イタリア人と和食

イタリア人と和食_f0106597_219186.jpg
さて、話題はアグリツーリズモ、ポデーレベッチでの和食ディナーに戻ります。
母がイタリアに来る時いつも楽しみにしているのは、イタリアで和食を作ること。イタリア人に「美味しいっ」と言わせたいがために、膨大な食材を持ってやってきます。
今年は、美味しい神戸牛のすき焼き用肉まで、冷凍して持ってきました。泊まっていたコンドミニアムにはキッチンがあり、お鍋などの調理用具も揃っています。一緒にいらしたお友達にも手伝ってもらい、午後、日本のマンマ達が一生懸命作ってくれたのは・・・

キュウリの酢の物、キュウリとリンゴの梅味噌和え、インゲンの胡麻和え、小鯛(笹漬け)とみょうがの握りすし、ふぐのタタキ、肉じゃが、お吸い物、稲荷寿司でした。
↑は嬉しそうに日本のマンマの手料理を食べるロベルト。


イタリア人と和食_f0106597_2293499.jpg
イタリア人と和食_f0106597_2332954.jpg



左の写真奥は奥さんのイラリアさんです。魚は苦手なはずなのに・・・ふぐのタタキを最初にパクッと食べてしまって、まだ欲しそうにしていました。お稲荷さんが大好きです。
暗くて余り写真写りが良くないのですが、3月にシチリア旅行で大活躍したお弁当箱。我が家で保管していたのを持ってきました。


イタリア人と和食_f0106597_2441553.jpg
イタリア人が好きな和食のメニューは
稲荷寿司、焼き餃子、ざるそば、天ぷら、から揚げ、肉じゃがなどです。散らし寿司もinsalata di riso(ライスサラダ)に似ていると、結構好評です。
それにしても、神戸牛のお肉で作った肉じゃがは最高に美味しかったです・・・(モットタベタカッタ!)

イタリア陣は日本のマンマ達のお料理に脱帽!な夜でした。

<追伸>
母に聞いたところ、今回は、夏なので牛肉は日本で、みりんとお醤油で下煮をしてきたそうです。それを冷凍して持ってきました。お肉の煮汁も冷凍して持ってきて、それでお芋と玉ねぎで別に煮て、最後に茹でたインゲンマメと温めなおしたお肉にあわせたそうです。
冬場は冷凍したお肉を持ってきていたのですが、下煮をしておくと安心ですね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by のりへい at 2007-07-07 03:16 x
あああ、在住者には辛い(笑)食品が。。。!!これ見ちゃうと日本に帰りたくなってしまいます。うちの母もそうなんですが、こちらに来るとほんっと日本食をバリバリ作ってくれ、ああ日本の味はこうだったと思い出させてくれます。人に食べさせたい美味しいと言わせたいパワーはどのマンマも同じなんだなぁと感じました。神戸牛の冷凍も12時間のフライトに耐え得るのですね。いいこと聞きました。次回はうちの母にも。(笑)
Commented by kchan0221 at 2007-07-07 05:07
こんにちは。
衝撃!!神戸牛を冷凍して運ぶとは~!!私よりも上を行く人がいるとは思いませんでした~!あらかじめ冷凍しておくのですか~!!
日本で買ってきたたとえば味噌漬けなどを冷凍して・・・というのは良くやりますが、反対は思いつきませんでした。
もちろんふぐも持参ですよね・・・。すご~い。の一言に尽きます・・・。
Commented by kanmyougama at 2007-07-07 06:21
マンマたちの日本料理素晴らしいですね。最高。
皆さんびくりしたでしょう。
> イタリア人が好きな和食のメニューは
稲荷寿司、焼き餃子、ざるそば、天ぷら、から揚げ、肉じゃがなどです。散らし寿司もinsalata di riso(ライスサラダ)に似ていると、結構好評です。
それにしても、神戸牛のお肉で作った肉じゃがは最高に美味しかったです・______納得です。
Commented by AT at 2007-07-07 08:47 x
いやぁ、大変なエネルギーですね。「美味ん坊」のばっちゃまたちを想像してしまいました。ふぐのたたきは写真で見るだけでおいしそう。肉じゃがは受けたでしょう。
PS1:焼き餃子を和食としているのがちょっと気にはなりますが...まあ許せる範囲でしょう
PS2:冷凍といえばカナダのスモークドサーモンを思い出します。よく空港で売ってる加工したものは味がいまいちですよね。一方美味しそうなのはもちが悪そう。空港のある店で「これが一番美味しい」といって、冷凍の塊を新聞紙などで包んでビニールに密封してくれました。我が家につくころ解凍されて食べごろでした。
Commented by usatoru at 2007-07-07 17:15
オモシロそう!僕はこういう場にマーケッターとして参加してみたいですね。僕もよく海外で和食をつくって食べさせたりすることはありますが、やっぱり食材とかナベ釜の形やら火力の問題でなかなか日本でやるとおりに再現するのは難しいんですよね。そして、本質的に外国人がおいしいと思うか思わないのか、ってところにも興味があります。お稲荷さんも、油揚げは食べるけど、中身の酢飯は苦手とか、煎餅は割りと半々くらいで好き嫌いがあるとか、僕なりの研究結果です(^^; 興味あるのは、神戸牛、どうでした?霜降りみたいな肉に価値を感じなかったり、柔らかすぎてもしかして物足りないとか美味しくないとか思う人もいるのかなと思いつつ、さすがに僕も空輸したことないんで・・・・・(笑)
Commented by bebecat at 2007-07-07 17:37
お肉とか持って入れるからいいですね。オーストラリアはお肉とか持ち込みだめなものがたくさんあって、残念です。ふりかけも、卵が入っていると、だめ。なぜか「卵」という字を知っていて、それをイングリディエンスに見つけると、即没収。
それにしても外人さん、みょうがはどうでした?私はみょうが大好きですから、うらやましい気分で写真のみょうがを拝見してました。
Commented by tokogiappone at 2007-07-07 21:59
素晴らしいですね!
イタリアで日本料理を作るのって、イタリア料理を作るより手間隙かかって面倒な感じがして、日本人であるにもかかわらず、いまだ日本料理でおもてなしした事のない私・・・。脱帽です・・・・・・・・・。
お弁当箱、前にも拝見しましたが、何度見てもグッド・アイデアですね♪
拍手喝さいとともに、少しでも見習って私も一日本人として、イタリアで日本料理を披露できるよう頑張ります!
Commented by angela_angelo at 2007-07-08 09:29
おはようございます。
お互いの食文化を知り合うことって、とても重要なことですよね。
しかも「なんちゃって和食」ではなく、きちんと食材を日本から持ちこみむなんて、素晴らしい!
きっとイタリアの方々にも日本のマンマの優しさと心尽くしが目に舌にお腹一杯に届いたことでしょう!
心が温まるエントリーに感謝です。
Commented by crazyangie at 2007-07-08 13:20
おひさしぶりです~。ずーっとPCが壊れてて。。というか、直す気なくて。。
おばあちゃま達がきて、さぞゆきちゃんもハッピーでしょう!みんなに日本食を振舞うなんて!イタリアン好きの日本人は沢山だけど、和食好きのイタリア人!?似ている感覚もおおいのね。ふぐのたたきに、神戸牛!日本人からしても、うらやましいメニュー☆
Commented by chiho at 2007-07-09 01:18 x
のりへいさん>えへへ、美味しかったです♪↑追加で書いたとおり、今回は、ちょっと下煮したのを冷凍してきたそうです。夏だから用心したんでしょうね。冬場はお肉の冷凍をそのまま持ってきて大丈夫でしたよ。
Commented by chiho at 2007-07-09 01:20 x
kchan0221さん>今回は、お魚の粕漬けも冷凍して持ってきてくれたんですよ。1切れずつパックになっているのを冷凍したものです。アントネッロの大好物なんです。今回は、私よりもアントネッロがメインかも(笑)。
Commented by chiho at 2007-07-09 01:22 x
kanmyougamaさん>イタリア人も日本人も美味しいもの好きは同じですね。大変好評でした。
Commented by chiho at 2007-07-09 01:24 x
ATさん>スモークサーモンと言えば、昔、ロンドンのヒースロー空港のお土産物屋さんで売られているスモークサーモンが美味しいと聞いたことがあります。カナダのサーモンも美味しそうですね。
Commented by chiho at 2007-07-09 01:27 x
BUNTAさん>霜降りのお肉はイタリア人には大好評であっという間になくなってしまいました。畜産の方法としては余り自然な方法でないような気がしますが(私の無知から来る偏見かもしれません)、でもあの美味しさには勝てません・・・やっぱり美味しいですよね。
Commented by chiho at 2007-07-09 01:28 x
bebecatさん>ミョウガはとても美味しいと皆喜んで食べていました。残す人はいなかったですよ。こうして握りすしにすると美味しいんですね。
Commented by chiho at 2007-07-09 01:30 x
tokogiapponeさん>プラスチックのお弁当箱ですが、ちょっとずつ分けて大人数分作るのにとっても便利です。何だか食べるのも楽しいし、重宝しています。
Commented by chiho at 2007-07-09 01:32 x
angela_angeloさん>後日、イラリアさんが、「日本人のマンマたちもお料理にかける熱意はイタリア人のマンマと同じね」と嬉しそうに言っていました。結局、大好きな人に美味しいものを作ってあげたいという気持ちは世界共通なんですね。
by lacasamia3 | 2007-07-07 02:41 | 私の独り言 | Comments(17)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho