今年も栗の里に行ってきました

今年も栗の里に行ってきました_f0106597_17421836.jpg
毎年10月の毎日曜日に開かれる栗の里マッラーディの栗祭りに今年も行ってきました。
去年がよほど楽しかったようで、ユキちゃんは10月になってから行く気満々(笑)。「栗祭りに行こうよ~」と毎日のように言っていました。
今年は、ユキちゃんの学校での仲良しさんEちゃんと、Eちゃんのパパ&ママも一緒に、皆で列車で行きました。我が家の近くの村から列車1本で行けるという気軽さがなかなか良いお祭りです。駅に行ってみると、学校のお友達も沢山来ていて、ローカル列車の中は何だか学校の遠足のような雰囲気でした(笑)。
昨日は昼間28度まで上がる快晴で、絶好の行楽日和だったためか、すごい人出でした。


今年も栗の里に行ってきました_f0106597_1743341.jpg
今年も栗の里に行ってきました_f0106597_17434773.jpg



まずは栗っ!
ははは、去年と同じおじいちゃん達が今年も元気に焼き栗のスタンドに立っていました。写真右は去年もレポートした栗に切れ目を入れる機械です。今年も健在。

今年も栗の里に行ってきました_f0106597_17443195.jpg
今年も栗の里に行ってきました_f0106597_17452653.jpg



切れ目を入れたら、写真では奥に見えているドラム缶を横にしたようなものに入れて火に当てながらグルングルンと回します。
一袋2ユーロの栗。たっぷりで食べ甲斐があります。

今年も栗の里に行ってきました_f0106597_1746251.jpg
今年も栗の里に行ってきました_f0106597_17464444.jpg



そして焼き栗に欠かせないのが、赤ワイン。焼き栗のスタンドでは必ず、赤ワインも売られています。プラスチックのコップにたっぷり入って1.5ユーロ。
アントネッロが買ってきたのは"cagnina"(カニーナ)と呼ばれる今年のヴィーノ・ヌオーヴォ(ヌーヴォーワイン)。さっぱりとした甘さで焼き栗に良く合います。美味しくて帰りに1本買って来ました。

今年も栗の里に行ってきました_f0106597_17473634.jpg
このマッラーディの村の周りには栗山が沢山あります。
同じ栗の屋台でも、3ユーロ、5ユーロ、7ユーロ(それぞれキロ単位)と色んな種類があります。値段はどうやら栗の粒の大きさで決まるようで、大粒の栗ほど値段が高いのです。

今年も栗の里に行ってきました_f0106597_17481196.jpg
今年も栗の里に行ってきました_f0106597_17484132.jpg



写真左 これはニョッコ・フリットと呼ばれる揚げピザのようなもの。塩甘タイプのプロシュットやクリームタイプのチーズを上にのせて食べるそうです。そのまま食べても美味しそう。帰りの列車の中で、Eちゃんパパが、「ニョッコフリット美味しそうだったなあ・・・食べれば良かった」とこぼしていました(笑)。私も来年は食べてみたいと思います。

写真右 栗で作ったお菓子もあちこちで売られています。この2種類のケーキを大人4人で味見しました。左側は、リコッタチーズを混ぜ込んだ生地に栗クリームがはさまったもの、右側は「栗そのまま!」という感じの栗羊羹のようなお菓子。どっちも美味しかったなあ・・・


今年も栗の里に行ってきました_f0106597_18131783.jpg
今年も栗の里に行ってきました_f0106597_18135134.jpg



私たちがワイン&焼き栗を満喫している間、ユキちゃんとEちゃんは今年もマジックショーに夢中でした。去年と同じお爺ちゃんのマジックショー。お爺ちゃんだからテンポがゆっくりなのですが(笑)、子供達はそれでも大喜びでした。

沢山写真を撮ったので、残りはまた後程・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by プーマ at 2008-10-13 19:11 x
こんばんは♪
去年もこの<栗祭り>の記事を読ませて頂きました!良く覚えています!
美味しそう~!!!栗大好きの私達夫婦ですが
残念ながらこの時期にイタリアに行くのは非常に難しい・・・。
画面を見て我慢、我慢・・・。
何とか<におい>だけでもPC画面から嗅げないかな~。
Commented by bianca at 2008-10-13 19:46 x
chihoさん、こんばんは。
もう栗祭りの季節になったのですね~♪今年も美味しそうな雰囲気がこちらにも伝わってきます!
フィレンツェで初めて焼き栗と赤ワインを一緒に頂いた時の感動と言ったらありませんでした。「何て美味しいのぉ~~~♪」と主人とパクパク、ゴクゴク。。。
残りのお写真も楽しみにしていまーす!
Commented by pino-ombra at 2008-10-13 21:05
秋のトスカーナ名物といえば栗…なのかなあ?他にも一杯名物が
ありそうですけどね。
リコッタチーズと栗のケーキ、描写を聞いているだけで生唾出てきました。美味しそー!!
Commented by Sette at 2008-10-13 21:13 x
おいしそう、栗! この時期になると、栗を売るスタンドが出てきます。食べたいんですけど、まだ買っていません。
ユキちゃん、学校が楽しいみたいで何よりです。私立があまりないのは素晴らしいと思うんだけどなぁ。これから国を育てて行ってくれる子供達の為のお金をケチってどうするんでしょうね。・・・・・・確かに出費はすごいのかもしれませんけれど・・・・・。
Commented by minamiboso at 2008-10-13 23:17 x
栗おいしそうですねー。焼き栗にワイン、今度私も試して見ます。
Commented by vegepower at 2008-10-14 03:56 x
私は今フィレンツェに留学中です。料理のインターンでやって来ました。
3週間がたったところです。栗祭り、26日に行ってみようと思っていました。先に情報があると、とてもわかりやすくて楽しみになってきました。
フィレンツェを10倍楽しむ方法も、かなりかなり参考にさせてもらっています!!
Commented by burts at 2008-10-14 16:11 x
いやーん!!

行きたい、栗フェスタ!!

焼き栗とワインという組み合わせが
ステキ!
Commented by pearblossom at 2008-10-14 20:55
はじめまして。ゆきちゃんの絵とても素敵ですね。子供の目線から見ると大人達の足がこんなに長いんだなーって改めて感心しました。子供の目線から世界を見ると楽しいんだろうなあって。滑り台も楽しそう!私もすべってみたい!トスカーナは主人と新婚時代に訪れてすっかり恋に落ちてしまいました。いつの日か又今度は子供達と訪れるのが夢です。フィレンツエではアルノ川の近くのプチホテルに泊まりました。今度はキッチン付きのアパートでじっくり滞在してみたいです。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-19 00:30
プーマさん>栗祭りは我が家では毎年足を運ぶ恒例のイベントになりましたが、実はトスカーナって一年中何かしらお祭りが開かれているんですよね。また別のシーズンのお祭りもブログでご紹介しますね。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-19 00:30
biancaさん>フィレンツェの栗は殆どがこのマッラーディ周辺のALTO MUGELLO(アルト・ムジェッロ)という地域で栽培されているんですよ。赤ワインと焼き栗の組み合わせは秋の楽しみです(太るかも・笑)
Commented by lacasamia3 at 2008-10-19 00:30
pino-ombraさん>秋の美味しい食べ物って他にも沢山あるんですよ~。でも1番はやはり栗かな?この栗のケーキとっても美味しかったです。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-19 00:30
Setteさん>おっしゃるとおりっ!将来を担う子供達の教育費を削ってどうする?って感じですよね。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-19 00:31
minamibosoさん>焼き栗に赤ワイン、是非試してみてください。止められなくなりますよ(笑)。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-19 00:31
vegepowerさん>是非行ってみてください。お天気続きですがもし雨が降っても雨天決行です。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-19 00:31
burtsさん>この組み合わせとっても美味しいです。電車で行ったので、大いに飲んできました(爆)
Commented by lacasamia3 at 2008-10-19 00:32
pearblossomさん>こんにちは。確かに~。何だか細長いなあと思ったけれど、実は子供の目線で見たからなんでしょうね。ちなみにユキちゃんは去年も最前列で地面に座っていました。いつか是非、フィレンツェでアパート滞在も体験してみてくださいね。
by lacasamia3 | 2008-10-13 18:28 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(16)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho