サボテンとイチヂクの話

サボテンとイチヂクの話_f0106597_22321489.jpg
気が付くとl食べ物話ばかりのプーリアレポートです。私の場合、何処に行ってもやっぱり興味の対象は食べ物(笑)。
さて、義父さんの畑の脇には、←こんなものが生えていました。そうです、サボテン。イタリア語では"fichi d' India"(フィーキ・ディンディア)と呼ばれています。直訳すると「インドのイチヂク」。果たして、サボテンがインドからイタリアに持ち込まれたものなのかは判らないのですが、南イタリアでは良く見かける植物です。


サボテンとイチヂクの話_f0106597_23125267.jpg
サボテンとイチヂクの話_f0106597_23134749.jpg



何でも食べるイタリア人、なんと、サボテンの実も食べてしまいます(笑)。サボテンの実は、雨が降った後や、湿気を含んだアフリカからの熱風「シロッコ」が吹いている時に収穫すると良いと言われています。これは、サボテンの周りについている、見えない程の極細のトゲが湿気によって折れ曲がり、刺されにくくなるからなんですって。ともかく、刺されないように、義父さんは棒の先に空き缶をつけたもので用心深く摘み取ります。
摘み取ったサボテンの実はこうして、トゲが風に飛ばされないように水に漬けます。


サボテンとイチヂクの話_f0106597_23331615.jpg
サボテンとイチヂクの話_f0106597_23421036.jpg



木陰の下での作業だったので、見難い写真でスミマセン。
見えない程のトゲですが、刺されるいつまでもチクチク感が残る厄介者です。サボテンの実を触らずにナイフとフォークで上手に剥く方法がコレです。
まず、左右を切り落とします。
横にして、脇に切り目を入れます。


サボテンとイチヂクの話_f0106597_23491422.jpg
サボテンとイチヂクの話_f0106597_23512124.jpg



フォークで押さえつけながら、グルリと周りの皮を剥きます。
こうしてサボテンの実が剥けました。黄色と赤色の実があり、とてもカラフルです。


サボテンとイチヂクの話_f0106597_0171878.jpg
サボテンとイチヂクの話_f0106597_0202395.jpg



味は、甘くて美味しいです。口に入れると、口の中が種で一杯になりますが、これは無理やり飲み込みます(笑)。食べすぎるとお腹が痛くなるので、食べた後は、水を沢山飲むようにと言われました。冬のフィレンツェで、思い出して無性に食べたくなるのが、このサボテンの実です。


サボテンとイチヂクの話_f0106597_027163.jpg
サボテンとイチヂクの話_f0106597_0291964.jpg



こちらは普通のイチヂク、イタリア語で"fichi"(フィーキ)と呼びます。義父さんの畑には沢山のイチヂクの木があり、最初は一家族でこんなに沢山食べられるのかと思っていましたが、実は、半分に割ったイチヂクにアーモンドをはさんで乾燥させ、冬場におやつとして食べるんです。今年は、義父さんに畑で木になっているイチヂクを早く熟させる秘訣を教えてもらいました。小さなコップにオリーブオイルと唐辛子を入れて、それを木になっているイチヂクの実のおしりの部分に指で塗るんです。こうすると、塗ってから約1週間で熟します。
何故なのかは、義父さんも判らないそうですが、義父さんがお爺さんから教えてもらった秘訣だそうですよ。
私達がプーリアに滞在している間に、ユキちゃんに畑のイチヂクを食べさせてやりたいと、オリーブオイルを塗って熟させてくれました。ホント、7日後には、オリーブオイルを塗った実だけが熟していたんですよ。

お味は・・・最高に美味しかったです♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by linixedda at 2007-08-11 04:49 x
サボテンもイチジクも大好きです。おいしいですよね。
サボテンも最初はあまりの面倒くささに、「ここまでして食べるのか?」と思っていましたが、今はイタリアに行く度に(ダンナの実家がサルデーニャなんです)わざわざ車で田舎へ行き、(排気ガスが少ない場所のサボテンの方がおいしいから...そこまでする??)手袋、ほうき、棒の先に古いプラスチックボトルを割いたもの、バケツ、水などの七つ道具を乗せて収穫に行きます。(笑)
イチジクを熟させる裏技、すごい!知りませんでした。早速サルデーニャの義母さんに報告しなくては。「庭の木が今年は不作」と言っていたところだったので。教えてくれてありがとうございます。
それではまた。
Commented by lotusmama at 2007-08-11 05:37
今年もプーリアリポートの義母様のお料理を生つばを飲み込みながら拝見致しました。  サボテンの実をこうして食べるとは知りませんでした。 今度見かけたら試してみます。 旦那は昔、サボテンの葉?の部分をステーキにして食べてたそうです。 イタリアではこんな事します?たぶんメキシコからきていると思うのですが。
Commented by kanmyougama at 2007-08-11 07:10
サボテンの葉の漬物・みは食べます・・・少々生くさい。
イチジクのお臍に油をつけるのは一緒です。早く熟します。
古今東西にてますね。
農家の庭先にはイチジクがあったものですが見なくなっています。最近はブルーベリーがあったり。
Commented by サボテン at 2007-08-11 09:45 x
Indiaとは「遠い異国」ぐらいの意味です。
私などは初めにフランスバロックオペラバレーの傑作、ラモーの"Les Indes galantes"を思い浮かべましたが、この作品の舞台は、第一幕:オスマントルコの宮廷、第二幕:ペルーのインカ帝国、第三幕:ペルシアの宮廷、第四幕:北アメリカの荒野です。
ウチワサボテン(アメリカ、メキシコ原産)の果実は日本でも果物として売られていますが、目の玉の飛び出るような値段がついていることが多いようです。団扇の部分(植物学的には茎)は野菜として一時期宮崎辺りで生産に力をいれていたようですが、普及しなかったようです。確かに少し青臭いですし、一般的な日本の消費者があんな刺(植物学的には葉)だらけの素材をわざわざ手間を書けて皮を剥いて調理するには至らなかったようです。
Commented by babamaru at 2007-08-11 10:24
サボテンをむいたところをみて、fichiという言葉が入っていることに納得です。なんとなく形が似てますね。
Commented by kao at 2007-08-11 10:51 x
サボテンは観賞するもの、って思っていましたが、まさか食べてしまうなんて驚きでした(笑)しかも実がとっても美味しそうな色をしてるんですね~ いつの日か食べていたいな。
Commented by snowbees at 2007-08-11 16:29 x
オリーブオイルを用いた、イチジクの完熟促進法は、科学的根拠があると。
http://www.level1diet.com/research/id/375592
Commented by Tantarra at 2007-08-11 17:45
ああ、さぼてんの実はこうやって食べるのですか。ときどきアラブ系のお店で売っているのをみかけるのですが、生で食べられるのか、どんな味なのか、見当もつかないので買ったことがありませんでした。今度試してみましょう、こんなに素敵な赤い果肉なら!
Commented by coquille at 2007-08-12 00:45 x
サボテンの実、パリでも見かけます。
北アフリカではポピュラーなフルーツですよね。
そう言いつつ、まだ食べたことなかったんですよね。読んでいたら、美味しそうな気がしてきたので、今度試してみようかな♪
Commented by crazyangie at 2007-08-12 03:37
サボテンの実って食べれるんだ~!ビックリ!どのサボテンでもいいのかな~?そして甘いとはwびっくり!食べてみたい!
いちじく。皮は緑でも中は熟しているのね?私、いちじく大好き!
しかし、オリーブオイル&唐辛子で熟すとは。。。すごい知恵!
もっともっとこういう知恵をシェアしてください!
Commented by chiho at 2007-08-12 15:10 x
linixeddaさん>サボテンって手入れが要らないから、自然に生えている木に実がちゃんとなるんですよね。ビーチに行く途中にも勝手に生えている木があって、熟れていた実を摘み取っている人が居ました。サルデーニャはプーリアよりももっと大自然が残っているんでしょうね。一度行ってみたいなあ・・・
Commented by chiho at 2007-08-12 15:11 x
lotusmamaさん>ひゃ~、葉をステーキになんてワイルドですね。イタリアでは聞いたことないなあ・・・
Commented by chiho at 2007-08-12 15:13 x
kanmyougamaさん>そうなんですか、イチヂクを熟させる方法、日本もイタリアも同じなんですね。イタリアでイチヂクを初めて食べたのですが、今では大好物です。
Commented by chiho at 2007-08-12 15:16 x
サボテンさん>興味深いお話有難うございます。そうそう、この日の夜、アントネッロにindiaのことを質問したら、イタリアでは昔、中南米のことをindie(複数)と呼んでいたそうです。きっとメキシコから持ち込まれたんでしょうね。
Commented by chiho at 2007-08-12 15:17 x
babamaruさん>この記事を書くまでイチヂクとサボテンの関係について考えたことなかったんですが、似ていますよね。
Commented by chiho at 2007-08-12 15:19 x
kaoさん>プーリアは食材に関して驚きの連続でした。まさかサボテンの実を食べるとは・・・
Commented by chiho at 2007-08-12 15:20 x
snowbeesさん>へえ~、科学的根拠があるんですね。私は、オイルを塗った部分が太陽光線にあたり、温度が上昇するから熟成を促すのかと思っていました。
Commented by chiho at 2007-08-12 15:22 x
Tantarraさん>良く熟したものほど皮がはがしやすいんですよ。こうして黄色くなったものが食べ頃です。
Commented by chiho at 2007-08-12 15:24 x
coquilleさん>すご~く美味しいものではないけれど(種が口の中に広がってどうして良いかわからない・笑)季節のフルーツです。でも私は甘くて好きです。
Commented by chiho at 2007-08-15 18:27 x
crazyangieさん>私もこの豆知識を忘れないようにとブログに書いておきました。毎年、豆知識を義父さんから習うんですよ。畑の先生です。
by lacasamia3 | 2007-08-11 00:40 | ユキちゃんと海2007 | Comments(20)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho