トマトとキャベツの相性

トマトとキャベツの相性_f0106597_22302293.jpg
なんだか、去年も同じようなタイトルの記事をアップしたような気もするのですが、なにせ畑は毎年おなじような事を繰り返しているので、お許しを・・・
まだまだ残暑が続くフィレンツェですが、夏野菜にとっては嬉しい限り。トマトもズッキーニも、インゲン豆もまだまだ収穫できそうです。左の写真は、春に植えた"cavolo nero"(カーボロ・ネーロ=黒キャベツ)、本格的に成長するのはこれからです。この黒キャベツは、フィレンツェ名物の冬場に食べるお豆のスープ"ribollita"(リボッリータ)を作るのになくてはならない材料なのです。私の畑の師匠の一人である、現役の猪ハンターのジョバンニ(推定年齢80歳以上)から、トマトとの相性が良いと聞いて以来、いつもトマトのそばに植えています。しかし、今年の夏は、小さなカメムシのような昆虫に、↓このように葉を食べられてしまいました。


トマトとキャベツの相性_f0106597_2236472.jpg
トマトとキャベツの相性_f0106597_22442055.jpg


そこでジョバンニに相談をしたところ、トマトの葉を水に漬けて数日間放置しておき、その汁をキャベツの苗に散布すると良いとの事。このように、効果の種類により選んだ植物の葉を水に漬けて抽出した汁のことを、イタリアではmacerata(マチェラータ)と呼びます。どの葉も、水に漬けて、たまに混ぜながら数日放置すると、そこから強烈な臭いがしてきたら出来上がり。


トマトとキャベツの相性_f0106597_22502438.jpg
この汁を散布し始めて2週間で、苗の中心から元気な葉が育ち始めました。初めは穴だらけだったんですよ~。
ジョバンニのお陰で、今年も美味しいリボッリータが食べられそうです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


Commented by komorebi at 2006-09-09 02:23 x
トマトの葉がお薬になるなんて~!知りませんでした…。
chihoさんは良いお師匠さんがいらして羨ましいです(でも猪ハンターって凄ーい)
ちなみに私の畑のお薬は酢水に唐辛子やしょうがやにんにくなどの臭いのきついものを入れた物を使っています。やっぱり臭いがポイントなのでしょうね。
カーボロ・ネーロ、お元気になられたようで何よりでしたw。
Commented by クー at 2006-09-09 13:35 x
初めまして!イタリア旅行のときにはずいぶんズッキーニ・美味しいシチリアトマトをいただきましたが、私の住む東京・三鷹の農家でも今年は沢山ズッキーニが収穫され、私も「つけもの」にしたりオイルで炒めたりして沢山いただきましたが、以外に「つけもの」も美味しくできましたよ。
Commented by ms_fragrance at 2006-09-09 22:19
カーボロ・ネーロ、葉が生い茂って美味しそうですね!
虫食いになるのも分かる気がします(笑)
リボッリータの写真も楽しみにしていますね。
ユキちゃんがモリモリ食べている姿も楽しみ!(笑)
Commented by o-beikokuten at 2006-09-10 00:05
いいお話を聞きました。
こんなふうに野菜同士のいい関係でおいしい野菜が
たくさんできたらほんとすてきです。
私も秋野菜がんばろう!
Commented by Sette at 2006-09-10 19:53 x
虫が食べるって事は、健康な野菜ってことですね♪でも食べられちゃったら嫌ですね。
カメムシと言えば、同僚が、カメムシが大量発生した年は雪が多くなるんだって、といってましたが、そんなうわさ、聞いたことありますか?
Commented by chiho at 2006-09-11 05:28 x
komorebiさん>コレは結構効果がありましたよ~。コンパニオンプランツって隣同士でお互いの成長を助け合うものだけれど、こういう助け合いもあるんだなあって思いました。
Commented by chiho at 2006-09-11 05:29 x
クーさん>三鷹ってまだ畑が沢山残っていますよね~。私の実家もすぐ近くです。ズッキーニのお漬物食べてみたいなあ。
Commented by chiho at 2006-09-11 05:30 x
ms_fragranceさん>虫ってつくと困るけれど、環境が健康な印しですよね。虫も寄り付かないような野菜は、食べたくないなあ・・・
Commented by chiho at 2006-09-11 05:33 x
o-beikokutenさん>こんにちは。お互いに助け合うコンパニオンプランツって結構奥が深くて、このようにお互いの天敵を遠ざけたり、それぞれ相手に栄養を与え合うだけでなくて、ただ近くに居るだけで元気になったり実の付きが良くなる関係もあるんですよ~。実験済みで効果があるのは、アスパラと赤ラディッシュです。
Commented by chiho at 2006-09-11 05:34 x
Setteさん>げげっ!!今年は残暑がまだまだ厳しく、何だか嫌な予感がするんですよね~。水道管が凍らなきゃ良いのだけれど・・・カメムシは家の中にも侵入しています(涙)。
Commented by serendipity_m72 at 2006-09-11 13:16 x
すごいですね!!!農薬、化学薬品を使わずに虫退治ができるなんて!!覚えておきます♪っていうか・・虫退治ですか?それとも発育を促す作用??どちらにしろ、すごいですねぇ~♪
Commented by chiho at 2006-09-11 14:58 x
serendipity_m72さん>う~ん、そうですね。かけ始めてから見る見るうちに虫がいなくなったのと、苗の中心から新芽が出るスピードが速くなったという効果がありました。自然のものだから、かけて悪い影響はないようで、虫がいなくてもたまにふりかけています。
Commented by serendipity_m72 at 2006-09-13 09:46 x
すごい!一石二鳥なんですね!絶対に、実行します!
Commented by Ringo at 2006-09-14 23:03 x
食べて歩いて遊んでスペイン!さんから飛んできました。
ほーいいこときいた! 
フィレンツエは義理の母の大好きなばしょで、わたしもこの6月におじゃましました。
主人がイタリア系アメリカ人なので、彼の家に行くと、トマト料理満載。
影響されわたしもトマト育てていて。 畑って、虫との共存、闘いですよね。なるべくオーガニックで育てたいので、今回の虫除けメモ本当に助かります。新鮮なトマトって、ホントちょっと、特に茎が青臭いですよね!
by lacasamia3 | 2006-09-08 22:53 | フィレンツェで畑 | Comments(14)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho