月曜日はパスクエッタ

月曜日はパスクエッタ_f0106597_16183977.jpg

おはようございます。
昨日は、パスクエッタの月曜日でしたね。
キリストの墓地を訪れた3人の女性が、墓地の扉の岩がずれて開いているのを見つけ、天使によりキリストの復活を告げられる日です。イタリアでは街を飛び出し、郊外にピクニックに行ったり、バーベキューをする習慣がありますが、今年は封鎖でそれもなし。
私は、一日中、庭の掃除を。

月曜日はパスクエッタ_f0106597_16190062.jpg


キッチン前の庭と畑として使っている面積は、実際の4分の1で、本当は残りもうちの土地ではあるのですが、長年、イバラと細い雑木に覆われていました。

月曜日はパスクエッタ_f0106597_16193011.jpg


もしかしたら、一生でこんなに贅沢な時間がある機会はもうないかもしれないと思い、朝から夜まで、森のお掃除。
1週間以上かかりそうですが、封鎖が解ける頃には綺麗になっているかな?




月曜日はパスクエッタ_f0106597_16195043.jpg


パスクエッタの夕食はユキが作ってくれたカンネッローニ。
生地から手打ちです。中身はリコッタチーズとビエトラ(茹でてピュレーにしたもの)、それにパルメザンチーズと細かくしたモッツァレラも。
美味しかった♩段々、アントネッロに似てきているかも。

・・・というわけで昨晩はクタクタで、ブログも更新せずに、幸せな晩御飯を食べたら、幸せな気分でバタンと寝てしまいました(笑)
今朝は救急車で、さっき帰ってきたところ。さあ、掃除しようっと。


今日も読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

Commented by conpoy at 2020-04-14 22:39
むかーし昔、アントネッロさんが作られたカンネッローニがどうしても食べたくて、悪戦苦闘しながら作ったのを思い出しました。
ユキちゃん、アントネッロさんの様に手際よく作られたのでしょうね。
あっと言う間に大きくなられて・・・私も年を取る筈です(笑)
もう若さはないですが時間があるので、また悪戦苦闘しながら作ってみようかと思います(^^)♪
Commented by noemi at 2020-04-15 08:14 x
猫のしっぽでアントネッロさんが作っていましたね。たまたま猫のしっぽを見返していたので、ゆきちゃんの成長とともに、しみじみしてしまいました。あんなに手間のかかる一品を作れるなんて素晴らしい!
Commented by 妄想人 at 2020-04-15 10:16 x
初めまして!いつも密かに拝見していました。
お庭の掃除というより開拓されているようですね。
私も、出かけられないので片付けに勤しんでいます。
NHK の番組(チコちゃんに叱られる!)で決まり文句
「ボーっと生きてんじゃねーよ!」とならないように、
出来ること、楽しいことを探しています。
怪我しないようにがんばって!
Commented by africaj at 2020-04-15 10:51
ユキちゃんのカンネッローニ美味しそう。パスタがうっすーいのかな。
カンネッローニ食べたいなあ。作ってみよう(作ったことない)
子供の頃の夏休みみたいな一日が長〜いなんてことが、大人になってあるって、時間の使い方としてかなり贅沢だよね!
広い庭がもっと広くなるんだね。鶏とラーラが喜ぶ♪
Commented by lacasamia3 at 2020-04-17 01:42
conpoyさん、カンネッローニは生地を伸ばして、茹でて さらにそれに具を包んで、オーブンで焼いて... と手間がかかるけど、その分、美味しいですよね。是非また作って下さい!
Commented by lacasamia3 at 2020-04-17 01:58
noemiさん、この時期、料理とお菓子作りの腕を上げていて、これからが楽しみです。
Commented by lacasamia3 at 2020-04-17 01:59
妄想人さん、確かに「開拓」ですね(笑)。頑張ります!
Commented by lacasamia3 at 2020-04-17 02:01
africajさん うん、畑の右側、全然手をつけていなかった部分。いちぢくとかりんごとか、果樹を植えたいなって思ってます。
by lacasamia3 | 2020-04-14 16:17 | トスカーナ山暮らし | Comments(8)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho