姑VS嫁婿 キッチン対決

姑VS嫁婿 キッチン対決_f0106597_605829.jpg
料理話が続いてスミマセンっ!何せ、今、我が家には2人料理人が居るので、毎日、かなり気合の入ったイタリアンと和食が交互に出てきます。(私は・・・・皿洗い係です・笑)
今日は、日本人のお友達Mちゃんが3歳になるAちゃんを連れて遊びに来てくれました。お昼にに久しぶりの和食をということで、母が美味しい「和のごはん」を作ってくれました。
お稲荷さん(アントネッロの大好物)、ジャガイモの煮物、手作り伊達巻、ほうれん草の胡麻和え、ミニ春巻き、レンコンとサツマイモの天ぷら、小豆入り寒天。


姑VS嫁婿 キッチン対決_f0106597_613067.jpg
そして「ぶり雑煮」。私は横浜生まれの東京育ちですが、父も母も九州出身なので、お雑煮は、焼き飛魚と椎茸でとった出汁のおつゆにお餅と塩ブリを入れ、ゆずの皮を添えたお雑煮なのです。「かつお菜」と呼ばれる葉もの野菜も入るのですが、rapaと呼ばれる菜っ葉を茹でて代用しました。このお雑煮を食べると、昔、家族で過ごした日本のお正月の光景を思い出します。

これらの品数を全て手作りで、ユキちゃんをあやしながら、朝のうちにあっという間に作ってしまう母はやっぱりスーパーウーマンです。日本のマンマ(ばあば?)もイタリアマンマに負けていません。すごいです。

毎回、母が我が家に来ると、アントネッロもキッチンで母のお料理を興味深そうに観察しています。そして必ず、手を出したくなって、手伝い始めます。母が「アントネッロ、これ切ってくださる?」日本語でアントネッロに言うと、アントネッロは不思議と、包丁を取り出して、トントンと野菜を切り始めるのです。アントネッロは日本語が全くわからないのに、お料理のこととなると、母は日本語を話し、アントネッロはイタリア語で答えるのですが、意思疎通が出来ているようです。
昔は気を遣って必ず私が間に通訳として入っていたのですが、今では、この二人の不思議な意思疎通が日常の光景となりました(笑)。どちらも「美味しい物が好き」で「食べ物」という共通の興味があるから理解し合えるのかもしれませんね。

さて、明日の献立は何かな?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by komorebi at 2007-12-28 07:21 x
さすがchihoさんマンマさん、お見事ですね!
伊達巻やお雑煮の美味しいそうなこと、スバラシイ!!
何より写真から立ち上る湯気にお母様の優しいお気持ちがこめられてるようで、心がふんわりしましたw。
本番のお正月料理は…興味津々!!!
Commented by lotusmama at 2007-12-28 07:52
まあまあ、沢山のお料理人に囲まれて羨ましい限りです^^ イタリアで母の和の味を楽しめるなんて素晴らしい! 家には誰も料理人がいないので派遣していただきたいくらい(汗)。 
それにしてもメークアップしているユキちゃん、もうミスユニバースの感覚ですね(笑)。やっぱり女の子ですね、かんわいい!
Commented by まるりん at 2007-12-28 08:01 x
Chihoちゃん、今日は本当にご馳走になりました。
全て美味しかった!!
特にあの伊達巻、とろけちゃいました(*^o^*)
後でレシピよろしくー。
また、お母様に会えるのを楽しみにしています。
Commented by je-couleur at 2007-12-28 09:03
お母様とご主人様の関係が国と言葉を超え、お互いが相手を理解できる素敵なご関係ですね!心が和みます~~(*^^*)
和食も美味しいけれど、私、イタリアンが大好きなんです!
我が家の基本はオリーブオイルとガーリックです。この2つは欠かしたことは無いんですよ(笑)あ、、、でも、イタリアン=オリーブオイル&ガーリックと言う概念は間違ってますか~!?!?
Commented by M.K. at 2007-12-28 09:11 x
お母様のお嬢さんやそのご家族を思い遣られるお気持ちが溢れていてついウルウルです。勿論父親もですが、母親ってM.K.も幾つになっても懐かしく、残してくれた色々な教えを思い出しています。困難に出会ったときは、母ならこんな時どんなふうに解決したかしら、とか、巧みに切り抜けていった彼女のことを思いだして参考にしています。家の料理も全て母譲りですし、他には余り進歩がないです。
この親にしてこの子あり、というように、Chihoさまもきっと素晴らしいママからグランド・マザーになられますよ。その時のユキちゃんがみたいけど、お宅のお母様より年上ですから、無理でしょうねー。
御主人がお稲荷さんが好きっておもしろーいですね。沢庵や納豆はダメでしょ。先日のブログではお箸の扱い方が様になっていました。最近は日本人でも綺麗にお箸を使う方が減っていますよ。持ち方が変なんですよ。指摘するとキレちゃってすっごーくおこられるの。なんにも言えないわ。アントネッロさんの方がご立派!良い男性に巡り会えて良かったですね。日本の男性ならこうはいかないわね、きっと。
Commented by がっちゃん at 2007-12-28 13:05 x
お雑煮(?)でいいんですよね。
とにかくお雑煮って地方のカラーが出て楽しいですね。
うちは、関西なので、白味噌の丸餅なのですけれど、父方の母の家系が四国の人で、なんと、白味噌に餡餅をいれるんですよ。
うちでは父以外食べませんが、父曰く、白味噌にあんこの甘みが加わるとなんともいえない味なんだそうです。
味覚って記憶の一つですからね、小さな頃に刷り込まれた味って一生残るのかもしれません。
その意味で、chihoさんのところのようにインターナショナルな食事をしているって言うのはより味覚広がって素晴らしいと思います。
Commented by ふゆさくら at 2007-12-28 13:23 x
chihoさんのブログで日本のお料理が写るとなんだか新鮮ですね♪
それにしてもお母様、すばらしい~!
これほどのお料理を全部手際よくぱぱっと作ってしまわれるなんて!
さてさて、読んでいて、アントネッロさんとお母様が肩を並べてお料理している場面を想像し、なんだかあたたかい気持ちになりました。
そのうちお二人の手によって日伊合作のオリジナル料理も生み出されたりして~なんて想像してしまいました(笑)
Commented by M.K. at 2007-12-28 18:12 x
いやー、日伊合作のお料理って素晴らしい! 是非実現して戴かなくては。
Commented by coquille at 2007-12-28 18:13 x
私の母も昔は手作り派でした~。今は年取っちゃって疲れるのか買ってきたもので済ませることが多いですが。
それにしても、これだけの和食をイタリアで食べれるなんて!作れるなんて!!さすがですね~。
「材料無いから出来ない」と言い訳している自分が恥ずかしい・・・
Commented by Summer at 2007-12-28 20:50 x
ああぁ・・・和食って素敵です!!海外が長いとやっぱり「和」にはものすごくひかれます!素朴な日本食をちょっとずつ食べる「美」、バラエティーと目で楽しめる和食ってホント大好きです。ほっとします。健康によくバランス取れた食事って体も喜ぶのがわかりますよね。

こんなにたくさんの数の和食を朝手早く準備できるだなんて尊敬です!私がイタリアにいたら是非教えてきただきたいです・・・・。

言葉なんて意外と以心伝心とBodyLanguageで伝わったりするもんですよね。イタリア語と日本語が両方できるChihoさんはお二人の会話を聞いてて面白かったりしますか?きっとお二人とも「Cook」として次に何がくるのかわかってらっしゃるんでしょうね。すごい!
Commented by Summer at 2007-12-28 21:01 x
あ、ちなみにキウイ(NZ人)にも稲荷寿司は結構好評です。なんだか甘さが手伝って食べやすいみたいです。あとよくわからない見かけがミステリアスなのかみんな「これは何でできてるの?」とよく聞かれます。味が懐かしくて海外でてからまた私も食べ始めるようになりました。アントネッロも甘いところが気に入っていらっしゃるんでしょうか?
Commented by chiho at 2007-12-29 18:30 x
komorebiさん>久しぶりに食べたお雑煮は懐かしくてとっても美味しかったです。今度は元旦に向けて、もう御節の仕込をしています。楽しみ♪
Commented by chiho at 2007-12-31 03:18 x
lotusmamaさん>今、母は、元旦に向けておせち料理を作っています。今年のお正月は日本に行かないけれど、母が来てくれたお陰で、たっぷり日本気分を味わっています。
Commented by chiho at 2007-12-31 03:20 x
まるりんさん>遊びに来てくれて有難うね~。ユキちゃんは「今日もAちゃん、遊びに来てくれる?」と毎日言っています。楽しかった!来年、また会いましょうね。
Commented by chiho at 2007-12-31 03:22 x
je-couleurさん>我が家でもニンニクとオリーブオイルは必須です。日本で言うお醤油みたいなものかなあ。コレがなきゃお料理できないみたいな。アントネッロの場合、ニンニクのない生活=味気のない生活なんですって(笑)。
Commented by chiho at 2007-12-31 03:27 x
M.Kさん>うんうん、食べ物の好みや、料理のレシピって私も日本の母譲りです。お稲荷さんが好きって意外ですよね。私も、最近お稲荷さんの美味しさを発見しました。いやいや~、日本にも素敵な男性は沢山いると思いますよ。残念ながら私はご縁がなかったのですが・・・。
Commented by chiho at 2007-12-31 03:29 x
がっちゃんさん>うんうん、白味噌に餡餅、美味しそうな感じがします。いつか食べてみたいなあ・・・。味覚の記憶ってありますよね。判る~。
Commented by chiho at 2007-12-31 03:31 x
ふゆさくらさん>この二人、最近夕飯前になると、二人でキッチンで楽しそうにお料理をしています。もう10年以上、こういう光景が続いているので、私も気を遣うことがなくとても楽です。
Commented by chiho at 2007-12-31 03:32 x
M.K.さん>ははは、イタリア料理と和食、どうミックスされるんでしょうねえ(笑)。面白そうです。
Commented by chiho at 2007-12-31 03:34 x
coquilleさん>今、母は元旦のお正月料理の仕込をしています。日本のマンマも凄いなあと、自分の母親ながら感心しています。御節をお楽しみに♪
Commented by chiho at 2007-12-31 03:37 x
Summerさん>わはは、NZ人ってキウイって呼ぶんですか?面白いです。アントネッロは、お稲荷さんの酢飯と甘しょっぱい皮のハーモニーが"ecezionale"(格別)だそうです。
by lacasamia3 | 2007-12-28 06:24 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(21)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho