カテゴリ:ユキちゃんと海( 126 )

さよならプーリア

f0106597_02572164.jpg

楽しいプーリアでのバカンスも、もうおしまい。

f0106597_02581514.jpg
親子三人+1匹で、今年もプーリアの夏を満喫しました。
f0106597_02591905.jpg
プーリアの家族達の元気な顔を見る事が出来、美味しい義母さんのお料理と、義父さんの野菜や果物を満喫して、もう思い残す事なし。

f0106597_03054277.jpg

と言っても、まだまだ夏休みは9月11日までなので、これからは夏休み「トスカーナの山編」になります(笑)

f0106597_03062525.jpg

アリベデールチ!プーリア。
また来年。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2014-08-16 00:11 | ユキちゃんと海 | Comments(5)
f0106597_01552086.jpg
私たちがトスカーナに帰る前の最後の週末、義母さんは朝からオレッキエッテを作っていました。

f0106597_01574798.jpg
最近は神経痛があるので、オレッキエッテを作る回数も減ったと言っているけれど、完璧な形のオレッキエッテを凄い早さで作る技はまだまだ現役。

f0106597_01592483.jpg
海とかオリーブの畑とか、白い美しい街並とか・・・プーリアの美しさは所々にあるけれど、「プーリアで一番美しいもの」を一つ挙げるとしたら、私は義母さんが、家族の為に1個ずつ丁寧に作るオレッキエッテを挙げると思う。
f0106597_02011013.jpg

それは彼女が小さい頃、お母さんの代から伝えられて来たもの。時代が変わっても、家族を想い、オレッキエッテを1個ずつ作るプーリアのお母さんの気持ちは、今も同じ。
f0106597_02034607.jpg
アントネッロのお兄さんや妹家族も揃ってのファミリーランチのセコンドは、義父さんが石窯で焼く、焼き魚!ドーン(笑)
f0106597_02052920.jpg

一人1尾の大ご馳走です。
日本と違うのは、塩は焼いた後で振り、食べるときはお醤油ではなくて、オリーブオイルをかけて食べる事かな。

家族全員が揃うのは、一年の中で、夏休みの1回くらい。
皆が、こうして元気に仲良く集える事を感謝しながら、美しくて美味しい食卓を囲みました。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2014-08-15 02:08 | ユキちゃんと海 | Comments(10)

マメマメしく

f0106597_05452711.jpg

プーリアの海の家で、こんなものが干してありました。
f0106597_05462135.jpg

コレ。何だか分かりますか?

f0106597_05471475.jpg

よーく乾いたら、義父さんが革靴でフミフミ。
f0106597_05481298.jpg
あっ!分かった!
f0106597_05485674.jpg
正解はひよこ豆でした。イタリア語でceci(チェーチ)と呼びます。
義父さんはヒヨコ豆や白インゲンなど、乾燥させて保存が出来る豆類も、各種、畑で育てています。

f0106597_05495644.jpg
義母さんが、私たちにも1キロ、お土産に持たせてくれました。
冬に食べるのが楽しみ♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2014-08-14 05:53 | ユキちゃんと海 | Comments(8)
f0106597_19220018.jpg
チェーリエに行ったらやっぱり必ず寄るのがココ。タラッリが美味しいパン屋さん。
f0106597_19253932.jpg
相変わらず地元のお客さんで混雑していました。村の中のレストランをやっている人も、ここのパン屋タラッリを大量に買いに来ます。

f0106597_19262625.jpg

お、焼き待ちタラッリ。
f0106597_19274352.jpg
と・・・眺めていたら、おばさんがすかさず、フリーゼ(上下半分に割って二度焼きするカチカチのベーグルの様なもの)を取り出して、タラッリを石窯の中に入れました。
お店の中に巨大な釜があって、長ーい棒で器用にパンなどを移動しています。
f0106597_19303059.jpg
このおばさんが立っている反対側にはレジがあるので、お客さんは、オーブンとレジの間に並ぶ事になり、おばさんが棒を振り回す度に、「はいはい、そこどいて〜」と言われます。こういうのってユルユルのフィレンツェでもあり得ない。面白いシステムです。
でも客としては、作っている現場も見られて楽しい。

Panificio Conca d 'Oro di Urso Cosimo
Via Porta di Giusi, 52, 72013 Ceglie Messapica Brindisi
f0106597_00300179.jpg
今回私たちが買って来たのは、タラッリと、コレ、フリゼッレ。タラッリは甥っ子達とユキに食べられて、あっという間になっくなり(涙)写真なしです。

f0106597_00354103.jpg

フリゼッレは、義母さんが作るものより小さくて、水につけなくても、そのままでもポリポリ食べられるタイプ。細かく切ったトマトとオリーブオイルを上にのせて、前菜として食べたりして使います。
f0106597_00393866.jpg

そして今回、こんなアーモンドの一口菓子も買ってみました。


中はこんな感じ。
f0106597_00452020.jpg
南イタリアでは、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェ(またはフルーツ)の後、コーヒーを飲んで、更にダメ押しのお菓子として(笑)、ammazza caffe' (コーヒーの苦みを消す為だと思う)という一口菓子が更に出てきます。もー食べられないっ!と言う極限状態で、更に、一口パクッと食べさせられてしまう恐ろしいお菓子。
でも美味しい・・・。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2014-08-10 00:49 | ユキちゃんと海 | Comments(7)

小さな村チェーリエ

f0106597_18240499.jpg
写真は、プーリアの小さな村チェーリエです。今年はラーラも一緒に訪れました。
f0106597_18254154.jpg
きちんと見た事がなかったので、今回は、以前から入ってみたかったサン・ロッコ教会。勿論、犬は入れません。ということで私だけ。
f0106597_18374145.jpg

村の人に大切にされて来たであろう教会。丁寧にお手入れがされています。
f0106597_18430157.jpg
イタリアの教会では聖人は地方によって様々ですが、プーリアでは良く見かける聖ロッコ。犬を連れていて、足の傷を見せている所がこの聖人の特徴です。素朴で何とも可愛い。
f0106597_18491991.jpg
チェーリエの村は、迷路の様な不思議な造りになっています。二階の家の入り口が複雑な外階段になっている所が多いのも、この辺りの地域の建造物の特徴です。
f0106597_18534483.jpg
この階段は一体何処に繋がっているのでしょう?ハリーポッターみたいに、呪文を唱えると中に入れるとか(笑)
f0106597_18544695.jpg
この後、懐かしいいつものお店に行きました。
その様子は、また後ほど・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2014-08-08 18:56 | ユキちゃんと海 | Comments(2)

ラーラと海の家

今週の月曜日に、トントコと車に乗って、またフィレンツェに戻ってきました。渋滞もなく、快適な旅でした。今は、留守にしていた家の、掃除と洗濯、畑の草むしりに追われています。
でもまだ、プーリアの写真が大量に残っているので、暫くプーリア話が続きます。

f0106597_01385968.jpg
海の家での2週間、ラーラは毎日、海生活をエンジョイしていました。でも、基本的には「山ガール」なラーラ。楽しいのはビーチまでのお散歩の5分と、パラソルの下で前を通る人たちになでてもらう事。海には決して入りません。パラソルの下に居れば、海に放り込まれないだろうという安心感があるらしく、動こうとしない。アントネッロが抱き上げて海に入れても、大急ぎでまたパラソルの下に戻ってきます。
f0106597_01422854.jpg
ラーラは海の家に去年も行ったので、大体色々な事は覚えていて、義母さんを「ボス」だと思っている(笑)。普段は、初対面の人にも犬好きそうな人を見ると調子に乗って前足をかけたりして甘えるのに、義母さんには不思議とそれをしない。でも可愛がってもらっているんですけれどね。

海の家では、表も裏口も、ずーっと開けっ放しで、紐状のテントの様なものがあるので、家の中に入ろうとすれば入れるのですが、「海の家では、家の中に入ってはいけない」というルールをすぐに思い出したようで、決して家の中に入ろうとはしませんでした。
このベランダで寝たり起きたり。私たちも食事はベランダなので、一応、生活空間一部です。

f0106597_01450324.jpg
裏口もこの通り。

f0106597_01462763.jpg

でもたまに、なかなか外に誰も出てこないときは・・・
コラコラ。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2014-08-08 01:53 | ユキちゃんと海 | Comments(5)

パスタと具の関係

f0106597_17445151.jpg

義母さんは近年、肩の神経痛があり、手打ちパスタの回数は減っていますが、それでも、必ず一回は作ってくれます。今回はマッケローニ。いつもは短めのマカロニが、今日はやや長め。
その理由を聞いたら、炭焼き野菜を細めに切ったものを具にするから、具の大きさに合わせたんだそうです。
f0106597_1744522.jpg

確かに、この方が美味しい。
f0106597_17445462.jpg

こちらは市販の乾燥パスタのスパゲッティ。プーリアでよく見る細長いインゲン豆を下茹でして、トマトソースで煮込んだものに絡めます。上に降りかかっているのはカチョ・リコッタと呼ばれる塩気の強いプーリアのチーズ。
このパスタも、具に合わせて必ずスパゲッティかリングイーネで作ります。

奥が深いパスタ文化です。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2014-08-03 17:32 | ユキちゃんと海 | Comments(6)
f0106597_3514942.jpg

一昨日は、ラーラと一緒に、ポルト・セルバッジョという自然公園にトレッキング&海水浴に行きました。
f0106597_3515368.jpg

レッチェの手間、イオニア海側にあり、広範囲にわたって広がる自然保護地区です。
f0106597_352291.jpg

駐車場からは車での侵入が禁止されていて、豊かな自然がそのまま残っています。
f0106597_352740.jpg

2キロ程、テクテク歩いて…海!
f0106597_3521157.jpg

サレント地方の観光雑誌に載っている様な、青い海です。
f0106597_3521454.jpg

この辺りは、かなり険しい岩場です。
f0106597_3521788.jpg

野性味のあるワイルドな風景。小さな砂浜もあるのですが、私達は、可愛い岩場の入江を見つけて泳ぎました。
f0106597_3522010.jpg

ユキが立っているところは浅瀬ですが、アントネッロが浮かんでいるところは、水深5メートル程あります。ユキは、フツーに、かなり向こうの方まで泳いでいました。
透明度が高く、肉眼で海底まで見えます。
f0106597_352245.jpg

海水浴の後は、更に歩く
f0106597_3522879.jpg

歩く。
f0106597_3523458.jpg

三人+一匹で沢山歩いた1日でした。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2014-08-03 02:54 | ユキちゃんと海 | Comments(2)

前菜天国、プーリア

f0106597_19531271.jpg

今年も小さな村チエーリエの小さなトラットリアに行きました。
f0106597_19531331.jpg

前菜の品数がとっても多いプーリア。単品ではなく、数種の前菜をドンドン運んで来ます。
さあ、今年も前菜マラソンスタート!
まずは、ランパチューリと呼ばれるムスカリの球根。酢漬けです。
f0106597_19531494.jpg

アーティチョークのオイル漬け。
f0106597_19531619.jpg

プチトマトとケッパーとアンチョビ
f0106597_19531797.jpg

フリゼッレには、かじったプチトマトの汁を塗りつけ、リコッタフォルテというクリームチーズを塗って食べます。
f0106597_19531949.jpg

揚げた肉団子も前菜。美味しかったー!
f0106597_19532195.jpg

チーズ各種
f0106597_1953239.jpg

ソラマメのピューレと茹で野菜。一緒に食べます。
f0106597_19532420.jpg

揚げたシシトウのトマト煮込み
f0106597_1953263.jpg

魚のフライ。頭も背骨も柔らかく、食べられます。

ふーこれでおしまい。全10皿。
前菜だけでお腹一杯になります。
f0106597_19532744.jpg

アーモンドがたっぷり入ったチエーリエのビスコットも美味しかったー!
f0106597_19594710.jpg

Osteria del Capitolo
Via Orto del Capitolo 10, Ceglie Messapica
火曜休み


人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2014-08-01 19:38 | ユキちゃんと海 | Comments(4)

コッツェ三昧

f0106597_4451443.jpg

プーリアに来て必ず食べるのが、コッツェ(ムール貝)。
f0106597_4451626.jpg

生のまま開くのは大変で、結構、キケンでもあったりするのですが、義母さんは素早い手つきでドンドン開けていきます。
f0106597_4451844.jpg

コレ、ムール貝を開く専用のナイフ、クッツァローロというお道具。30年間使い続けた味があります。
f0106597_4451955.jpg

殻はやや小ぶりでも、開けたら中の身が太っているのが、美味しいムール貝。
f0106597_4452161.jpg

殻を手でずらして、
f0106597_4452369.jpg

その隙間にナイフを差し込んで、ひねって開けます。
f0106597_4452498.jpg

パン粉、ニンニク、イタリアンパセリ、ペコリーノチーズを混ぜたものとオリーブオイルを振りかけて、オーブンで焼きます。
f0106597_4452765.jpg

これが、最高に美味しい!パスタにしても美味しいけれど、私はオーブン焼きが好きです。
人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2014-07-31 04:32 | ユキちゃんと海 | Comments(8)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho