救急車の1日

救急車の1日_f0106597_02040622.jpg


今朝も元気に救急車でした。朝8時から14時までのシフトです。
いつも朝のシフトの時には、看護師と二人で救急車の中のチェックをします。生体モニター、AED、吸引器のチェック、リュックの中の薬剤、医療用器具のチェック、薬の為の保冷剤の交換、車内の掃除などです。この時間が結構楽しい。こういう時はこうするとか、看護師から色々な情報をもらえる時間です。

その後、ドライバーと3人でガソリンスタンドに給油に行きます。ドライバーだけでなく、必ず3人で行くのは、もし途中で出動命令が出た時に、そのまま出られるように。大体、普段はこのタイミングでバールに立ち寄り、コーヒータイムですが、今はどこも閉まっているのでそれが出来ない(涙)。

センターに戻ってからは、出動命令が入るまで、皆、好きなことをして過ごします。私は大体、キッチンの片付け。食器洗い機に入っているお皿を片付けたり、キッチンの床にモップをかけたり。今日はこのまま暇かなーと思っていたら、9時30分にサイレンが鳴る!しかもうちのチーム!そして呼吸器系のイエローコード。

コロナの疑いがかなり濃厚なので、看護師がマスク、ゴーグル、手袋、防護服を一式を着て、私とドライバーは手袋、ゴーグル、マスク、外科手術用ガウンを着ます。防護服は数に限りがあり、毎回使い捨てです。そのため、看護師のみ防護服を着て患者の家に入り、私とドライバーは家の外で待機。途中、聴診器(イタリア語ではstetoscopioとかstetofonendoscopioと呼ぶのですが、短かくfonendoとも呼ぶことを今日知る)やパルスオキシメーター(血中酸素を測る機械)を看護師に渡したり、センターと電話で話をしたり、患者のデータを入手したりします。

発熱と咳、初期の肺炎の場合は、通常、今のイタリアでは自宅待機で静養となり、PCR検査も行いません。ただ今日のケースは歩くと血中酸素が下がってしまい、肺水腫がある為、イエローコードで病院に救急搬送しました。私は前の席に乗り、患者と看護師はストレッチャーがある後ろ側に乗ります。間の扉を閉めるので、2つの空間は遮断されます。患者を無事に救急外来に搬送した後、患者と看護師が乗っていた救急車内の空間は、ストレッチャーや座席だけでなく、床を含めたあらゆる表面を防護服を着た看護師がアルコールを含む洗浄液で全て濡らしペーパーで拭き取ります。その後、密閉してバルサンのような消毒用の煙を炊きます。看護師は汚染された防護服を脱ぎ、手袋などと一緒に特別廃棄物のゴミ箱に入れます。その他、使った機器やゴーグルは後で消毒する為に袋に入れて保管します。

帰る前にフィレンツェの中央救急センターに立ち寄って、使った分だけの防護服、マスクを支給してもらいます。1着使ったら1着支給。無駄なく数をきちんと管理しているのです。

最後に、センターに戻って、使った機器の消毒をし、もう一度拭き掃除をしておしまい。
一度、コロナの疑いがある患者を運ぶごとに、これだけの手間と時間がかかるのです。使うたびに破棄しなくてはいけないからマスクも防護服もかなり貴重。

救急車の1日_f0106597_02043937.jpg

消毒液の匂いがすごいので、窓を開ける。
久しぶりのフィレンツェ〜(涙)。




救急車の1日_f0106597_02051101.jpg


センターに戻ったら、先に戻っていた別チームの看護師のM君がツナパスタを作ってくれました。ううう(涙)、美味しすぎる。M君、看護師にならなかったら多分シェフになってたよ。というわけで、今日はユキ飯ではなくてオヤジ飯。皆でワシワシ食べる。それにしても3人分で500gのパスタって(汗)。

綺麗に完食。

今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




Commented by ゼン at 2020-03-19 08:03 x
ローマ在住です。救急車や北の病院状況を正確に、煽る事なく、客観的に、でも最後はホッとなる一コマあり、のレポートありがとうござます。日本でもこの様に報道してほしい。
ちほさんはじめ、医療関係者皆さんに感謝と尊敬です。
Commented at 2020-03-19 08:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mkmp at 2020-03-19 10:47 x
救急センターのお仕事お疲れさまです。
消毒液の匂いが気になるので窓をあけたときの
フィレンツェの写真に生命を感じました。
Commented by としこ at 2020-03-19 12:19 x
さっき買い物から帰ってきました。今日もマスクは一枚もありませんでした。ブログを読んで 本当に必要なところに回すのなら私たちは我慢しようと思います。毎日リアルな現場の様子に緊張します。
Commented at 2020-03-19 13:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2020-03-19 15:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なつめぐ at 2020-03-19 15:40 x
10年来、こちらのブログやご本を楽しく読ませていただいています。先日の医療現場のレポートを読ませていただいて背筋が伸びる思いがし、私のFBにてシェアさせていただいたところ、たくさんの応援のリアクションが届きました。その方達とともに、chihoさんをはじめ、イタリアの(そして各国の)医療現場で働く方々のプロフェッショナリズムとハードワークに心からのリスペクトと応援を送っています。 日常の生活でもお仕事でもchihoさんの人々や動物、自然、芸術、この世界のすべてのすばらしいものごとに向ける眼差しと愛が伝わってくるブログを読むたびに、いつも私も元気になれています。あらためてありがとうございます! 今はこのように大変な時ですが、どうかお体に気をつけて、がんばってください。
Commented by fumiko at 2020-03-19 15:57 x
chihoさんのブログ、イタリアの状況が詳しくわかります。こちらでは、感染者数と亡くなった方の数、ひと気のなくなった観光地などの情報が主です。医療に携わる皆さんの健康を益々お祈りします!あ、ヴェネツィアの運河(水路)が透明になり、小魚もいっぱい泳いでいる姿が見えるそう!悪いことばかりではないですね。
Commented by africaj at 2020-03-19 17:39
ハードな仕事後の山盛りパスタは、うまいね
Commented by kotaro_koyama at 2020-03-19 17:59
素晴らしい、ご苦労様です!感染の不安もあるかと思いますが、千穂さん達のような方にこの国は支えられています。ありがとう!
… そうだ、今日はうちもツナパスタにしよう :)
Commented by なかじ at 2020-03-19 18:17 x
お疲れ様です。日本では扇情的な恐怖をあおるようなイタリアの情報を検証する事なく垂れ流し、悲しくなります。
それぞれ自分に自分達にできること、思いあっている事、不安な中でも音楽を大音響で流しベランダで皆で踊って励ましあっている姿・・。そしてチホさんのようにひとつひとつ、命を守るために活動している方々がいることを、教皇さんも徒歩で礼拝堂に赴き、祈られた事を伝えるべきだと思います。
それぞれの国で悲惨な中でも生き抜こうとしている人々もいるんだ、と前向きになれるような情報を今は提供すべきではないのでしょうか・・。
チホさんのおっしゃる通り、封鎖がとかれてはっちゃけるイタリアを早くみたいです。
お体に気を付けて、頑張ってください!
Commented by sawai at 2020-03-19 19:27 x
はじめまして。
ブログの更新を楽しみにしております。
救急車の窓から見いたフィレンツェの景色が素敵でした。
感染に気をつけてお過ごしください。
Commented by あつき@岩手 at 2020-03-19 20:16 x
お疲れ様でした。
あ、あれ??パスタ…我が家も3人で500g位です💦
Commented by tommy at 2020-03-20 02:56 x
ローマに在住です。
毎日の報道では気力が落ちるようなものが多いなか、chiho様の現場からの率直なレポートにほっと癒やされます。ご家族、同僚の皆さんの温かいサポートに支えられ、日々を大切に生きていらっしゃるお姿に勇気を頂いています。くれぐれもお気をつけて!頑張りましょう!
Commented by atelier702 at 2020-03-20 03:07
お疲れさまです。
前回に続きますが、困った時はお互い様ですね。
そういえば。。。TVは何年見てないだろうか?と、忙しい思いで過ごすと、省エネに思うタイプです。
遠い昔に、WHで、北米に滞在してました。(まだ、3ヶ国しかない頃ですが。。。青年海外協力隊にも興味がありましたが、気付けば、年齢制限を過ぎてしまい、懐かしさ余りに。)
距離を保ち、プラウドです。
日本からも、応援してますよ^_^
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 05:46
ゼンさん、こんにちは。せっかく暖かくて春らしくなってきたのに、これを心から喜べないことが残念です。本当に、本当に、お互い何とか乗り切りましょう。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 05:50
鍵コメyさん、そうですね。今回のコロナはこういう面も厄介なのです。毎回しっかり気をつけて消毒しないといけないので。多分、日本の医療の現場も同じだと思います。また是非イタリアにいらしてくださいね。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 05:52
mkmpさん、多分、私は家に帰っても消毒液の匂いがしてると思います(笑)春を満喫したーい!!!(心の叫び)
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:00
としこさん、世界的に、医療機関でマスク不足が起こっているようですね。確かに、そんな中では、感染していない人はマスクの使用は控えるのが良いのかもしれません。としこさんのお気遣い私個人もお手本にしたいと思います。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:02
鍵コメhさん、悲しいニュースが毎日飛び込んできて、押しつぶされそうになる事も多々ありますが、日々の小さな幸せ、微笑ましいことを探して何とか前に進んでいます。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:05
鍵コメyさん、昨日もうちの医療センターから救急車が2台、ロンバルディア州に搬送に出かけました。そうですね、救急隊をボランティアとして、貴重な体験をさせてもらっている事、とっても感謝しています。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:07
なつめぐさん、FBでシェアしてくださって大変ありがとうございます。感謝です。辛い時期ですが、その中でも、クスリと笑える事、心が温かくなる小さな事は暮らしの中に溢れています。それらに助けられながら、前に進んでいきましょう。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:10
fumikoさん、数字ばかりを追いがちになってしまいますが、その数字の裏には、必死で治療にあたっている医療スタッフ、集中治療室で病と闘っている患者、そんな家族を想う人々などの様々なドラマ、生活があります。ヴェネツィアの運河の写真、私も見ました。綺麗になっててビックリ
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:11
africajさん、美味しかったよー。オヤジ達に混じってワシワシ食べたら食べ過ぎた(笑)
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:16
kotaro_koyamaさん、レッドゾーンでの陽性の重症者の搬送より、こうした軽症者の搬送の方が感染予防にかなり気を使います。喋りながら咳をして、正面に立たないように気をつけてても、患者が歩き回るので(汗)私たちも感染してしまうと、チーム全体が14日間救急車での活動ができなくなるので、本当に気をつけています。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:21
なかじさん、日本のテレビは(まあイタリアのテレビも同じですが)恐怖を煽るような目を引く情報を好みますよね。いつからこんな風になっちゃったんだろう?もちろん、悲惨な状況ではあるのですが、その中で、できるだけいつものように生活をしようとする人がいて、何とか踏ん張ろうと努力をしている人たちがいます。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:22
sawaiさん、ブログを読んでくださってありがとうございます。美しいフィレンツェ、いつの日か実際に見にきてくださいね。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:23
あつき@岩手さん、おおー、良い食べっぷりですね〜
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:24
tommyさん、ありがとうございます。お互い辛い時期ですが、早く感染者、死亡者、重症者の数が下り坂になる事を祈っています。頑張りましょう。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 06:28
atlier702さん、応援ありがとうございます。そうですね、お互いに頑張りましょう。
Commented at 2020-03-20 06:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lacasamia3 at 2020-03-20 07:39
鍵コメkさん、そちらもいよいよコロナ騒ぎが始まっているようですね。一年で一番美しい春を今年はこんな形で迎えてしまうとは・・・お互い、日々の幸せをしっかり見つめながら前に進んでいきましょう。
Commented by cocondogrose at 2020-03-20 14:39
chihoさん、はじめまして。
10年ほど、楽しく拝見させていただいておりました。
この度の新型コロナの影響の中、chihoさんの現場を体験されてのレポートはきちんと分かりやすくて、現場の方々がしっかり対処されながら静かに戦っておられるご様子がしっかりと伝わってきて、とても静かに勇気づけられました。
そしてやっぱり、おいしそうなお食事のご様子や風景にホッとしてしまいました。
どうぞ、お体にお気を付けつつ、お過ごしくださいね。
わたしも自分に出来ることを大切に過ごしていこうと改めて思ってます。
世界のあちこちのみんなで一緒に乗りきって、春の景色を楽しめますように♪
Commented by lacasamia3 at 2020-03-21 07:11
cocondogroseさん、はじめまして。10年も読み続けてくださっているんですね(感涙)ありがとうございます! 本当に世界中の人が今年の春の景色を楽しめますように!
Commented by ことり at 2020-03-22 10:49 x
時々ブログを拝見させて頂いています。いつかイタリアに行きたいと思っていて、イタリア語を勉強中です。
chihoさんが頑張っている様子がわかり、一日も早くイタリア、全世界が元気になって欲しいと願っています。

ご存知かもしれないのですが、「グラボヴォイの数列」というのがあります。コロ助を調和させて無害化するというヒーリングコードがありまして、あちこちでシェアしていたので良かったらお試しください。数字の間にはちょっと間隔が必要みたいです。
「4 9 8 6 4 8 9」
「5 4 8 7 4 8 9 7 8」
この数列を眺めたり、紙に書き写して持ち歩いたり、私は絆創膏に油性ペンでこの数列を書き、人から見られない鎖骨の下辺りに貼って外出するようにしています。
良かったら、是非お試しください。
Commented at 2020-03-22 22:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoko at 2020-03-23 16:30 x
数年中には、chihoさんのお世話になってイタリアを旅したくて言葉を学んでいます。日本,人ごとでないのに、何故か他国の状況の方が詳しく知らされているような。会社が動いているので緊張感がないですね。4月が恐ろしいです。

イタリア語の先生(日本人ママ)が『大丈夫イタリア人は始めはマイペースでも彼らは最後はきっちり決めるパワーがあるから。』って。地球が病気にかかってる、みんなで何とかしなくちゃ!始まりがあれば終わりもある。前向きに参りましょう。
*蛇足、お鍋のコッチョリーノさんの所でニアミスでした。
Commented by ak.i0920 at 2020-03-24 05:17 x
chihoさん 初めまして。ブログ・インスタを楽しみに読ませて、見せていただいています。
chihoさんのブログを読んで、今までの日常とコロナに対応されてる日々がどちらも現実なんだということに気づかされて最初はショックを受けました。
心が苦しくなりました。
でも、chihoさんの救急対応のブログを読んで、皆さんが冷静に戦ってらっしゃることが分かり、とても勇気づけられました。chihoさんたちの方が大変な日々を過ごされているのに…。
私もchihoさんを見習って、自分の出来ることをしっかりやって日々過ごしていきたいと思います!
どうかお体にお気をつけて。1日も早く終息することを願っています。
by lacasamia3 | 2020-03-19 02:03 | イタリア救急車ライフ | Comments(38)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho