ありがとう

f0106597_20335251.jpg

昨晩は救急車の夜勤でした。0時頃に、妊娠7ヶ月で子宮収縮が始まってしまった女性を、点滴をしながら郊外の病院から総合病院への搬送。40分ほどの道中、ここで産まれたら大変!もうちょっと頑張って!と緊張しながらの搬送でした。
まだ赤ちゃんは900g、女性の看護師が、「900gってローストビーフじゃないんだから、まだ出て来ちゃダメよ!」ってお腹に語りかけてて、一同大笑い。ちょっと緊張が解けました。

無事に終わって2時頃センターに戻り、その後は、朝までしっかり眠れました。

今朝次の仕事に出る前に、家に着替えに寄ったら、バターの香りが漂っていました。普段は日曜日は遅くまで寝てるユキが、キッチンでブリオッシュを焼いていました。
ちょっと幸せな気分。

# by lacasamia3 | 2019-11-10 20:33 | イタリア救急車ライフ | Comments(1)
f0106597_21100028.jpg


今回、本当はウルビーノの南側で宿を取りたかったのですが、大きなトリュフ祭りの影響でどの宿も満室。
諦めて、ウルビーノの北側の宿を予約しました。食事付きという事に惹かれて、えいよっと偶然予約した宿だったのですが、これが大当たり。


f0106597_21101230.jpg

お部屋はとっても清潔で、インテリアも素敵でした。

f0106597_21102366.jpg

事前に調べて狙いを定めていく旅も楽しいけれど、こうした偶然の「アタリ」に遭遇するとより嬉しくなりますね。




f0106597_21120086.jpg

朝食と夕食はこのダイニングで。昔は家畜小屋だったところだそうです。




f0106597_21104762.jpg

オリーブオイルが素晴らしく美味しかった。





f0106597_21105905.jpg

水餃子のように生地の中にお肉を詰めて茹でたスープパスタ、カッペレッティ。じっくりととったブロードも胃に沁みて本当に美味しかった。昼間にたくさん食べたから、夜はどうかな?思っていましたが、そんな心配は無用。この後、抜群に良い焼き具合の鶏のオーブン焼きもペロリと食べました。

宿を仕切っている女将さんが一人で作っているんです。



f0106597_21112766.jpg

宿の周りはこんな風景。
小麦を栽培したり、家畜を飼っているそうです。




f0106597_21114502.jpg

朝食は手作りジャムと手作りケーキ。



f0106597_21124070.jpg

そうそう、テーブルクロスが可愛かったんですが、この辺りの伝統工芸、錆染め(tintura a ruggine) のクロスでした。次回はここに泊まって、錆染め工房を見に行っても良いなー。今度は母達を連れてきたいなと思っています。

この日、宿の女将さんに勧められて、この近くの名所を見に行きました。
続きます・・・

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





# by lacasamia3 | 2019-11-08 21:08 | トスカーナ山暮らし | Comments(1)

秋の北マルケ遠足

f0106597_19111135.jpg
11月1日の金曜日は諸聖人の祭日でお休みでした。この連休を利用して、アントネッロと北マルケに小旅行に行ってきたんです。
フィレンツェからは、高速でアレッツォに行き、そこからチッタ・ディ・カステッロ(アンギアーリの近く)へ、そして更にアペニン山脈を越えます。我が家から3時間半くらいかな?結構時間がかかるのですが、その価値ありの魅力的な場所です。

今回は、お友達のSawakinaちゃんと旦那さんと一緒に行きました。

f0106597_19113316.jpg


まず行ったのは、Serravalle di cardaという小さな村にあるレストラン。
ここのカタツムリがとっても美味しいんです。野生のフェンネルとかミントっぽいハーブが沢山入っています。美味しいなあ。イタリアでもカタツムリはlumacheと言って、こうしてトマトソースで煮込んだり、オリーブオイルで炒めたりします。爪楊枝でちょいちょいしながら食べるのが楽しい。



f0106597_19114360.jpg

そしてここの神のパスタ(笑)。
北マルケはエミリアロマーニャ州に近いからか、パスタのレベルが高い。トスカーナだとポルチーニのパスタはポルチーニだけだけど、ここはひき肉とポルチーニを一緒に炒めていました。


f0106597_19115855.jpg

そして食後に必ず出されるのがこれ、ビショラート。
visciole というチェリーをワインに漬けて砂糖を加えて熟成させたデザートワインのような、マルケ州名物の飲み物です。



f0106597_19120815.jpg

野性味あふれるマルケの山。





f0106597_19122658.jpg

生憎の雨でしたが、暗くなる前に、渓谷フルロにも行けました。




f0106597_19123908.jpg

好きな場所とかお店があると3度は行かないと気が済まない私。そして、大好きな風景、美味しい食べ物をアントネッロと一緒にもう一度楽しみたかったんです。
フィレンツェのアパートを借りてくださる方も、最初は一人で、その後はご夫婦で、そのあとお友達と・・・と何度もいらっしゃる方がいます。自分が感動した風景、味を大好きな人と分かち合いたい、そして楽しかったねっていう思い出を共有したいなという同じ気持ちなのだと思います。

あと少しマルケ話があるので、次回にも書きますね。

**********************************
この記事の中で行った場所は、

・トラットリア ロッサーナ Ristorante Pensione Rossana Via Cagli 97, Apecchio

************************************







今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







# by lacasamia3 | 2019-11-07 19:10 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)

スペシャルな朝ごはん

f0106597_15112546.jpg

おはようございます。
フィレンツェでは、やっと11月に入り、例年通り、毎日、雨が降り始めました。
先週末はアントネッロと友人二人と一緒に、マルケ州へ行きました。一泊二日の楽しかった旅の思い出を、ゆっくりまとめてブログにも書きますね。

f0106597_15143350.jpg


帰ってきた翌日の日曜日の朝、ユキが手作りのブリオッシュを焼いてくれました。粉、生地、バター、ビール酵母から作ったんだそうです。表面に卵黄を塗るのを忘れたらしい。
でも焼きたてのブリオッシュはサクサクして香ばしく、どのバールのものより美味しかったです。

f0106597_15190138.jpg

ユキとお留守番をしていたラーラはこの通り、朝から甘えっ子(涙)たった2日間だったのにね。
脇に顔を埋めるのは甘えレベル最高の時です。

先週から発生している医療通訳の仕事で、毎日帰りが遅いので、ここ数日はユキが晩御飯担当。結構バランスを考えて、色々作ってくれています。感謝!

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2019-11-06 15:10 | 山の食卓 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho