冬景色とある日の出来事

冬景色とある日の出来事_f0106597_02395606.jpg



昨日アントネッロがキッチン前の庭の葡萄棚の剪定をしてくれたので、スッキリしました。空が広い。
すっかり冬景色ですが、これはこれで好きかも。気がつけば、あと3週間ちょっとでクリスマス、今年もあと1ヶ月ちょっとですね。焦る!
いつもだったらイベントや劇場の仕事で年末年始は家にいたことがないお隣のパオロとラウラも、今年は家に居るようです。知り合ってもう25年程になるけど、初めて、二人と大晦日を一緒に過ごせる貴重な年になるかも。



冬景色とある日の出来事_f0106597_02432367.jpg


今朝の粉挽きは私とCさんの二人で。
待ってるラーラ(笑)

そうそう、こんなことがありました。先日、水車小屋のパン焼きが終わって、やれやれと片付けをしていたら、物々しい感じで警察の車がやってきて、水車小屋の奥に住んでるルイージおじいちゃんを探していると。何事かと思って心配してみていたけれど、おじいちゃんは散歩に出ていて見当たらない。待ったけど帰ってこないし、しょうがないから帰ってきたら警察に電話するようにと言われました。

今日、「何だったの?」って聞いたら、どうやらおじいちゃん本人ではなくて、彼が家を貸しているご家族に用があったらしい。
彼が持っている村の中にあるアパートに住んでいるご家族のマダムが、モロッコの実家に帰るので帰る前にPCR検査をしたのだそうです(飛行機に乗るのに必要だったのかな?)。そしたら陽性が判明して、自宅待機になったんです。イタリアでは、sorveglianza attivaといって、コロナの陽性が判明して自宅で静養する場合、定期的に保健所が固定電話に連絡をして毎日の様子を確認したり、外出していないかをチェックするんです。どうやら、このマダムの場合は、外国人だったために、イタリア語の電話に怖くて出られなくて鳴っても無視してて、ベルを鳴らされても扉を開けないので、連絡が取れないと言うことで、保健所から警察に連絡が入ったらしい。それで大騒ぎになり、大家であるルイージおじいちゃんの所にも来たという事だったようです。その後、連絡が取れて、解決しました。

そう言えば、ユキの同級生でお父さん共々、陽性になってしまった男の子は、警察の車が毎日来てベルを鳴らしたら、家に居るよーと二人でベランダから手を振っていたって言っていました。確か3月頃で、完全にオンライン授業だったから、普通に授業受けてたし、PCR検査の仕組みについて皆に話していたそうです。

3月に比べると数的に随分増えているから、こうしたフォローはもう出来ていないのかと思ったら、結構ちゃんとやっていて意外でした。マダムが早く治って、モロッコに旅立てる事を祈っています。




人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2020-11-30 02:35 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho