イタリアからみた「新しい日本」

イタリアからみた「新しい日本」_f0106597_1372417.jpg
毎週土曜日恒例(笑)、今朝も仕事の帰りに"La Repubblica"誌を買ってきました。土曜日は"D"という雑誌がおまけで付いて来るので、平日は新聞を買わなくても、土曜日だけは新聞を買って、1週間かけて(笑)隈なく読むようにしています。
La Repubblica delle Donne ( 女のレプッブリカ)という正式名称とは裏腹に、ファッション、インテリアだけではなく、時事、経済、国際問題など取り上げられるテーマは幅広く、アントネッロも愛読しています。
今回のDの特集は、" CHIBA, dove i giapponesi stressati tornano in contatto con la natura"(「千葉・ストレスを抱えた日本人が自然に戻る場所」)というテーマです。

"D"誌では、これまでにも何度か日本をテーマにした特集が組まれました。「宝塚歌劇団」とか、「食品会社のスキャンダル」、「ホストクラブ」など等。イタリア人の目から見ると、日本にはまだまだ不思議なことが一杯あり、ネタになりそうなテーマが沢山あるようです。こうした記事の場合、興味本位で書かれた記事になりがちですが、D誌の場合、実際に日本人にインタビューをし、それを載せていて、日本人の目から見ても結構客観的だと感じます。


イタリアからみた「新しい日本」_f0106597_1383125.jpg
今回の特集は、Andamento lento(ゆっくりとした足取り)というタイトルがつけられ、都内から千葉へと移り住み、田舎生活を始める人々を取り上げています。
有機農業を行うB農場、草木染め作家Sさん家族、サーフィンが好きで千葉の海の近くに移り住んだKさん家族など、それぞれの家族のインタビューで構成されています。

各家庭に共通するのは、もともと千葉に生まれた人たちなのではなく、東京から移り住んできたということ。「ストレスを抱えた日本人」なんていうタイトルがついてはいますが、実際の記事の内容には、そんな悲壮感は全くなく、それぞれがゆったりと流れる時間を選んで千葉に移り住んだこと、そしてそこでの生活を楽しんでいることなどが書かれています。

イタリア人にとって、日本という国は、ハイテク大国、経済大国というイメージがあるので、こうした日本人の新しい価値観は、意外なのかもしれません。日本でも、一辺倒に経済的な豊かさで幸せの度合いを測る時代はもう過ぎ去ったのかもしれませんね。人に押し付けられる幸せじゃなくて、それぞれが幸せと感じることが大事で、それは必ずしも経済的な豊かさと比例するわけではないのだということを、今の日本人も感じ始めているのではないでしょうか。そんな新しい現象を、この記事は的確にイタリア人に伝えていると思います。

イタリアのメディアを通じて、ちょっぴり日本の新しい顔を見たような気がします。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by REI at 2008-07-13 03:47 x
私も本日同じくLa Repubblicaを買って、Dを海辺で読んでいました。
千葉にはたくさんのサーファー移住組みがいるのよね。
私の友達(@サーファー)もたくさん引越しました。
私も日本にいたら、きっと東京からどこか海の近くにに移住していたと思うわ。

しかし、今日のシチリアは暑かったー(@_@;)
Commented by piccolipassi at 2008-07-13 06:31
読んだよ、今日、これ。(ってパパが読んでたんだけど)
海が好きなパパは、「ここはどう?」「あそこはどう?」って移住計画立ててました(笑)。私は東京が恋しいんだけどねぇ・・・。
Commented by yuka at 2008-07-13 08:30 x
日本でも団塊の世代の田舎への移住が多いみたいですね。
子育て世代の若者家族も庭付き一戸建てへ引っ越す人も多いですよ。
20代はやはり街や物に憧れますが、30代になると自然がとても贅沢に
思えてきますね。ネット社会になって田舎で暮らしていても好きなものが何でも手に入る事も結構大きな意識転換になっているのかもしれませんね。
団塊の世代の移住を取り上げた番組を見ていて面白いなーって思ったのが、男性はほとんど自然・田舎派なのですが、奥様は中には
絶対都市じゃないと駄目、という人も結構居て、週末だけ奥様が
田舎に通って夫婦で過ごす人も居るとの事でした。
確かに、ショッピング・お芝居・スポーツジム三昧の生活に慣れてしまうと
田舎は退屈に写るのかもしれませんね。
田舎は過疎地でなければ医療などの設備も整っていますし、自然に生み出される美しい物が沢山有ると思うのですが。(笑)
Commented by レーシック不要!視力回復法! at 2008-07-13 08:33 x
おはようございます

千葉は海岸線が長く続き、山がありアメリカの西海岸のような場所ですよ

海外メディアの辛辣な意見て切り口が違って新鮮ですよね

応援してますポニョ!
Commented by perican at 2008-07-13 09:29 x
こんにちは、chihoさん
私は千葉に住んでいます。南房総なので、海は近いです。
山というほどの高さはないけど、山も近く。
マザー牧場という牧場も近所です。
鴨川の方にはこういう移住なさった方々がたくさんおられるようですね。
千葉は、田舎ですが、私は中途半端な町中にいるので、もっと田舎に行きたいです。
イタリアで千葉を紹介してる本があるなんて、びっくりしました。
Commented by world1984 at 2008-07-13 11:09 x
素晴らしい。こちらで手に入れることは不可能ですよね?
うちの地元にも都会から移住してくるサーファーが多いです。
Commented by ponm2 at 2008-07-13 15:13
日本でもそうですが、外国の情報はその国でも一般的(自国でも同じ事)なことは報道されていないように感じます。国内でも特別な状態の事や
出来事のほうが興味をひくのでしょうね。
価値観は最近ものすごく変わって来たとおもいます。
おっしゃる通りで、経済的な豊かさや幸福を求める方はかなり少なくなっています。ネット社会になってますますそう感じます。
Commented by M.K. at 2008-07-13 21:20 x
今日本は大きく変わりつつあります。都会も田舎も再開発がどんどん進んでいて、暫く行かないと景色がすっかり変わっていることがあります。

勿論人々の意識も変わってきました。かつての日本では、企業において働く人が社内で行われている様々な不正、偽りを外部に知らせることは無かったと思います。みんな悪いことだと知りながら、誰も経営者に盾つくことは無く黙認を重ねていた。しかし最近は全部内部告発で色々な悪事が暴かれているのです。内部告発無くしては知り得ないこと。これは働く人の意識の変革です。強いていえば革命が起きているのです。一種の無血革命ですね。

膿は一日も早く出し切って、偽りが横行しない正直で清潔で親切で暖かみのあるすっきりした住み良い国にしたいものです。
今は自分以外は誰も信じられないような悲しいところがあります。

こちらは昨日に続いて暑かったです。明日も35℃になるといっています。梅雨が明けるとこれですからたまりません。

トマトだけが元気です。
Commented by at 2008-07-13 22:53 x
はじめまして。
いつも楽しく読んでおります。
日本の生活はアメリカから(特に私の住んでいる田舎)みると
本当に不思議なんですよね。
そして昨日のバジルの保存法は参考になりました。
いつもはソースを作って保存してたんですが、これでもおっけーですね。今年はこれでもやっちゃいます。
また遊びにきます〜
Commented by n_home at 2008-07-14 09:49
こんにちわ。

ちょうど最近、東京から千葉の外房の田んぼの真ん中へ引越して来たばかりだったので、思わず書き込みました。笑
東京(都会での仕事や文化)との関係を断ち切らずに、自然の中で自分の生活ができる可能性が残っている場所だと思います。気候の温暖、大らかな土地柄、太陽がのぼると人々が働いて
夜になるとカエルや虫の鳴き声以外静まり返っています。
昔からそこで暮らす農家の方と都会から移り住んでいる人が
程々の距離で共存しているような感じですが、
こちらからうちとけるととても気さくで、
開放的な人間像が見えてきます。
とわいえ、こういう場所で暮らす目的を持たずに来た人は
不便さや文化が無いと不満を漏らすようです。
色々ですね。

Commented by がっちゃん at 2008-07-14 17:11 x
おっしゃる通り、外国から見た日本を扱う場合、ネガティブなものや、表層的なものが多いのですが、きちんとした取材に基づいて書かれた記事は嬉しいですね。
少し前に、日本では毎日新聞のアメリカ版記者が、4年に渡り、とんでもないことを書き続けていた(日本は小児性愛の国だ。とか、ここで書くのもおぞましい内容)と言うことで、解雇されたというニュースがあったんですが、その記者も記者なら、編集長も何をしていたのかと思いました。
その意味で、イタリアの新聞がきちんと書いてくれたというのはとても喜ばしいことだと思いました。
Commented by greenlove at 2008-07-14 17:14 x
退職後都会を離れて田舎に住む人が最近増えていますね。自然の素晴らしさに惹かれて・・という理由が多いですが、いざ住んでみるとやはり不便でまず奥様が音をあげるパターンを良く聞きます。男性は退職後そこからのスタートという感じですが女性は何十年と済めばその場所で友達もでき、お稽古ごとも結構本格的になってきているのでそれを全部犠牲にするのは耐え難い・・どちらの気持ちもわかりますね。いろいろ考えると私のように最初から田舎に住んでるのはいいことかもしれません。でも夫は何十年と通勤に長時間を費やしてしんどい思いをしたわけですね・・なかなか難しい・・・
Commented by MIKA at 2008-07-15 19:48 x
私も新聞のおまけの雑誌のファンで、金曜日と土曜日だけ!新聞買います(笑)
この記事、私も読みました(南ではREIさんも読んでいたみたいで(笑)

一度自分のペースに戻って、スローな生活をあえて選ぶ人たちが最近増えているようですね。
北海道も本州からそうやって移住してくる人が多いです。

最近ね、食品問題のこととか日本はすごい騒がれているでしょ?
うちの両親は昔から趣味で畑を作っているんですが、今は時分たちの食費の節約とさらに可愛い孫たちに、害のないものを食べさせたいという思いから。
そう、体にいいからじゃなくって、「害のないもの。」を食べさせたいという視点がね、きっと今までとはちがうんだろうな。

イタリアってまだまだこういうところがスローですよね。
忙しすぎた日本人が帰っていこうとしているのは、イタリアのこういったスローな生活なのかも。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:11
Reiちゃん>ははは、私はトスカーナの山の中で、Reiちゃんはトラーパニの海辺で同じ雑誌を読んでいたのね(笑)。最近ね、何だか東京に余り懐かしさを感じなくなってきたの。きっと余りに変化が激しいからかもしれないけれど、それ程思い入れがなくなったかな。今度日本に行くときは、東京じゃなくて、どこか田舎に行きたいなあって思うのでした。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:11
piccolipassiさん>そっか~、piccolipassiさんは東京が恋しいのね。人によるんだろうなあ。私は、日本の家族や親戚には会いたいけれど、ここ数年で、すごく懐かしい気持ちっていうのが薄くなってきたような気がするんですよね。日本に行くって何だか自分が良く知っている旅行先に行くような気分かな。逆に、今まで自分が知らなかった日本の良さを発見しに行きたいっていう好奇心の方が強いです。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:11
yukaさん>う~ん、そうですね、フィレンツェでも同じです。ご主人は田舎暮らしをしたいけれど奥さんは町が好きとか、その逆とか。同じ夫婦でもなかなかこういう好みが合うのって難しいのかもしれませんね。私はネットさえあれば、1ヶ月でも山に篭っていられるんですが(笑)
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:12
レーシック不要さん>海外のメディアが伝える日本ってまだまだ表面的なものが多いけれど、少しずつこうして一歩踏み込んだ視点で書かれた記事も増えてきています。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:12
pericanさん>ふふふ、雑誌の表紙に、CHIBAって大きく書いてありましたよ。山と海が近くて理想的ですね。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:12
world1984さん>きっかけはサーフィンだったりガーデニングだったりなんでしょうが、こうして田舎の生活の魅力を感じて自分の生きていく場所を自分で決める自由って良いですよね。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:13
ponm2さん>うん、マスコミってスポンサーがあって成立つ媒体でしょ。だから多少なりともかかれる記事やテーマはスポンサーにとって利益になるものになってしまうのだと思うんです。それに比べてネットの上では、良くも悪くも何を書くかは完全に自由だから、ある意味、経済界にコントロールされない価値観みたいなものがネットを通じて広がっていくのかも知れませんね。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:13
M.K.さん>ははは、イタリアでも少しは内部告発の革命が起こって欲しいものです。現役の首相が刑事裁判を抱えているんですもんね(苦笑)
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:14
和さん>こんにちは。私も今までソースを作って保存していたんですが、今ではこの冷凍ペースト方法を実践しています。これからもまた遊びに来てくださいね♪
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:14
n_homeさん>こんにちは。タイムリーな書き込み有難うございます(笑)コメントを拝見して、何だかとっても千葉の今の情景が思い浮かぶようです。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:14
がっちゃんさん>新聞ってすごい影響力があるから、やはり客観性がないといけないんだと思うんですよね。客観性を求めるにはやはりきちんと自分で取材をする必要がありますよね。記事の大部分を実際の人からのインタビューで構成する「D」の伝え方は現実にとても近くて、的確だなあって思います。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:14
greenloveさん>ふ~ん、そうなんですね。イタリアはどうかな?フィレンツェでも、旦那さんは田舎暮らしをしたいけれど奥様が都会派で、フィレンツェを離れたくないから、町に住んでいるっていうパターンをよく目にします。
Commented by lacasamia3 at 2008-07-15 21:15
MIKAさん>MIKAさんも読んでたんですね~。私、この記事のことをここ数日考えながら、日本人が本当にスローになるためには、雑誌やテレビから自分の価値観を断ち切らなくてはいけないのではって思ったりします。イタリア人って消費や生活スタイルが雑誌やテレビに先導されることがないでしょ。自分の頭で判断するようになって初めて本当にスローな生活になるのでは?って蚊帳の外に居ながら思ったりするのです。
by lacasamia3 | 2008-07-13 02:14 | シンプルエコライフ | Comments(26)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho