ケッパーの花

ケッパーの花_f0106597_15481567.jpg
去年もブログでご紹介しましたが、これは義父さんの畑にあるケッパーの茂みです。プーリアはトゥーフォと呼ばれる白い石があちこちにあり、その石の近くにケッパーの茂みを見かけることが良くあります。家の屋根に生えていることもあるんですよ。
"cappeli"(カッペリ=ケッパー)はプーリア料理にとっても良く使われます。早起きをして畑に行くと、ケッパーの美しい白い花を見ることが出来ます。


ケッパーの花_f0106597_15493282.jpg
ケッパーの花_f0106597_15514514.jpg



ご存知の通り、お料理に使われるケッパーは、花の蕾です。ケッパーを摘み取らずいると、この白い綺麗な花が咲きます。


ケッパーの花_f0106597_15535072.jpg
ケッパーの花_f0106597_1555216.jpg



写真左: ケッパーの蕾は小さければ小さいほど上質なんです。ケッパーを摘み取るのは、根気の要る、女性の仕事です。たくさんついているように見える蕾ですが、小さい蕾を見つけるのは結構大変です。それでも1時間もすると、段々と目が慣れてきて、すばやく小さな蕾を摘み取ることができるようになります。↑この蕾は大きすぎる方。もっと小さいものを摘み取ります。

写真右: これは花が咲いた後の実です。蕾は塩漬けにしますが、このケッパーの実は酢漬けにします。


ケッパーの花_f0106597_162555.jpg
1時間半で私が摘み取れたのは、たったこれだけ(笑)。
根気が要る作業です。ふう・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by daikanyamamaria at 2007-07-24 18:13
chihoさん、こんばんは☆
ケッパーが、こんなに美しい花の蕾だとは、全然知りませんでした。
なんだかロマンチックですね。
これからは、大切にいただかなくては。。。そんな気持ちになりました♪
自家製のケッパー、お味も一段と風味豊かなことでしょうね☆
Commented by vruocculu at 2007-07-24 22:06
こんばんは。
壊れそーな花。なんて繊細な花なんでしょう?
一体誰が最初にこの蕾と実を食べよーと思ったんでしょう?
素敵なケッパーの写真ありがとうございます。
Commented by y_and_r_d at 2007-07-24 23:13
初めてケッパーの正体を見ました。
そしてこんな花が咲くとは驚きです。
Commented by chiho at 2007-07-25 16:18 x
daikanyamamariaさん>ケッパーって本当に貴重なものなんだなあと思います。大切に頂かなくては・・・ですね。市販されているものは塩漬けと酢漬けがありますが、義母さんは塩漬けを作ります。
Commented by chiho at 2007-07-25 16:20 x
vruocculuさん>綺麗ですよね、ケッパーの花って。こんな綺麗な花を見ることが出来たから、早起きして得しました(笑)。ホント、この蕾を食べようなんて誰が考えたんでしょうね?
Commented by chiho at 2007-07-25 16:23 x
y_and_r_dさん>ケッパーの茂みに近づくだけでとってもよい香りがします。葉っぱも香りがあるような気がします。本当は、フィレンツェの我が家にもこの茂みが欲しいんですが、苗の植え付けがなかなか難しい植物なんですよ。
Commented by at 2007-07-25 19:12 x
はじめまして
先日ケッパーベリーの瓶詰め買ってきました
食べてみたら、ケッパーに似てるけど若干キュウリのピクルスみたいな
蕾と同じように使えるんでしょうけど、出来ればベリーならではの使い方があったら紹介していただけるとうれしいです
Commented by sicilia_trapani at 2007-07-25 20:45
いいな~、ケッパー摘み!1時間お疲れ様でした。そういえば、塩漬けにする時って、塩につける前に何かした処理するのかな?自家製塩漬けケッパーなんて羨ましいわ♪ 引き続き、Buona Vacanza♪
Commented by chiho at 2007-07-26 22:44 x
かさん>ケッパーベリーって呼ぶんですね。こちらだとチェトリオリーニ(小さなキュウリ)と呼んでいます。こっちだと前菜として、そのまま食べます。パニー二にもはさんだりしますよ。
Commented by chiho at 2007-07-26 22:46 x
Reiちゃん>義母さんは、sale grossoにそのまま漬けています。シチリアでもケッパーは良く育つんじゃないかな?きっとドミンゴパパだったらケッパーの苗付けも上手に出来るんだろうなあ・・・
Commented by sicilia_trapani at 2007-07-26 23:05
実は、ドミンゴパパ、今年ケッパーの苗を植えたんですよ。パパ曰く、「うまく行くかどうか、分からんけどね~。来年は花を付けてくれるかな?」。先日、モンレアーレに行ったときには、崖っぷちにケッパーのつぼみがたくさんありました!残念ながら、手は届きませんでしたが、、、。いつか、パンテレリア島にケッパーの収獲を見に行きたいと思っています♪
Commented by hyblaheraia at 2007-07-27 09:03
chihoさん、こんにちは。ラグーザのhyblaheraiaです。ケッパーはこちらでも古い石壁から生えていて、とてもきれいです。私は枝垂れる植物が大好きなので、我が家にも欲しいなぁといつも眺めていますが、やはり手が届きません。蔓ではなくて根から取らないと育ちませんか?
Commented by hyblaheraia at 2007-07-27 21:34
書くのを忘れてしまいましたが、7月11日のブログに石壁から垂れるケッパーの蔓の写真があります。これを少々頂いて、育ててみたいのですが・・・。
写真はここです→ http://ragusa.exblog.jp/5861219
Commented by chiho at 2007-07-29 04:52 x
Reiちゃん>パンテレリアのケッパーの収穫、私も見てみたいです。手で収穫するのでしょうが、すごい手間がかかるんですよね。
Commented by chiho at 2007-07-29 04:56 x
hyblaheraiaさん>今、義父さんに聞いた所、彼の畑のケッパーの茂みは、もともと挿し木(talea)で植えたそうです。ケッパーが好むのは、日当たりの良い北風から守られた場所です。壁や岩の近くに植えると元気に育ちますよ。植える時期は10月から11月にかけてが一番良いそうです。古そうな枝を見つけて挿し木をしてみてください。根がつくと良いですね。

by lacasamia3 | 2007-07-24 16:27 | ユキちゃんと海2007 | Comments(15)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho