また会う日まで

また会う日まで_f0106597_02123866.jpg


やっぱり庭に花があると嬉しいですね。
これから気温がぐんぐん上がるそうです。畑もそら豆を植えて、赤ラディッシュの種たねをまいて、キュウリとトマトの畝を作っています。

イタリアでは毎日、夕方にProtezione Civile(市民保護局=災害などの非常時を管理する公的機関)のトップと、コロナ対策に関わっている専門家(こちらは毎回日替わり)が会見を行なっています。最初に、現在の感染者数、治癒者数、全体感染者数、死者数が発表されます。また前日に比べて感染者がどの位増えたのか、ICUに入院している患者数の増減なども細かく伝えられ、毎日の傾向を数字で伝えています。
パッとみると感染者数相変わらず高いのですが、前日比の増加率は明らかに減っています。そして、今日大切なグッドニュースは、初めて、集中治療室の患者数が72人減ったこと! 私が行っていたロンバルディア州から他の州への搬送も先週からストップしています。面会ができなくても、それぞれの患者が自分の居住地の病院で治療が受けられるわけで、本当に嬉しいニュースです。

今週は悲しいニュースもありました。
先日、我が家の近くの墓地の火葬場にロンバルディア州からコロナで亡くなった50人の方が軍の運送車で搬送されてきました。州内の火葬場が間に合わない為です。家族にも会えなくて、他の州で火葬されてしまう事、本当に、本当に悲しく思います。

水曜日に救急センターで、ロンバルディア州に遠征しているRさんとA君チームに会いました。
彼らは2週間前にトスカーナ州からの救援部隊として派遣され、連日ブレッシャの地元の救急搬送を行なっています。毎日、拠点に戻る暇なくひっきりなしに出動依頼が入り、毎回、レッドコード、イエローコードで、心肺停止でも応援のドクターはおらず、その場で心臓マッサージを試みるのみという壮絶な話を聞きました。
余りにコロナ出動の件数が多いので、救急車の除染は通常のガソリンスタンドが請け負っているのだそうです。州が借り上げたブレッシャのホテルに泊まって、ホテルのレストランで食事をしながら、こうして市内、近郊の救急出動を行なっている救急車は、トスカーナ州だけでなく、ラツィオ州、カンパーニャ州からも来ているそうです。最初はマスクや防護服不足もあったようですが、先週から物資が届き、少し解消されたと言っていました。

この日は必要物資を補給して、Rさんは、またブレッシャにとんぼ返り。全てが終わったら皆で乾杯しよう!って言い残して。
二人を乗せた黄色い救急車は、再び北を目指して出発していきました。いつか二人が帰ってきて、皆でおかえりの乾杯をする時があったら、その時には思いっきりハグして、お疲れ様って言いたいです。

のんびりした封鎖生活の中で、皆、様々なニュースに一喜一憂しています。
でも少しずつ、僅かでも希望の光は見えてる。今、封鎖に耐えている皆の努力がグラフに表れて来ています。勿論、いつまで家に留まっていなくてはいけないのか、先が見えない不安はありますが、殆どの人は、ここで容易に封鎖を解除して第二波を起こすのではなく、しっかりと減少がある程度まで進んで、政府の判断を仰ぐのが良いと思っているのではないでしょうか。

焦らず、まだまだ・・・頑張ろう。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


Commented at 2020-04-05 05:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lacasamia3 at 2020-04-05 06:09
junjunさん、少しずつ増える分にはまだコントロールができるのですが、これが爆発的な増加になると大変です。
Commented at 2020-04-05 06:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lacasamia3 at 2020-04-05 06:35
鍵コメaさん、ありがとうございます。そうなんです、「人気ブログランキングへ」の文字をクリックしていただくと、1日に一回、ブログランキングに投票していただいたことになります。今まであまり気にしていなかったのですが、ブログランキングからこちらのブログに来てくれる方もいるので。引きこもり生活、まだまだ続きますね。もう少し頑張りましょう♩
Commented by kanahata at 2020-04-05 08:41 x
>この日は必要物資を補給して、Rさんは、またブレッシャにとんぼ返り。全てが終わったら皆で乾杯しよう!って言い残して。
イタリア男子っぽくて好き。
Commented by Madame Cow at 2020-04-05 08:51 x
お近くでしたら差し入れを、毎日家の前に配達したいぐらいです。
イタリアも日本も元気になったら、フィレンツェにまた遊びにいきます。
くれぐれもご自愛ください。
Commented by mummeri at 2020-04-05 09:01 x
「政府の判断を仰ぐのが良い」と国民が思える国ではなかったことが今とても無念です!県を越えての患者受け入れさえ話し合っても判断するトップがいないため決まらない。
Commented at 2020-04-05 16:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Satoko a Yokohama at 2020-04-05 16:59 x
ちほさん、イタリアのいろんなこと、ちほさんの気持ち
このように発信してくださってありがとうございます!

以前のように、イタリアに住んでいる皆さんが思いっきりハグしあって、
バールで普通に朝ごはんを食べて…そんな時が遠からず来ますように。
Commented by Murakami at 2020-04-05 17:03 x
8年前にconceに滞在させて頂いた熊本の村上です。
毎日のようにボランティアで救急車で患者さんの運搬されているとの事、心から尊敬します。
熊本市も少しずつ感染者が増えてきており、学校も5月まで休校になり、その準備に追われています。
この3月に家内とフィレンツェに旅行しようと話していた矢先のウイルスの蔓延でした。
この災害が収束しましたら必ずフィレンツェへ行こうと思います。
その時はまたよろしくお願いします。
危険なお仕事と思います、どうかお気をつけて下さい。
Commented by yasuko at 2020-04-05 17:17 x
隣国で発生したと時は、まさかこのような事態になるとは想像すらできませんでした。
私は真っ先にクラスターが発生した北海道に住んでいます。
知事の早々の判断もあり、北海道は危機的状況には至っていませんが(今後も油断は出来ません)、
それでもここ数ヶ月、北海道の医療の現場がどれほど大変だったか、これは想像に難くないことです。

今は臨床を離れている元看護師です。
chihoさんの発信、行動がいつもとっても心に響き、かなり注目させていただいています。
何より、大切な情報が沢山つまっていると思うのです。
今は我慢、本当にそうですね。。
いつか、収束する日はきます。それまでみんなで頑張ろう!

そ・し・て!
タンポポ食レポ、畑仕事、薪釜でパンなどなど、いつもと変わらない景色もまた嬉しいです。
木や土の香りっていいんですよね。









Commented by Michi at 2020-04-05 22:52 x
Chihoさん、頑張って下さい。イタリアは北南での対立があると聞きましたが州を超えて皆さん協力されているのですね。
イギリスでは5月中がピークになると予想されています。イタリアから習ったのか市は緊急の死体安置所や火葬場、行政上の書類の簡潔化等を進めています。すでに救済ではなく1万人以上になると予想される死者の対処へ移行している様です。
私も毎日お年寄りのご家族とコロナ感染し、寿命が残り少なくなった患者さんのケアはどうするか等の相談しています。助ける事が出来ないのならせめて苦しま無いようにと。
辛いですね
Commented by mjmnomama at 2020-04-05 23:15
おはようございます。
先日のブログでお花は生活の必需品と書かれていて・・・
園芸店がオープンしてるんだ!とすごく嬉しくなりました。(笑)
こちらも感染が拡大していて皆さんマスクをしています。
一月前は、誰もマスクなんてしていませんでした。

・・で、私は、家でマスク作っています。(笑)
出かけられないので、出来る事をやるだけです。

世界中で頑張っていらっしゃる方々に感謝です。
Commented by すずのすけ at 2020-04-06 10:00 x
焦らず、まだまだがんばろう!
本当に同感です!
Commented by Azusa at 2020-04-06 16:31 x
ちほさん、初めまして。猫のしっぽカエルの手トスカーナ編からTVを通して、そしてちほさんのブログをとても楽しみに長年拝見しています。
ボランティアとしてコロナウイルスに感染している患者さんを助けるための活動、その勇気と情熱は、言葉では伝えられない尊敬の念を感じています。ここ最近はイタリアの状況を発信してくださって、大変な状況の中でみなさんがそれぞれの今できることをされているのだろうな、と
是非このGans Waterを試してください。イタリアでこのGans Waterを作っている人を探してコロナの患者さんたちのために使ってください。今の私が出来るのはこの情報を一人でも多くの人に伝え、少しでも多くのGans Water(そしてGansも)を作りシェアして一人でも多くの患者さんが助かれば、と願っています。
https://www.facebook.com/groups/KesheFansNewZealand/
Commented by lacasamia3 at 2020-04-07 18:15
kanahataさん、その日を楽しみにしています皆でカンパーイってしたいな
by lacasamia3 | 2020-04-05 02:11 | イタリア救急車ライフ | Comments(16)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho