マキャヴェッリの山荘

マキャヴェッリの山荘_f0106597_00080726.jpg


先日出かけた、グレーヴェインキャンティへのワンデイトリップは、ブログを読んでくださっていて、「マキャヴェッリの山荘」を訪れることを希望される方がいらしたので、この懐かしい場所を再訪したくて私も便乗したんです。


マキャヴェッリの山荘_f0106597_00082702.jpg


政治思想家のニッコロ・マキャヴェッリは1513年に反メディチの陰謀計画に加担した疑いで逮捕され、拷問を受けたのち、恩赦により釈放されます。その後、フィレンツェを追われ、彼が妻と5人の子供を連れて隠遁生活を送ったのが、このサンタンドレア・イン・ペルクッシーナにある山荘です。



マキャヴェッリの山荘_f0106597_00085161.jpg

大きな書斎は、塩野七生の「わが友マキャヴェッリ」で描かれるシーン、彼が昼間の畑仕事から戻り、夕暮れ時に官服に着替えて「君主論」を執筆する・・・という場面を思い起こさせます。


マキャヴェッリの山荘_f0106597_00091000.jpg




マキャヴェッリの山荘_f0106597_00092635.jpg

マキャヴェッリの山荘_f0106597_00094366.jpg

フィレンツェの情勢が不安定だった時代、殆どの家具は分解が可能で、いつでも引っ越しができるようになっていたそうです。奥のクローゼットも上下で分かれているし、テーブルも足と台を取り外して運べるようになっているんですよ。




マキャヴェッリの山荘_f0106597_00114595.jpg
ここの素晴らしいところは、すべてが彼の時代のまま残っていること。
マキャヴェッリがこの山荘で暮らしていたころ、道を挟んでその向かいには小さな酒場があり、彼は、そこで毎晩、友人たちと酒を飲んでいたのだそうです。


マキャヴェッリの山荘_f0106597_00122278.jpg
今はアルベルガッチョというレストランになっています。
マッシュポテトを詰めたトルテッリは、じっくりと煮込んだ肉のソースで。




マキャヴェッリの山荘_f0106597_00205433.jpg
デザートのスキアッチャ-タも素朴で美味しかったな♪
この山荘とレストランの周りは葡萄畑に囲まれていて、そこで採れた葡萄で今もワインを作っています。

マキャヴェッリの山荘_f0106597_00212677.jpg


何種類かあるけど、買うなら「イル・プリンチペ」(君主論)でしょ!
レストランで買えます。


マキャヴェッリの山荘_f0106597_00233147.jpg

そして・・・
やっぱりこの風景を見てほしい。レストランの手前の駐車場からオリーブ畑の向こうにフィレンツェのドゥオーモが見えます。華やかな外交官時代を過ごしたフィレンツェがこんなに近く見えるのに、戻ることが出来ない・・・
彼の気持ちを想いながら眺める風景は、より心に迫ってきます。

ワインテイスティング、もしくはランチと山荘訪問をアレンジしたワンデイトリップを作ってみました。
この光景を肉眼で是非見てください。

*************************************

この記事で訪問した場所は

・マキャヴェッリの山荘 Via Scopeti 64 Sant'Andrea in Percussina
・リストランテ・アルベルガッチョ Via Scopeti 64 Sant'Andrea in Percussina


*************************************


今日も読んでくださってありがとうございます。気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

Commented by Satoko at 2019-09-19 10:09 x
Chihoさんの旅は、文学や美術史と深く結びついていて、より深く面白く味わえますね。スキアッチャータいつか食べてみたいです
by lacasamia3 | 2019-09-19 00:07 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(1)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho