ビーツの真っ赤なリゾット

ビーツの真っ赤なリゾット_f0106597_23331031.jpg
ビーツの真っ赤なリゾット_f0106597_2318356.jpg



↑この赤いカブのようなお野菜は、"barbabietola"(バルバビエートラ)と呼ばれる野菜です。日本では、ビート、ビーツ、砂糖大根、甜菜などと訳されているようですね。私がイタリアに来て初めて食べた野菜の一つです。
スーパーなどでは、皮を剥いて既に茹でた状態のビーツが真空パックで売られて居たりします。コレは、一口サイズに切ってオリーブオイルをかけて食べたり、サラダに混ぜたりして使うようですね。独特の甘さがあるので、苦手な人も居るのですが、私は好きな野菜の一つです。葉の部分も、サッとニンニクとオリーブオイルで炒めて食べると美味しいですよ。捨てるところが殆どないんですよ。エライっ!

ビーツの唯一の欠点は、茹でるのに時間がかかること。
アントネッロも、まずは洗ったビーツを皮ごと圧力鍋で30分ほど茹でました。その後、皮を剥いて細かく切ります。

ビーツの真っ赤なリゾット_f0106597_23185589.jpg
ビーツの真っ赤なリゾット_f0106597_23232018.jpg



これをニンニクで香り付けしたオリーブオイルで炒めます。同時にたっぷりのお湯を沸かします。お湯には、お塩をたっぷり目に加えておきます。

ビーツを炒めているフライパンにリゾット用のお米を加え、炒めながら、お玉1杯分ずつお湯を加えます。お湯はグラグラと沸いていなければいけないので、常に弱火にかけておきます。
お湯を加えては、グルッと木のおたまで混ぜ、また乾いてきたらお湯を加えて・・・の繰り返しで、最後にお米がアルデンテになったら火を止めます。

バターを大匙1杯分上に置いて、蓋をして、「美味しくなれ~」と念じます(笑)。
最後に、1回グルッと混ぜて、お好みでパセリを散らして出来上がり♪

ビーツの真っ赤なリゾット_f0106597_23252929.jpg



ね、凄い赤でしょ?
独特の甘さがユキちゃんは苦手なようで、珍しく(笑)食べるスピードが遅いのですが、「バルバビエートラには鉄分がたっぷり含まれていて、体に良いのよ~。コレを食べると髪もぐんぐん伸びて、お肌もつるつるになるのよ~」(いや、お肌に効果があるかどうかは判らないのですが、とにかくミネラル分たっぷりです)などと理屈を述べながら食べさせてみると、結局は、全て平らげました。

ユキちゃんもたまには好き嫌いがあります。でも、子供が苦手な食材も諦めずに食卓に出すこと、無理強いはいけないけれど、根気良く試すことは大事だと思います。

ビーツは茹でて、オリーブオイルと白のワインビネガーでちょっと味付けしただけでも十分美味しいですよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ぽっきー at 2008-08-29 02:16 x
初めまして。
イタリアにはいったことがないので、
いつかちほさんをおたずねして、
フェレンツェのホームステイかアパートを利用させていただけたらなぁ~と夢見つつ、
毎日(日課)楽しみにブログ拝見させていただいております。

ビーツはポリフェノールがいっぱい含まれてると思いますから、
本当にお肌に良いと思います。
綺麗に日焼けもしてらっしゃるし、おしゃまな『ゆきちゃん』に是非お勧めください♪
うちにはむさくるしい?高校3年生男子がいますので、
おしゃまでかわいいゆきちゃん、ほんとにうらやましい限りです。。
Commented by 昼豚 at 2008-08-29 03:50 x
ハワイでもビーツは売っているのですが,どうあって食べたらいいのか分かりませんでした。今度このレシピで挑戦してみます!
Commented by jcofrance at 2008-08-29 05:06
ユキちゃん、小さくても「女」ですもんね~!
「お肌つるつるになるよ」というくだりで ふと笑みがこぼれました。 
娘もこの夏 日本で「オクラ」に初挑戦したとき 私の母に「ニンジンと同じでオクラも食べるとお肌がツルツルになるよ」と言われて、その言葉にのせられて・・・一ヶ月ちょっとの間、何度オクラが娘のお腹に納まったことでしょう!
Commented by M.K. at 2008-08-29 16:31 x
ビーツって好きですが、茹でて皮を剥いてスライスして玉ねぎのスライスと茹で汁に酢を加えてコンスターチでとろみをつけて食べるのですが、リゾットって始めてです。日本ではビーツって食べる人が少ないからか、デパ地下でしか手に入りませんし物凄く高いんですよ。あれは昔北海道では豚の飼料だと聞いたのに。そう、栄養価も高いしもっと食べたいですね。

家でも圧力鍋かシャトル・シェフというお鍋を使って茹でます。シャトル・シェフというお鍋は二重鍋構造になっていて、中のお鍋で沸騰したのを外鍋にすっぽり入れておき、温度が下がって来れば、又中鍋をコンロに掛けて沸騰したら、外鍋に入れるという仕組みです。お豆を煮たり、硬いお肉などは簡単に軟らかくなります。

今度ビーツのリゾットを試してみたいです。
Commented by wocean at 2008-08-30 04:53 x
真っ赤なビーツリゾット美味しそう。
蓋をして、「美味しくなれ~」がミソですね。
もうちょっと寒くなったら我が家の豆夫くんにぜひ作ってもらいたい一品ですね。

ご報告ですが、リンクさせていただきました~。
Commented by mame at 2008-08-30 17:22 x
うおっと、危うく普通のお鍋で煮るところでした。じっくり煮込むお野菜だったんですね。収穫前でよかった。圧力鍋が無いので、美味しいおでん方式でじっくり煮込みたいと思います。
Commented by coquille at 2008-08-30 18:05 x
美味しそう♪ ビーツのスープもいけますよね。
我が家の相棒君は、ユキちゃんのようにお母さんが頑張って根気強く好き嫌いを直してくれなかったようで、ビーツもダメだしクルジェットもナスもトマトもソラマメも・・・と好き嫌いのオンパレードで苦労します(若干義母を怨む 笑)。ユキちゃんは食べ物を楽しめる人に育ちそうですね☆
Commented by ririmx at 2008-09-02 12:22
この野菜、メキシコではベタベルという名で出回ってます。私は結構好きですが、リゾットで見るのは初めてです。美味しそう♪
ごくたまーに彼がジューサーにかけて飲んでます。

リンクさせていただきました。これからもどうぞよろしくお願いします★
by lacasamia3 | 2008-08-28 23:57 | 密着レポートレシピ集 | Comments(8)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho