f0106597_08194651.jpg


新年会の翌日、泊まりでマルケ州から来ていたyukikoさんと、sawakinaちゃんと一緒に水車小屋に粉挽きに行きました。
表面だけだけど、ため池、カチカチに凍ってるよ(ブルブル)

f0106597_08194639.jpg
ヘルニア覚悟で(笑)水車の始動レバーを引っ張り上げるyukikoさん。
3人で粉だらけになって、粉挽きしたり、ふるいにかけたり。楽しい1日でした。

ここ最近は水が豊富にあるので、時間さえあれば毎日でも粉挽きが出来るベストコンディション。
調子に乗って結構粉挽きをしていたら、小麦が足りなくなってしまいました。そこで、ここ数日は小麦を探すのに奔走していました。

小麦畑が結構あって、豊富に採れているように見えるトスカーナですが、有機栽培で、古代小麦(この場合、ヴェルナとかジェンティルロッソと言う種類の戦前に作られていた小麦を言います。スペルト小麦ではありません)となるとかなり希少で、年が明けると、まだ持っている農家が段々少なくなって行きます。
小麦の値段は、オーガニックでない通常の小麦は、1キロあたり30セント(約40円)、これがオーガニックの古代小麦となると1キロあたり60-80セント(80円〜110円)になります。
7月に1年分予約すると60セント、予約しないで今の時期に問い合わせると80セントという、不思議な、でも何となく理解出来る価格設定。ベストは、種まきの時期に自分たちが買いたい年間の量を伝えてその分を蒔いてもらうというのが理想です。

それにしても、半日かけて20キロ粉挽きが出来たとしても、粉にして1キロ1,5ユーロ(210円)で仲間の間で分けたとして、原料の小麦の値段を差し引いた水車小屋の収入は18ユーロ(2500円)。私たちはボランティアでやっているから、収入は全て水車小屋の維持費にまわるけれど、これを職業でやろうと思ったら全然割に合わないなあって思います。

私たちの水車小屋では、一ヶ月で200キロ粉挽きを予定していて、夏の2ヶ月を休んだとしても、年間で多分2トン位は必要になるので、やはり今の時期に来年分を確保する必要があります。今年は1年目で出遅れたため、今の時点で余っている農家さんに声をかけまくっています。今朝取りに行った小麦は余り出来が良くなく、粒が痩せていたので、50キロだけもらって来ました。
とりあえずはこの50キロの小麦を挽いてみて、その間に、ちょっと値段が高かったけど量は持っている農家さんの小麦の状態を見に行ってみようと思います。

何事も勉強。新しい事を知るって楽しいです。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2019-01-14 08:40 | 水車小屋物語 | Comments(0)

なかったら工夫する

f0106597_07293520.jpg

今日は、マルケ州、エミリアロマーニャ州、トスカーナ州に集まる田舎暮らし同士、総勢5名が我が家に集まり新年会でした。
いやいや、皆さん、強者揃い。四駆じゃなくても、我が家の山道にも動じる事無く、車でトントコ上がって来てくれました。


f0106597_07281435.jpg

食い気と好奇心の塊(笑)だから、海外生活もなんのその。何でも作っちゃう。写真はsawakinaちゃんの田舎寿司。椎茸寿司のお隣はタケノコ寿司。ご自宅のお庭にある竹林で春に収穫したタケノコです。美味しかった♩美味しく煮たこんにゃくに挟まれたお寿司も初めて食べました。

f0106597_07303304.jpg

私作、相変わらず「茶色い」お節(笑)。黒豆はsawakinaちゃんが畑で育てたもの。



f0106597_07290056.jpg


そして、おでん♩
おでんって日本だと練り物は外から買って来るから、「どうせ、こっちで手に入らないし」と諦めていたのに、yukikoさんとsawakinaちゃんが、手作りの具を持ち寄ってくれました。練り物はタラをすり潰して。手作りの方が断然美味しい♩
皆、お味噌や納豆、餃子の皮や和菓子など、何でもイタリアで揃う材料で作っちゃう。皆、イタリアで和食の食材が手に入らないから諦めるんじゃなくて、ないなら作ってみよう!という好奇心に溢れています。

f0106597_07330202.jpg
カステラは既製品だけれど、akaneさんの手作り饅頭とリンゴ寒天も絶品でした。

f0106597_08231773.jpg


お抹茶を立てて頂いて、「はあ〜日本人に生まれて良かった♩」って思った瞬間。

日本を離れて20年近く経つと、日本が恋しくてという気持ちは薄れて行くけれど、こうして日本人のお友達と笑いながら食卓を囲むと、何とも心が安らぐ感じ。勿論、イタリア人の友達と食卓を囲むのも楽しいけれど、それとはまたちょっと違うホッとする時間です。

パン焼きも大好きな5人で、朝から仕込んでパンも焼きました。ちょっと火が強かった!
でも何とか焼けてほっ♩
次回はもっと美味しいパンが焼けるように頑張ります。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪















# by lacasamia3 | 2019-01-11 07:26 | 山の食卓 | Comments(8)
f0106597_16155506.jpg
ユキは無事に土曜日、プラハから風邪っぴきで帰って来ました。昼間の気温が−10度で、大粒の雪が降ってたんだそうです。でもカフカとか、ミュシャの世界にドップリ浸かり満喫して来ました。映画「存在の耐えられない軽さ」を見るように薦めておきました(ジュリエット・ピノシュが若い!)。
でも昨日1日休んだだけで、今日は元気に学校に行ったので、凄い回復力です。

さて、今日もこれから粉挽きに行って来ます。
粉挽きをするとどうしても粉だらけになるので、エプロンが欠かせません。嬉しい事に水車小屋に行くようになって、エプロンが増えて来ました♩

f0106597_16160974.jpg
これは、アンギアーリのブサッティで母と一緒にオーダーしてお揃いのエプロンです。
刺繍が可愛いでしょ?さすが、糸から染めている生地がとてもしっかりしています。

f0106597_16163561.jpg

これは、水車小屋の仲間のSちゃんが塗ってくれたエプロン。皆でお揃いで、何かイベントがある時には必ずこれで揃えます。
ちゃんとロゴも入ってるの。生地は彼女のお婆ちゃんが使っていたシーツを再利用したもの。イタリアの戦前のシーツやテーブルクロスの生地は本当に丈夫なんですよ。

f0106597_16163560.jpg
そしてこちらはかなり使い込んでいるエプロン。sawakinaちゃんが作ってくれました。丈がたっぷりあるので、ズボンも白くならない。

f0106597_16163637.jpg
そしてもう一枚、同じ生地で作ってくれたのがこちら。
鶏の卵を毎朝取りに行くとき、両手がふさがっているのに、何か作業をしたいとき、卵を入れるポケットをつけてくれた前掛け。
うちは今、雌鳥が3羽居て、毎日それぞれが1個ずつ卵を産むから、毎朝3個なんです。
これがあると、朝、鶏小屋に行った後、畑に寄り道が出来る♩

どれも大切に長く使いたいエプロンばかりです。

<お知らせ>
お嬢様と1月末から2月半ばまでフィレンツェ滞在をされるので、アパートのお問い合わせを下さったM様。こちらから回答のメールをお送りしたのですが、恐らくdocomoメールの設定の為に、メールが戻って来てしまいました。info.lacasamia@gmail.comを受信可能にして頂くか、別のメールアドレスから再度ご連絡を頂けますようにお願いします。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2019-01-08 16:35 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)


f0106597_03402790.jpg


12月入って急にレイアウト替えをしたくなったアントネッロ。スイッチが入っちゃった。
棚を動かすとか、照明の位置を変えるとか・・・そういうレベルじゃなくて、いきなり階段を壊し始める(汗)。この後、電気ドリルも持ち出して大掛かりに破壊し始めました(おーい、その前に壁の写真とか外して欲しい)。

f0106597_03402752.jpg
階段も外しちゃって、私たち2階のトイレに行くのにハシゴをかけてもらいました。
この階段はこの家に引っ越して来た当初から付いていたのですが、ずっと気になっていたんだそうです。

この状態で、12月25日。

f0106597_03450015.jpg
ジャーン♩仕上げはまだだけど、とりあえず12月30日に階段完成。アントネッロは満足そう。でも、大晦日に友人達が我が家に来る事になっていて、この埃と瓦礫の山、誰が掃除するの!と切れそうになりながら徹夜で掃除しました。

上の階にはリビングのフローリングの張り替え用の床材が。張り替え作業は春になりそうです。
壁も塗り替えなくてはいけないし、まだまだ工事中の我が家(涙)

f0106597_03494693.jpg

でも階段1つで随分雰囲気が変わるものですね。
どうやら2019年は我が家にとっては、リフォームの年になりそうです。

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2019-01-07 03:56 | 親方日記 | Comments(14)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho