<   2008年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

家族の肖像

ちょっと前ですが、ユキちゃんは幼稚園の最終日に、幼稚園で描いた沢山のお絵かきを持って帰って来ました。

色々と傑作はあるのですが、それは少しずつブログでご紹介するとして・・・

その中に「家族の肖像」というのがありました。
ユキちゃんが描いた家族の絵と、その時に先生がユキちゃんに「家族について」というテーマでインタビューをしたお手紙が付いています。

Q:ユキちゃんにとって家族とは?
A:なかよし
(イタリア語でcompagnia コンパニーアと書いてありました。ふ~ん、私達、仲良し三人組なのね・笑)

Q:家族は何人で構成されていますか?
A:バッボ、マンマ、猫(複数形)、私

(優先順位は猫が先で自分が後なんだ)

Q:家族の特徴は?
A:バッボは背が高くて、日焼けをしていて、目は茶色
マンマは背が低くて、髪が黒くて、眼は茶色


で、↓こんな絵を描いてきました。これは去年の秋頃に描いたもの。


家族の肖像_f0106597_224258.jpg



我が家のキッチンを庭側から見たような構図です。ちゃんと煙突も描いてあります。
他の子の絵を見ると、マンマと自分が家の中にいて、バッボは家の外にいたり(笑)結構様々です。うちはいつもくっついて一緒にいるからかなあ?家の中で、ぎゅって3人が寄り添っています。


家族の肖像_f0106597_2255853.jpg
家族の肖像_f0106597_2265726.jpg



横から見た水道も上手に描いています。
テーブルの下にいるのが猫のトゥルビーノ、テーブルの上に上がっちゃっている(こら~!)のが猫マッキアちゃんです。


家族の肖像_f0106597_2294119.jpg
家族の肖像_f0106597_22103922.jpg



↑これは結構最近の絵です。画風が少し変化しています。
アントネッロのヒゲをちゃんと書き込んでいます(笑)。


家族の肖像_f0106597_22114977.jpg
家族の肖像_f0106597_22124233.jpg



これは私。 にっ似てる(爆)。
普段Gパンばかりなので、やはりおズボンで、でも一応ユキちゃんが好きなピンク色にしてみたようです。あ、でもこんなヒールの靴は持っていないなあ。
頬の感じを出すのに指でこすってぼかしたりとかなり細かい工夫がされています。

ふ~ん、ユキちゃんにとって私達って、こんな風に見えているんだ。
子供のお絵かきって面白いものですね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-07-07 22:16 | お絵かきコレクション | Comments(38)
静かな丘の上の修道院~サンミニアート・アル・モンテ_f0106597_22142585.jpg



サンミニアートアルモンテはミケランジェロ広場のすぐ近くにある静かな修道院です。
お薦めの見所ですよ。

この記事は、メインサイト、フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアフィレンツェ見所案内 サンミニアートアルモンテで地図付きで掲載しています。

他にもフィレンツェ情報を沢山掲載していますので、宜しかったらご覧下さい。


人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-07-06 22:57 | フィレンツェお薦め処 | Comments(28)

子育ては助け合い

子育ては助け合い_f0106597_3191176.jpg
今、ユキちゃんが行っている夏季学校は、今まで通っていた山の幼稚園のお教室を借りて行われています。所が、夏季学校ではスクールバスがないために、毎日親が送り迎えをしなくてはいけないのです。我が家からだと一旦、山を降りて、県道を渡って更に向かいに山に登らなくてはいけません。車だと片道25分程の道のりですが、毎日往復二回となると結構面倒です。
そこで、ユキちゃんと仲良しさんのEちゃんのお母さんに、朝、交代で子供達を幼稚園に送っていくことを提案してみました。ガソリンも節約できるし、CO2の排出も半分ですむので一石二鳥です。朝の忙しい時に1時間でも節約でき、良いこと尽くめ。Eちゃんのママも賛成してくれて、帰りはお互いに色々と都合があるだろうからと、行きだけですが、交代で送って行っています。

昨日は、私が仕事で帰りが遅かったので、Eちゃんのお母さんに迎えに行ってもらい、ユキちゃんはその後、晩御飯前までEちゃん宅で遊んでいました。預かってもらったお礼に、卵4個と畑のキュウリやサラダ菜を持って行きました。ユキちゃんは、帰りたくないとべそをかき、Eちゃんも帰って欲しくないとべそをかいていました(笑)。

夏の子供は遊ぶ遊ぶ!朝8時半から夕方5時までの夏季学校でもまだ足りず、その後、夜の8時半まで遊んでいたユキちゃんとEちゃん。考えてみたら12時間近く一緒に遊んでいたのでした。

ともかく、こうして気軽に頼りにできるお友達がいるというのはとても心強いものです。
子育てって一人じゃ出来ないものですね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-07-06 05:23 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(4)
先日、近所のテッサから「ヒヨコが生まれたよ!」と電話があり、先日、ユキちゃんと見に行ってきました。
テッサ宅には、"mugellese"(ムジェッレーゼ)と呼ばれる小型のニワトリが数羽います。今回はそのうちの一羽がずっと卵を抱いていて、やっと雛が孵ったそうなんです。
ムジェッレーゼは、我が家のエリア、ムジェッロ地方特有のニワトリで、体がとても小さいのが特徴です。体が小さいから卵もとても小さくて(鶉の卵とニワトリの卵の中間位です)、オムレツを作るには沢山の卵が必要です(笑)。こんな効率の悪いニワトリなのに、地元では結構飼っている人が居るんですよ。


小さな母鶏と小さな小さなヒヨコを見ました_f0106597_529523.jpg
小さな母鶏と小さな小さなヒヨコを見ました_f0106597_5301128.jpg



写真左: 左がムジェッレーゼの雄鶏(黒)と雌鳥(白)。右は普通のニワトリ。全然大きさが違うでしょ?

写真右: ムジェッレーゼの雄鶏は小柄で、お洒落で、颯爽と歩く姿は「英国紳士」を連想してしまいます(笑)。

小さな母鶏と小さな小さなヒヨコを見ました_f0106597_5363619.jpg
以前もブログに書いたことがありますが、孵化機から生まれたヒヨコは大きくなっても卵を抱かないのです。テッサは、近くの農家から田舎育ちのベテランさんのニワトリを借りてきて、卵を抱かせ、ヒヨコを産ませたんです。そのヒヨコがニワトリになって今回卵を抱いていたというわけなんです。ニワトリは餌も殆ど食べず、たまに水を飲むだけで、20日間必死で卵を温め、体もぺったりと平べったくなってしまうんですよ。体温を上げて卵を温めるため、熱が出てうなされてしまうほどなんです。15日目を過ぎると仮死状態になったように殆ど動かず、様子を見に行ったパオロが、ニワトリが死んでしまったと思い込み、テッサに携帯メールを送ったほどです(笑)。
生まれてすぐには、ピヨピヨとお母さんの下から声が聞こえるだけなのですが、しばらくすると、ニワトリは、「ほら、赤ちゃんですよ。見てくださいな」と立ち上がってテッサに見せてくれたそうです。


小さな母鶏と小さな小さなヒヨコを見ました_f0106597_5375268.jpg
小さな母鶏と小さな小さなヒヨコを見ました_f0106597_53961.jpg



お母さんに甘えるヒヨコ達。お母さんの背中に乗っているのも居ます(笑)。
ユキちゃんも「かわいい~」と大喜びでした。1羽だけ大きくて真っ黒なのは、ムジェッレーゼではなくて普通のニワトリのヒヨコのようです。お母さん卵は自分が産んだ卵だけを温めたのではなくて、卵を温め始めた時にテッサが脇に他のニワトリの卵を置くと、サッサッと羽で卵を転がすようにして自分の体の下に隠して自分の卵と一緒に温め始めたそうです。


小さな母鶏と小さな小さなヒヨコを見ました_f0106597_540018.jpg
うちにもベテランさん、来てもらおうかなあ・・・。

元気に育つんだよ~。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-07-05 05:55 | ヒヨコ成長日記 | Comments(8)
卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_2139146.jpg
日曜日の午後、鶏小屋から採ってきたばかりの卵4個を前にして、アントネッロは何やら真剣にレシピ本を見ています。よく見ると、ジェラートの本でした。

材料は、

■卵の黄身 4個分
■砂糖 150g
■生クリーム 150g
■牛乳 250g

アイスクリームメーカーがなくてもタッパーとハンドミキサーさえあればできる簡単レシピなんですよ。去年もブログでご紹介したけれど、卵クリーム味は今回が初登場だと思います。

卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_21394751.jpg
卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_21405625.jpg



まずは卵の黄身だけをお鍋に入れます。


卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_21415322.jpg
卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_21423354.jpg



砂糖を加えて、グルグルと良くかき混ぜ、分離しないように気をつけながら牛乳も加えます。

卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_21435283.jpg
卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_21464040.jpg



極弱火にかけて、砂糖が溶け、材料が良く混ざってなじみ、とろみが出たら火を消して冷まします。その時に、アントネッロはレモンの皮を2かけ程(火を止めた後に)入れていました。バニラを入れても良いのですが、今回は爽やかなレモン風味です。


卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_2147542.jpg
卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_21491854.jpg



生クリームをホイップし(大量ですが、これは実はチョコレートフレーバーも同時に作っているからなんです)、冷めたお鍋の中の材料と合わせ、さっくりと混ぜます。

(↑アントネッロって普段はダランとしているのに、お料理をするときは何だかシャキーンってなるんですよね。顔も真剣です)

卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_21503867.jpg
卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_2152064.jpg



材料をタッパーに入れて、冷凍庫に入れます。
我が家の冷凍庫は整理整頓が出来ておらず(反省)余り良く冷えないので、時間がかかりますが、ちゃんと冷える冷凍庫だったら1時間半か2時間くらいで、固まり始めます。そしたら再度取り出して、ハンドミキサーで凍り始めた部分を壊すようにしてぐるりと混ぜます。これでもう一度冷凍庫に入れて出来上がり♪


卵たっぷりクリーム味の手作りジェラート_f0106597_2153177.jpg



ね、簡単でしょ?(←って私が作ったわけではないのですが・笑)
卵のまろやかな味に、ほんのり爽やかなレモンの風味がする美味しいジェラートです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-07-03 22:09 | 密着レポートレシピ集 | Comments(26)
今年も夏の冒険物語がスタート!_f0106597_21552846.jpg
今年も夏の冒険物語がスタート!_f0106597_21562783.jpg



今週から、毎年恒例(笑)、ユキちゃんのサマースクール(幼稚園の部)」が始まりました。
今年はバッチリ4週間参加し、8月にプーリアへの里帰り(←これも毎年恒例)をする予定です。朝8時半から17時までなので、かなりクタクタになって帰ってきますが、相変わらず楽しんでいます。毎年、児童心理学を学ぶ大学生が企画して、村の幼稚園と小学校でそれぞれ行われるサマースクールは、1週間毎に章に分かれて、全4章で完結する冒険物語なんです。ストーリーに絡めて、遠足に行ったり、水遊びをしたり、工作をしたりするんですよ。

今年のお題は、「妖怪箪笥」

初日、子供達が幼稚園に行くと、沢山の引き出しがついた大きな箪笥が置いてあります。引き出しを開けようとしても鍵がかかっていて開きません。1つだけ開いている扉の中から、子供達は妖怪博士フロッロからの手紙を見つけます。フロッロは悪い魔法使いに捕まっていて、子供達に助けを求めているのです。子供達はフロッロが脱出できるように手助けをすることをお手紙に書いて引き出しに入れると、お手紙が消えて、引き出しには1個の鍵が入っていました。
その鍵で、もう一つの引き出しを開けると、そこからは妖怪図鑑が出てきました。そこには、恥ずかしがり屋で、怖がりの可愛らしい妖怪達の絵が載っています。フローロを助けるためには、それらの妖怪に会って、様々な試練を乗り越えなくてはいけません。


今年も夏の冒険物語がスタート!_f0106597_2157796.jpg



昨日、子供達が幼稚園に行くと、いつもは片付いている教室がグチャグチャになっています。子供達は、食べ残したビスケット、ふわふわの毛、壁に付いた鼻水(こういうのって子供が大好きなんですよね・苦笑)を見つけます。そして、妖怪BUBBLEが登場!↑ユキちゃんが、昨日説明をしながら描いてくれた妖怪BUBBLE。1本しかない前歯を一生懸命磨くんですって(笑)。
どんなマテリアルで出来ているのかとか、どうやって動くのかなんて想像がつかないけれど、ともかく子供達は本気で信じているんです。先生達すごいっ!

今日は、迷子になってしまった妖怪GOMEZを探しに、近くの農場に遠足に行っています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-07-02 22:29 | 夏の冒険物語2008 | Comments(14)
400年のミステリー~フェルディナンド1世_f0106597_3251169.jpg



この記事は、より見やすく編集しなおしてメインサイト、フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアの中でフィレンツェ小話 400年のミステリーの永久保存版として掲載しています。

他の「フィレンツェ小話」の記事も時代順に見やすく編集して、こちらに掲載していますので、宜しかったらご覧下さい。
by lacasamia3 | 2008-07-02 03:33 | フィレンツェ小話 | Comments(11)

草原で昼寝

草原で昼寝_f0106597_0493349.jpg
草原で昼寝_f0106597_0501583.jpg



気持ちの良さそうな日陰を見つけて、テーブルクロスを広げてランチタイム。
美味しいキュウリと卵のパニー二を食べて大満足な私は早速お昼寝です(←何処でも寝られる図太い性格)


草原で昼寝_f0106597_0512284.jpg
草原で昼寝_f0106597_0521699.jpg



本当に1時間ほど熟睡し、目を覚ますとユキちゃんはボーっと空を見ていました。

この後、テッサのお家に寄ってみました。


草原で昼寝_f0106597_053242.jpg
アレレ?最近我が家の周りで見ないと思っていたウサギのチリエッジーナちゃんは、ここのお家の子になってしまっていたのでした(笑)。どうやら、テッサのウサギと仲良しになったようで、2匹で草むらに住んでいて、たまにお水と小麦をもらいにテッサのおうちに来るようです。


草原で昼寝_f0106597_054578.jpg



テッサ宅のパティオ。
相変わらず、味のある素敵な空間です。
この後は、テッサと、お茶とオヤツ&おしゃべりを楽しんで過ごしました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-07-01 01:07 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(18)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho