今週の私

f0106597_07472556.jpg

今週は医療通訳の依頼が多く、なんだかブログに書けそうな事、あまりないのですが、元気です。
昨日は、医療通訳で救急外来に泊まりでした。夜のERは色んな人が居ます。転んじゃったホームレス、酔っ払い・・・・。ちゃんと警備員さんがいるので、周りに絡んできたら、「はいはい〜」って外に追い出しちゃうんで怖いことはないのですが、とにかく賑やか。

昨日の救急外来の受付は、よく見る刺青のお兄さん。背は中くらいで、テキパキ慣れた感じで、次から次へと来る患者、救急隊を順番にさばいていきます。救急外来って、ドクターや看護師のスキルも凄いと思うけど、何より受付の子の人たちの処理能力が素晴らしいなっていつも感心します。重症から軽傷まで、色んなケースが来るのに、それぞれ、効率よく対応してる。明らかに軽症な人は帰ってもらったりもしています。イタリアの救急外来では、小さな子供やお年寄りでない限り、風邪やインフルエンザで救急外来に行ったりはしません。あまりに軽症で来る人に対しては、日本の病院よりもかなり強気で追い出しちゃうかも。付き添いもどうしても必要なケースでに最大一人までと決まっていて、それ以上の家族が入ろうとすると、追い出します。

中には食い下がって意見する人や、余りの待ち時間に耐えきれず、食ってかかる人もいて、ピリッと現場が緊張することもあるんですが、遠山の金さんのように、腕に入れた刺青を見せながら(いや、わざとじゃないかも)、彼がビシッとその場をまとめます。

イタリアの救急外来は待ちます。夜だから、救急外来に行って点滴を打ってもらって早く治してもらおうなどと思わずに、往診のドクターを頼まれることをお勧めします。ホテルの往診でも必要があれば注射を打ってくれますよ。フィレンツェで体調を崩したり怪我をしたら、フィレンツェエマージェンシーネット にお電話かラインでご相談下さい。私と、同僚の須之内律子さんのどちらかが電話で対応しています(保険対応可能)。

写真は、3時間ほど仮眠に家に帰って、その後病院に再度戻る途中に食べた朝ごはん。
クリーム入りのデニッシュ、美味しかったな〜。

**********************************
この記事の中で行った場所は、

・バール、リンコントロ L'incontro Via Nazionale , 38r, Firenze 無休

**********************************


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


Commented by tawaraya at 2019-12-02 17:33 x
お仕事中の千穂さんには申し訳ないけれど、こういう朝ごはんを食べるためにまた(何度でも)、イタリアへ行きたい私です。
Commented by lacasamia3 at 2019-12-02 18:36
tawarayaさん、ここのお店はお菓子もすべてホームメイドなんですが、特にクリーム系が美味しいんですよー
by lacasamia3 | 2019-11-30 07:45 | 私の独り言 | Comments(2)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho