「プチ」ヴェッキオ宮殿

「プチ」ヴェッキオ宮殿_f0106597_17251526.jpg
このお城、どこかのお城に似ていませんか?
フィレンツェのヴェッキオ宮殿に似ているでしょう?四角い建物に鐘楼があって、時計が付いていて。これは、アグリツーリズモポデーレベッチから車で30分ほど行った、"Scarperia"(スカルペリーア)という小さな村の広場にあるPalazzo dei Vicari(パラッツォ・デイ・ヴィカーリ)と呼ばれるお城です。フィレンツェの貴族によって1306年に建てられました。ユキちゃんがまだ2歳の時に、この塔にはお姫様が居るんだって信じていて(多分今も信じていると思います・笑)、お姫様が顔を出すまで待つんだって、お城の前に座り込んだことがありました。
フィレンツェのヴェッキオ宮殿はArnolfo di Cambioという建築家によって1300年代初頭に今の形の原型(四角い土台+突出した高い塔+merlatureメルラトゥーレと呼ばれる上辺の王冠の縁のような装飾)が建築されました。
このタイプで一番古いのは、1257年に完成したVolterra(ヴォルテッラ)というサンジミニアーノの近くにある小さな町のお城です。基本的な特徴はヴェッキオ宮殿に似ていますが、まだ塔の高さがそれ程高くありませんでした。
だから、ヴェッキオ宮殿が完成したときには、鐘楼の高さに人々はきっと大層驚いたんでしょうね。
「四角い土台+突出した高い塔+上辺の王冠の縁のような装飾」の要素を取り入れたお城はトスカーナにいくつかあります。車や電車でこれらのお城を見て周るのもなかなか面白いですよ。

Volterra ヴォルテッラ (Palazzo dei Priori )
Scarperia スカルペリーア(Palazzo dei Vicari)
Certaldo チェルタルド(Palazzo dei Vicari)
San Giminiano  サンジミニアーノ(Palazzo del Popolo)
Siena シエナ(Palazzo Pubblico)
Pienza ピエンツァ (Palazzo Comunale)

建てられた年代にもより、それぞれのスタイルは違いますが、特に、その土地の特色も表れているのがなかなか面白いです。例えば、シエナのパラッツォ・プッブリコは、塔好きのシエナ人の面子にかけて(笑)、88メートルの高さの塔を建ててしまったし、右寄りに塔が付いたフィレンツェのヴェッキオ宮殿とは反対に、向かって左端に塔をつけたのも、シエナ人のフィレンツェに対する対抗意識の表れなのかな?シエナの建物の特徴である赤いレンガで出来ているのも、フィレンツェのヴェッキオ宮殿と違う点です。

何気なく見てしまう建物も、よく見ると流行やその土地の特色が出ていて面白いですね。


「プチ」ヴェッキオ宮殿_f0106597_18441657.jpg
「プチ」ヴェッキオ宮殿_f0106597_18481598.jpg



さて、このスカルペリーアのお城は、午前中、入り口部分に自由に入ることが出来ます。現在もお城の内部は、村役場と図書館、そして工芸品であるナイフ工芸美術館として使われています。
写真左: 入るとすぐに目に付くのが、メディチ家の紋章。


「プチ」ヴェッキオ宮殿_f0106597_18544527.jpg
「プチ」ヴェッキオ宮殿_f0106597_18534589.jpg



写真左: 入り口右手にあるフレスコ画、「聖トマスの不信」。キリストの復活を信じられずに、思わず傷に指を差し込む聖トマスです。この村の近くにあるヴィッキオ村の郊外で生まれたジョットーという画家のスタイルを真似て1300年代に描かれたフレスコ画です。このフレスコ画は、ここで描かれたものではなく、貴族によりどこかから持ち出されて、このお城の壁に飾られたそうです。
優しい色彩と素朴な画風が村のお城にとっても良く合っているなあと思いました。

スカルペリーア村へは、フィレンツェからはSITAバスで行くことが出来ますよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by Sette at 2007-04-25 19:23 x
古い建物が今でも使われてるっていいですよね〜。どんなにがんばっても、すべてのところに行けないのが悔しい(笑)
Commented by tokogiappone at 2007-04-25 21:28
スカルペリーア、私も行った事があります!
小さいけれど、とっても素敵な街でした。特に「ナイフ」で本当に有名で、ナイフのお店を覗いて回った記憶があります。
Chihoさんのいつも楽しい視点、今日も「なるほど!!!」とひざを叩いてしまいました。“「プチ」ヴェッキオ宮殿”て・・・面白すぎます。Chihoさんのユーモアな観察力に感心してしまいます♪
Commented by blue-moon5 at 2007-04-25 22:59
こんばんは~♪
本当にヴェッキオ宮殿に似ていますね。
上辺の王冠の縁のような装飾は本当にそっくり・・・
私はサン・ジミニャーノに行ったことがあります。
高い塔がいくつもあって不思議な街でしたね~
そして、そこにも受胎告知のフレスコ画があり、その色の鮮やかさにとても感動しました。それもきっと別の場所で描かれているんでしょうね・・・
シエナ、行ってみたい街のひとつです
Commented by chiho at 2007-04-28 04:28 x
Setteさん>うんうん、古い建物も今の村役場として使われていて、それが何だか現在とつながっているんですよね。
Commented by chiho at 2007-04-28 04:29 x
tokogiapponeさん>そうそう、ナイフ細工で有名なんですよね。この村は。こんなに小さな村なのに、メインストリートに散髪屋さんが3軒くらいあって面白いんですよ。村のおじいちゃんも心なしか髪型が皆キマッてる(?!)
Commented by chiho at 2007-04-28 04:31 x
blue-moon5さん>サンジミニアーノも良い村ですよね。昔、丁度、村の大聖堂で、結婚式が行われていて、村人が全員でお祝いしていた光景に出くわしました。シエナも素敵な町ですよ。フィレンツェが京都に例えられるなら、シエナは奈良のような古都です。
by lacasamia3 | 2007-04-25 18:06 | フィレンツェのアグリツーリズモ | Comments(6)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho