カテゴリ:イタリア救急車ライフ( 6 )

救急車あれこれ

救急車あれこれ_f0106597_03534158.jpg
ブログ書こうと思っていたら、キッチンで晩御飯を作っているアントネッロが、冷えた白ワインを持ってきてくれた(嬉)

先週の土曜日は、夜8時から朝8時まで救急車の夜勤でした。通常は夜8時から夜中の0時までと、夜中の0時から翌朝8時までは2シフトなのですが、夜中、23時半に家からセンターに行くのが億劫(家出る前に寝ちゃう)なので、たまに2シフトを入れて、出動がなければ、センターのリビングでテレビを見たり、個室で早めに寝たりしています。この日は2チームのうち、救急度が高いレッドコード対応の私たちのチームは出動がなく、もう一台の救急車のチームが夜中の1時に出動しました。明け方4時頃に帰ってきたから、かなり長かった様です。

朝方、Nちゃん(看護学校の学生 22歳)に話を聞いたら・・・
外気温零下4度の山越え県道で、真夜中に泥酔した男性がフラフラ歩いていたんだそうです。かなりの泥酔状態だったので、車で通りがかった人が救急車を呼んだのだとか。到着したら、相当、凶暴で、質問にも答えない、救急車にも乗らないということで、警察を呼び、電話を受けてから40分後にパトカー到着。転びながら歩いていたらしくて、あちこちに擦り傷があったので、手当てをしたあと、警官が説き伏せて、やっと救急車に乗せ、病院に搬送したのだそうです。
救急車の中でも、かなりNちゃんに絡んで、メガネを取られそうになって、サッと避けたり、目を合わせない様にしたって言っていました。

救急車は、基本的に運転手と救急隊員の2人体制です。レッドコード対応のチームだと、これに看護師が加わります。私も半々の割合で乗る救急度が低い車両の場合、ドライバーが前にいて、隊員が後ろで患者さんと二人っきりになるわけで(運転席側とストレッチャー側の間の扉は開けたままにしておきます)、状況によっては結構緊張したりもします。Nちゃんは若いけれど経験が豊富で、柔軟に対応できる子だから、きっと上手にかわしたのだろうけれど、緊張しただろうな。多分私も、こういうケースでも対応できる自信はある。(余談ですが、イタリアでは救急隊員は男性と女性、半々くらいです。日本は消防士に属するから男性が殆どのようですね。中には女性の隊員もいるようですが、かなり少ないらしい。)

今回のケースは、多分、お酒以上に問題を抱えている患者さんなのだろうけれど、冬のこの時期、そんな状態で外を歩いていたら、交通事故にあったり(事故を起こす危険もあるし)、凍死の危険もあるわけで、救急車を呼んでくれたドライバーの人の機転が救ったケースだと思います。

今は成人式の時期。お酒はほどほどに。(大昔に成人した皆さんも)。
飲酒のケースで救急出動が増えるかもしれません。救急隊員やERの皆さん、頑張ってくださいね。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



.







by lacasamia3 | 2020-01-14 15:41 | イタリア救急車ライフ | Comments(0)
 救急車からブオンナターレ!_f0106597_19291293.jpg

イブの夜勤からクリスマス当日の午前のシフトと、救急センターで待機中です。
ここは12月24日も25日も平常運転。救急病院も、小児科の受け付けのスタッフには鹿の角がついていましたが(笑)、いつもの通りの慌ただしさでした。昨晩は、夜中の2時に大腿骨骨折の高齢者の女性の病院間搬送。
年末年始、変わらずお仕事の皆さん、お疲れ様です。




 救急車からブオンナターレ!_f0106597_19293728.jpg

センターのリビングのテレビの上に誰かが作った薬の箱のツリー(爆)
とりあえず、今日シフトに入っている人たちで、クリスマスランチをしよう♪と料理を作る予定なのですが、今、言い出しっぺが出動してしまったので、指示待ちです。

我が家では例年通り夜のディナー。プレゼントも今晩渡します。
なので、またそちらは後ほどご報告を。

皆様にも平穏なクリスマスを・・・
ブオンナターレ !!


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2019-12-25 19:28 | イタリア救急車ライフ | Comments(0)

イタリアのオヤジ飯

イタリアのオヤジ飯_f0106597_16200561.jpg


5日もブログをほったらかしにしてしまってごめんなさい!
心配して見に来てくださった方、ありがとうございます。

月曜日の深夜から複数の医療通訳が同時発生し、ほぼ24時間病院にいました(汗)。水曜日の夜には全て終わったのですが、溜まりまくった仕事の処理に終われ、通常運転に回復するまで2日かかりました。

やーっと、今日は何もない一日(夜中の0時から救急車のシフトではありますが)。家の中がすごい事になっているので、掃除、洗濯、片付け物をしたいです。ラーラも可愛がってあげたい。雨が降り出す前に散歩しようかな?

というわけで、書ける話題はあまりないのですが、昨日の午前中の救急センターのオヤジ飯について。

イタリアのオヤジ飯_f0106597_16212316.jpg


良く、イタリア旅行のお土産に、ミックススパイスをもらったりしませんか?ペペロンチーノやニンニク、パセリなどの乾燥が細かくなっているもの。
あれって、どうやって使ったら良いかイマイチわかりませんよね。

昨日、救急車のドライバーのおじさんがお昼を作ってくれたんですが、とっても美味しかったのでご紹介します。・



イタリアのオヤジ飯_f0106597_16205819.jpg


鬼のようにオリーブオイルをたっぷり用意し、そこにスパイスを入れます。これで6人分。
パスタのお湯が沸いたら、パスタを茹でながら、別の鍋にこのオリーブオイルとスパイスを入れて中火にかけます。約10分間、パスタが茹っている間に、フツフツ油が湧く程度の温度でじっくりと加熱します。



イタリアのオヤジ飯_f0106597_16202949.jpg


パスタが茹ったら、茹で汁は少しとっておいて、湯を切り、オリーブオイル&スパイスと混ぜ合わせます。そこに少し茹で汁を加えてなじませ、パルメザンチーズもたっぷりと加えます。これで出来上がり♩

なんということがないパスタですが意外とこれが美味しいのです。今回使ったのは、ドライバーさんの実家の弟さんが作った手作りスパイス(再利用した既製品の容器に入っていますが、実は中身は手作り)。ニンニクやトマト、ペペロンチーノなどを自分で乾燥させて作っているんだそうです。どうりで美味しいはずだ。

「うわー、美味しい♩」ってワシワシとおじさんたちと一緒に食べていると、軽く大盛りのパスタを平らげてしまうから怖い(汗)
食べ終わった頃に、ジリリーンとサイレンが鳴り、ワラワラ出動。ナイスタイミング。イタリアの救急車ライフってこんな感じです。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



















by lacasamia3 | 2019-11-23 16:19 | イタリア救急車ライフ | Comments(2)

ありがとう

ありがとう_f0106597_20335251.jpg

昨晩は救急車の夜勤でした。0時頃に、妊娠7ヶ月で子宮収縮が始まってしまった女性を、点滴をしながら郊外の病院から総合病院への搬送。40分ほどの道中、ここで産まれたら大変!もうちょっと頑張って!と緊張しながらの搬送でした。
まだ赤ちゃんは900g、女性の看護師が、「900gってローストビーフじゃないんだから、まだ出て来ちゃダメよ!」ってお腹に語りかけてて、一同大笑い。ちょっと緊張が解けました。

無事に終わって2時頃センターに戻り、その後は、朝までしっかり眠れました。

今朝次の仕事に出る前に、家に着替えに寄ったら、バターの香りが漂っていました。普段は日曜日は遅くまで寝てるユキが、キッチンでブリオッシュを焼いていました。
ちょっと幸せな気分。

by lacasamia3 | 2019-11-10 20:33 | イタリア救急車ライフ | Comments(1)
開店休業〜こんな日もある_f0106597_01270496.jpg
救急車ライフ、今日は14時から20時までと、0時から明日の朝8時までのシフトです。
私がシフトの入った直後にサイレンが鳴り、心臓疾患の患者さんの病院間搬送。15時半に帰ってきて、その後は出動なし。こんな日もあります。パソコンでの仕事がはかどる。あと一時間半で一旦終了(この時点でサイレンは鳴って欲しくない。

一旦夕飯を食べに帰宅し、また夜中の0時にセンターに寝に戻ります。
最近は高校生、大学生の若いメンバーが増えて、週に2回のシフトにしています。ただ、土曜日の夜は若者が入りたがらないので、我々、中年グループがカバーします(笑)。

あ、お腹空いてきた。

開店休業〜こんな日もある_f0106597_01392634.jpg
朝からちょっと遠くの森にキノコ狩りに出かけたアントネッロから、こんな写真が送られてきました。わざわざ遠くまで行ったのに、一本だけしかなかったらしい。
どうやって食べるのかな?パスタかな?

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-20 01:26 | イタリア救急車ライフ | Comments(2)

赤ちゃんの日


赤ちゃんの日_f0106597_07295720.jpg
(写真は、友人のMちゃんが最近送ってくれたものです。アントネッロ、若い)

今日の救急車ボランティアは赤ちゃんの日でした。
今日は暇かなー?などと思いながら、センターのリビングにある自販機でコーヒーを淹れていたら、ジリーンとサイレンが鳴る(汗)。最近、電話係になっている私、センターからの電話を受け取り、私のチーム、デルタ100号の出動要請を受ける。


赤ちゃんの日_f0106597_07123250.jpg

コーヒーは机の上に置いて、ドライバーと救急車に乗り込み、状況の詳細を運転席に設置されているモニターで確認します。今日の出動は、病院間搬送。フィレンツェの小児病院からプラートの救急病院への搬送です。中国人のご夫婦と2ヶ月の赤ちゃん。プラートの救急外来へ肺炎の疑いで搬送された後、フィレンツェの小児病院で診察を受け、経過観察のために、再びプラートの病院へと戻るお手伝いをしました。ご主人はイタリア語が全く話せないけれど、奥さんは片言のイタリア語が話せたので、なんとか意思疎通ができました。一瞬、中国語が喋れたらもっと役に立てたのにと思いました。でも二人が私たちに感謝してくれた気持ちは通じた♩

さあ、センターに戻ろう・・・とした矢先、今度は、同じフィレンツェの小児病院から南側の救急病院へ、同じく肺炎の疑いでの3ヶ月の赤ちゃんをお母さんと一緒に搬送。
お母さんが荷物をまとめている間、「はい、ちょっと抱いてて」って赤ちゃんを渡されて、腕の中でムズムズ動く赤ちゃんにホックリ。懐かしい甘ーい香りがしました。渋滞時だったので、サイレンを鳴らして、車を避けながらの騒がしい搬送でしたが、赤ちゃんはスヤスヤ寝てる。きっと大物になるよ。

赤ちゃんの日_f0106597_07305578.jpg


そしてやーっとおらが村に戻るぞーっと思っていたら、更に3度目の正直。今度は、ヘルニアの5歳の男の子。プラートの救急病院からフィレンツェの小児病院へ。病棟の看護師さんに「あら、今日はよく会うわね」って言われた(笑)。

それにしても、うちの高校生も、昔はこんな赤ちゃんな時期があったんだなあ・・・

アントネッロが別人のよう(笑)。このおんぶ紐がとっても役に立って、新生児の頃から、背中に背負ったり、前に抱っこしたり(首が座ってからはいつも外側に向けていました)、ベビーカーを使うことは殆どなくて、アントネッロと一緒に出かける時はいつも彼がユキを抱っこしたり、背負っていました。
歩いていると、向かいから来る人が皆微笑んでいて、どうしてかな?って思ったら、アントネッロの胸元から豆粒みたいなユキの顔がちょこんと出てて、向かいから来る人皆にニコニコ笑いかけていたということもあったっけ。

すぐに大きくなっちゃうから、小さいうちに沢山可愛がってくださいって、赤ちゃんのお母さん、そして周りの人に、ぜひ伝えたい。


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-10-16 07:40 | イタリア救急車ライフ | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho