カテゴリ:山の食卓( 245 )

石窯の続き

石窯の続き_f0106597_22293857.jpg


アップするのを忘れましたが、ユキも石窯で朝食用のレモンクッキーを焼きました。

昨日の石窯オーブンで、以下の順番で、全てを調理する事が出来ました。
中に入れた薪を全て燃え尽きさせ、温度を上げて、徐々に下がる温度を利用しながら、中に入れる物を変えます。
ピザを焼くなら310度位で。

1. スペアリブとジャガイモのオーブン焼き 300度 約30分
2. 1キロパンx9個 280度 約40分
3. クッキー 180度 約30分
4. ソラマメ、ひよこまめ 160度↓ 一晩

石窯の続き_f0106597_22295731.jpg


ね、すごく機能的でしょ?
燃料も、森から切り出して乾かしておいた丸太を使いました。


石窯の続き_f0106597_22301485.jpg


ヒヨコ豆はホクホク。
豆類はこうして一晩かけて焚くと、皮まで柔らかく煮えます。

そら豆は... と思ったら

石窯の続き_f0106597_22303022.jpg


アントネッロが既にピューレにしていました(仕事が早いっ)

石窯の続き_f0106597_04404768.jpg


今晩は、庭で収穫した西洋タンポポを茹でて、そらまめのピューレを絡めて食べました。


石窯の続き_f0106597_01504295.jpg

<オマケ>
先日アントネッロが作っていたテラス、手すりが出来ました!塗料を塗って乾いたらプランターを飾れるね♪
封鎖が解けたら、床も作ってもらおう。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2020-04-03 22:29 | 山の食卓 | Comments(0)

パンを焼きました

パンを焼きました_f0106597_03345669.jpg


朝からマードレ(天然酵母)1.5kg、粉4.5kgを使って、パンで生地9キロを用意しました。


パンを焼きました_f0106597_03361223.jpg


毎日買い物に行けないから、家でパンを焼く人が多く、ビール酵母が売り切れているそうです。中にはゼロから天然酵母を起こし始める人もいるそうです。



パンを焼きました_f0106597_03370492.jpg

3時前に火を入れる。


パンを焼きました_f0106597_03375295.jpg

メラメラ


パンを焼きました_f0106597_03382973.jpg


アントネッロが夕食のスペリブの用意をしていました。
パンを入れる前に蓋をしてオーブンへ。


パンを焼きました_f0106597_03385404.jpg


ジャーン、焼けた!

パンを焼きました_f0106597_03393452.jpg


ひよこまめと空豆も準備しました。
パンを取り出した後、窯に一晩入れておくと、朝にはふっくらと焚けます。

パンを焼きました_f0106597_03403936.jpg

今日は火が強かったな〜

パンを焼きました_f0106597_03413220.jpg

中はみっしり詰まったパン

パンを焼きました_f0106597_03422602.jpg


お隣のおじいちゃんのお宅にもお裾分け。



パンを焼きました_f0106597_03425081.jpg


ラーラはいつもの場所。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2020-04-03 03:34 | 山の食卓 | Comments(11)

雪_f0106597_05315840.jpg

昨晩からチラチラ降り始めた雪は今朝5センチくらい積もりました。
チェーンをつけてソロソロ降りて、救急車の朝番へ。

もう最近は毎日のようにコロナの出動があります。今朝も11時頃に一件入り、出動しました。
54歳の男性。発熱はあるものの歩けるので家の入り口から救急車まで看護師が付き添って徒歩で乗り込みました。雪に包まれた歩道を歩いてくる白い防護服を着ている看護師が「僕、保護色になってるよ」って言ってて可笑しかった。血中酸素が低かったので病院搬送ですが、このような方のうち重症化する方はほんの一部で、残りは病院で陽性検査をした後、体調が安定したらすぐに自宅隔離となります。

その後、中央センターに行って防護服とマスクの替えをもらって、うちのセンターに戻り、除染作業。これが結構大変。あらゆる表面を消毒液で濡らし、ペーパーで拭き取ります。



雪_f0106597_05332284.jpg


3時頃家に戻ったらすっかり雪が溶けていました。
チェーンをつける必要がなくてよかった。



雪_f0106597_05342499.jpg

↑この方、いよいよ今日から4月3日までお休みです。
これから手の込んだ料理が毎日食べられると思うと楽しみですが、大幅な体重増加も怖い(笑)。今、移動制限で他のイタリア人も、お菓子を手作りしたり、パスタを打ったりして、小麦粉の消費量が並みじゃないそうです。皆、制限が解除されたら、ちょっと丸くなってるね(爆)

雪_f0106597_06340148.jpg

1日目の今日は、手打ちタリアテッレ





雪_f0106597_05360475.jpg

ソースはイノシシのラグーソースです。
1月にうちの敷地内を通って狩場に行くハンター達に、お肉の塊を分けてもらったんです。フリーザーで冷凍していたものを解凍して、午後中、薪ストーブで6時間煮込みます。



雪_f0106597_05371993.jpg

我が家恒例の山盛りパスタ♩




雪_f0106597_05405936.jpg

お肉はセコンドとして食べました。
ワイルドで美味しいな。脂身は甘みがあります。




雪_f0106597_05420181.jpg

明日の朝食用のビスコッティまで作ってくれた。
これはアントネッロのお母さんのレシピだそうで、長方形のバットに生地を敷いて焼いて、それを切り分けたもの。ベーキングパウダーが入っているので、ソフトタイプです。素朴で美味しいな。

明日は一日お休みなので、パソコンで仕事をしたり、家の掃除をしようかな。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2020-03-26 05:30 | 山の食卓 | Comments(24)

フェスタ・ディ・バッボ

今日は外出制限が出てから初めてドキドキ買い物に出てみました。
久しぶりに救急隊のユニフォームとか家にいるときのジャージじゃなくて、普通の外出だから服選びに困る(笑)。

フェスタ・ディ・バッボ_f0106597_07005937.jpg


検問で止められた時のために、外出用の自己申告書を携帯しておく。これを予め持っていないと罰金になります。
今日は、ドキドキしながら張り切って、プリントアウトした書類の他にクリップファイルとボールペンも車の中に用意したのに、検問に遭わず、ちょっと残念(笑)

基本的に買い物は一人で行くのが原則。どうしても子供を連れて行かなくてはいけない時は、同行者は後部座席に乗ることが義務付けられています。一台の車に3人以上乗るのはNG。

最低限の買い物、病院、仕事(製造業)に行くことなど、正当な理由がないのに外出をした場合、最長3ヶ月の禁固刑、もしくは206ユーロの罰金となるのだそうです。結構厳しい。一度、救急センターに行く途中、検問に遭い、センターから出してもらっている通行手形を見せようとしたら、「はいはーい、行っていいから」ってそのままスルーでした。救急隊のユニフォーム着てたからかな?



フェスタ・ディ・バッボ_f0106597_05425022.jpg

9時頃着いたスーパーの入り口には長い行列。どのくらい並ぶんだろう?と心配していましたが、どんどん進んで、たったの10分で入れました。イタリア人、ちゃんと大人しく並んでいましたよ。立ち話する人もおらず静か。店内は、入場制限をしているからか、とても空いていて、いつもだったら通路の真ん中で立ち話をしているお年寄りがたくさんいるのに、今日はスッキリ。皆、無言でさっさと買い物をしています。

物は豊富にあります。封鎖が始まる直前に品薄気味だった小麦粉も、新たにお得な大袋5キロ袋とかも出ていました。今の時期、家に籠っているイタリア人は相当お菓子作りをしているらしい。パスタもワインもオリーブオイルもいつもの通り、ズラーっといろんな種類が並んでいて、肉も魚も野菜も豊富にあります。トイレットペーパーも普通にあります。但し、文房具や下着、工具、おもちゃなどの雑貨は「この商品は現在販売することができません」という張り紙が貼ってあり、購入できません。これは私の想像ですが、恐らく、「生活必需品を扱う」スーパーや食料品店のみ開店させているので、休業させられている他の雑貨屋や文房具屋の手前、文房具や雑貨をスーパーで売ることが出来ないのだと思います。
ただ、政府から細かく商品の指定があったわけでなく、何を売るかはそれぞれのスーパーに寄ってまちまちのようで、種まきをしたいのに、野菜の種が買えなくて困っていたら、フィレンツェのご両親の所に行っていた隣のラウラが、フィレンツェのスーパーで見つけて買ってきてくれました。鉢植えの花も販売できないらしい。家に篭るこんな時こそ、種とか鉢植えとか切り花とか必要なのに。刺繍セットとか、カードゲームとか、もっと家の中で楽しく過ごせるものも買えると良いな(ちなみにAmazonだったら購入できます)

「白髪染めは果たして生活必需品になるのか?」と心配していたけど、これは買えたので良かった。ホッ。



フェスタ・ディ・バッボ_f0106597_05455978.jpg

家に帰ったら、ユキが「休校が5月まで伸びてしまった・・・」と落ち込んでいました。いい加減、友達にも会いたいよねー。分かる、分かるけど・・・もうちょと頑張ろう。

気を取り直して(立ち直りが早い)チャカチャカキッチンで何かを作り始めるユキ。



フェスタ・ディ・バッボ_f0106597_06311596.jpg

そうそう、今日はイタリアでは「父の日」(フェスタ・ディ・バッボ)。我が家では、南イタリアの伝統に従い、この日はゼッポレというお菓子を食べます。ここ数年はユキがアントネッロに作ってあげるようになりました。揚げシューの上にクリームとアマレーナ(サワーチェリー)のジャムやシロップ漬けをのせたもの。今日はイチゴジャムで代用しました。

美味しくできてる。
アントネッロ、「父の日」おめでとう。世界中のお父さん、おめでとうございます。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2020-03-20 05:41 | 山の食卓 | Comments(10)

大地からの春の恵み

大地からの春の恵み_f0106597_07193829.jpg


相変わらず雑草が生え放題の我が家の庭ですが、実は食べられる野草が沢山生えています。今の時期は西洋タンポポ。イタリアでは tarassaco(タラッサコ)と呼びます。


大地からの春の恵み_f0106597_07211870.jpg


黄色い花が咲いてしまっているのは葉っぱが既に硬いので、まだつぼみが中心から顔を出し始めている位の柔らかい株を選び、出来るだけ根元から切り取ります。土は籠に入れる前に、ナイフで綺麗に削ぎとっておくと洗いやすいです。


大地からの春の恵み_f0106597_07222113.jpg


オリーブオイルをしいた鍋にわさっと入れて、



大地からの春の恵み_f0106597_07225823.jpg


蓋をして、蒸し煮にします。


大地からの春の恵み_f0106597_07240260.jpg


パスタの代わりに山盛り食べる。
サルシッチャを横に添えました。心地よいほろ苦さは春の味。食べると体の中が浄化される感じがします。


大地からの春の恵み_f0106597_07244469.jpg


おすましラーラ。

一昨日のブログをシェアしてくださった皆さん、本当にありがとうございます。イタリアは今、医療が崩壊しないように必死で頑張っています。イタリアに居る皆さん、引きこもり生活が続いて疲れが出てくる頃かと思いますがあともう一踏ん張り! 一緒に頑張りましょう。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2020-03-18 07:02 | 山の食卓 | Comments(8)
休校1日目はユキ作リボッリータ_f0106597_06092519.jpg

いきなり10日間も休みになり、先生方はあまりに突然の事で宿題も出せず、ユキにとっては天国のような毎日です。
洗濯したりしてくれて、チラッと、「この10日間、晩御飯担当になる?」って聞いたら「いーよー」って。
ヤッター!

今日の献立はリボッリータ(豆と黒キャベツの煮込み)とフェンネル+人参のサラダでした。

明日は何を作ってくれるのかな?(ワクワク)


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2020-03-06 06:08 | 山の食卓 | Comments(6)

心の糧

心の糧_f0106597_23544700.jpg


先日は雪が降って寒かったフィレンツェですが、例年よりも気温は高くて、野花がちらほら咲いています。昨日、昼前にアントネッロッロが庭で籠一杯に食べられる野草を摘んでいました。

集めたのは、セイヨウタンポポ、キクニガナ、フェンネル、イラクサ。
これらをクタクタに茹でて、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪でさっと炒めます。
パスタの替わりに、大盛りの野菜を食べる。カリカリに揚げて塩を振ったパンを添えて。
体の底から力が湧いて来るような食事でした。

心の糧_f0106597_23550027.jpg


こちらは先日の水車小屋イベントで皆で焼いたパン。皆んなで笑いながら作った思い出がギュッと詰まっています。

食は体の基本。春のエネルギーをたっぷり吸収しましょう。
日本では、沢山のイベントが中止になったり、学校が休校になったりしているそうですね。イタリアでも心が苦しくなるようなニュースばかり。こんな時、週に一度でも良いから、心の糧になるような栄養たっぷりの食事を摂ってみようと思います。

いつか皆で笑い会える日が来るから。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-03-01 23:52 | 山の食卓 | Comments(1)
スモークサーモンが余ったら_f0106597_05022559.jpg


お正月明け、冷蔵庫にスモークサーモンが余っていたりしませんか?
そのまま食べるのも飽きたし、ちょっと違う食べ方は?という時にオススメなのがスモークサーモンと生クリームのパスタ。そういえばアントネッロはあまり生クリームのパスタは作らないのですが、唯一作るのが、パプリカと生クリームのパスタ、ズッキーニと生クリームのパスタ、そしてこのサーモンのパスタです。

用意するのは、
・スモークサーモン
・生クリーム(今回は合計250ml使いました)
・イタリアンパセリ
・にんにく
・濃縮トマトペースト(トマト缶でも良いです)
・オリーブオイル
・パスタ(今回は生タイプのパッケリという巨大なパスタを使いました)


スモークサーモンが余ったら_f0106597_05032240.jpg

まずはイタリアンパセリをかなりたっぷりのオリーブオイルでじっくりと炒めます。
そこにトマトペーストとニンニクのみじん切りを入れます。ニンニクは焦げないように注意。



スモークサーモンが余ったら_f0106597_05034662.jpg
生クリームを入れて、かなりじっくりと沸かせて加熱していました。

スモークサーモンが余ったら_f0106597_05042126.jpg
最後に一口大に切り分けたサーモンを加えて、グルリとかき混ぜたらすぐに火を止めます。

スモークサーモンが余ったら_f0106597_05044614.jpg
サーモンのクリームパスタの出来上がり♩



スモークサーモンが余ったら_f0106597_05053424.jpg
ここ数日はお天気続きなので毎日ラーラは元気に走っています。
そうそう、ユキは1月2日からプーリアに行って従兄弟達と楽しく過ごしているようです。本当は明日から学校だけれど一日休んで、明日の夜、ボローニャ経由でフィレンツェに戻ってきます。



今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2020-01-07 05:01 | 山の食卓 | Comments(8)

クリスマスの食卓

クリスマスの食卓_f0106597_03022323.jpg


クリスマスの日の夜は、昼間、皆忙しくしていたので、前菜などはなしで、でも手間をかけた一品で。
今年は、アントネッロがカンネッローニを焼いてくれました。
手打ち麺を伸ばして、一枚ずつ茹でて、中にはひき肉とリコッタチーズ、トマトソース、ホウレンソウが入っています。それを並べて、べシャベルソースをたっぷりかけて、オーブンで焼きます。ユキのためにベジタリアンバージョンも作りました。



クリスマスの食卓_f0106597_03023992.jpg

ドドンと迫力の一切れ♪



クリスマスの食卓_f0106597_03025527.jpg

ユキがデザートにプロフィットロールを作ってくれました。
シューを焼く手際もなかなか良い。最近、お菓子を作るのが楽しいようです。大みそかにはパネットーネに挑戦するらしい。

プレゼントは、アントネッロへは胸の所にモカ(コーヒーメーカー)の刺繍が入ったセーター、ユキへは可愛いイラストが描かれた靴下と最近気に入っている古着屋さんのクーポン券。
ユキからは、私とアントネッロへゴヤの画集をもらいました。全作品を網羅していて、ちょっとずつ見ていますが、今まで知らなかった作品も多くて、見ながら面白い発見があります。いつか家族でスペインにゴヤを見に行けたら良いな。

さあ、今日は今晩到着されるお客様のチェックインのためにこれからフィレンツェに行きます。車、停められるかな~(汗)


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2019-12-28 03:01 | 山の食卓

スペシャルな朝ごはん

スペシャルな朝ごはん_f0106597_15112546.jpg

おはようございます。
フィレンツェでは、やっと11月に入り、例年通り、毎日、雨が降り始めました。
先週末はアントネッロと友人二人と一緒に、マルケ州へ行きました。一泊二日の楽しかった旅の思い出を、ゆっくりまとめてブログにも書きますね。

スペシャルな朝ごはん_f0106597_15143350.jpg


帰ってきた翌日の日曜日の朝、ユキが手作りのブリオッシュを焼いてくれました。粉、生地、バター、ビール酵母から作ったんだそうです。表面に卵黄を塗るのを忘れたらしい。
でも焼きたてのブリオッシュはサクサクして香ばしく、どのバールのものより美味しかったです。

スペシャルな朝ごはん_f0106597_15190138.jpg

ユキとお留守番をしていたラーラはこの通り、朝から甘えっ子(涙)たった2日間だったのにね。
脇に顔を埋めるのは甘えレベル最高の時です。

先週から発生している医療通訳の仕事で、毎日帰りが遅いので、ここ数日はユキが晩御飯担当。結構バランスを考えて、色々作ってくれています。感謝!

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-11-06 15:10 | 山の食卓 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho