コジモ1世の悲しみと栄光

コジモ1世の悲しみと栄光_f0106597_18552773.jpg
この記事は、より見やすく編集しなおしてメインサイト、
フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアの中で
フィレンツ小話 コジモ1世の悲しみと栄光の永久保存版として掲載しています。

他の「フィレンツェ小話」の記事も時代順に見やすく編集して、こちらに掲載していますので、宜しかったらご覧下さい。














人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ねむりぐま at 2008-05-29 06:09 x
コジモ一世の経緯がこういうことだったとは全然知りませんでした。シニョーリア広場の彫像も、力強いなぁ~と眺めていましたが、レリーフは記憶がありません。。 次回はしっかり見てみたいと思います。勉強になりました。ありがとうございます!
コジモ一世の私生活は本当にお気の毒ですね。。
Commented by matt-frafra at 2008-05-31 11:14 x
歴史モノはコメント少ないですネエ。
結局、コジモ1世、フランチェスコ1世、フェルディナンド1世がフィレンツェ最後の華となり、ルネサンスは終わった。フランチェスコの娘、マリーがフランス王家に嫁ぎ、その後はイギリス(エリザベス1世)、フランスの世界になってくるのだなあ。
8日にはフィレンツェにおりますが、今回はツアーのため、たいしたことはできそうもない。美味しいものでも食べに行こう。
Commented by lacasamia3 at 2008-06-02 02:53
ねむりぐまさん>コジモ一世の生涯って意外と余り知られていないんですよね。子沢山だったのに、本当に家族に恵まれなかったんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2008-06-02 02:56

matt-frafraさん>ツアーでいらっしゃるんですね。楽しいご滞在となりますように・・・。かなり美術に詳しくていらっしゃるからガイドさんもドキドキかも(笑)。楽しんできてくださいね。
Commented by matt-frafra at 2008-06-03 12:57 x
ウフィッチは入るときは一緒、出口での集合時間を確認して、自由行動しようかな と思っています。好きな作品の解説はまずしてくれないので・・・
ウフィッチのBARが結構好きなので、カプチーノでも飲みながらドォーモとヴェッキオ宮殿の写真でも撮っていようかな とも考えています。
あそこのBARからの角度はなかなかいいので。
by lacasamia3 | 2008-05-27 21:53 | フィレンツェ小話 | Comments(5)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho