小麦畑を食卓へ

小麦畑を食卓へ_f0106597_06151413.jpg


火曜日はパン焼きの日。朝9時に水車小屋に行き夕方5時までみっちりとパンと向き合っています。
最近使っている小麦粉は、おらが村で小麦畑を持っているR君と彼のお父さんの小麦。昔ながらの脱穀機で小麦の脱穀を見せてくれたR君です。




昔、ユキがまだ小さかった頃から、幼稚園の向かいに、いつも広い小麦畑がありました。とっても綺麗に手入れがされていて、毎年7月にはたわわに実った小麦が風に揺れ、その美しい光景に何度となく見惚れたものでした。
その光景は今も変わらず、逞しい若者に成長したR君がお父さんを支えて、仕事の傍ら、休日に小麦畑を手伝っています。

小麦畑を食卓へ_f0106597_06154706.jpg

(これはマードレという天然酵母です。水車小屋でも家でもパン焼きにはこの天然酵母を使います)

ひょんな縁から、水車小屋でR君が育てた小麦を分けてもらうことが出来、先日から粉挽きをしています。ヴェルナという品種の古代小麦。粒はやや不ぞろいだけど、風味があって、とても味の良い粉になりました。



小麦畑を食卓へ_f0106597_06163621.jpg

今日はこの粉を使って、シルヴィアとミケーレと一緒にパン焼き。


小麦畑を食卓へ_f0106597_06182616.jpg


(先週のパンを作業の合間に食べるおやつ用に温めています)

今日焼けたのは28個。GAS(有機農産物を共同購入するグループ)の受け渡しの時に持っていったら、一気になくなりました。



小麦畑を食卓へ_f0106597_06194743.jpg

「今日のパン焼きはさー」ってビール飲みながらアントネッロに語っていたら、携帯にwhatsAppでGASのメンバーさんから「パン、美味しかったよー」というメッセージが続々と届きました。小麦の生産者R君宅にも誰かがパンを持って行ってくれたようで、彼からも「僕らの小麦が粉になってパンになって、それを食べることが出来てとても幸せだよ」ってメッセージが届いていました。



小麦畑を食卓へ_f0106597_06203835.jpg

明日から、村の人達がR君の小麦畑を眺める時、この光景がより愛おしくなるかも知れない。

皆が小麦の話をしながら家族で食卓を囲んでいる風景を想像したら、まるで焼き立てのパンを抱えているような、とっても温かい気持ちになって、今日はこの幸せを胸に抱いて眠りたいな。


人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪






Commented by Nichola at 2020-09-09 08:21 x
信じられないほど美しい宇宙が広がっています。

その宇宙を遠望していると、ぼくが絶えず追い立てられながら焦燥と混沌の中に生きてきたことがよく分かります。しかし、やり直すにも古稀過ぎでは....。
Commented by ハチ at 2020-09-09 08:44 x
いつもブログ拝見しています!
R君の小麦のお話、とても素敵なことですね!!
いつかchihoさんにお願いして、そちらを訪れること夢見ています。コロナ禍の中、ボランティアお体に気を付けてください。
Commented by KIKU at 2020-09-09 09:53 x
こんにちは。
フィレンツェ郊外の空気を、いつもありがとうございます。

目の前の小麦畑の小麦で作ったパンをいただく…なんて牧歌的で原初的でシンプルで素晴らしい流れなんでしょう!
生産するひとと消費するひとの顔が見えるって、心豊かになります。
わたしも昨年からパン作りを、この夏は野菜作りを始めたので、この記事の素敵な部分が以前よりもっと深く理解できたような…。
こういう流れに乗れる環境が欲しいです。
自分で作るには難しそうなので。
Commented at 2020-09-09 10:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あつこ at 2020-09-09 13:40 x
R君がお父様を支えながらお二人協力して作られた小麦粉、それがパンになって、食卓にあがる。
わたしもあったかい気持ちになりました。お弁当を食べたばかりですが、パンを抱いてる気持ちです。まだ食べられそう(笑)
Commented by Hiroko at 2020-09-09 14:21 x
この小麦で作ったパンならグルテンアレルギーなんかも起きないのでは?人間が便利に走って遺伝子組み換え食品を大量生産してしまってから、アレルギーが増えている気がしてなりません。
第一、こっちの方がずーっと美味しそうです。
by lacasamia3 | 2020-09-09 06:14 | 水車小屋物語 | Comments(6)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho