英雄か?暴君か?~コジモI世

英雄か?暴君か?~コジモI世_f0106597_229596.jpg
この記事は、より見やすく編集しなおしてメインサイト、
フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアの中で
フィレンツェ小話 暴君か?英雄か?の永久保存版として掲載しています。

他の「フィレンツェ小話」の記事も時代順に見やすく編集して、こちらに掲載していますので、

宜しかったらご覧下さい。
人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by nao at 2008-04-28 12:35 x
とても興味深く、読ませていただきました~♪
こういう物語のような歴史のおはなしは、大好きです!
読んだそばから、オットに「コジモがね・・!」と言って聞かせるのですが、夫は興味なさそうです・・・・・残念!
面白いのにねェー v(^^*)
Commented by chiho at 2008-04-28 18:40 x
naoさん>歴史上の人物も結局は普通の人なんですよね。良く観察してみると、結構人間臭いことをしていたりして。
Commented by komapuku at 2008-04-30 00:56
長いイタリアの歴史。小説にしても面白くて、図書館で借りては一気読みするのですが...カタカナが多いためか、すぐ忘れてしまいます。
でもchihoさんの"フィレンツェ小話"ペースだとなぜかするりと入ってきたりして。田舎暮らしのお話ももちろん楽しみにしていますが、最近は小話のアップが待ち遠しかったりします。
そうそう、絵画も。ついつい有名どころのみチェックしてスタンプラリーのように過ぎてしまう美術館ですが、こういう(私にとっての)マイナー作品もすばらしいのですね。あぁ、またフィレンツェに行きたくなってしまう!!
Commented by matt-frafra at 2008-04-30 19:50 x
フィレンツェ ルネサンスの終焉
ある意味で、トスカーナ公国になってしまい、もはやフィレンツェの独自の文化が、このあとなくなってくる時期ですねえ。
最後の巨人ミケランジェロもなくなり、ヴァザーリでは。しかし、今のフィレンツェの街並みはこのころのものがベースになっていると思うと。
Commented by lacasamia3 at 2008-05-04 17:06
komapukuさん>読んでくださって有難うございます。面白いエピソードだけかいつんまんで書いているだけなのですが、フィレンツェの絵画や建物を見ながらゆっくり楽しんでいただけたらよいなあって思っています。私も書いていて新たな発見があったりして面白いです。
Commented by lacasamia3 at 2008-05-04 17:09
matt-frafraさん>フィレンツェルネサンスはここで終わってしまうのですが、この後もなかなか面白いフィレンツェ文化が栄えるんですよ。特に、コジモ1世や息子のフェルディナンド1世の芸術に対する貢献は大きなものだったんですよ。今、フィレンツェに残っている初期、中期ルネサンスの傑作が保存されたのも一部彼らのお陰なんです。
by lacasamia3 | 2008-04-28 03:35 | フィレンツェ小話 | Comments(6)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho