プーリア番外編

プーリア番外編_f0106597_17493033.jpg
しつこいようですが、プーリアで撮った写真がまだあるので、ここで番外編。
<馬肉とプーリア>
プーリアでは、昔から馬肉を食べる習慣があります。一方、トスカーナとは違い、ハムやサラミを食べる習慣はありません。これは、サラミやハム類を保管することが出来ない暑い気候によるものなのでしょうね。さて、どんな小さな村にも、必ず、"carne equina"(カルネ・エクイーナ=馬肉)という看板を出した肉屋があります。現在はそうでもないようですが、コレは昔、馬肉と他の種類の肉は同じ店で売ってはいけないという衛生法の名残です。プーリア人は、馬肉を煮込み料理に使ったり、薄切りにして、くるっと巻いてトマトソースで煮込んだりして食べます。レッチェ近郊のサレント地方にいらしたら是非、名物料理"pezzetto di cavallo"(ペッツェット・ディ・カバッロ)と呼ばれる一口大の馬肉の煮込みを食べてみてください。とっても美味しいですよ。ちなみにこの肉屋「ブティック・ディ・カルネ(肉のブティック)」ってすごい名前です(笑)。


プーリア番外編_f0106597_1823236.jpg
<飲んだ後のブリオッシュ>
ローマ以南で良く見かけるのが「朝まで営業しているブリオッシュ屋さん」。中にカスタードクリームやジャムを挟んだブリオッシュ。イタリアでは朝ごはんとして、カプチーノと一緒に食べます。そしてイタリア人は、夜明かしで飲んだ後、小腹が空いた朝方に、このブリオッシュを食べるんです。う~ん、日本人の私としては、ラーメンかな?


プーリア番外編_f0106597_188643.jpg
プーリア番外編_f0106597_1893521.jpg


<揚げペペロンチーノ>
コレは義母さんのおまけレシピ。一見辛そうなペペロンチーノですが、これは、peperone a cornaletti(ペペローネ・ア・コルナレッティ)と呼ばれる辛くない唐辛子。しし唐のような野菜です。義母さんの料理法は、これを素揚げし、お塩を振るだけ。ソラマメのピュレーや、マッシュポテトに良く合う付け合せです。油を使うのが面倒な時は、バットに入れたしし唐にたっぷりとオリーブオイルをまぶしそのままオーブンで焼き上げると、まるで素揚げしたように仕上がります。こうすると少ない油で済みますね。さすがマンマの知恵!塩を振りかけて、トマトソースで煮込んでも美味しいですよ。冷めると美味しさが増す「揚げペペロンチーノのトマトソース煮込み」。


プーリア番外編_f0106597_18163768.jpg
プーリア番外編_f0106597_1821556.jpg


<海の贈り物>
波打ち際で見つけた、海の贈り物。岩場のちょっと隠れた場所には、こんな小さな貝殻が、完全な形で残っていました。
海草の色って、山の野草の色合いとはまた違い、夏らしい美しさがあります。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by nana at 2006-08-28 19:00 x
九州育ちの私ですが、馬刺しは苦手です。 とゆーか、生のお肉はチョッと・・・ね。 ライオンになりそうで・・・ だけど、煮込みはとても美味しそうな気がします! いつかトライしてみよ~っと。 もう一つ、ブリオッシュ!日本でその名前のものを買うと、ブランデーが浸してあったりしますが、これって間違い? このお写真だと甘い食べ物のようで、これまた食べた~い!! 私ってホント物を知らないですよね? chihoさんのブログでお勉強しなくては!
Commented by らふぁれろ at 2006-08-28 20:52 x
プーリアはサラミ類が無いんですか。(ちょっと意外です。)
日本で馬肉をよく食べるのは熊本。
どっちも南ですね。
馬肉の煮込みチャレンジしてみたいです。
Commented by Sette at 2006-08-28 23:30 x
地域によって違うんですね。ハムなどを食べる習慣の無い場所がイタリアにあるなんて!って、そりゃあそうですよね。南から北まで、気候なんかも違いますし・・・。肉のブティックって誰が名づけたんでしょうね。すごい名前でした(笑)
馬刺し大好きです。お馬さんに限らず、食用の動物のことを考えると、食べるのがつらい時もありますが、命の犠牲に、感謝を忘れず何でも美味しくいただくことにしています。・・・・・・結局食べるんです。(苦笑)
Commented by xthneh5d at 2006-08-29 06:14
chihoさん、こんにちは。
友達のママがイタリア人で、彼女が作ってくれた馬肉料理がこれに近いような気がします。
薄く延ばした馬肉でハーブとパルメザンと松の実とパンナチェッタなどを巻いて軽く焼き目を付けた後にトマトソースで煮ていました。おいしかったなあ。
小さな貝殻きれいですね。
今年の夏はユキちゃんには忘れられない夏休みになったでしょうね。
もうすぐ新学期ですか?誕生日ももうすぐだし、また忙しい日々が始まりますね。
Commented by coquille at 2006-08-29 12:35 x
あ゛~っ、馬肉!九州人なんで大好きです~、馬刺しがっ。生では食べないんですかね、カルパッチョとか?
パリのスーパーでも、ステーキ用とかハンバーグが売ってます。
義母は、ウサギはしょっちゅう食べても馬はお友達と思ってるようなので、馬肉なんて信じられんって顔しますけどね(笑)
Commented by serendipity_m72 at 2006-08-29 13:16 x
ブリオッシュ・・・ってクロワッサンの事ですか?美味しそう・・です。そして、唐辛子・・全く辛くないのですか?見た目はかなり、唐辛子で・・・からそうなので、食べるのにはじめは勇気がいりそうですねぇ~肉のブティック・・・すごい名前ですねぇ~同じイタリアでも食べものの習慣ってそんなに違うものなんですねぇ~興味深いです♪
Commented by chiho at 2006-08-31 23:21 x
nanaさん>そうそう、イタリアでは、日本でいうクロワッサンのことをブリオッシュと呼びます(ややこしいなあ)。中が空洞のものもあれば、カスタードクリーム入りや、杏ジャム入りのものもあります。
Commented by chiho at 2006-08-31 23:21 x
らふぁえろさん>是非、馬肉の煮込み、挑戦してみてくださいね。
Commented by chiho at 2006-08-31 23:22 x
Setteさん>いや~、夏の南イタリアの暑さは並みじゃないっす!だからハムは保存できないんでしょうね。
Commented by chiho at 2006-08-31 23:24 x
xthneh5dさん>うんうん、アントネッロのレシピとほぼ同じです。アントネッロは、パンチェッタとにんにく、ケッパー、パルメザンチーズを入れて巻き、ちょっと焼いてからトマトソースで煮込みます。美味しいですよね。
Commented by chiho at 2006-08-31 23:26 x
coquilleさん>ウサギはフランスでも良く食べられているんでしょうね。イタリアでも同じく。可愛いウサギも、赤ワインをふりかけて、ジャガイモと一緒にオーブン焼きにしても美味しい♪デス。
Commented by chiho at 2006-08-31 23:27 x
serendipity_m72さん>一見、辛そうに見えますが全然辛くなくて、素揚げにすると甘みが出てとても美味しいんですよ。
by lacasamia3 | 2006-08-28 18:23 | ユキちゃんと海2006 | Comments(12)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho