時間と人の情熱がつくるもの

時間と人の情熱がつくるもの_f0106597_05515159.jpg

さて、先日お邪魔したakaneさん宅には、とっても広い敷地内に、なんとバルサミコ酢の倉があります。
結婚のお祝いを樽にしてもらったという面白い二人。
元々旦那さんのご家族が持っていたお屋敷に代々伝わるバルサミコ酢作りを受け継いで、それを今はきちんとした形で葡萄から作っているんです。


時間と人の情熱がつくるもの_f0106597_05555606.jpg

結婚のお祝いをした人が、その後遊びに来た時に樽にサインをしていったので、それそれにサインが入っています。

時間と人の情熱がつくるもの_f0106597_05563287.jpg
こちらが元々のお屋敷にあった一番古い樽。
バルサミコ酢が出来るまでには、大小最低5樽必要で、最低11年かかり、できるのはたったの1,5リットルなんだそうです。
お金には替えられない情熱。




時間と人の情熱がつくるもの_f0106597_05565980.jpg
あかねさんはバルサミコ酢の醸造室の見学やバルサミコ酢のテイスティング、バルサミコ酢を使ったお食事会などを行っています。バルサミコ酢の鑑定士でもある彼女の話は本当に興味深いので、是非、以下のフェイスブックを見てみて下さい。

フェイスブック akane in balsamicland
You Tube チャンネルYoutube akane in balsamicland


時間と人の情熱がつくるもの_f0106597_05574396.jpg
そして午後連れて行ってもらったのがこちら、パルミジャーノチーズの工場。
ここは、モデナ県なんですが、実は正式なパルミジャーノはパルマ近郊だけでなく、レッジョエミリア、モデナでも作られています。

牛乳を温めて固形になった部分をさらに塊にしたものを、塩水につけます。順番にロールが回ってきて、均一にすべての面が塩水に漬かるように回すんです。


時間と人の情熱がつくるもの_f0106597_05582963.jpg
どどーん。
ここで熟成させます。


時間と人の情熱がつくるもの_f0106597_05585562.jpg

これは、亀裂が少しでも入ってしまったもの。
パルミジャーノとして売れないので、マークを削り取ります。





時間と人の情熱がつくるもの_f0106597_06020584.jpg
完成品はこちら。
何処を切ってもPARMIGIANO REGGIANOと書かれている部分が出るようになっています。




時間と人の情熱がつくるもの_f0106597_23440792.jpg

18か月、24か月、48か月があったのですが、私は24か月を買ってきました。
24か月は1キロ当たり16ユーロ、48か月は一キロ当たり20ユーロ。でも、高いほうが美味しいというわけではなくて、好みの問題。味見をしましたが、私は24か月のアクセントが効いた味が好きだったのでこちらを買いました。

パルミジャーノレッジャーノチーズもバルサミコ酢も、エミリアロマーニャの人のパッションと生真面目さが創り上げた素晴らしい食品だと思います。

今度は母を連れていきたいな。
akaneさん、楽しい体験を本当にありがとう。



人気ブログランキングへ
今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑の「人気ブログランキングへ」の文字をポチッとクリックしてください♪






Commented by Nichola at 2020-07-24 11:56 x
貴ブログは「いままでまったく考えてもみなかったこと」で満載です。

素晴らしい人々、素晴らしい環境、素晴らしいもの/ことの数々、それらを素晴らしい形でまとめ上げて表現する管理人さんのセンスにはただただ感動です。

素晴らしい人々ーーイタリア人と結婚した方々が配偶者の浮気で悩むこともないのでありましょう、きっと。


Commented at 2020-07-24 15:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2020-07-25 02:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さなえ at 2020-07-25 05:35 x
バルサミコ酢って最低11年もかかるのですか。びっくり。
毎朝、トマトとキュウリにバルサミコとオリーブオイルを振りかけて食べてます。大事に、噛みしめられないけどw、噛みしめて味あわねば作る人に申し訳ないですね。
Commented by krispy3 at 2020-07-25 08:49
フィレンツェ の中央市場で無愛想なおじさんからチーズを買ったのを思い出しました😊美味しかったですが今度はこの紹介された地域に行ってみたいです!
Commented by Toruberlin at 2020-07-25 11:20
千穂さん、おはようございます。
ご友人、面白いなー!いつか訪れたい。M社を思い出します。
パルミジャーノも圧巻!
プロシュートのカテドラルを思い出します!
https://toruberlin.exblog.jp/25968630/
またいつか、ご一緒してください❣️
Commented by lacasamia3 at 2020-07-25 21:27
Nicholaさん、いえいえー。私は日本人の友人がとても少ないんですが、それでもこちらに住んでいる日本人で知り合った人には面白い人が多いです。皆、パワフルですよ。
Commented by lacasamia3 at 2020-07-25 21:36
鍵コメtさん、母はバルサミコ酢はイタリアに来ると良く買っているのですが、作っている所は見たことがないので、是非見せてみたいです。
Commented by lacasamia3 at 2020-07-25 21:54
鍵コメmさん、いつもブログを読んでくださって有難うございます。バルサミコ酢の仕込みには相当のモストコットが必要になると思います。パルミジャーノのマークを削ったチーズは、普通のチーズとして安い値段で売られるんですよ。エミリアロマーニャ人の「採算は度外視して、良いものを作ろう」という情熱は素晴らしかったです。
Commented by lacasamia3 at 2020-07-25 21:55
さなえさん、バルサミコ酢は本当に大切に作られているんだなって思いました。だから美味しいんですね。
Commented by lacasamia3 at 2020-07-25 21:57
krispy3さん、是非次回は生産地に足を運んでください。本当に感動します。あかねさんのバルサミコ酢のセラーは素晴らしかったですよ。
Commented by lacasamia3 at 2020-07-25 21:58
Toruberlinさん、プロシュットのカテドラル、懐かしい・・・。楽しかったですね。あの時も生産者の情熱に触れて感動したのを思い出しました。
by lacasamia3 | 2020-07-23 05:36 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(12)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho