フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」

フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04115923.jpg


毎月一週目の週末に行われるフィレンツェのオーガニック市、フィエルーコラは、季節によって、テーマが変わります。9月のテーマは「パン」。7月末に収穫された新しい小麦が出回り始める時期です。
いつものフィエルーコラはサンティッシマアヌンツィアータ広場で開催されるのですが、今、現代彫刻の展示が行われているために、サンタクローチェ広場に移動しました。


フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04121749.jpg

お題がパンなので、色んな種類のジャムも売られています。


フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04124619.jpg

ケーキも美味しそう♪
今回は水車小屋の仲間、Lさんと一緒に土曜日の朝に行きました。


フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04144455.jpg


フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04130439.jpg

フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04132559.jpg

ここは私たちが小麦を買っている農家さんのブース。
彼らは小麦農家ですが、パンは外に依頼して石窯で焼いてもらっているそうです。


フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04134414.jpg


N君が2種類のパンを味見させてくれました。
1つは古代小麦ジェンティルロッソのみのパン、もう一つはこのセナトーレ・カッペッリという品種の硬質小麦(セモリナ粉になる南イタリアで栽培される小麦)のパン。
やや黄色っぽいこの硬質小麦のパンは、噛むと小麦自体の独特の甘みが感じられて、とても美味しかったです。


フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04141052.jpg
その他、植木とか、


フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04150717.jpg

工芸品、籠、陶器などが売られていました。
やっぱりフィエルーコラは楽しいなあ。

フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04153351.jpg

これはトスカーナの古い品種の果物の苗を売っている苗屋さんのブース。
苗と一緒に果物も売っていました。

フィレンツェのオーガニック市フィエルーコラ~今回のテーマは「パン」_f0106597_04154907.jpg


昔ながらの木になる果物は、栄養価が高いのだそうです。味も断然違うのだろうなあ。
野性味があるので、病害虫にも強く、トスカーナの土地にとても合うのだそうです。来月、イチヂクの苗を買いに行きたいな。

コロナ禍で「美しいものを愛でる心」「健やかであること」を忘れがちでしたが、そんな気持ちを思い出させてくれた素敵な朝市でした。




人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪





Commented at 2020-09-11 10:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tawaraya at 2020-09-11 19:00 x
最後のお写真の葡萄は生でそのまま食べるぶどうですか?昔、甲州ブドウが大好きでしたが・・・それを思い出します。今はなかなか食べられません。みんなワインになってしまうのかな・・・こういう(写真のような)パラパラ?と実が付いている葡萄が懐かしいです。いま、日本の葡萄は実がぎっしりと付いていて一粒が大きなものばかり・・・
Commented by Nichola at 2020-09-11 21:22 x
数日前、BSで「世界ふれあい 街歩き」Bari編をみました。

動画、音声入り1時間ものなのに、およそ生命感のない、おそろしく発信力の弱いものでした。管理人さまの静止画・文章の方が100倍も上です。

蛇足ながら
① BariにはSt Nichola 教会がありましたが、ごくあっさり扱っていました。 
② バスで40分ほどのアルタムーラのパン屋さんも登場しました。50平方メートルもあるオーブンで焼いていました。使う小麦が~~で、焼き上がりが黄金色に輝いているとのことで広範囲から客を集めている様子でした。<このパン屋のところだけは、小麦からはじまってのパン焼きについての管理人さまのご説明を拝読していたので、よく理解できました。>

NHKエンタープライズのかたへ:
このコメントがお目にとまりましたら、大金を遣っての海外取材ですので、このブログを参考に、もっと、しっかり構想・企画を詰めた見応えのある番組を目指してください。
Commented by lacasamia3 at 2020-09-12 22:46
鍵コメNさん、おススメですー。是非フィレンツェにいらっしゃる時は市場に合わせていらしてください。大体、毎月の一週目の週末です。イタリアの果物は結構品種によって味が違ったり、農家さんによって違ったりして面白いです。
Commented by lacasamia3 at 2020-09-12 22:49
tawarayaさん、写真に写り込んでいる葡萄は小粒だからワインにする葡萄かも知れませんね。でもお菓子にしたりもするんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2020-09-12 23:05
Nicholaさん、きっと番組なりの視点があったのでしょう。アルタムーラはかなり前ですが行ったことがあり、小さいけれどとても素敵な村です。大きなオーブンで焼かれるフォカッチャはとっても美味しいんですよ。コロナの時期にこうしてイタリアの番組を放映していただけて嬉しいです。
by lacasamia3 | 2020-09-11 04:11 | 水車小屋物語 | Comments(6)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho