田舎パンを焼き続ける

田舎パンを焼き続ける_f0106597_23583120.jpg


ここ数日は、朝晩は結構冷えるけど、昼間の気温は20度くらいまで上がるトスカーナです。
それでも気温は少しずつ下がってきているので、週一のパン焼きでは、天然酵母の量と水の温度を調整しています。

昨日は、エルバ島に引っ越してしまったシルヴィアが久しぶりにフィレンツェに戻って来たので、一緒にパン焼きをしに来てくれました。



田舎パンを焼き続ける_f0106597_23583229.jpg


コンビ復活、楽しかったな。
長く一緒にパン焼きをしていたから、説明する必要がなく、手が勝手に動く。


田舎パンを焼き続ける_f0106597_23583202.jpg


気を付けているのは、過発酵にならないようにすること。
最近は窯のキャパのギリギリの量を焼いているので、窯に入れた時に生地が横に広がらないように注意しています。横に広がるのではなく、できれば上に伸びて欲しい。

気温は下がってきているから酵母の量は増やしたけど、水分は少し減らして、生地の温度を温度計でチェックしながら発酵させました。

窯入れ上手なシルヴィアが生地を上手に並べてくれて、全てきちんと収まりました(ホッ♪)




田舎パンを焼き続ける_f0106597_23583216.jpg


結果は・・・「こんな風なパンにしたいな」ってイメージした通りのパンが焼けました。
パン焼きって毎回仕上がりが違うのが楽しいんです。上手く焼けないこともあるけれど、思うとおりに焼けた時の喜びは格別です。


田舎パンを焼き続ける_f0106597_23583269.jpg

楽しいパン焼きでした。

水車小屋では、1週間前からクラウドファンディングが始まりました。目標を掲げてサポーターから募金を募り、水車小屋の修復プロジェクトをサポーターと一緒に進めるというものです。





上記のリンクをクリックすると、クラウドファンディングのページが開きます。
また後日、ブログで募金の仕方などを日本語でご説明しますが、プロジェクトの説明は日本語訳を付けているので良かったら開いてごらんになってみて下さい。

金額が集まることも励みになるんですが、何より、色々な方がサポーターとして水車小屋の活動に募金という形で参加して下さることにメンバー一同感謝しています。
残り80日で果たして目標額の7700ユーロに到達できるか?!

皆で頑張っています。






今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2021-10-27 23:58 | 水車小屋物語 | Comments(0)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho