カテゴリ:水車小屋物語( 58 )

新たなスタート

f0106597_07254771.jpg

真っ赤に紅葉したサルスベリが水車小屋に彩りを添えています。綺麗でしょ?

2018年11月3日、水車小屋のNPOが正式に設立しました。
今年からイタリアでのNPOの設立に関する法律が改正され、大小関係なく、全てのNPOが、ノタイオと呼ばれる公証人を通じて登記手続きを行なう事が義務づけられています。そのため、私たちも実は6月に公証人の予約を取っていた所、オーナーさんが亡くなり、その後、新たに取り直した9月の予約は公証人が自転車で怪我をしてしまい更に流れて、やっと今日、晴れて、公証人の元に集まる事が出来ました。
公証人が私たちが用意した定款を読み上げ、細かい訂正を加え、最後にサインをします。一応、15年という更新可能な期限。また15年後にもう一度、この公証人の所に全員で集まって更新のサインが出来ますように。

f0106597_07401393.jpg

設立メンバー10人。
年齢もそれぞれ、職業もそれぞれ。でも向かっている方向は同じです。

彼ら以外に、熱心に活動をしてくれている仲間が更に10人程居て、その他の会員を合わせると、今は合計50人程になっています。更に毎週、チラホラと、村の人が会員の手続きに立ち寄ってくれているので、少しずつ人数が増えています。

f0106597_07423256.jpg

2年かかったけれど、急がず確実に進んで来たこれまでの道のり。
仕事以外のことだとこれほど一生懸命になるのか(笑)とイタリア人の遊びへの情熱につくづく感心されっ放しでした。

定款記載されているNPOの様々な活動内容のなかでの一番の活動目的は、

・伝統と昔から伝えられて来た技術と知識を保存しながら、歴史ある水車を動かし続けること
・古代小麦の栽培し、石臼で小麦を挽いて、その小麦粉を使い石窯で天然酵母のパンを焼きあげるまでの完全な行程を作り上げること

何ヶ月も話し合いながら作り上げた10ページにわたる定款は、とても明確で私たちの意図をしっかりと伝え、税理士からも公証人からも褒められました♩
水車が動くかどうかも分からなかった2年前を思い出すと、粉挽きが出来ている今は本当に夢のようです。仲間達と長く着実に前に進んでいけると良いな。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-11-04 08:01 | 水車小屋物語 | Comments(6)

f0106597_08291299.jpg



ご存知の方も多いかと思いますが、北イタリアではトウモロコシの粉を練って作るポレンタという食べ物があります。
昔から水車小屋では、ポレンタの粉も小麦同様に挽いていました。


f0106597_08285195.jpg


先日、水車小屋でルイージお爺ちゃんがポレンタ粉を挽く為の準備をしていました。
大切に畑で育てたトウモロコシを乾燥させ、手動の機械で一粒ずつにします。

f0106597_08291912.jpg
準備万端。

f0106597_08335199.jpg


水車小屋には2台の石臼があり、いつも小麦を挽くのに使うのは左側の石臼。今回は右側のを使います。
大体機能は殆ど同じで、ちゃんと回りますが、下のタービンの軸の支えの部分(コマの先っぽみたいな部分)が僅かにずれているそうで、何れその修理を行なう必要があるそうです。

f0106597_08360906.jpg


使い方も同じですが、唯一、トウモロコシは落ちる時に跳ね返って外に飛び出てしまうので、真ん中に植木鉢を逆さまにしたものを急遽付けました。


f0106597_08371398.jpg


そして挽けたのがこちら。
小麦同様に、ふるいにかけて少し細かくします。
どんな味がするのか楽しみ♩


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪








by lacasamia3 | 2018-11-02 08:39 | 水車小屋物語 | Comments(0)

秋のパン焼き

f0106597_06184887.jpg



今日は午前中、仕事でフィレンツェへ、 午後は水車小屋へ。
季節が移り変わり、気温がどんどん変化して行くなかで、小麦や天然酵母の量を調整しながら、 毎度美味しいパンを焼くシルヴィアは凄いと思う。

f0106597_06241233.jpg


今日は42個。窯の容量ギリギリです。


f0106597_06263812.jpg


今年はゆっくりだけれど、 着実に秋が深まっています。

by lacasamia3 | 2018-11-01 06:16 | 水車小屋物語 | Comments(0)
f0106597_04015472.jpg

もう一週間も経ってしまいましたが、先週の日曜日は近くの村でスキアッチャータ祭りがありました。
水車小屋もそのお祭りに参加する事になり、私とシルヴィアは二人で朝6時から窯の火入れと生地の仕込み開始。まだ暗いよ・・・(苦笑)

f0106597_04022030.jpg


でも早朝から働くって、ボランティアでも、何だか清々しい気持ち。

f0106597_04022160.jpg

普段は、スキアッチャータを入れて、焼き上げてからパンを入れるという順番なのですが、今回はスキアッチャータだけを3回に分けて焼きました。
温度が下がって来るので、細めの枝を毎回焼き上げる度に追加で入れて温度調整。


f0106597_04035633.jpg

47枚も焼くのは私もシルヴィアも初めての経験でしたが、上手く焼けました♩

f0106597_04022139.jpg

これを会場まで私が車で届けました。水車小屋グループのメンバーが先日のお芝居の衣装を着て売り子さんをやってくれました。有り難う〜!お芝居の演出家Cさんも立寄、衣装チェックをするという念の入れよう(爆)。

その他、水車小屋で挽いた小麦粉を使ったお菓子なども並べ、夕方には完売。協力してくれた皆にも、買ってくれたお客さんにも感謝です。
これで、貯水池の泥を搔き出すシャベルカーのお金が出来た♩


f0106597_04025036.jpg

私たちがスキアッチャータ祭りに参加している間、メンテナンスのおっさんずグループは石臼のお掃除。
ご覧の通り、石臼は2枚で一組で、上の厚みのある石がグルグルと回る仕組みです。


f0106597_04025127.jpg


真ん中の穴に小麦が落ちて、表面の模様になっている筋を通って潰されながら遠心力で外側に押し出されて粉になります。



f0106597_04025079.jpg

掃除はガスバーナーで焼く(良い子は真似しないようにね〜)

やれやれ、土日の大きなイベントが無事終了しました。
ちょっとずつ色々な事が動いていて、色んな人が集まって来て、益々楽しいクラブ活動です。「遊び」となるとメチャメチャ張り切るイタリア人。見ていて面白いです。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined






気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-10-01 04:20 | 水車小屋物語 | Comments(0)

水車小屋でテアトロ

水車小屋の仲間と一緒に色々な事をやるとき、イタリア人のアイデアの豊富さに驚かされます。
もともと、最後の粉挽き職人だったトーニオさんが91歳で亡くなる直前に行なわれたインタビューが載った地元新聞の記事をオーナーさんの奥様が見せてくれたのが始まりでした。そこには粉挽き職人としての毎日、昔は人が沢山水車小屋に集まって賑やかだった事、粉は挽いても代金の支払いの受け取りは遅れるばかりだったこと、貯水池に洗濯に来た村の女性達が場所選びで喧嘩をしたりしていたこと、などが活き活きと、トスカーナの方言で綴られていました。

「これを水車小屋に来た人に聞かせてあげたいよね」という一言から始まったイベント。
てっきり1人の人が朗読するのかと思いきや・・・

f0106597_06180891.jpg

上手にインタビューを切り分けて、それぞれの水車小屋プロジェクトのメンバーが昔の人の服装で、会話形式で語るというお芝居になりました!

f0106597_06251106.jpg


たった5回しか練習していないのに、皆凄い上手。(あ、アントネッロは裏方専門なのでいません)

f0106597_06261188.jpg

写真がたくさんあるので、どんどん行きますね。


f0106597_06265461.jpg
多分、日本人が侍の格好をしたらシャレにならない位、本物感が出るのだと思いますが、この方達も同じく。

f0106597_06292387.jpg

f0106597_06280713.jpg


実は、フィレンツェの有名な劇場の演出家が我々の水車小屋グループの中に居るのです。で、衣装の一部は劇場からお借りしました♩でも自分たちで手作りした衣装もあります。

f0106597_06310720.jpg

えへへ、私も案内役としてガルツォーネのチョイ役を頂きました。
カウベルをガランガランと鳴らしながら、見に来てくれた人たちを先導する役です。

f0106597_06321966.jpg

お部屋に入りきれない程、多くの人が水車小屋に来てくれました。
皆で大笑いしたり涙ぐんだり・・・演じる方も観る方も1つになれるお芝居って最高。

いやいや、本当は本番前日のリハーサルがメタメタでどうなる事か?と本当に心配していたのですが、本番はバッチリ。
奇跡的な出来でした。

今年亡くなったオーナーさんに見せてあげたかったねって、皆心の中で思っていたと思う。
水車小屋のグループ内には、フリマグループ、メンテナンスグループ、粉挽きグループ、パン焼きグループがありますが、演劇グループも出来てしまったようです。演じる方はこれに味をしめて、来年の春にもまたやるのだとか。

そして先週末のイベントはまだまだ続くのです・・・


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







by lacasamia3 | 2018-09-26 06:39 | 水車小屋物語 | Comments(5)
f0106597_05240055.jpg

イベント続きでちょっと更新が止まっていました。
先週末は土日の2日間、水車小屋で、とても大きなイベントがありました。

f0106597_05281583.jpg
水車小屋を守ってくれている聖アガタにオリーブの枝を飾り、イベントの成功を祈ります。
どんな1日だったのかは後ほど・・・


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2018-09-25 05:32 | 水車小屋物語 | Comments(0)

今日も粉挽き

f0106597_05573773.jpg

今日は合計8人で粉挽き。
もちろん、最高齢メンバーのロベルトさんも♩補聴器をつけてるからとっても耳が良くて、時間に正確。10時に粉挽きするよって言ったら、時間ピッタリに車を運転してやってきます。


f0106597_05573877.jpg

「まだまだ」って言いながら、色んなコツを教えてくれる。
50年前に粉挽きをやめたとは思えない程、細かい事まで良く覚えています。

夏の間のゲリラ豪雨で貯水池に土砂が溜まってしまい、それを搔き出すにはシャベルカーが必要。その資金を捻出すべく、来週の日曜日は近くの村のスキアッチャータ祭りに参加する事になったので、それに必要な粉を少しずつ挽いて溜めているのです。


f0106597_05573884.jpg


今日のワンコは、ちょっと控えめなカメラ目線のキアラちゃんと、飽きちゃって大あくびしてる右奥のダルマちゃん。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2018-09-17 06:04 | 水車小屋物語 | Comments(4)

たかがパン、されどパン

f0106597_05361749.jpg


自分のことを、普段は面倒くさがりやで、さほど努力家でもないと思う。
でも、好きなことを見つけたら猛突進するのは干支がイノシシだからでしょうか?(笑)
もー、寝ても覚めても水車と石臼とパン焼きがグルグル。


f0106597_05361792.jpg

水車小屋でパン焼きして、家でも復習にパン焼いています。


f0106597_05361777.jpg


毎回出来上がりが違うのが面白い。
今回は少し塩が多過ぎたのと、もう少し酵母の量を増やせば良かったな。
先日家で焼いたこのパンは、粉は100%水車小屋で挽いたものを使っています。

来週の日曜日には、近くの村でスキアッチャータ祭りがあるので、私たちのグループも参加して屋台でスキアッチャータを売ることになりました。私は、朝のスキアッチャータ焼き部隊に参加。使う粉も挽かなくては行けないので、頑張って粉を挽き溜めておかないと。
頑張るぞー。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2018-09-11 05:42 | 水車小屋物語 | Comments(0)
f0106597_05372085.jpg


水車小屋の部品の1つで、タービンを支える梁がたわんできてしまったので、先日、一時的な緊急メンテをしました。でも最終的には新しく作りなおして替える必要があります。加工はアントネッロがやるにしても、材料となる材木自体の資金80ユーロが必要になりました。

20人くらい有志が居るから、80ユーロ集めるのであれば、1人5ユーロ払えば済むことで、素早く出来るのですが、水車小屋グループはそういう考えは出て来ない。

村で今週の土曜日に「ブラックベリー祭り」が企画されていることを知り、急遽、そのお祭りに参加することにしました。
そしてお祭りの当日の朝、それぞれのメンバーがブラックベリーを取りに行く(各自秘密のポイントがあるらしく、誰も何処に行ったか言わない・笑)。私はSちゃんに誘われて二人で眺めの良い丘へ。気持ち良いな〜。

f0106597_05364172.jpg


おおー、あるある。
実がしっかりしていて、ジューシーでとても甘いです。


f0106597_05434433.jpg

皆で力を合わせて、沢山採れました♩


f0106597_05450832.jpg

私の畑のインゲン豆も♩
それぞれの畑のリンゴやいちぢくも集まりました。


f0106597_05454241.jpg

1日中、スタンドに立って、ブラックベリーや野菜を売って、最後は目標額の倍を稼ぐことが出来ました!
疲れたけど、引っ搔き傷だらけになったけど、Tシャツにはブラックベリーの汁のシミがついちゃったけど(涙)達成感一杯の土曜日でした。




美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2018-09-03 05:49 | 水車小屋物語 | Comments(6)

「壊れたら直す」の精神

f0106597_18373872.jpg

母達の思い出に浸っている暇無く、アントネッロとユキが帰って来てからバタバタとしていました。
日曜日はいつもの通り水車小屋。メインの作業は、バンキーナと呼ばれる梁(テコの原理でタービンを上下させる梁)がたわんで壊れそうだったので、緊急修理でした。石臼である二枚の石の高さを調整して、石の回転スピードを早めたり遅めたりする粉挽きにはとても重要な部品の1つです。

f0106597_18373762.jpg


これを新品と差し替えるには、丁度良い固さの材木を見つけるのに時間がかかるので、とりあえず応急処置として、我が家の庭から出土した(何でこんなものがうちにあるのかは分かりませんが?)U字型の鉄の針を横から差し込み、ボルトで3カ所を固定。これで暫くは持ちそうです。


f0106597_18373890.jpg


勿論、ロベルトお爺ちゃんも。毎週日曜日の午前中はここに来るって決めたらしい。最高齢メンバー(パチパチ)。


f0106597_18373860.jpg


母達も3回手伝ってくれたのですが、毎回、「イタリア人って良く働く!」って驚いていました。


f0106597_18373838.jpg


皆、自分が出来ること、したいことを好き勝手にやってる。でもちゃんと出来てる。


f0106597_18373723.jpg



水車小屋は「壊れたら直す」の繰り返し。
壊れて直せないものって殆んどないんだなあ・・・と私は感心するばかり。


f0106597_18373899.jpg

小屋の前に咲いているサルスベリ。
イタリア語では何と言うのかな?今度聞いてみよう。その名の通り幹はツルツル。

今日は爽やかな晴天のフィレンツェです。
朝晩は一枚着ないと寒い位。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2018-08-27 18:53 | 水車小屋物語 | Comments(1)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho