カテゴリ:プーリア滞在記( 16 )

義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02305137.jpg
プーリアから帰ってきて、もう10日以上経ったのに、まだブログにアップしていない写真があるので、残りを少しずつアップしますね。
この日は義母さんがオレッキエッテを作ってくれました。糖質ダイエットをしている義母さんは、最近、全粒粉の硬質小麦でオレッキエッテを作っています。

義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02375514.jpg

実はこれ、とっても難しいのです。
それでなくても難易度が高いオレッキエッテを、グルテンが少なくてなかなか伸びない全粒粉でつくるとは!



義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02321930.jpg


つなぎとして卵を入れます。
卵なしで作ったら、乾燥させて保存することも出来ます。オレッキエッテ=卵なし、卵はタブーと思い込んでいたけど、保存用でなければ卵は入れてよいのか―!と目からうろこ。はい、プーリアのマンマも卵入れてます(笑)





義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02312180.jpg

捏ねて、捏ねて。

義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02330525.jpg

生地の一部をこうして先の細い棒状にします。
・・・で途中の作り方は以下の動画を作ってみたので、良かったら見てみて下さい。



神の手(笑)

義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02340048.jpg
この表面のザラザラが大切。
ソースが絡んで美味しくなるのです。

義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02342020.jpg

この日は8人分だったかな?
沢山出来ました。




義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02372191.jpg

アントネッロはソースとセコンドになる馬肉のインボルティーニを作っています。
くるくる巻いてひもで結んだ馬肉をトマトソースでじっくりと煮込みます。



義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02351661.jpg
このソースは茹でたオレッキエッテにかけて食べます。



義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02353518.jpg

美味しかったなー。
私も普段家で全粒粉のパスタやパンを食べているから、普通のオレッキエッテよりも、全粒粉のオレッキエッテの方が美味しく感じます。


義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02344886.jpg

馬肉のインボルティーニも♪


義母さんの全粒粉オレッキエッテ〜プーリア滞在記_f0106597_02362428.jpg

お疲れ様でした♪






人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪








by lacasamia3 | 2020-09-05 02:17 | プーリア滞在記 | Comments(6)
プーリア風アイスコーヒー~プーリア滞在記_f0106597_21060477.jpg


夏のプーリアに帰省するようになって20年以上が経つのに、今年初めて私が発見した美味しい飲み物、それが「プーリア風アイスコーヒー」です。カッフェ・サレンティーノ(サレント風コーヒー)とか、カッフェ・レッチェーゼ(レッチェ風コーヒー)と呼ばれるこのコーヒーは、エスプレッソコーヒーに氷を入れて、アーモンドミルクを少し垂らしたもの。

プーリア州はアーモンドの栽培地としてとても有名で、アーモンドは伝統菓子の材料としても広く使われています。



プーリア風アイスコーヒー~プーリア滞在記_f0106597_21061526.jpg


コーヒーの出し方はそれぞれのバールによって様々。
1枚目と2枚目の写真は、氷、アーモンドミルク、エスプレッソコーヒーを既にグラスに入れて、混ぜた状態で持ってきてくれる場合。



プーリア風アイスコーヒー~プーリア滞在記_f0106597_21064841.jpg

ここは、氷+アーモンドミルクとエスプレッソコーヒーを別々に持ってくるタイプ。


プーリア風アイスコーヒー~プーリア滞在記_f0106597_21072096.jpg

こうして自分で注ぎ入れます。

プーリア風アイスコーヒー~プーリア滞在記_f0106597_21074527.jpg

こちらはサレント地方名物のパスティッチョット。

プーリア風アイスコーヒー~プーリア滞在記_f0106597_21084210.jpg
こちらも別々に出てくるタイプ。




プーリア風アイスコーヒー~プーリア滞在記_f0106597_21090300.jpg

こうやって自分で混ぜます。


プーリア風アイスコーヒー~プーリア滞在記_f0106597_21081625.jpg

↑この方、プーリア滞在中、2回だけ会えました(苦笑)
従兄弟二人がバンドをやっていて、そのライブの準備であちこちに行っているのに付き合って、海にはほとんど来ず、フランカヴィッラ・フォンターナの街の方にずっといたんです。

友達がたくさんできて、1か月半のプーリア滞在を満喫したようです。私たちと一緒にトスカーナに戻ってきました。
バールに行ったらテーブルに注文しに来た女の子に「チャオ!ユキ!」って声掛けられて、「いつものね♪」って言われてました。

ユキの「いつもの」は、カッフェ・レッチェーゼとセグレートというチョコレートのお菓子でした。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2020-08-28 21:03 | プーリア滞在記 | Comments(10)
アントネッロが生まれ育った街_f0106597_21252112.jpg


アントネッロが生まれ育ったのは、フランカヴィッラ・フォンターナというブリンディシ近郊の中規模の街です。
今回の滞在中、珍しく、私一人でこの街を歩いてみました。

ここはキエーザ・マードレと呼ばれる、街で一番大きな教会。
プーリア州の教会の大部分には、1600年代から1700年代にかけて流行ったバロック様式の装飾が施されています。

アントネッロが生まれ育った街_f0106597_21254026.jpg

アントネッロが小学生の頃、「自転車かくれんぼ」という遊びをしていたそうです。街の中心部全体をつかって、自転車で移動するかくれんぼ(日本のドロケイみたいな遊び)をしていたのだそうです。

路地から自転車に乗った小っちゃいアントネッロが出てきそう(笑)


アントネッロが生まれ育った街_f0106597_21261775.jpg


義母さんはこの路地で生まれ育ったのだそうです。
このすぐそばに、大きなお城があって、その横を街のメインストリートが通っています。義母さんのお爺さんは、葬儀屋で、葬儀用の馬車の御者をしていたのだとか。



アントネッロが生まれ育った街_f0106597_21263266.jpg


メインストリートを葬列が通るとき、先頭の黒い馬車の上で、真黒な燕尾服に黒の帽子といういでたちで手綱を握ったお爺さんに向かって、小さな義母さんは「ノンノー!」と叫びながらお城の陰から一生懸命手を振ったけど、お爺さんは全然手を振り返してくれなかったと(笑)。その後、夕方にお爺さんが着替えて戻ってきて、許してもらおうと義母さんを抱っこしようとしたけど、拗ねた義母さんは逃げて隠れてしまったのだそうです。

フランカヴィッラ・フォンターナのお城周辺のエリアは、そんな話がとってもリアルに感じられる、昔ながらの街並みが残っています。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2020-08-27 21:24 | プーリア滞在記 | Comments(10)
元気な義母さん〜プーリア滞在記_f0106597_20493965.jpg

プーリアの家族は相変わらず元気です。
3年ぶりに会った義母さんは糖質ダイエットに成功して、なんだかとてもハツラツとしています。何より、背中や腕の神経痛が嘘のようになくなったのだとか。あんなに長年苦しんでいたのに、薬なしで痛みがなくなるのは凄い効果です。
83歳でこのスタイルは凄いかも。背筋がしゃんとしています。




元気な義母さん〜プーリア滞在記_f0106597_20500146.jpg

ちなみにこの服、自分で縫ったんだそうです。柄の合わせ方とか、絶妙でビビっと来ました。
日曜日の夕方、教会のミサに行くのでお洒落してた。迎えに来たお友達(同年代)も、ショッキングピンクのタイトドレスで、二人とも教会というより、ディスコに行きそうな勢い(笑)



元気な義母さん〜プーリア滞在記_f0106597_20501344.jpg
アントネッロと買い物に出かけた日はこのワンピ。
これも自分で縫ったのだそうです。

日本のお母さん達も若いけど、イタリアの80歳もとっても元気です。
わ、私も頑張らなくては(汗)。





人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-08-24 20:49 | プーリア滞在記 | Comments(18)
買い物編〜プーリア滞在記_f0106597_03025465.jpg

昨日、一日かけて、プーリアからフィレンツェに戻って来ました。うわー!久しぶりの渋滞(と言っても東京周辺の渋滞とは比べものにならない程度ですが)。ナポリの手前とローマ周辺の高速で詰まっていました。明日から仕事に戻る人が多いので当然ですね。とにかく無事に帰り着きました。
山の家の涼しさに癒されています。

あとちょっとプーリア話。
海の家の近くの村にアントネッロと朝の買い物に行きました。パン、肉と、義母さんに頼まれた雑誌も

買い物編〜プーリア滞在記_f0106597_04005165.jpg

イタリアってパン屋さんでは基本的にパンの種類がとても少ないのですが、プーリアの田舎の村は特に。これしかない(笑)。
基本、硬質小麦(セモリナ粉になる小麦)で作られるので、生地がやや黄色です。


買い物編〜プーリア滞在記_f0106597_03503904.jpg

バケツに入っているのはタラッリというプーリアで良く食べる塩味のクッキー。量り売りです。

買い物編〜プーリア滞在記_f0106597_04054751.jpg


別の日ですが、ターラントに魚を買いに行きました。

買い物編〜プーリア滞在記_f0106597_04064803.jpg

ここは私が「魚のブティック」と呼んでいるお店。
ライティングからディスプレイまで、魚が活き活きと見えるように作り込まれています。



買い物編〜プーリア滞在記_f0106597_04075744.jpg

海のムール貝の養殖場の近くでは、ムール貝キロ1ユーロ売られています。

買い物編〜プーリア滞在記_f0106597_04092723.jpg

40ユーロ分で、12人で食べきれないくらいの量。
フライにしました

買い物編〜プーリア滞在記_f0106597_04100565.jpg

本当に山盛りでした。


買い物編〜プーリア滞在記_f0106597_04110116.jpg

プーリア人にとって、魚屋は、フィレンツェ人にとっての肉屋のような存在なのかも。
お店の中では花形です。

人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2020-08-22 03:01 | プーリア滞在記 | Comments(3)
エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_04510786.jpg


イタリアで1、2を争う夏の観光地、プーリア州のサレント地方は、コロナ禍にも関わらず、相当混んでいると聞きました。人が多いビーチには行きたくないけれど、綺麗な風景は1つは見てみたいなという事で、朝8時にビーチに行くことにしました。

エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_04531975.jpg

行ったのは、ポルト・バディスコという、オートラントから少し南に下ったところにある小さな入り江。岩場から見えるエメラルドグリーンの海が特徴です。
この日は朝はまだ曇っていたのですが、晴れた日にはもっと濃いグリーンになるそうです。




エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_04544484.jpg

森の急な斜面に慣れているので、岩場は得意中の得意なラーラ。
プールみたいに水が溜まっている所に浸かってみたりして、ラーラなりに楽しんでいました。



エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_03372531.jpg

綺麗だねー。



エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_03362021.jpg

十分泳いで楽しんだら、海沿いのトレッキングコースを30分ほど歩いた場所にある塔を目指します。



エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_03365715.jpg

こんな断崖絶壁なの。
海の向こうはアルバニアとギリシャです。




エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_03381949.jpg

歩いている間、たまにラーラが居なくなり、呼ぶとしばらくしてびしょびしょに濡れて戻ってきました。どうやら、下に降りやすい場所を見つけて、海に浸かって少し涼んでから、またトレッキングコースに戻るということを繰り返していたようです。



エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_03385229.jpg

トッレ・サン・エミリアーノと呼ばれるこの塔は、1500年代に海からのオスマントルコの侵略を防ぐために、海岸沿いに一定間隔で建てられた見張りの塔です。




エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_03394764.jpg

確かにここからは周辺の海岸が一望できます。


エメラルドグリーンの入り江と丘の上の塔~プーリア滞在記_f0106597_03414946.jpg

綺麗な海だったなー。

ポルト・バディスコで海水浴をして、水着のままプチトレッキングというコース、おススメです。歩いていると水着が渇いちゃう(笑)。



人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2020-08-20 04:49 | プーリア滞在記 | Comments(2)
サレントの幸せな朝ご飯〜プーリア滞在記_f0106597_20352336.jpg

プーリア滞在も残すところあと少し。
混んでいる場所は避けたいけれど、何処かにちょっとだけ行ってみたいねと、昨日、アントネッロと二人で、今いる場所から車で2時間ほどのサレント地方に移動しました。長靴のかかとの先っぽのあたりです。
行きたいビーチがあって、そこの混雑を避けるために、朝5時起きで出発(昔のアントネッロにとってはこんな出発時間は奇跡ですが、今は結構、朝活の良さを理解した様子)。

何より私が楽しみにしていたのは、このサレント地方の小さな村で食べる朝ごはん。


サレントの幸せな朝ご飯〜プーリア滞在記_f0106597_20354407.jpg

本当に小さな村、ウッジャーノ・ラ・キエーザの村の広場にあるバロック様式の教会の真ん前のバールにて、教会のファサードを眺めながら、外テーブルで食べる朝ご飯。もう、最高のロケーションじゃないですか。


サレントの幸せな朝ご飯〜プーリア滞在記_f0106597_20360450.jpg

この辺りで採掘されるトゥーフォと呼ばれる凝灰岩(ぎょうかいがん)は、大理石などに比べると柔らかく、加工しやすいので、彫刻に適しています。プーリアでは1600年代から1700年代に流行ったバロック様式の教会の装飾に使われています。この教会では、窓の格子もトゥーフォで出来ていました。


サレントの幸せな朝ご飯〜プーリア滞在記_f0106597_20362260.jpg
これこれ!
カッフェ・サレンティーノと呼ばれるアイスコーヒー。プーリアでは、カッフェ・コン・ギアッチョと注文すると、こんな風に、既に砂糖を入れたエスプレッソコーヒーに氷を沢山いれて、持ってきてくれます(わざわざ注文の時に砂糖をどの位入れてほしいか聞いてくれる)。更に、サレント地方では、これに、アーモンドミルクを入れてくれるんです。ほろ苦いエスプレッソコーヒーに合うプーリア特産のアーモンドの香り。


サレントの幸せな朝ご飯〜プーリア滞在記_f0106597_20363919.jpg

そして一緒に食べるのが、パスティッチョット。
サクサクのサブレ生地の中にクリームが詰まってます。サーブする前に温めてくれるので、ほんのりと温かくて、クリームがとろり。


サレントの幸せな朝ご飯〜プーリア滞在記_f0106597_20365485.jpg

朝のサレントでは、どのバールに入っても、ブリオッシュと一緒にパスティッチョットが必ず並んでいます。
サレント風の幸せな朝ごはんで始まった遠足話、あと少し続きます・・・


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-08-19 20:34 | プーリア滞在記 | Comments(8)

ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04072132.jpg

年に一度しか会えないけど、アントネッロとお兄さんはとっても仲良し。

ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04073563.jpg

背中が似てる(笑)

シュノーケルフィッシングが得意な義兄さんは、一年中、休みの日は海に行っています。
この日はウニを獲ろうと誘ってくれました。




ビデオを作ってみたので、見てみて下さい。



ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04084126.jpg

獲れたー!


ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04081841.jpg

ビデオの中で、開いたウニを洗っていますが、これは別途に用意しておいた海水で洗っています。



ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04092064.jpg

このオレンジ色の部分がウニ。
ウニは(海産物全般がそうですが)、酸素が水中に溶けやすい水温が低い海の方が大きくなりやすいのだそうです。だから北海道のウニは身がたっぷりと詰まっているのですね。
3-4年でやっと直径5センチほどになるらしいので、大きくなるまでは、かなり時間がかかる生き物です。



ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04090126.jpg
イタリアのウニはこんな風に身が小さいのですが、味は結構濃厚です。


ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04094212.jpg
丁寧に集めたウニの身


ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04103641.jpg
義兄さんがプーリア産の小麦100%で作ったという乾燥パスタを持ってきてくれました。



ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04100120.jpg

この日は総勢12人のファミリーランチ。
やったー。

ウニは火を入れてしまうと風味が飛ぶので、アーリオ・オーリオのパスタを作り、最後、火を止める直前にウニを入れて混ぜます。




ウニのスパゲティ作戦〜プーリア滞在記_f0106597_04101986.jpg

美味しかったなー。
この日は、セコンドは魚のフライにしました。やっぱりワイワイ皆で食べるランチは楽しくて美味しい。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2020-08-19 04:01 | プーリア滞在記 | Comments(3)

犬と海と曼珠沙華

犬と海と曼珠沙華_f0106597_04581681.jpg

バカンスは既に後半。
行きたいところは沢山あるけど、人が多い所は避けて、海の家でのんびり過ごしています?

犬と海と曼珠沙華_f0106597_04583090.jpg

義父さんの畑のスイカ。17キロだって!


犬と海と曼珠沙華_f0106597_04584288.jpg


とっても甘くて美味しいですが、さすがにこの一切れは大きすぎ(汗)。水代わりに食べています。


犬と海と曼珠沙華_f0106597_04590773.jpg

砂浜では曼珠沙華が満開です。

犬と海と曼珠沙華_f0106597_04592491.jpg

水が全くない砂地で逞しく育ち、開花する姿に感動します。


犬と海と曼珠沙華_f0106597_04593980.jpg


犬と海と曼珠沙華_f0106597_04595860.jpg

犬と海と曼珠沙華_f0106597_05001465.jpg

今日もワンコは元気。



YouTubeでvlogをアップしてみました。
良かったら見てみて下さい。

犬と海と曼珠沙華_f0106597_05013321.jpg


誰かが石を積み上げてアートにしていました。
良くバランスが取れてるなー!

犬と海と曼珠沙華_f0106597_05003912.jpg


残すところあと3日。
明日は多分、半日だけお出掛けすると思います。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2020-08-17 04:57 | プーリア滞在記 | Comments(7)
サボテンの実は夏の味〜プーリア滞在記_f0106597_05192634.jpg


毎朝、8時にビーチに行っています。
リードを手にすると、付けてもらいたくてわざわざ寄ってくるほど、ラーラは朝散歩と海水浴を楽しみにしています。帰ってきたら、たらいに水を溜めてそこにドボン。体についた塩を洗い流します。



サボテンの実は夏の味〜プーリア滞在記_f0106597_05194226.jpg

今年もウチワサボテンが熟れて食べ頃です。


サボテンの実は夏の味〜プーリア滞在記_f0106597_05195304.jpg

こんな風に葉っぱの周りにくっつくようにして実がなるんです。
何か、スヌーピーの漫画で見たような気がする。



サボテンの実の棘って、目に見えないほど細くて手につくとチクチクして、とても厄介なんです。
棘に触らないようにして皮を剥く方法を動画でご紹介しています。良かったら見てみて下さい。




サボテンの実は夏の味〜プーリア滞在記_f0106597_05201161.jpg


剥いた実がこちら。
冷蔵庫で冷やして食べるととっても美味しいんですよ。イタリア語でフィーキ・ディンディア(インドのイチヂク)と呼びますが、甘みはイチヂクよりも控えめです。大粒の種がありますが、これは噛まずに飲み込んでしまいます。
イチヂクを食べていると、義父さんと義母さんの両方から「chiho 、水を沢山飲めー」って言われます(笑)。種がお腹に詰まっちゃうからなんだって。

毎日充実しすぎてブログのアップが追いつきませんが、少しずつ、レポートしますね。
楽しんでいます。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-08-15 05:18 | プーリア滞在記 | Comments(5)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho