カーメラ・オスクーラを作りました

f0106597_18441694.jpgいや~ここ数日のフィレンツェは大雨が降っています。
一昨日も雨降りの日曜日。宿題を済ませて、すっかり退屈してしまったユキちゃんとアントネッロは2人でなにやら工作を始めました。
作っているのはイタリア語で、"camera oscura"(カーメラ・オスクーラ)と呼ばれるカメラの原型となったものです。
日本では「カメラ・オブスクラ」というラテン語の名前で呼ばれています。


f0106597_18453065.jpg
f0106597_18461314.jpg



屋根の断熱材の残りを利用し、真四角の箱を作ります。真ん中に穴を開け、穴と顔を入れる部分の間に白い紙を貼ると、穴から入ってきた光が紙に映し出されるという原理です。


f0106597_18473555.jpgアントネッロと工作をするときのユキちゃんはとっても楽しそうです。


f0106597_18485683.jpg
f0106597_18495420.jpg


雨がちょっと止んだので、外で試してみました。

f0106597_18512296.jpg写真では何だか判らない画像ですが、天地がひっくり返った状態で見えています。黒い部分が地面、明るい部分が空の部分で、左側に胡桃の木がちょっとだけ見えています。肉眼では立っているアントネッロもぼんやりと映っているのが見えます。

カメラに慣れている私たちは普段意識しませんが、実像を平面に映し出すことって、昔の人にとってはかなり画期的なことだったのでしょうね。こうして平面に光を通じて映し出した画像を、感光紙などを使って焼き付けることが、写真に発展していったのでしょうね。
フェルメールなど17世紀のオランダの画家達は、この装置に似たものを使って遠近法や建築物の細部描写を平面に写していたのではないか?という仮説もあるそうです。


f0106597_18523359.jpg
アントネッロは、大きさを変えた穴をスライドさせて、ピントを合わせるように作りました。鏡を中につけて、上から覗くようにすると画像がひっくり返らないそうです。
アントネッロは小学校の高学年の時に、お兄さんと一緒に1週間かけて「完璧な」カメラ・オブスクラを作ったそうなんですよ。

この装置、かなりユキちゃんのハートを掴んだようで、午後中、←この状態でした(笑)。その後は、サッサと屋根裏の自分の部屋に持ち込み、たまに毛布を頭から被って外を眺めています(笑)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by sironekosan at 2008-12-02 20:22 x
う~ん、アントネットさん凄いっ!
うちのオットも原理は知っていても、それを子供達に作ってあげる行動力が足りないんだよねぇ・・・猛烈サラリーマン(死語?)だから週末は殆ど死んでるかシゴトだもんねぇ・・・と、アントネッロさんの家庭人的豆男さんぶり(あ、コレは違いますか?汗)に脱帽です。
こんな素敵なバッボだと、そのうちユキちゃんは「バッボと結婚するの♪」なんて言い出しそうですね^^
それにしても箱の毛布をかぶっているユキちゃん、笑えます~^^;
Commented by ジョニィー at 2008-12-03 08:02 x
おはようございます。
そちらは雨ですか。こちらは晴れています。
お子さんの工作は凄いことです。
私は物置の壁に煙突の穴があいていたものですから、そこに穴をあけた厚紙に虫眼鏡を取り付け、焦点の合うところに紙を持って写った外の景色を見たり、運動会の出店で買った日光写真で、種紙と絵を印刷したパラフィン紙を重ねて太陽の光で焼付けたりした事が写真に興味を持った
始まりです。
現在は、デジカメへ発展しておりますが、矢張りフイルムカメラが写真の原点なのです。
さすがイタリアの教育方針はちがいますね。
日本の教育は、そのようなことには目も向けません。
こうしたカメラの原点を教えることも大切ですね。
お子さんの成長が楽しみです。
Commented by y_and_r_d at 2008-12-03 08:43
こんにちは。
本格的な大判カメラのようですね。
こういう経験は貴重です。
将来は売れっ子カメラマンになれそうですよ!
Commented by やえさくら at 2008-12-03 09:57 x
こんにちは!
カメラ・オブスクラって、ひょっとして映画「真珠の耳飾りの少女」に出ていた装置でしょうか?(この映画、ご覧になってるかしら)
スカーレット・ヨハンセン演じる少女が、フェルメールに薦められてのぞいた装置。
そうそう、布をかぶってました!
あれ、なんて面白い装置なんだろうな、と思っていたんですよ。
手作りできるんですね…!感激!
作り方を探ってみようと思います。
すてきな記事、ありがとうございます!
Commented by sarah000329 at 2008-12-03 16:00
すごーーーい。こんなの小学生の時に手作りするんだ!?
それをまたちゃんと覚えていて、お子さんと一緒に作れるというのが
またまた凄い!!
カメラの仕組みや色んな事に興味を持って
ユキちゃんはいったいどんな道を歩んでいくんでしょう。
とっても楽しみです。
Commented by maururu0724 at 2008-12-03 21:06
バッポ。。。素敵すぎます(//v//)
私も小さいころ大好きだった『学研の科学』の付録のカメラを思い出しました 笑 とっても不思議で面白いんですよネ〜

幸せってこういう光景を指す言葉なのですネ〜(嬉)
お金で何でも買える豊かさよりも、家族との愛を育んで生まれる心の豊かさを感じます。

私もchihoさんを見習って頑張りま〜す p(^v^)q

Commented by ふゆさくら at 2008-12-04 03:23 x
アントネッロさんって本当になーんでも作ってしまうんですね。驚
まるでドラえもんのようだ・・・と思いつつ、一気読みさせていただきました。
ユキちゃんにとって、「パパ=すごい」なんでしょうね。
ユキちゃんが大きくなっても、こういう日常の一こまは心にしっかりと残っていくんだろうな・・・なんだかとても羨ましいです。^^
Commented by Summer at 2008-12-04 04:59 x
相変わらずアントネッロの器用さには感銘させられます。カメラの原型にはちょっとびっくりです。そんなパパをもつユキちゃんは幸せですね。私も覗いてみたい・・・。どうやって作り方を知ったんだろう?
水着でクリスマス(笑)それは考えたことはなかったですが、最初はTシャツ短パンで雪も降らないし、なんだか物足りない夏クリスマスはおかしな感覚でした。NZのクリスマスは、外にソファーを置いてBBQとビールが定番です。
Commented by なおやま at 2008-12-05 21:09 x
アントネッロさん、なんでも作れるんですね〜 すごいなあ。。私たち夫婦もアントネッロさんの爪の垢を飲んで子供にこんな素敵な体験させてあげたいです。ユキちゃんは幸せですね!!
Commented by lacasamia3 at 2008-12-08 19:43
sironekosanさん>日本のお父さん達はきっと子供と過ごしたいんでしょうけれどねえ。仕事が忙しいんでしょうね。頑張れっ!日本のお父さん!
Commented by lacasamia3 at 2008-12-08 19:43
ジョニィーさん>子供って買った玩具よりもこういうものに興味を示すんですよね。どんな機械も「始まり」があったわけで、それをこうして身近で体験することって大事だなあと思います。
Commented by lacasamia3 at 2008-12-08 19:43
y_and_r_dさん>ははは、カメラに興味を持つかな?お片づけが苦手なので、カメラは無理そうだなあ・・・(苦笑)。
Commented by lacasamia3 at 2008-12-08 19:44
やえさくらさん>そうそう、フェルメールもこの装置に類似したものを使っていたといわれています。その映画、アントネッロと見ました。スカーレット・ヨハンセン、はまり役でしたよね~。
Commented by lacasamia3 at 2008-12-08 19:44
sarah000329さん>お兄さんとアントネッロは小さい頃からメカニックなものに興味があったようです。妹の、押すと「オギャー」って泣くお人形を、中の構造を知るためにバラバラに分解してしまって、お父さんに凄く叱られたりしていたそうです(笑)
Commented by lacasamia3 at 2008-12-08 19:45
maururu0724さん>買った玩具よりもこういうものの方が楽しいんですよね。ユキちゃんの場合、アントネッロが「何でも」作れるって勘違いしている部分もあるのですが・・・。
Commented by lacasamia3 at 2008-12-08 19:45
ふゆさくらさん>うんうん、物が壊れるとまず第一に「バッボに直してもらおう」と言います。何でもアントネッロが直せると思っているんですよね。
Commented by lacasamia3 at 2008-12-08 19:46
Summerさん>へえ~、バーベキューとビールでクリスマスですか。それもまた楽しそうですね。これから夏なんだ、良いなあ・・・。こちらはこれから長い冬です。
Commented by lacasamia3 at 2008-12-08 19:47
なおやまさん>子供を楽しませるのにお金は要らないんですよね。ちょっとしたアイデアと時間さえあれば、楽しい思い出をいくらでも作ることが出来るんだって思います。
by lacasamia3 | 2008-12-02 18:54 | イタリア子育て~小学校編 | Comments(18)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho