カテゴリ:山の食卓( 236 )

スペシャルな朝ごはん

f0106597_15112546.jpg

おはようございます。
フィレンツェでは、やっと11月に入り、例年通り、毎日、雨が降り始めました。
先週末はアントネッロと友人二人と一緒に、マルケ州へ行きました。一泊二日の楽しかった旅の思い出を、ゆっくりまとめてブログにも書きますね。

f0106597_15143350.jpg


帰ってきた翌日の日曜日の朝、ユキが手作りのブリオッシュを焼いてくれました。粉、生地、バター、ビール酵母から作ったんだそうです。表面に卵黄を塗るのを忘れたらしい。
でも焼きたてのブリオッシュはサクサクして香ばしく、どのバールのものより美味しかったです。

f0106597_15190138.jpg

ユキとお留守番をしていたラーラはこの通り、朝から甘えっ子(涙)たった2日間だったのにね。
脇に顔を埋めるのは甘えレベル最高の時です。

先週から発生している医療通訳の仕事で、毎日帰りが遅いので、ここ数日はユキが晩御飯担当。結構バランスを考えて、色々作ってくれています。感謝!

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-11-06 15:10 | 山の食卓 | Comments(4)

森好き、キノコ好き

f0106597_02022315.jpg


↑森好きのラーラとアントネッロ。気が合うこのコンビは最近、毎週末、森に入ってキノコを探しています。森に入るとハッピーになって、どんどん坂道を登ってしまうラブラブな二人に私はついていけないので途中で帰る(笑)。

「あー、僕はなんて森が好きなんだ♩」って言いながら帰ってくる。ラーラもハアハアいうだけだけど(笑)眼がキラキラしてて同じ気分なんだと思う。



f0106597_02040401.jpg


森に入ったら手ぶらでは帰ってこないアントネッロ。
先週と今週は続けて巨大ポルチーニ一本ずつと、イタリアではgalletti( ガッレッティ)と呼ばれるアンズ茸を採ってきました。


f0106597_02050081.jpg


アンズ茸はシャキシャキして、とっても美味しいんです。


f0106597_02053054.jpg


こちらは今週採れたポルチーニ茸。ずっしり重いよ。

f0106597_07034819.jpg

夕食にアントネッロが作ってくれたのは、ピリッと唐辛子を利かせてソテーにしたトリフォラーティ。途中、赤ワインもを振りかけていました。
ポルチーニ茸は他のキノコと合わせて調理すると数倍美味しくなるんだなあ。今年はキノコの当たり年かも。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-27 02:01 | 山の食卓 | Comments(2)

3人のパスタ

f0106597_17054299.jpg


先週、やっとまとまった雨が降りました。雨上がりの散歩の途中で、キノコが沢山♪
気温がそれ程下がらない9月末、雨が降った日の翌日に生えてきます。翌日にはもう古くなってしまうから、本当に季節もの。小さすぎるキノコを残して収穫します。


f0106597_17055239.jpg

ピオッピーニ(cyclocybe aegerita)。糸杉に寄生するキノコです。 日本ではヤナギマツタケと呼ぶらしい。過熱をしてもシャキシャキした歯ごたえが残って、とても美味しいキノコ。




f0106597_17061902.jpg

この籠2個分収穫して、食べきれない分は冷凍しました。
今晩調理しようと思って、このままポンッとキッチンに置いて仕事に行って帰宅したら・・・

f0106597_17060638.jpg

おおお・・・タリアテッレ作ってる。
キノコ→タリアテッレでしょ、と考えたらしい。
いいねえ、この勘の良さ。



f0106597_17063726.jpg

手早い。





f0106597_17065055.jpg

アントネッロが帰宅して、ソースを作り、キノコのパスタが完成♪
私が見つけたキノコ、ユキが打ったパスタ、アントネッロが作ったソースという3人のパスタでした。




今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪








by lacasamia3 | 2019-10-01 17:05 | 山の食卓 | Comments(5)

食事係

f0106597_05391125.jpg


最近、アントネッロも帰りが遅く、私も夜8時過ぎに帰宅するから、家族が揃うのは8時半。帰宅してからご飯を作り始めると、9時半頃になってしまうので、見かねたユキが食事を作るようになりました。
それがツボにはまったのか、先週の日曜日のお昼も手作りパスタを作ってくれました。私がよく作る、指で転がして作るパスタです。(そのTシャツ・・・笑)



f0106597_05393801.jpg


ツッコミどころは色々あるけど、ぐっと我慢して、アントネッロと二人で、「美味しいー、素晴らしいー、すごいねっ、上手にできてる!」って褒めまくる(笑)。褒めて伸ばす作戦。
どうやら気分が良かったようで、昨日はカリフラワー、リガトーニ、ベシャメルソースを合わせて焼いたオーブン焼きパスタ、今日はトマトソースのニョッキ、と2日続けてご飯を作ってくれました。
良い、良い。

家族のために食事を作ろう思ってくれた気持ちが嬉しいです。大人になる上で、ちゃんと材料からご飯を作れるということは、勉強と同じ位、とっても大事なこと。
これからも、たまに作ってくれるかな?

今週から学校が始まり、数学と物理はとても教え方が上手な先生に変わったので、喜んでいます。授業が面白くて大好きな歴史の先生が、哲学も受け持つことになったし、色々楽しみな新学期のスタートです。明日は放課後に生徒会の集まりがあるらしい。今年は生徒会にも入るんだそうです。何だか毎日がとても楽しそう。
今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-09-20 05:38 | 山の食卓 | Comments(4)
f0106597_03235743.jpg

今まで見ない振り、見えない振りをして来た我が家の庭の奥の森。
引っ越してきて17年目にして、やっと重い腰を上げ、庭にすべく、イバラ、雑木を取り除いています。

f0106597_03242019.jpg

イバラにはモーレ(ブラックベリー)がなっていました。
今まで気がつかなかった!


f0106597_03260401.jpg

ついつい手を伸ばして食べちゃう。

f0106597_03262317.jpg


ベリーは美味しいけれど、このイバラが厄介なのです。切り倒しても硬い幹や何年も硬いままなので、夏が終わったら燃やす必要があります。しかもトゲが凄いので扱いにくい。



f0106597_03264879.jpg


それでも、こんなにモーレがとれると、ちょっと切り倒すのはもったいない気もしますが、まだまだ茂みは沢山あるので、心を鬼にして切り進みましょう。


f0106597_03270886.jpg


モーレがあるよ!って言ってキッチンに置いておいたら、ユキが小さなタルトを焼いてくれました。下にはカスタードクリームが敷いてあります。最近は、こういうの、サクッと作ってくれて嬉しい。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2019-09-07 03:22 | 山の食卓 | Comments(3)

窯焼きフリーゼ

f0106597_14005879.jpg

フリーゼってこんな風に作ります。
生地はパンと同じ。でも南イタリアの食べ物なので、粉は硬質小麦の粉(セモリナ粉)です。グルテンが普通の小麦粉に比べて少ないので、高めの温度のお湯で捏ねないとつながらない。でも天然酵母のベストの捏ね上げ温度は24ー26度。先にセモリナ粉を高温でこねて冷まして混ぜるか? この辺りが今後の課題です。

150gずつ細く紐状に伸ばして、グルグル2重に巻いて、発酵させます。このままだとベーグルみたい。

f0106597_14021035.jpg

で、これを1回焼いて、その後、上下半分に切り、さらに2度焼きします。


f0106597_14012969.jpg

じゃん!

生地に含まれる水分がほとんどないので、かなり長持ちするのです。

f0106597_05471385.jpg

正しい食べ方は、ちゃぽんと水にくぐらせて、プチトマト(プーリアの義父さんはフリーゼ用の種が多い種類を育てています)を一口かじり、フリーゼの表面に絞りながら汁と種を塗ります。
その上にオリーブオイルと塩、乾燥オレガノをふって出来上がり!

海で泳いだ後に食べると最高なんだなあ... 来年は絶対プーリアに行こう。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2019-09-05 13:59 | 山の食卓 | Comments(2)

美味しいもの対決

f0106597_01382205.jpg


日本の母が来ると、私に美味しい和食を食べさせたい母と、母に美味しいイタリアの食材を味わってほしい私で料理対決になってしまう(笑)。アントネッロはプーリアに行く前の数日間、何回か料理を作ってくれて、母も彼も大満足。マルケから帰ってきてからは、残りの日数の間で、和食とイタリアンが混じり合い、美味しい毎日でした。

母とTさんが毎年来るたびに楽しみにしているのが畑のインゲン。なにせ取り放題なので、パスタの替わりに、クタクタに茹でたインゲンをオリーブオイルと生のニンニク、塩、胡椒で味付けしたものを山盛り食べます。これで一人分。東京はインゲンがとっても高いそうなので、これだけの量が作れないんだそうです。インゲンは収穫に手がかかるので殆ど人件費ですからね。それにしても日本から写真で送られてくるインゲンは、真っすぐで、長さが揃ってて驚きます。イタリアだと、スーパーでも、曲がったのあり、短いのあり、太さもバラバラ。畑をやるとわかるけど、真っすぐには育ちません。きっと真っすぐ同じ長さに揃えるのに、農家さんが相当努力されているのだと思います。


f0106597_01401178.jpg

今回、二人がいる間に是非作りたかったのが、最近私がはまっている手打ちマカロニ。最初は苦心していましたが、二人ともすぐコツを覚えて、最後はサクサク出来ていました。


f0106597_01402318.jpg

庭のバジルでジェノヴァ風にしました。



f0106597_01384647.jpg

私が焼いたパンを二人は大事に日本に持って帰りました。


f0106597_01404224.jpg

ガーデニング上手のTさんが、立ち寄ったホームセンターで見つけたルリマツリを2株、植えてくれました。






f0106597_01405714.jpg

お陰でキッチン前の庭がちょっとオシャレになりました。
お互いに思いやりながら過ごした数日間・・・

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2019-08-30 00:37 | 山の食卓 | Comments(6)

素朴な発見

f0106597_01085227.jpg


先日、プーリア名物の固いパン、フリーザ(複数形はフリーゼ)を焼きました。
フリーザって、普通はこんな風( フリーザのお作法 )にトマトと塩で食べるのですが、最近の私のお気に入りは、先日作ったスモモジャムのせ。朝ごはんでこうして食べています。

これを食べながらふと、そうか、fette biscottateってフリーザだったのかと気づく。fette biscottate (フェッテ・ビスコッターテ)とは、良くホテルの朝食で出される、袋入りの不味い固いラスクのようなパン。
考えてみれば、フリーザも2度焼きするから、同じ作り方ですもんね。ホテルで出されるものは、殆どすべてが、工業生産のもの。私はあれがとても苦手で、わざわざ外に朝食を食べに行ったりしていました。でも手作りのものはやはり美味しい。

2度焼きしているのでとても長持ちします。

f0106597_01102760.jpg

庭のバラが再び咲きはじめました。
真夏は苗が疲れてしまうからつぼみがついたら切り落としたほうが良いと聞きましたが、来週、トスカーナに来る母達に見せてあげたいなと思い、そのままにしています。

f0106597_01104136.jpg

昼間は気温が上がりますが、朝晩は結構涼しい、過ごし易い8月です。
フリーザのことを書いたら、プーリアに行きたくなりました。来年は長めに行けたら良いな。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪











by lacasamia3 | 2019-08-04 01:08 | 山の食卓 | Comments(2)
f0106597_05344529.jpg


今日はお友達のsawakinaちゃんが遊びに来てくれたので、手打ちパスタを一緒に作りました。
プランターのバジルの勢いが凄くて、どんどん摘まなきゃ。バジル+松の実+オリーブオイル+パルメザンチーズをミキサーにかけて、塩で味を整える。茹でたパスタにソースをあえる時、茹でたジャガイモとインゲンを角切りにして加えるんです。お隣のラウラのレシピ。
美味しいですよ〜!

f0106597_05444583.jpg

今晩も暑いです。
明日は医療通訳で朝からフィレンツェです。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2019-07-25 05:33 | 山の食卓 | Comments(2)

夏野菜の手打ちパスタ

f0106597_05501486.jpg


今日は、リビングの壁の塗り替えをしました。
私が言い出しっぺだったのですが、初めてみたらユキがどんどん手伝ってくれて、最後は一人で仕上げてくれました。なんか成長したなあ・・・。アントネッロは納屋の片付けもの。
というわけで、今日は私がお昼担当。



f0106597_05505369.jpg


最近ハマっている手打ちパスタです。最近、要領がやっとわかってきました。やはりしっかりと窪みをつけたほうが、茹だり加減もちょうど良くてソースがしっかりと絡まります。パスタの世界って奥が深い。結局は、茹でる時の湯のまわり方とソースとの相性なんだなあ。

ソースは、赤玉ねぎ、ズッキーニ、トマト、下茹でしたインゲンを炒めて、水気を多めにしたかったので、少しパスタの茹で汁も加えました。


f0106597_05521675.jpg

我が家では、大皿でザブンと混ぜて、テーブルでサーブします。



f0106597_05534922.jpg
おお、良い感じ♩

今回は、窪み加減も茹で加減も合格点をもらいました(前回は、窪みが少ない!と言われたので)
二人は、食後、すぐに作業に戻る。

明日は救急車の朝のシフトです。そうそう、土曜日は午後の2時までだったのですが、1時45分にジリーンとサイレンが鳴り、「ううう・・・戻れるのは2時間後か・涙」とブルーに鳴りながら救急車に乗り込もうとしたら、次のシフトのFさんが丁度早めに到着して、行ってくれました。いつも、皆、自分のシフトの時間の前なのになんで早めに来るんだろう?って疑問だったんですが、こういうことだったんですね。前のシフトの人と早めに交代してあげれば、時間外で(ボランティアだけど)残らなくて良いものね。イタリア人でもこういう気遣いができる人が居るんだって、ちょっと新鮮。私も見習って、次からは早めにセンターに行こうと思います。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2019-07-22 05:49 | 山の食卓 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho