコも学生達に遊んでもらって嬉しそう。
久しぶりにのびのび出来た朝でした。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2017-11-11 20:06 | フィレンツェのアグリツーリズモ | Comments(0)

いつも変わらず

f0106597_07083894.jpg


ちょっと久しぶりのパン焼き当番。少しずつ日が短くなって来て、焼ける頃にはドップリと暗くなっていました。

↑少なそうに見えるけど、実はこの倍量あって、石窯はキッチキチ。

「しばらく来てなかったじゃないか。元気だったかい?」と声をかけてくれるLお爺ちゃん。ちょっと嬉しい。ワサワサした10月だったけれど、今月の後半からは少しずつ、いつもの調子に戻して行きたいなと、パンを焼きながら思ったのでした。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2017-11-09 07:10 | 水車小屋物語 | Comments(1)

リボッリータ考察

今日は午前中、チェックインでフィレンツェに行っていました。
丁度お昼で、次の医療通訳まで時間があったので、お客様と一緒に手早く食べられるお店へ。
いつもチェックインをするアパート、デガスの真向かいに合って、ちょっと前から気になっていた小さな食堂、フィアスケッテリーア・ヌーヴォリ。

f0106597_05510679.jpg

入り口はワインを飲みながらパニーノが食べられるお店で、地下に降りて行くとテーブルで落ち着いて食べられる(でも相席当たり前)席があります。
サッと食べられてとっても便利。何より安い!プリモが5ユーロって、ドゥオーモのこんなに近くではあり得ない値段です。
お水とプリモで、座って食べて、サービス料込みで1人7ユーロ。

写真は、私が食べた冬のトスカーナ名物リボッリータ。
ここのお店のリボッリータは、パンの煮込み具合が丁度良くて(パンの感じがまだ残っていてドロドロになっていない)、野菜多め、ジャガイモも入っています。アツアツで出してくれるのが嬉しい。濃いめの味付けが多いフィレンツェには珍しく、丁度良い塩気で優しい味でした。ちょっと外食に疲れたり、パスタに飽きた時に食べると元気になる一品です。
もしフィレンツェでリボッリータを食べるなら、ヌーヴォリのリボッリータもお勧めです。コテコテの食堂に行ってみたい人にも♩

Fiaschetteria Nuvoli
フィアスケッテリーア・ヌーヴォリ
Piazza dell' Olio 15R, Firenze
月曜〜土曜 8:30-21:00
日曜 9:30-17:30
駅を背にして歩いて来ると、ドゥオーモ広場の一つ手前の路地に入った左手です。



気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2017-11-07 06:35 | トスカーナの美味しい食材 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho