カテゴリ:フィレンツェで和食を作ろう♪( 28 )

トスカーナで和食の宴

f0106597_06550128.jpg

忘れないうちにアップしておかないと...

母達が到着した2日後に、友人家族を呼んで、和食のディナーをしました。こういう時はとっても張り切ってしまう母。

f0106597_06551948.jpg

お料理上手のTさんと手際良く和食を作る姿は、昔からちっとも変わrazu、 イタリアの我が家のキッチンとは思えないくらい。

f0106597_06554009.jpg

若衆は早めに来て、手伝ってくれました。ありがとー!

f0106597_06555520.jpg


皆で生春巻きを巻き巻き。


f0106597_06561749.jpg


食べ始めは明るくて、気が付くとすっかり夜がふけている。


f0106597_06563176.jpg

メニューは、前菜に
・インゲンのゴマあえ
・サンマ入り揚げ春巻き
・オクラと梅干しの白あえ
・京風卵の寒天よせ
・高野豆腐のはさみ煮
・紅白なます



f0106597_06564933.jpg

・肉味噌のせ揚げなす
・芽の葉豆腐

f0106597_06570658.jpg

・ベトナム風生春巻き
・豆ごはん
・梅干しと素麺の冷たいお吸い物

お酒は冷えた白ワインと日本のお酒「獺祭」

f0106597_06572764.jpg


デザートにはSちゃんがシチリア菓子カッサータを作って来てくれました。このお菓子が大好物のアントネッロは感激しまくり。

一般のイタリア人にとって、寿司と天ぷら以外の和食はまだまだマイナーですが、母とTさんのお陰で(ベトナム生春巻きは除いて) 和食の多様性を少しだけ伝えられたかも。
最初は「イタリア人の口に合うかしら?」と思っていたのですが、いえいえなんのその。友人達の食に対する好奇心、オープンな姿勢はこちらが驚いてしまうほど。全員、全てきれいに平らげました。

楽しく思い出深い宴。日本の味覚を伝えてくれた二人に感謝です。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-08-19 06:53 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(3)

f0106597_18380271.jpg

わわわ、気がついたら一週間更新していなかった!楽しいイベントや医療通訳などが入ってちょっとバタバタしていました。
先週の水曜日は、フィレンツェに住む友人Kさん宅で、手作り味噌を仕込みました。前からとっても楽しみにしていたこのイベント。私にとっては初めての経験です。
味噌は買うものだとばかり思っていたけれど、以前頂いた手作り味噌があまりに美味しくて、いつか自分で作ってみたいなあって思っていました。
材料は、米麹(麹菌と少し蒸した米を合わせて仕込んだもの)、塩、炊いた大豆(乾燥大豆はイタリアでも手に入ります)。

米麹を見るのも初めてでした。麹は稲につく菌だそうで、白くてフワフワしています。あらかじめ、塩と混ぜ合わせます。

f0106597_18365358.jpg
炊いた大豆を潰して・・・




f0106597_18340534.jpg
潰した大豆に米麹を合わせて混ぜます。


そして、これが楽しい♩
丸くした味噌を容器に投げ入れます。こうすると空気が入らないんです。sawakinaちゃん、ナイス♩

最後は、上に紙を乗せ、そこにワサビを置きます。こうすると殺菌効果があるんだそうです。なるほど〜。
蓋をして、6月に一度天地返します。塩がかたよっている部分を再度混ぜ合わせることで、塩気が均等になるんだそうです。

そ、し、て♩

f0106597_18483906.jpg

このイベントの一番のお楽しみは、味噌仕立ての鍋。
去年仕込んだ手作り味噌で作るお鍋は幸せな味でした。シャケや鶏団子もたっぷり。お鍋を食べた後、仕上げにうどんを投入するのはうちと同じですが、取り分けた後、バターを少しと辣油を落とすのがKさん風。

はあ〜幸せ。フィレンツェのアジアンマーケットでも味噌は売られていますが、美味しいお味噌はなかなか手に入りません。身近に食材がないイタリアだから、余計に、工夫し好奇心を刺激されるんでしょうね。自分で仕込むとさらに愛着が増して、11月の仕上がりがとっても楽しみです。出来上がったら、アントネッロとユキに味噌鍋を作ってあげたいな。

楽しくて美味しい時間、ありがとうございました♩


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2019-02-19 18:52 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(0)

幸せのひとりご飯

f0106597_22143667.jpg
今日は、ユキは親友Gちゃんの誕生日を祝ってランチは友達とピッツァ、アントネッロは夕方まで仕事。ということで、ひとりで和食にしました(ヤッター♩)

f0106597_22263903.jpg


海外に住んでいらっしゃる方は和食を作るとき、どんなお米を炊いていますか?
フィレンツェでは市内のアジアンマーケットでミラノ近郊で作っている日本米も売られています。でも、我が家のエリアではなかなか手に入らないので、最近は、このオリジナーリオというお米を文化鍋で炊いています。粒の大きさや形が日本の米に似ていて、炊きあがりも割とふっくらと炊けます。

f0106597_22264026.jpg

イタリアではお米は、リゾットの他に、オーブン料理に使ったり、お菓子にしたり、スープに入れたり、サラダにしたりと色々な使い方があって、種類も沢山あるのです。
それぞれの種類の違いは、コシヒカリとササニシキの違いなんて言うものではなくて、本当に大きく違うので、和食用に炊く時は気をつけて買わないと、パサパサ、ポロポロになってしまいます。私も留学時代に何回も失敗しました。

日本人のお友達に教えてもらってから、近場で手に入れたい時に重宝しているのが、コープ印のオリジナーリオ。最近はもっぱらこれです。

f0106597_22263968.jpg

お味噌汁には、昨日頂いたばかりの美味しい気仙沼の塩漬けワカメ。普段食べている乾燥わかめと戻した時の食感が全然違います。ワカメと玉ねぎのお味噌汁にしました。

f0106597_22264040.jpg

これもお土産で頂いた石巻の味ひじき。
ああ、これだけでご飯おかわりできちゃう・・・。

f0106597_22264052.jpg

久しぶりに母が良く作ってくれていたジャガイモの煮物。
普通の煮物なのですが、昆布も一緒に煮込みます。甘めの味付け。私にとっては母の味です。

ああ〜日本人に生まれて良かった♩と思う瞬間。
アントネッロも和食は好きだけど、この感じは分からないのよね。ユキには伝えたい日本の味です。



美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2019-01-26 23:08 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(8)
f0106597_15570155.jpg

今日は成人の日ですね。
新成人の皆さん、おめでとうございます。皆さんに輝ける未来が開けますように。成人してからもう20年以上も経っていますが、今年1年「大人」という言葉に責任が持てるように努めようと背筋が伸びる気分です。

昨日は友人Mちゃん宅にお呼ばれランチでした。大人、子供を合わせて30人(+ワンコ)くらい来ていた賑やかな会でした。
年末年始、バタバタしていて、きちんとおせち料理が作れなかったので、お節を作って持って行くことに。

f0106597_15581267.jpg
アントネッロも切るのを手伝ってくれて(というか勝手にキッチンを使われるのが気になるらしい。主婦だね)筑前煮、田作り、黒豆、栗きんとん、松風焼き、高野豆腐の鶏肉詰め、紅白なますの合計7品出来ました♩

皆さんの美しいお節にはかなわないので、ちょっと遠目に写してみました。
レンコンも飾り切りすれば良かった〜。
f0106597_16031719.jpg
一応イタリアでは、前菜という位置付けで出したら、あっという間になくなりました(笑)。1番の人気は松風焼き。お味噌の味が大丈夫かな?って思っていましたが、全然平気。フィレンツェは磯の香りが苦手な人も居るから、青海苔ではなく(手に入らなかったし)、炒りごまを上にまぶしたのがまた良かった様です。あと、人気があったのは、筑前煮のレンコン。

フィレンツェの中央市場ではアジア人のおじさんがやっている八百屋さんで、大根やレンコンを買うことが出来ます。そうそう、おじさんは日本人だって分かると「ダイコーン、レンコーン、サツマイモ、サトイモ」って日本語で野菜を揃えてくれます。そして最後に黙って絹さやを差し出すのが凄い!私たち日本人がお正月に欲しいものを良く分かってる〜。

でも普通のフィレンツェ人はレンコンを食べたことがありません。植物としてLoto (ロート=蓮)は知っているのですが、レンコンが食べられるというのは余り知られていません。シャキシャキした食感がイタリア人の口に合った様です。

最後は、綺麗になくなり、お重は空っぽ。
来年も持って行こうかな?

お休みもお祭りも、もうおしまい。さあ、今日からイタリアは平日です。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2018-01-08 16:16 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(8)

和食大好き

随分前から、GASの仲間の息子E君に、「僕はお寿司が大好きで、是非お寿司を自分で作ってみたいから作り方を教えて下さい」と言われていました。私はお料理は苦手だから教えられないなあ・・・と困っていた所、友人のsawakinaちゃんが、ケータリング&お寿司体験を特別にやってくれる事になりました(ヤッター!)
f0106597_05083517.jpg
sawakinaちゃんが、わざわざフィレンツェの中央市場で、新鮮なマグロを柵で買って来てくれました。
念願のお寿司作りに大興奮のE君。動画等で事前に相当予習していたようで、結構手つきが良いです。

f0106597_05113976.jpg
L君とAちゃんは握り寿司も。
フィレンツェにも寿司ブームが押し寄せており、ここ10年で「sushi」が随分と一般的になりました。それでも、本当の日本人の板前さんが居るお店はイタリアでは殆ど無く(ミラノにはあるのかな?)、殆どはインドネシア人、中国人の調理人が作っています。
そして、和食=寿司かラーメンというイメージが強くて、まだまだ家庭料理の和食は知られていません。
f0106597_05155081.jpg
でもこの晩、sawakinaちゃんが、そんなステレオタイプの和食のイメージを一掃する、心のこもった素晴らしいお料理を披露してくれました。

f0106597_05182272.jpg
大根の炊いたのとか、お茄子も。
鉄火巻きは、イタリア人の好みに合わせて、太巻きにしています。普通の巻きもの大きさだとイタリア人にとっては物足りないので、こうして大きく巻くと食べ応えがあって、とても喜ばれます。流石!
f0106597_05205976.jpg
握りもおいしかったなあ。
f0106597_05215069.jpg
出来上がった頃にアントネッロとユキも到着しました。
いやー、食べた食べた!残ったお大根を頂いて帰って、翌日に温めなおして食べたら、もっと美味しくなってた(嬉)。若い世代のイタリア人が、こうして本当の和食に興味を持ってくれて、美味しいと食べてくれる事を嬉しく思います。
ああ、いつか皆に日本のお寿司屋さんのお寿司を食べさせてあげたいっ!

sawakinaちゃん、素晴らしいお料理を有り難う♩
楽しい夜でした。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♩

by lacasamia3 | 2017-04-06 05:30 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(3)

フィレンツェで点心

最近、点心のお教室に通っていて、頭の中が点心だらけの母。イタリアに来ても点心を作ってくれました。但し、材料を揃えたり、皮から作るのは大変なので、冷凍してこちらに皮を持って来てくれました。メーカー品ですが、モランボンの「もち粉入り餃子の皮」がとってもおススメ!モチモチして凄く美味しいです。
f0106597_17151480.jpg

お友達のヨッちゃんと、アリリン&アリリンママも手伝いに来てくれました。ありがとー!
お喋りしながら、皆で餃子を包むのって楽しいなあ。実は母は餃子の皮を包むのが苦手なんです。そして私も同じく。お母さんからしっかり習ったヨッちゃんはとても上手でした。こういうのって母から娘に伝わるものなんですよね。
f0106597_17195319.jpg

・・・とワイワイお料理をしていたら、外に遊びに行っていたガールズ突然、キッチンに乱入、占拠(爆)。外で見つけたブラックベリーでマフィンを作るんだとか。二人でネットでレシピを検索して、材料を揃えて作り出しました。
f0106597_17232546.jpg

お姉ちゃんぶっているユキ(笑)
f0106597_17253197.jpg

二人ともしっかり日焼けして、夏休みを満喫している感じです。まだまだ9月14日まで夏休みです(ってもう夏じゃないよっ!)
f0106597_17273167.jpg

焼けたー♩
余った生地で、更に洋梨のバターケーキも作っていました。二人ともクリエイティブです。
f0106597_1729351.jpg

今回は、春巻きも作りました。
パリパリに揚げるためには、巻き方にコツがあって、目からウロコ! これはまた、忘れないうちに、復習したいと思います。
f0106597_1732671.jpg

冷やし中華もアリ。
更に、ニラ玉にピータンを混ぜた物も作りました。これもまた絶品だった。
緑豆と寒天とココナッツミルクのデザートもあり、もうお腹いっぱい!

アリリンのパパとヨッちゃんんのパートナーも合流して、楽しい点心ディナーとなりました。
ホント、母に感謝です。

アリリンママ、ヨッちゃん、来てくれて有り難う。
忘れないうちにまた復習しましょう♩

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2014-08-26 17:39 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(5)
f0106597_265655.jpg

昨日は、母と私たち3人で、近所の友人宅にてディナーのお呼ばれでした。
私が別の用事をしている間に、母とアントネッロはお稲荷さん作り。私がキッチンに降りた頃には、すっかり出来上がっていました。
↑きっちり詰めないと気が済まないアントネッロらしい詰め方。
f0106597_21014.jpg

母はいつも、お稲荷さんに、胡麻、ちりめんじゃこ、納豆昆布(糸の様に細ーい昆布です)を酢飯に混ぜます。紅ショウガではなく、青紫蘇と食べると美味しい。
f0106597_2144229.jpg

出来上がり♩
前菜として、皆で食べたお稲荷さん、イタリア人にも好評でした。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2014-08-24 02:16 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(7)
プーリアから戻って来たら、日本の母が今度はトスカーナにやって来ました。
トスカーナの爽やかな気温に喜んでいます。

相変わらず凄い荷物(笑)。ホント、感謝です。
余りの荷物に、お友達が車で成田まで送ってくれたそうで。母のお友達にも、本当に感謝。
そして母が来た翌日、友人のジョヴァンニとマリオも遊びに来て・・・

f0106597_18462672.jpg
ジャーン!和食&中華三昧!
イタリア人に受けたのがピータン。「卵が黒い」って凄くインパクトがあるらしい・・・。母が通っているお料理教室で、ニラ炒めの卵とじに小さく切り分けたピータンを入れるレシピを習ったそうで、作ってくれました。
美味しかったー。
f0106597_18510289.jpg

今の時期は、畑の野菜も沢山採れるので、野菜中心の和食三昧です。
いやいや、元気な70代。足も体もピンシャンしていて、元気にイタリアまで来てくれるのを有り難く思います。

という訳で、コレから暫く、おばあちゃんとトスカーナの夏休み編になります♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2014-08-17 18:53 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(8)

手打ちうどん



f0106597_05432514.jpg
今日は、近くの村の大きめのスーパーで珍しく大根と白菜が売られていたので、買ってきました。
久しぶりの大根〜!豚肉があったので、お鍋にすることに。アントネッロは「お鍋の後はうどん」の人。今日は、うどんを捏ねてくれました。
足で踏むんだよーって言ったのに、足で踏むのは抵抗があるらしく(←こう言う所はイタリア人)、手捏ねのみでしたが。
f0106597_05492342.jpg
あっ!ずるっ子。
f0106597_05525329.jpg
出来ました♩
f0106597_05580758.jpg
勿論、我が家にはガスコンロはないので、お鍋はコンロで温めて、それをテーブルに持って行きます。
f0106597_05595499.jpg
我が家は家族全員お鍋が大好き♩
f0106597_06014745.jpg
ここ数日、ちょっと寒さが戻って来たので、熱々のお鍋はとっても美味しかったです。
f0106597_06024947.jpg
つるっ

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2014-03-26 06:06 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(6)

おばあちゃん到着~♪

f0106597_21373544.jpg



昨日は夜、私が仕事だったので、アントネッロとユキちゃんに迎えに行ってもらい、日本から母が到着しました♪
夜11時に作ってもらったチャンポン、美味しかった♪
しばらくぶりですが、相変わらず元気な母です。毎回そうですが、時差も全くなく、何時でも何処でも、夜ぐっすりと眠れるのが彼女の健康の秘訣のようです。


f0106597_21383422.jpg



今日も手早くサラダうどんを作ってくれました。美味しかった~♪


f0106597_2141239.jpg



お稲荷さんは日本で作ってきてくれたもの。アントネッロも大満足(髭が長いぞ!)。


f0106597_21424167.jpg



今回も沢山のお土産を持ってきてくれたのですが、中でも感激したのがコレ、伝説の雑誌「アルネ」のバックナンバー。2009年で終了してしまったスタイリスト大橋歩さんの雑誌です。広告も殆どなく、とっても丁寧に作られている雑誌。1号ごとに心がこもっていて、何度も読み返したくなります。母はフリマで見つけて、買ってきてくれました。貴重なものを有り難う。大事に読みます。


f0106597_21474897.jpg



そしてもう一つ、雑誌「日々」。
この雑誌を置いている本屋さんが少ないので、母は毎号、ネットで取り寄せているそうです。これもまた、写真もとても綺麗で、文章にも心がこもっている雑誌。

私自身、雑誌ってイタリアに来てから殆ど読まなくなったし、ネットで何でも情報が入ってくるから雑誌が売れないと良く聞くけれど、こうした雑誌は、紙媒体である意味がすごくあると思う。何だろう、パソコンの画面にぱっと現れて、クリックしながらドンドンと消えていく情報とは違って、こういう雑誌は、そこに存在するもの、ページを開く喜びのあるもの。
日本に居たら、「日々」を購読するだろうなと思います。

しばらく母に甘えまーす。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-05-11 22:07 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(16)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho