家族であるということ

家族であるということ_f0106597_2594426.jpg
今日、帰宅したユキちゃんのスモックのポケットからは、こんなものが出て来ました。
ドングリ2個、ねじとボルト(笑)。
毎日張り切って元気で学校に行っています。

さて、先日こんなことがありました。週に2回、学校の授業自体は午前中で終わってしまい、ユキちゃんはそのまま給食を食べてアフタースクールに参加しています。このアフタースクールも午後3時過ぎには終わってしまうので、結構早く帰ってきてしまうのです。先日、アフタースクールの後、お友達のL君のお母さんから「良かったらうちでオヤツしない?」と誘ってもらいました。ユキちゃんはL君&L君ママと一緒に遊びに行き、私はどうしても送らなくてはならないメールがあったので、一旦家に帰ってから後でユキちゃんを迎えに行きました。
広大な芝生のお庭が広がる邸宅に行くと、ユキちゃんとL君、弟君は3人でお庭で楽しく遊んでいました。ベビーシッターさんが3人をみていました。暫くすると書斎から、L君ママが「ごめんね~ちょっと明日の仕事の準備するから、楽にしてて~」と顔を出し、私はお茶をいただきながらシッターさんとのんびり世間話。
シッターさんはルーマニアから働きに来ているそうで、住み込みでベビーシッターをしています。私には話しやすかったのか、少しずつ自分のことを色々と話してくれました。ルーマニアのお母さんに預けている娘の話や、イタリアでマイホームを購入して娘とお母さんを呼び寄せたい夢など・・・。
国籍は関係なく、イタリアに出稼ぎに来ている移民の人に共通するのが、希望に満ち溢れていること。状況は全くばら色ではなくて、困難に満ち溢れているのに、何だか気持ちが良いくらいポジティヴなんです。話を聞きながら、こっちが元気付けられてきます。

大分暗くなってきて、そろそろ帰ろうかなあと思い、L君ママに挨拶をしようとしたら、彼女はスポーツバッグを下げてお出掛けの様子でした。「お構いできなくてゴメンネ。でもうちの子もユキちゃんが遊びに来てくれて凄く喜んでいるから、またいつでも遊びに来て」と言ってくれました。いえいえ、こちらこそ喜んで♪ で、彼女は7時からのヨガ教室へ。
シッターさんがご飯を作ってくれて、7時半にご飯を食べて、きっちりと8時半には就寝する子供達。ママとパパはその後ゆっくりと晩御飯なんだそうです。

うちは8時にご飯で、ユキちゃんが寝るのは9時半頃です。5歳の子供にしては遅いのは良く判るけれど、共働きの私たちにとっては8時前にご飯を食べ始めることはなかなか難しく、ギリギリこの時間。しかも、食事中、私とアントネッロが会話をしていると、必ずユキちゃんが間に口を挟むから、全く会話が成立たない(涙)こともしょっちゅう。でも、ユキちゃんがたまに話す学校のこと、私のメディチ話等など、毎晩ゴチャゴチャな話題ではあるけれど、家族同士でその日にあったことを、お互いに話す唯一の時間。同じものを食べながら、食卓を囲み、一日の終わりを共に過ごすって大事だなあと思ったりしました。

一緒にご飯が食べたいのに、色々な事情でそうできない家庭も沢山あるわけだけれど、いろんな意味で、家族で夕食を食べることができる幸せを噛み締めた晩でした。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by jcofrance at 2008-09-30 04:56
こんばんは♪
夕食の取り方も家庭によってそれぞれですね。
我が家も三人揃って食べています。よっぽど娘が疲れているな、と思う時は主人を待たずに先に食べさせて寝かせますが、やっぱり学校での出来ごとを その日その日でパパに報告したいことってあるみたいですね。
家庭によっては 疲れているご主人を煩わせないよう、帰宅前に子供たちのお風呂・食事・宿題を済ませて寝かせて お母さんはご主人と二人で夕食、というケ-スもあるんですって。な~んて私の義理の両親の話なんですけど! 私はそれはできない、なるべくしたくない、と思いました。いけない嫁、かも!!
Commented by pino-ombra at 2008-09-30 09:34
我が家が揃って晩御飯を食べるには、夫よりはるかに残業している私が
早く帰宅するかどうかがネックなので、ドキっとしました(笑)。
確かに揃って食事を囲んでいると、何てことないメニューでも
美味しく感じるんですよねー。子供が口を挟んできて会話が成り立たない
処も、まったく同じです(苦笑)。
Commented by ワラビーママ at 2008-09-30 10:55 x
我が家でも家族揃っての食事を心がけています。
まだ1歳になりたての息子もパパをみて、「食べれるんだよ」と言わんばかりの笑顔を送りながら食事をしています。
最近はパパの仕事も少し忙しくなり夜は別になりがちですがそれでも我が家はまだ恵まれている方で、他のお家ではパパは9時以降の帰宅があたりまえ、週末しか起きている子供に会えないといったのが現状です。

子供を産んで改めて日本の社会での家族のコミュニケーションのあり方に疑問を感じています。女性の社会進出、産後の復帰等まだまだ難しいけど今や国民にその意識が芽生え始めています。
一方男性の子育て参加や育休は諸外国に比べれば底辺。経済も低迷して深夜まで残業しても対価もなし、家族の関係もギクシャク、ならばいっそ家庭に属する時間の見直しを社会全体にしてもらいたいです。

って熱く語ってしまってすいません。
周りには育児の協力が得られないと嘆くママが多くて。

ゆきちゃんはいつもやさしいご両親と一緒でとても幸せですね♪
Commented by greenlove at 2008-09-30 10:58 x
家族そろって夕食をとる…何でもないことですがほんとに大事なことですよね。なかなかいろんな事情でかなわないこともありますがでいるだけそういう時間は大切にしたいものです。我が家はかっては6人家族で夕食事はとても賑やかで子供たちが競い合って喋りまくり「ちょっとまって・・・順番、順番」とおしゃべりの順番取りをするぐらいでしたがいまや子供は全部出払い夕食は夫と母と私の老人家族になりました。でも昔の癖?でやはり誰かがしゃべっていますね。最も話題が高血圧・・コレステロール、痴呆症、老後をいかに暮らすか・・等々ずいぶん変わってきましたが・・(涙)
Commented by mame at 2008-09-30 12:02 x
子供時代の睡眠時間は体や脳の成長に重要ですが、家族の団欒は心の成長に重要だと思います。子にとって親は鏡。団欒を経験した子供は、大人になって楽しい家族生活を造ることが出来ると思います。

いつか子供は親元を離れるのですから、一緒にいられる時間をどうぞ大切にしてください。ちょっとホームシックなmameでした。
Commented by lacasamia3 at 2008-09-30 18:12
jcofranceさん>いいえ~、私もjcofranceさんに共感します。勿論、私も、アントネッロも夜はクタクタですが、ユキちゃんとご飯を食べることを煩わしいとは思わないし、家族で過ごす唯一の時間ですもんね。逆に一緒にご飯を食べることが出来ることに幸せを感じます。
Commented by lacasamia3 at 2008-09-30 18:14
pino-ombraさん>どの家庭もそれぞれの仕事や時間帯がありますもんね。毎日でなくても、一緒にご飯を食べることが出来る時にはその時間を大事にするっていうので良いんだと思いますよ。
Commented by lacasamia3 at 2008-09-30 18:18
ワラビーママさん>うちは完全に家事と子育ては半々です。まあ、大体、アントネッロがご飯を作り、私が掃除洗濯、そしてユキちゃんの宿題をみたり、寝る前の本読みは毎日交代です。まあここまで分けられなくても、出来ることを夫婦で分担するって大切だし、お父さんが子育てに参加しなかったら、お父さんと子供の関係だって確立しないですよね。血のつながりとか、同じ家に住んでいることだけでは家族って成り立たないんだと私も思います。
Commented by lacasamia3 at 2008-09-30 18:20
greenloveさん>うちの話題も色々です。ユキちゃんの自然科学系の質問「ブラックホールはなぜ出来るのか」とか、「リスが口の中に沢山食べ物を詰め込みすぎたら、残りはどこに入れるのか」(笑)とか。
Commented by lacasamia3 at 2008-09-30 18:22
mameさん>私もそう思うんですよね。家族揃って晩御飯を毎日食べていたアントネッロがちゃんと育っているんだから、「子供に早くご飯を食べさせて早く寝かせる」っていうことにこだわりすぎることはないかなって思います。勿論それも大切だけれど、私たちにはそれ以上に大事な時間があるんだと思います。
Commented by Tomojana at 2008-09-30 20:51 x
素敵なブログですね。
私はイタリアには行ったことがないので、いつか行ける日を夢見て、楽しく読ませていただいています。

娘もポケットや、ドイツの派手派手ランドセルの中に石やら鳥の羽やら、どんぐりもボルトも入れてたことあります(笑)。私が幼稚園児の頃、どんぐりを幼稚園バッグに入れて忘れていて、ウジが湧いていたことがあり、それ以来どんぐりをしまっておくのはちょっと恐怖・・・。ここでは気候がカラッとしているので、まずそんなことにはならないと思いますが。

お料理をしてくれる旦那様、羨ましいです~。

またお邪魔しますね。
あ、リンクフリーとのことで、リンクもさせていただきます。
Commented by 医師が教えるTOEIC920点 at 2008-09-30 20:55 x
家族が揃ってご飯を食べ、共通の話題を分かち合う家族団らんの時間
最高の贅沢ですだと思います。

今の子供は自分の頃と違い、夜遅くまで起きていますね。
Commented at 2008-09-30 21:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 森の子 at 2008-09-30 23:04 x
こんばんは。いつも楽しく読ませてもらってます。(^^)/
 家族そろっての食事。何よりの贅沢で、おいしいごちそうですね。

 これはおいしい、あそこはおいしいと食べに行くこともありますが、やはり、家族親戚が集まってわいわいと話ながら食べる食事に勝るものはないと、最近つくづく思います!!!

 どうぞ家族の素敵な時間を大切にしてくださいね。
Commented by MIKA at 2008-10-01 01:38 x
そうそうときどきこういった「移民仲間」みたいな出会いありますよね。
元気を貰うこともある。

どうしてもね、友働きだとその時間だと思うな。
でもそれぞれの家庭のルールがあっていいと思う。
一番大切なのはユキちゃんがパパとママとおしゃべりしながら楽しくご飯を食べれる環境があること。家族団らんって大切だと思う。
イタリアも南と北じゃ、だいぶ違うじゃない? 子供への距離も。
私には日本に9歳6歳、3歳の甥っ子たちがいるんだけど、みんな家族で、さらにおじいいちゃん、おばあちゃんと「みんな」でご飯を食べるのが大好き。ここローマあたりのシングルママたちは・・・・典型的なマンマを頑張っているお母さんもいるし、結構気ままに子供のことを放っておいているお母さんもいる。まだ12歳なのに随分大人びた彼女の娘を見る度ね、ちょっと心配になるんだ。
Commented by しゅうこ at 2008-10-01 03:23 x
いつも楽しく拝読してます♪
ローマの片隅でチクチク本を編んでるしゅうこです。

私も食事や会話を共有する時間ってとっても大事だと思います。
しかも家族の誰かが作ったものをみんなで食べるって、
自分や子どもたちの未来のためにすごく欠かせないと思うのです。
イタリアはお手伝いさんやベビーシッター率高いですよね。
ベビーシッターに見てもらってる子どもは、
やっぱどこかいつも我慢してたり、愛情に飢えてる感じがします。

仕事と家庭のバランス取るのって難しいですね。
Commented by africajp at 2008-10-01 10:58
chihoさん、スペインの子供達は小さい時から9時から10時にご飯食べて、寝るの10時半とか11時の子も大勢です。
スペインの夕ご飯タイムが一般的に10時だからなのだけど。
だから夜更かしや睡眠時間の問題なんて、日本で言われてるほど大したことないんだと思ってます~。
大切なのは、心の問題。家族で楽しく食べる夕食が子供を健全に育てるに違いないと私も信じてるのです。
Commented by binbi at 2008-10-01 11:42 x
はじめまして。
日本の高知県、香南市からおじゃましました。

すてきなご家族のようすが、よく分かりました。

とてもほのぼのしていて、いいですね。

私は、子どもたちは、みんな独立しているけれど、

そのころの思い出をつづっておけばよかったな、と、後悔しています。

またおじゃましますね。
Commented by binbi at 2008-10-01 11:44 x
土佐人の私の日々のドタバタ、あれこれ紹介します。
Commented by futa at 2008-10-01 13:38 x
chihoさんこんにちは。
うちはパパの帰宅が遅いこともあって、2歳児なのに、11時〜12時近くにやっと就寝ってことがざらです。
しかも我が娘は働き者なのかお昼寝もほとんどしないか、しても30分とか1時間足らずのときがしょっちゅうでして。
なんとなくそうなってることに後ろめたい気持ちを持っていたのですが、今日のこれを読んで少し前向きな気持ちになれたような気がします。
ただchihoさんのところのように、家族団らんの時間が寝る時間を押してる訳じゃないところがやっぱり心苦しいんですが。
娘は眠るより好奇心の方が勝つみたいで、寝るのを意地でも拒否してる感じがするんですよね…。やっぱり悩みの種です。
Commented by LOVE ピ・ヨンジュン at 2008-10-01 13:48 x
こんにちは~
ユキちゃんは幸せですね~

沢山の家族がいても、すれ違いって、この頃多いみたいですね。
だんらんの時間が、あるといいですよね。
旦那の書斎もありますが、気配が感じられないので、1Fリビングに
PCを置いてます・・・話が、あっても、無くても、簡単に声が、かけられます。
ルーマニアの家政婦さんの夢も、早く叶うといいですね。^^
Commented by burts at 2008-10-01 15:24 x
確かに。

みんなでご飯を食べる事の大切さってすごおく意味があることですよ。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:23
Tomojanaさん>ブログを見てくださって有難うございます。ドイツにいらっしゃるのでしょうか。近いからいつか是非イタリアにもいらしてくださいね。そうそう、ユキちゃんも変わった形の石とか葉っぱなんかをポケットに入れて帰って来ます(笑)。リンク有難うございました。私もそちらに後程お伺いしますね。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:23
医師が教えるさん>イタリアはご飯の時間が遅いので、どうしても子供は夜更かししてしまうんですよ。週末なんて何かイベントがあったら12時過ぎまで大人と一緒に起きています。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:24
鍵コメpさん>へえ~、楽しそうですね。ドングリ笛。今度作ってみようかな?イタリアでは、英語教育は幼稚園の年長さんから始まるんですよ。計算は学校ではまだ始まっていないけれど、ユキちゃんは足し算と引き算の暗算が出来るようになりました。宿題も少ないし、イタリアの一年生は伸び伸びとしています。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:24

森の子さん>家族で食卓を囲むことの大切さを今ひしひしと感じています。あっという間に子供は大きくなって家を出てしまうから、今だけなんでしょうけれどね。この時間を大切にしたいと思います。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:24
MIKAさん>うんうん、子供との距離って家庭によって随分違うよね。おじいちゃんから孫まで、家族揃って食卓を囲むことができるって最高の幸せだと思うなあ。うん、私も大人びた子供を見ると心配になります。子育てって、お金とかキャリアとか見た目のセンスの良さとか全く関係なくて、素の自分を試される真剣勝負だなあって感じます。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:25
しゅうこさん>こんにちは。ローマにいらっしゃるんですね。どんな本を作っていらっしゃるんですか?良かったら鍵コメでも結構ですので教えてください。うんうん、我が家の近くはかなり農業地帯なので(笑)そうでもないのですが、もうちょっとフィレンツェよりの場所に豪華な邸宅が並ぶ地区があって、その辺りの家庭ではベビーシッター率が高いです。共働きだと大変だって言うのも判るし、経済的に余裕があればそれもありなのかな?って思うけれど、でもご飯は家族で一緒に食べるっていうのは大切ですよね。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:25
africajpさん>うんうん、共感~。前回日本に帰ったときに、新聞でも雑誌でも「頭の良い子供を作る方法」っていうのが取り上げあられていて、何時までにご飯を食べさせて、早く寝かせて・・・なんていうマニュアルが沢山出回っていたんです。何でもマニュアル化してしまうのは日本らしいなあって思いました。でもきっとそんな時間にご飯を食べたら忙しい日本のお父さん達は、晩御飯に参加できるわけはなく、完全に子育てから排除されてしまうのでは?って心配になったりします。少々遅い晩御飯だけれど、こうやってアントネッロもちゃんと成人しているわけだから(最近、少々横に育ちすぎではありますが・笑)ご飯の時間にこだわるよりも、皆で「テレビを消して」(←これ大事)顔をつき合わせてご飯を食べることが大事なんじゃないかなあ。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:26
binbiさん>こうしてブログで毎日子育てを綴ると、色々な出来事が鮮明に思い出されてなかなか便利です。高知にいらっしゃるんですね。これからもどうぞ宜しくお願いします♪
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:26
futaさん>日本のお父さん達は忙しいものね。子供の食事の時間と合わせるのが大変ですよね。逆に、それにこだわり過ぎる必要もないわけで、結局は、たまにでも家族全員でご飯が食べられる時間を大切に過ごすっていうことが大事なんじゃないかなあって思います。そっか~なかなか寝ないのね。私たちはユキちゃんが小さな頃から寝る前に本を読んであげています。毎日、私とアントネッロと交替で。本を読むと気持ちが落ち着くみたい。きっとね、本を読んだら寝る時間なんだってもう習慣になっているのかもしれません。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:26
LOVEピ・ヨンジョンさん>私も、アントネッロが夜帰ってきてご飯の支度をし始めたら、ノートパソコンを持ってキッチンに降りて仕事をしています。そうそう、話があってもなくても、一緒に居てラジオのニュースを聞きながらたまにコメントしたり、その日にあったことをポツポツ喋ったり。
Commented by lacasamia3 at 2008-10-03 16:27
burtsさん>同じ屋根の下に住んでいても、やはり毎日話し合う時間を持たないと、家族でも相手のことが判らなくなるんじゃないかなあって思います
by lacasamia3 | 2008-09-30 04:11 | 私の独り言 | Comments(33)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho