焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り

焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_333554.jpg
さて、栗のお菓子を満喫したらちょっと落ち着いて(笑)、村祭りを散策することにしました。ユキちゃんは、村の広場で行われていたマジックショーに夢中。あまりの人だかりに、ユキちゃんだけ最前列に行かせて私たちは後ろで見ていました。ちょっと懐かしいマジックショーなのですが、ユキちゃんにとってはすごい魔法!約1時間半のショーをじっくり楽しんでいました。
その間、私とアントネッロは、勿論!焼き栗&赤ワイン(←食べてばっかり)。
焼き栗を売っているスタンドでは必ず赤ワインも売られています。写真は"cagnina"(カニーナ)と呼ばれる甘いワイン。甘口が苦手なアントネッロは普通のワインにしていましたが、私は焼き栗に合うと思いました。プラスチックのコップに1杯で50セント。


焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_3414696.jpg
焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_3422490.jpg



焼き栗は1袋2.5ユーロ。1袋には400g程の栗が入っていて、2人で食べても食べきれない程でした。ワインをグビッ→栗ボリボリ→ワインをグビッの繰り返し(笑)。今日は車じゃないもんね♪と私もアントネッロもワイン2杯以上は飲んだかな?


焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_355913.jpg
焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_402213.jpg



ふと焼き栗を焼いているおじさんの横にこんな機械がありました。
表はこんな感じで、裏には丸い窪みがついたすのこのようなものがついています。こういう機械モノが好きな私がジッと覗いていると、おじさんが「写真撮るかい?」とわざわざ動かしてくれました。この機械で何の作業をするかというと・・・


焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_45272.jpg
焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_453522.jpg



自動的に窪みに栗が1個ずつ入るようになっていて、まずブラシが栗の位置を整えます。そして正面の網の中にある、カッターの歯が栗に切れ目を入れていく仕組みなんです。こうして切れ目を入れた栗を焼くわけです。


焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_49976.jpg
焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_4102459.jpg



切れ目を入れた栗は、火にかけた筒に入れます。おじさんがグルグルと回しながら焼くと、美味しい焼き栗が出来上がるというわけです。お揃いのチェックのシャツがお洒落なおじいちゃん達がエイサッと木の箱に栗を入れます。


焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_4161095.jpg
焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_4172471.jpg



木の箱に入れたら、栗が冷めないようにサッと蓋を閉めます。余りの手際のよさに、私もアントネッロも、ワインを飲みながらこの作業をずーっと見ていました。
写真右は、村の青年団。若者も負けずに焼き栗を作っていました。このお祭りで、一帯どの位の栗が消費されるんだろう・・・・。何処もかしこも焼き栗&ワインの屋台です。


焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_420398.jpg
焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_4211423.jpg



村のお年寄りによる民謡コーラスもありました。カラオケあり、民謡コーラスありで、このお祭りのちょっと田舎っぽい所が好きです。村のお年寄りがとってもお元気なのが印象的でした。空気が良いからかな?


焼き栗と赤ワイン~マッラーディの栗祭り_f0106597_4251730.jpg
いやいや~、栗を堪能しました!コレだけ食べたのに、家で食べる用に栗を2キロほど買いました。

マッラーディ村の栗祭り 毎年10月毎週日曜日
フィレンツェの中央駅からは、本数は少ないものの、列車で行くことが出来ます。最寄り駅は、Marradi sul Senio。列車によっては、Borgo S. Lorenzoで乗り換えですが、接続は良いですよ。駅から村の中心部までは徒歩10分程です。

10月にフィレンツェにいらしたら是非、栗祭りにもいらしてみてください。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by amy at 2007-10-30 04:59 x
焼き栗おじさんたちのユニフォーム、可愛いですね。
若者が来たら「あめりかん・まっちょな労働者」な感じになっちゃいそうだけど…
おじちゃんたち、可愛すぎます。
今日スーパーで栗探してたんですけど置いてあったのはフランス産…
国産は近くの市場で探すしかないですね。
あぁ、でも今週は仕事でいけない。
悔しい。
Commented at 2007-10-30 08:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-10-30 16:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Jasmine at 2007-10-30 19:09 x
はじめてお邪魔させて頂きます。大好きなフィレンツェの話題満載で、あんまり素敵なページばかりなので、早速遡って読ませて頂きました。以前11月にフィレンツェに行った時に買った「Gilli」のマロングラッセが忘れられません。その後、ぶどう収穫時期(以前ワインの仕事をしていたもので。。。)に行った時も、思わず時期でもないのに買ってしまったほどおいしかったです♪これからも遊びに伺いますね♪
Commented by sicilia_trapani at 2007-10-30 21:58
ちゃお、チホチャン。一緒に焼き栗をしたのは、2004年の冬よっ!時が経つのは早いよね~。さっき写真を見たら、ユキチャンがチョ~ちっちゃかった(笑)来年はこの時期に行こうかしら、フィレンツェ。栗のお菓子を食べにね(笑)甘いワイン好きの私としては、Cagninaも味わってみたいわ。どんな味なんだろ??
Commented by ローズ at 2007-10-31 11:08 x
焼き栗が美味しい季節になってきましたね。でも、焼き栗に赤ワインの組み合わせ、考えたことがありませんでした!ちょっと意外です~。今度試してみようっと。
Commented by 日伊文化交流協会 at 2007-10-31 15:49 x
焼き栗の話題、楽しく拝見しました。日本だと、最近「笑い栗」などの名称で、ドライブインなどで売られていますが、(天津甘栗とは違う、いわゆる普通の栗の大きさ)すごく高くて、100g500円ぐらい、つまり、5個ぐらいしか入ってないんですよ。おなかいっぱい食べてみたいです!!!
Commented by chiho at 2007-10-31 19:19 x
amyさん>おじいちゃん、おばあちゃんがとっても元気な村でした。きっとこの山間の小さな村も高齢化が進んでいるんだろうけれど、何だか皆凄くエネルギッシュでハッピーなんです。村をあげて、遠くからわざわざ来てくれる来場者を温かく迎えるという感じのお祭りでした。
Commented by lacasamia3 at 2007-10-31 19:27
鍵コメmさん>おめでとうございます~!こうしてブログを通じてお知り合いになったのも何かの縁。これからも末永く宜しくお願いします。
Commented by lacasamia3 at 2007-10-31 19:29
鍵コメaさん>ブログを見てくださって有難うございます。いつかイタリア旅行が実現するまで、このブログでトスカーナの空気を味わっていただければ光栄です。これからもどうぞ宜しくお願いします。
Commented by chiho at 2007-10-31 19:33 x
Jasmineさん>初めまして。こんにちは。ブログを見てくださって有難うございました。Gilliのマロングラッセはまだ食べたことがないのですが、今度是非食べてみますね。トルナブオーニ通りにあるProcacciのマロングラッセもとっても美味しいですよ。是非今度トライしてみてください♪これからもどうぞ宜しくお願いします。
Commented by chiho at 2007-10-31 19:34 x
Reiちゃん>そっか~。2年前だったんだね。早いもんだ。Cagninaは甘いけれどしつこくなくってさっぱりしていましたよ。美味しかった♪来年は是非、マッラーディの栗祭りに行きましょう!
Commented by chiho at 2007-10-31 19:35 x
ローズさん>赤ワインと焼き栗、あいますよ~。是非お試し下さい。
Commented by chiho at 2007-10-31 19:37 x
日伊文化交流協会さん>こんにちは。イタリアでも街の中だと結構高いのですが、ここは凄く安かったです。思う存分美味しい焼き栗を堪能しつくしました。
Commented by luna-e-sole at 2007-11-01 19:37
Chihoさん、こんにちは。栗のレポートとても楽しかったです。あの、切れ目を入れる機械、すごいですね。友人がイタリア栗の仕事をしているのですが、ここまで知っているかは疑問だなぁ。。。もっとこういったイタリアの栗文化(?)までも伝えて欲しいって思っているのですけどね~。
私もいってみたいなぁ~
Commented by chiho at 2007-11-02 00:31 x
ルナ・エ・ソーレさん>こんにちは。イタリアの田舎のお祭りって素朴で面白いですよね。お祭りのテーマは大体食べ物か宗教行事っていうのがイタリアらしいなあと思います。この栗祭り、是非お薦めですよ。
Commented by 京丹波 at 2008-06-30 10:04 x
lacasamia3 さん、こんにちは。
日本で焼栗を販売している京丹波と申します。
フィレンツェでご覧になった栗をカットをする機械と焼栗機を製造販売している会社名、知っていたら教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。
Commented by chiccorina at 2008-10-03 10:39 x
はじめまして♪いつもブログ楽しく拝見させて頂いてます。
すごく前の記事のコメントをつけて申し訳ないのですが、チホさんのブログを見て栗祭りに行ってみようと思うのですがイタリア国鉄のサイトで調べてもMarradi-Palazzuolo Sul Senioという駅しかなくてこの駅が繰り祭りの最寄駅なんでしょうか?教えて頂けませんか?
by lacasamia3 | 2007-10-30 04:31 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(18)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho