眺めのいい部屋

f0106597_1882194.jpg
昨日は、2軒のアパートのチェックインでした。
どちらも窓からの眺めがとても良いアパートです。まず1軒目は、フィレンツェのシニョリーア広場を見下ろすアパート、シニョリーア・ビスタ。モロ、フィレンツェの中心、シニョリーア広場に面していて、ウフィッツィ美術館が広場をはさんで見えるというロケーションです。ここはアパート管理会社が管理しているので私は直接オーナーさんを知らないのですが、こんな物件を持っているオーナーさんはどんな方なんでしょうね。
この日のご到着は、3名の女性で、うちお一人はかなりのご高齢でしたが、元気に個人旅行でいらっしゃり、ご自分達で列車に乗って、ローマ、フィレンツェ、ミラノをご旅行されるそうです。フィレンツェのご滞在は10日間です。私達の母の年代の方も、最近はこうして自由にご自分のスタイルで個人旅行を楽しむ方が増えてきたなあと、最近感じます。
小さなお子様連れや、高齢の方との旅行の場合、眺めのよいアパートですと、アパートにいるだけで街の雰囲気を味わうことが出来るのでとても便利です。


f0106597_1833059.jpg
f0106597_18351410.jpg



楽しいご滞在になると良いですね♪


f0106597_18273935.jpg
そして、その後チェックインに行ったのは、ヴェキオ橋を渡ってすぐのフィレンツェの閑静な住宅街にあるアパート、ダヌンツィオ。建物の5階にあるので、眺めがとても良く静かなアパートです。観光名所であるヴェッキオ橋から徒歩1分というロケーションなのに、ちょっと坂を上っただけで、ツーリストは殆ど見当たらない閑静な住宅地になります。
丁度、夕方だったので、地元の子供達がサッカーを楽しんでいる歓声や、たまに鳴る教会の鐘の音が遠くに聞こえます。赤いレンガ屋根が手前に見え、アルノ河をはさんで奥に見えるのは、サンタクローチェ教会です。来週の日曜日、6月24日はフィレンツェの守護聖人である聖ジョヴァンニの祭日です。この日の夜はアルノ河で"fuochi di S. Giovanni"(フオーキ・ディ・サンジョヴァンニ)と呼ばれる花火大会があるんですよ。ここのアパートからだったら、窓から花火が見えるかもしれませんね。

古い映画ですが、「眺めのいい部屋」という映画がありました。フィレンツェを舞台に、19世紀末にイギリスから旅行に来た男女が恋に落ちるという物語。
そういえば、留学時代に、語学学校の先生が、この映画の撮影現場の話をしてくれました。撮影が行われた日は、シニョリーア広場を完全にシャットアウトし、現代風の建物はカバーが被され、衣装を着た俳優さん達のみ立ち入ることが出来たそうです。そんな話を思い出しながら、ちょっと久しぶりにこの映画を見てみたくなりました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


眺めのいい部屋 <完全版>
ヘレナ・ボナム・カーター / / ハピネット・ピクチャーズ
ISBN : B00009PN1D
Commented by julia at 2007-06-16 22:34 x
う~ん、見ました、これ。(笑)
ずっと前に見て、印象深かったから、今年になってまた。
主人公というより、脇にいる、「マクゴナガル先生^^」や「ジュディ・デンチ」が好きで。
Commented by akiyoshi-n at 2007-06-16 22:43
アパートの紹介をされてるんですか?ヴェキオ橋の近くのアパートすごく良さそうですね。短期の旅行といっても、泊まる場所によってその街の印象まで変わってくるものですものね。
Commented by gabbyna at 2007-06-16 23:34
私もこの映画、大好きでDVD持ってます。 (結構Chihoさんの好みって似ているんですよね。)映像が綺麗で、若いジュリアン・サンズとヘレナ・ボナム・カーターが新鮮でしたね。イタリアへ行ってみたいと思わせる映画でした。脇役も豪華でしたね。ダンホルム・エリオットが好きです。
実際の風景をこうやってアパートに滞在してみてみたいものです。

Commented by naoco at 2007-06-16 23:42 x
先月書き込みをしたものです。初めてのイタリア旅行から本日帰国しました。昨日まで写真のシニョリーア広場にいたのです。
フィレンチェは5泊したですがカーサミーアの情報のおかけで
充実したものとなりました。おすすめのお店やバールやリストランテめぐりをして最後はバローニで食材をいろいろ買って持ち帰りました。今回はウフィッツィハウスというところに泊ったたのですが
いつかアパートに滞在したりアグリツーリズモを体験したりしたい
です。すてきな情報ありがとうございました。
Commented by olive at 2007-06-17 01:09 x
月並みですが 私もこの映画大好きです。 イギリスの良き時代でイギリス人が 良くイタリアに旅行に来た時代優雅ですよね。 ここに写っている窓からの眺めまさしく 似てますね。
高齢の方が ホテルではなく アパートをお借りになられるんですか? 1週間くらい居られるのですか?
Commented by chiho at 2007-06-17 04:22 x
juliaさん>覚えてます?この映画。私は女子高の「シネマ倶楽部」というマイナーなクラブに入っていたとき、午後の理科室で(笑)観ました。私はやっぱり金髪を書き上げる若きジュリアンサンズが好きかな。
Commented by chiho at 2007-06-17 04:24 x
akiyoshi-nさん>そうなんです。アパート管理会社やアパートオーナーのコンサルタントなんですが、実際には予約から到着まで、また滞在中のフォローも行っています。キッチンが付いているのと、広さがかなりあるのがアパートの魅力なんですよ。あと、画一的なホテルの部屋とは違い、間取りにもそれぞれの個性があるのでなかなか面白いです。
Commented by chiho at 2007-06-17 04:26 x
gabbynaさん>あっ、私も逆にgabbynaさんと好みが似てるなあと思っていました。↑に書いたように、女子高生時代、理科室で初めて観たので、何故かこの映画を観ると、あの理科室の薬品っぽいすっぱい臭い(判ります?笑)が思い出されます。
Commented by chiho at 2007-06-17 04:28 x
naocoさん>おお~、昨日までシニョリーア広場にいらしたんですね。すれ違っていたかも。すごい人出でしたね。楽しいご滞在だったようで何よりです。いつかアパート滞在やアグリ滞在にも挑戦してみてくださいね。フィレンツェはまだまだ奥深いですよ。また是非いらしてください♪
Commented by chiho at 2007-06-17 04:34 x
oliveさん>そうそう、19世紀末ってイタリア、特にフィレンツェに沢山のイギリス人が旅行に来た時期なんですよね。そうなんです、3名様は、恐らくお二人が60歳代、お一人が80歳代の方で、このアパートだけで10泊されるんですよ。ご高齢の方にとっても、キッチン付きなのでお食事も作ることが出来るアパート滞在のほうがゆっくりと楽しむことが出来て良いんでしょうね。ご自分達でトランクを引き、飛行機で着かれたローマから列車に乗ってフィレンツェに無事においでになりましたよ。
Commented by y_and_r_d at 2007-06-17 12:31
シニョリーア広場に面したアパートというのは贅沢です。
一日窓からの眺めを楽しんでみたいです。
朝昼夕夜と目の前が劇場のようですね。
Commented by ぐらっぱ亭( ̄ー ̄) at 2007-06-17 13:59 x
チホさん、だいぶ以前から時々覗かせてもらっていました。「眺めのいい部屋」、その昔、ロンドンっで見ました。見た映画館まで覚えているほど印象深い作品でした。ところで、アパートは何のために見ているのかと思ったらコンサルをされているのですか。でもチェックインと書いてあったので実際に宿泊されたのかと思いましたよ。ちゃんと家があるのに???でした。ロンドンとパリに5年づつ、ペルージャに1年住んだものですが、いまだにイタリア大好き人間。ワールドカップでも仏伊決勝のときは勿論Azzurriを応援しました。これからも時々覗かせてもらいます。
Commented by chiho at 2007-06-19 05:25 x
y_and_r_dさん>そうですね。この広場沿いにはホテルはないので、本当に贅沢な眺めです。ずっと見ていても飽きないでしょうね。窓からの眺めを、朝、昼、晩で連続写真を撮るって言うもの面白いですよね。
Commented by chiho at 2007-06-19 05:30 x
ぐらっぱ亭さん>ロンドンでこの映画を見られたんですね。お洒落♪女子高の理科室とはえらい違いです(笑)。アパート管理会社のコンサルタントをしているんですよ。日本のお客様とイタリアの不動産会社の間に入るクッション役です。色々なアパートがあってそれぞれに個性があるからとっても面白いですよ。お客様との出会いもなかなか楽しいです。これからもどうぞ宜しくお願いします♪
Commented by オスカー at 2008-05-02 10:58 x
私は、6ヶ月間パリに滞在したことがあります。友人のアパートに住んでいました(彼がパリを不在にしていたので)。私は当時17歳で、パリは別世界のように思えました。アパートに滞在できたおかげで、旅行とは一味違うパリを楽しむことができました。数年後、再びパリを訪れたのですが、その時はなぜかパリに好感を持てなかったのです。たぶん、私が年をとったからでしょう。現在はパリで日本人とアメリカ人を対象にアパートの賃貸をお手伝いする会社(http://www.paris-apartments-for-rent.com/jp/index.html)に携わっています。とても良い会社で、現地(パリ)スタッフとして働く日本人スタッフも知っています(彼らは今の状況が気に入っているので、日本にはもう帰ってこないかもしれません)。
by lacasamia3 | 2007-06-16 19:05 | フィレンツェでアパート滞在 | Comments(15)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho