水車小屋でメンテナンス

f0106597_07284034.jpg
久しぶりに青空が見えたトスカーナ。
今日は、水車小屋に仲間が集まり、大雨の後のメンテナンスをしました。


f0106597_07292444.jpg

Gさんが綺麗にしているのは、川から水路へと水が流れ込む部分。ここには、板を渡したトンネルのような場所で、水面に浮かんで水と一緒に流れてくる枝や木の葉、丸太などを堰き止める部分です。
先日の大雨で沢山の枝が詰まっていました。


f0106597_07300478.jpg

アントネッロも釣り用の長靴を履いて・・・




f0106597_07311672.jpg

いざ溜池へ!(ラーラが心配して見てる)
川から運ばれてきた泥が膝の高さまで溜まっています。



f0106597_07303925.jpg

タービンの部分に水を噴出させる口にも枝や石が詰まっていました。
Gさんが詰まっていた大きな丸太を取り出しているところ。


f0106597_07315656.jpg


丁度良いタイミングでオーナーさんから、熱々のコーヒーとおやつの差し入れ。

水がないのも困るけど、激しい雨が降って、丸太などが流れてくるのも困りものです。余りに雨量が多い時は川の水を水路の入り口から完全に堰き止めて迂回させなくてはと考えています。今も木の板を取り除くと、水路に流れ込む前に川へ戻る仕組みにはなっているのですが、板を取り除くのにかなり不安定な体制にならなくてはいけません。川が増水しているときでも、安全な場所から、迂回水路の水門を簡単に開けられるような仕組みを考えなくちゃなあと思っています。

手を入れなくてはいけない部分が沢山ありますが、少しずつ、焦らず前に進みましょう。



今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2019-11-25 07:27 | 水車小屋物語 | Comments(0)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho