カテゴリ:水車小屋物語( 112 )

上手く焼けました!

上手く焼けました!_f0106597_17450915.jpg


無事にパンが50個焼けました!
2回に分けたので、写真は前半の分です。

本当は今日は午後からセンターだったんだけど、大学1年生の男の子から昨日電話が入り、「試験が1日早まって、今日終わったから、もし良かったら、chihoのシフト、代わってあげるよ」と申し出てくれたので、喜んで!

久しぶりの医療翻訳の仕事も入り、何か嬉しい水曜日です。

人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください


by lacasamia3 | 2021-01-20 17:44 | 水車小屋物語 | Comments(4)

粉挽きの日曜日

粉挽きの日曜日_f0106597_04201526.jpg

日曜日はセンターの夜勤を終え、バールで朝ごはんを食べて、そのままアントネッロと直接、水車小屋で待ち合わせ。

粉挽きの日曜日_f0106597_04213771.jpg

挽いている間に小麦が石臼と軸の隙間から落ちてしまうのを防ぐ改良策を探しています。

粉挽きの日曜日_f0106597_04222675.jpg


うーん、まだまだ。


粉挽きの日曜日_f0106597_04232085.jpg


大切に育てられた小麦だから無駄なく全てを粉にしたい。

粉挽きの日曜日_f0106597_04240821.jpg


粉挽きの日曜日_f0106597_04245092.jpg


私たちが水車小屋で粉挽きをしている間、義母さんは日曜日のミサに行っていました。


粉挽きの日曜日_f0106597_04255552.jpg


お昼は手作りマカロニ!!


粉挽きの日曜日_f0106597_04251969.jpg

シンプルなトマトソースなのに、どうしてこんなに美味しいのでしょう?

明日はパン焼きの日。
最高記録50個です!上手く焼けるかな?
5時起きで行ってきます!

人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2021-01-18 04:17 | 水車小屋物語 | Comments(2)

生きているパン



生きているパン_f0106597_07124486.jpg


今日のパン焼き当番はシルヴィア。私はアシスタントでした。
彼女が焼くパンは水分が多くて(粉の80%)、マードレ(天然酵母)も粉の30%と、かなり入ります。


生きているパン_f0106597_07115990.jpg


水分を少なめにして、窯伸びする見た目の良いパンを焼くのは簡単だけど、あえて水分量を多くして、粉の味をしっかり出す。


生きているパン_f0106597_07131583.jpg


見た目はぺしゃんとしたパンなんだけど、生地がふっかりしていて、外皮はパリっと歯ごたえがあり、とっても美味しい。

「マードレで作るパンは生きてるの。焼いた後も、パンの芯の部分でマードレは生き続けながら発酵し続けるの。だから、本物の粉とマードレで作ったパンは生きたパンなのよ」

シルヴィアの言葉です。
まだまだ学ぶことが沢山あります。


生きているパン_f0106597_07134978.jpg



家に帰ったら、義母さんがパスタを作ってた。

生きているパン_f0106597_07141817.jpg


ソースは、ブロッコリーと豚のスペアリブをトマトで煮込んだもの。
美味しかったな〜。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください


by lacasamia3 | 2020-12-23 07:09 | 水車小屋物語 | Comments(2)

飾る気持ち 2020年

飾る気持ち 2020年_f0106597_07305248.jpg


スッキリと晴れた日曜日の水車小屋の入り口は、クリスマスの飾りで、ちょっと賑やかになっていました。


飾る気持ち 2020年_f0106597_07312569.jpg


オーナーのジョヴァンナさんが小さい頃に作った飾り。ラッピングペーパーの柄を切りぬいて、透明の玉にノリで貼り付けただけなのに、とっても素敵な飾りです。

飾る気持ち 2020年_f0106597_07325234.jpg


70年近く保存して、毎年大切に使っているのが素晴らしい。


飾る気持ち 2020年_f0106597_07333440.jpg

そして恒例のプレセーぺも。



飾る気持ち 2020年_f0106597_07341918.jpg


飾る気持ち 2020年_f0106597_07345158.jpg


飾る気持ち 2020年_f0106597_07351497.jpg


飾る気持ち 2020年_f0106597_07355123.jpg


豪華な飾りではなくても、こうして飾り付けをしてクリスマスを迎える気持ちは、特にこんな激動の年だった2020年だからこそ、大切にしたいと思います。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2020-12-15 07:29 | 水車小屋物語 | Comments(1)

パンの日



パンの日_f0106597_01063386.jpg

今週の火曜日も、いつもの通り「パンの日」でした。
今週はオーダーが多くて、合計47キロ+スキアッチャ-タ18枚、生地の重さにして約60キロを仕込みました。



パンの日_f0106597_01060571.jpg

この日の心強い助っ人は、普段家でもパンを焼いているFさんと娘のAちゃん。助っ人は初心者でも大歓迎なんだけど、普段パンを焼いている人は説明しなくてもササっと手が動くので、とっても楽です。Aちゃんは普段からお母さんのお手伝いをしているらしく、小学校一年生なのに、仕事がとっても丁寧で手際よく手伝ってくれました。



パンの日_f0106597_01064613.jpg


勢いよく高めの温度で焼いたスキアッチャ-タ。
満足の出来です。


パンも思った仕上がりになって嬉しい。
もうちょっとだけ温度が高くても良かったかも。


パンの日_f0106597_01070320.jpg


私好みのふかっと上に上がるパンが焼けました。


パンの日_f0106597_01071910.jpg


祭日だったのでお昼時間にアントネッロと義母さんも加勢に来てくれて、皆で義母さん手作りのオレッキエッテを食べました。美味しかったなー。


パンの日_f0106597_01080368.jpg


「この人から何かもらえる」と狙いを定めると、頑としてその人の前から動かなくなるラーラ(笑)。しつこく粘ります。





パンの日_f0106597_01081583.jpg


毎年恒例、水車小屋のオーナー、ジョヴァンナさんのプレセーペが完成していました。
またゆっくり写真を撮って来たいと思います。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-12-13 01:05 | 水車小屋物語 | Comments(2)

水車小屋への移動許可

水車小屋への移動許可_f0106597_18415266.jpg



水車ってしばらく止まってしまうと、ため池に泥が溜まったり、木製のタービンが割れて来たりと、色々不具合が出てくるので、定期的に回していた方が良いのです。
水車小屋は私が住んでいる市の隣の市にあるので、トスカーナがレッドゾーンになってしまって、市の境界を越えてはいけないという移動規制がしかれ、水車小屋に行けなくなってしまったです。
基本的に「有効な目的がない場合は」という移動規制なので、仲間と一緒に、知事にメールで問い合わせをしてみました。

そしたらすぐにお返事が返ってきた(驚)!

農業、または自家菜園などの継続、維持のためのメンテナンスで別の市に行く必要がある場合には移動を許可するという、規制の注意書きの一文の引用を挙げ、私たちの活動もこのカテゴリーにあてはまるというコメントをもらいました。やったー!
勿論、最大人数は4人まで、全員、マスク着用で、ソーシャルディスタンシングを守る義務はありますが。



水車小屋への移動許可_f0106597_18421297.jpg


というわけで、私、Lさん、Cさんの3人で仲良く粉挽き。
Gさんから差し入れのコーヒーと水車小屋の粉で作ったリンゴのクロスタータ。日曜日の午前中に、水車小屋で飲むコーヒーってなんでこんなに美味しいんでしょう。






2週間ぶりに聞くカタンカタンというこの音。
良いねー。



水車小屋への移動許可_f0106597_18423686.jpg


ルイージお爺ちゃんからセイヨウカリンの実をもらいました。イタリア語ではNespolo(ネスポロ)と呼びます。霜にあてて皮がしワシワになってきたら実が柔らかくなって食べごろになるそうです。
1つ柔らかいのを食べてみました。美味しい―。味はスモモのような少し酸味もあって甘い、食感はちょっと粉っぽくもありリンゴと梨ににてるかも。
初めて食べる果物です。


水車小屋への移動許可_f0106597_18425536.jpg


帰る前に、「ちょっと待ってー」と言われ、アントネッロに直してほしいと、これを託されました。




水車小屋への移動許可_f0106597_18431729.jpg


この辺りの地方では、トルテッリ・ディ・パターテというマッシュポテトを詰めた大きいラビオリが伝統料理なのですが、どうやらこれはSchiaccia Patate(スキアッチャ・パターテ)というジャガイモ用のマッシャーだったようです。

割れた部分が綺麗になると良いな。

たった半日だったけど、楽しい事が沢山詰まった日曜日の朝でした。



人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2020-11-25 00:41 | 水車小屋物語 | Comments(10)

トウモロコシの季節です




先週の日曜日は水車小屋の恒例行事になっているルイージお爺ちゃんのトウモロコシを挽きました。


トウモロコシの季節です_f0106597_06573026.jpg


昔から大切に畑で育てているフォルメントーネという古い種類のトウモロコシで、これを収穫して乾燥させ、さらにパンを焼いた後の窯のなかで一晩乾かします。

石臼は小麦のものと一緒。臼の高さもそれ程変えなかったかな。
但し出てくる粉は真っ黄色です。



トウモロコシの季節です_f0106597_07014228.jpg



イタリアでは挽いたトウモロコシの粉を熱湯に溶かして練りながら火にかけます。
1時間ほど混ぜながら加熱したらポレンタの出来上がり♪

イタリア料理がかなり普及している日本でも、ポレンタはまだ余り一般的ではないようですね。今度作っている所をレポートします。肉の煮込みに添えて食べるととっても美味しいんですよ。




トウモロコシの季節です_f0106597_07151849.jpg


珍しくルイージが粉をふるっている!83歳でとっても元気です。元気の秘訣は、朝遅く起きて、テーブルの周りを40回ランニングすること(笑)

今年は豊作で60キロ位収穫できたみたい。でも売るわけでもなくて誰が食べるの?(驚)。とりあえず20キロ程挽けました。残りはトウモロコシの状態で保管して、定期的に挽きます。


トウモロコシの季節です_f0106597_07164941.jpg


相変わらず、オーナーのジョヴァンナさんの差し入れが美味しい。
この日はプラムジャムのクロスタータでした。




人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2020-11-10 06:56 | 水車小屋物語 | Comments(4)

思い出の場所


思い出の場所_f0106597_17342619.jpg

昨日は水車小屋の最後の粉ひき職人、トーニオさんの誕生日でした。
2003年に93歳で亡くなるまで粉ひきをずっと続けていたのだそうです。残念ながら私は彼に会うことは出来なかったけれど、粉ひきをしながら、彼の気配を常に感じています。


思い出の場所_f0106597_17344454.jpg


思い出の場所_f0106597_17351267.jpg


昔、水車小屋はサンタガタ村の人々の寄り合い所だったのだそうです。
小さい頃、良くお爺ちゃんに連れられて水車小屋に来て、ぐるぐる回る石臼と山のような粉を見たことを覚えている人が、今も懐かしそうにここを訪れます。



思い出の場所_f0106597_17352665.jpg


毎回帰国する度に、街の様子が変わってしまう東京近郊で育った私にとって、50年以上前の想い出の場所が変わらずに残っていることは、とっても羨ましく感じます。

いつも見守ってくれているような、温かいトーニオのさんの気配を感じつつ、昨日も朝の粉ひきをしてきました。
いつまでも水車が回り続けることが出来るように、私の代から次の世代へ橋渡しができますように・・・



人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2020-11-02 18:13 | 水車小屋物語 | Comments(6)

窯の神様

窯の神様_f0106597_14561213.jpg
アントネッロが体を張って水車小屋の窯を直してくれたので、昨日はうまく31個のパンを焼くことが出来ました。

昨日は初めて石窯隊長を務めた日。手伝いでSさんがアシストしてくれたけど、中心になって焼くのは私。
家で10個焼くのとは違い、31個焼くのはかなり大変です。

心配だったのは窯に入れる時。一度、石窯の床にパンを置いたら動かせないので、木製のピールと呼ばれる棒がついた大きへらのようなものに粉を振って生地を乗せ、狙いを定めて滑らせながら置いていきます。もたもたしていると、ピールに生地がくっついてしまうので、素早くやらなくてはいけません。全部パンを置いた後で残ってしまうと、次に焼くということも出来ないので、全て一発勝負。用心して詰めて焼いたら、スペース的には、まだまだ余裕でした。今まで穴が開いていた部分をよけながらパンを置いていたけれど、穴がなくなった分、石窯のスペースを十分に活かせるようになりました。40個は余裕でいけそう(笑)。


窯の神様_f0106597_14564111.jpg

昨日は気温が低くてなかなか発酵が始まらず、かなり心配だったのですが、窯の中でグンと上がりました♪
窯の神様、有難うございます・・・





窯の神様_f0106597_14570218.jpg

古代小麦を水車小屋で挽いた粉100%なので、ずっしり、みっちりしたパンです。




窯の神様_f0106597_14582083.jpg

無事にパンが焼けてホ~。
GASのメンバーさん達から「パン、美味しかったよー!」というメッセージが届き、お世辞でもちょっと嬉しい。アントネッロもオーバーな程に、「旨い!」って喜んでくれて、感謝。

今まで水車小屋でパン焼きをしていたシルヴィアに代わって、私とM君が水車小屋アソシエーションのパン焼き担当となり、火曜日と木曜日にパン焼きをすることになりそうです。パンの生地の作り方も分量も焼き方も、まだまだ試行錯誤。シルヴィアのレシピをベースに、ちょっとずつ色々変えています。

まだまだだけど、楽しんでやっていこう。








人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-09-30 14:55 | 水車小屋物語 | Comments(2)

パン窯の修理

パン窯の修理_f0106597_03282268.jpg


いきなりアントネッロの変な写真ですみません(笑)

パン窯の修理_f0106597_03285835.jpg


今日は水車小屋でパンの石窯の修理をしました。


パン窯の修理_f0106597_03303009.jpg

長年使っていると、石の間に隙間が出来たり、穴が開いてしまったり。
パンを焼く時に穴の上に置くとパンが変形してしまうので、前から直したかったんです。




パン窯の修理_f0106597_03310861.jpg

ね、穴が開いているでしょ?


パン窯の修理_f0106597_03314770.jpg

わはは、私は中にすっぽり収まります(笑)。
窯の中は暖かくて、とっても快適。

パン窯の修理_f0106597_03353695.jpg

アントネッロは流石に半分はみ出てる。


パン窯の修理_f0106597_03360440.jpg




パン窯の修理_f0106597_03332599.jpg


パン窯の修理_f0106597_03345553.jpg

耐熱セメントで穴を埋めました。
明日の午後、ゆっくりと火を燃やし、明後日には通常通り、パン焼きに使えるそうです。

楽しみだなー。



人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2020-09-28 03:27 | 水車小屋物語 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho