春キノコの季節です

今年のイタリアはイースター休暇と共和国記念日、メーデーなどをつなげるととても長い連休になるようですが、我が家は、ユキがプーリアに行っていたのと(昨日帰ってきました)アントネッロが風邪をひいて珍しく熱を出して寝込んだので、結局はどこにも行かずじまいになりそうです。私は今、救急車の出動待ち。サブ機として小さなラップトップを買ったので、空いた時間にブログが書けるようになりました(嬉)。

春キノコの季節です_f0106597_04111743.jpg




写真は、先日、アントネッロが熱を出す前、我が家の裏の森でキノコ狩りをした時のもの


広い森の中で枯葉の下に隠れているキノコを探すのって、本当に難しい。
森を自分の周りの森を一つの部屋に例えてみるのだそうです。キノコを見つけられる人は、どの種類のキノコがどんな木の下に生えているのかを知っている。例えば、春のキノコ、プルニョーリは野生のプラムの茂みの中に生えていることが多いのです。だからまずはざっと森を眺めて、野生のプラムの茂みを探す。
頭がトゲだらけになります。

春キノコの季節です_f0106597_04111736.jpg

ラーラは全く役立たず(笑)

春キノコの季節です_f0106597_04111600.jpg

茂みの下のちょっと居心地のよさそうな場所、風が当たらなくて、自分がキノコだったらここに生えるなっていう場所を狙って、ちょっと枯葉を動かすと…

ビンゴ!

春キノコの季節です_f0106597_04111632.jpg

枯葉の下からプルニョーリが現れた途端に、ぷーんと辺りにとても良い香りが充満します。



春キノコの季節です_f0106597_04111772.jpg


あと、「魔女のサークル」と呼ばれる方式があって、一個見つけると、円を描くように2個目、3個目が並んでいるんです。見えるかな?


春キノコの季節です_f0106597_04111793.jpg

トリュフと比較されるほど香り高いプルニョーリは採れる量がとても少なくて、その日に食べないと香りが飛んでしまします
。そのためか、フィレンツェのレストランではほとんど見たことがありません。地元のトラットリアで「今日はプルニョーリのパスタがあるよ」ってこっそり言われるくらいかも。

春キノコの季節です_f0106597_04111862.jpg
トゲトゲに刺されながら、沢山見つけてくれました。アリガトー♩

春キノコの季節です_f0106597_04192479.jpg




一番の食べ方は、生を薄切りにして茹でたパスタに混ぜること。
今回は、ニンニクとオリーブオイルとパセリで付け合わせにしました。実は、アントネッロはアレルギーでキノコが食べられなくなってしまったんです。なので、彼はほんのちょっと味見をしただけで、私がほとんど一人で有り難く頂きました。

感謝、感謝。


Commented at 2019-04-26 10:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mjmnomama at 2019-04-26 21:36
孫の一人がピーナッツアレルギーなんですが・・・・
きのこのアレルギーもあるんですね。きのこ全般ですか?
たくさんきのこ料理があるのに・・・・
私の弟は、きのこ全般食べません。匂いもだめみたいで、
スープもだめです。(汗)
彼の場合は、好き嫌い。アレルギーではないと思います。

私は、ピーナッツもきのこも大好き。でも今酷い花粉症です。(泣)
by lacasamia3 | 2019-04-26 04:20 | 山の食卓 | Comments(2)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho