父と娘

f0106597_02054031.jpg

3月19日は「フェスタ・デル•パパ」(父の日)でした。
うちのお祭り好きな高校生は、張り切って、zeppole(ゼッポレ)と呼ばれるお菓子を作りました。
元々、3月19日は聖母マリアの夫、聖ジュゼッペ(聖ヨセフ)の日であることに由来して、父の日になったそうです。この聖ジュゼッペの日に食べるのがゼッポレ。2年前はアントネッロが自分で作ってたっけ。
アントネッロが作ったゼッポレは揚げたもの。ユキは今回はオーブンで焼いていました。

いわゆるシュー生地を焼いたり揚げたりして、それにクリームを挟んで、上にアマレーナのシロップ漬けを飾ります。

f0106597_02054091.jpg



わはは、見た目は余り重視ではないのですが(笑)味は抜群でした。
最近は、ユキがお菓子を焼いたり料理をしていると、アントネッロも手出ししなくなり、好きにやらせています。後で、「ここはこうした方が良いんじゃない?」とかアドバイスはしているけれど、「美味しい」とも褒めてくれる。

ユキとアントネッロの関係は、父娘であり、音楽好きの友達同士でもあったりするようです。あと、ギリシャの哲学者の話とか、ラテン語の話は二人でめちゃめちゃ盛り上がる。たまに、アントネッロの欠点(自分が正しいと思うと頑なにそれを信じてしまう)を指摘したり。高校生になると親の限界がチラリと見えてしまったりするわけで、でも正面からそれを指摘しないのは(でもゆる〜くたまに言ったりはする)、ユキの父親としてのアントネッロに対するリスペクトと優しさゆえなのかもしれません。親だって人間だもんね。あと、昔日本でよく見た(今もあるのかな?)「お父さん臭い」みたいな潔癖性から来る娘の父親排除みたいなことはないです。あれは日本独自のものかもしれません。イタリアでは余り見ない。

やっぱり、根底にあるのは愛情とリスペクト、そして理解なのかな。夕食の時に、今日はこんなことがあった、あんなことがあったって、毎日お互い結構喋るから、相手がどんな日々を送っているのか、何を考えているのか、少しは家族の中で共有できていると思う。

そして、夜、自分の部屋に寝に行くときは、必ず私とアントネッロの頬におやすみなさいのキスをしてくれます。
アントネッロとユキは、たまに喧嘩もするけど、すぐに仲直りする仲良しさんです。

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





Commented by tawaraya at 2019-03-22 19:11 x
すてき!
Commented by take at 2019-03-24 09:10 x
最高!
Commented by africaj at 2019-03-24 22:47
ゆきちゃんは、嬉しそうに小鳥のさえずりのように、今日の出来事をおしゃべりするなーって思ってて、それを嬉しそうに聞くアントネッロの姿が印象的だったなあ。きっとずーっと変わらずなんだろうなって思ったな。
父と娘ってこんななのかなーって思ったのだけど、うちは母と息子じゃなく、やっぱり父と息子なのよね。友達関係。コンビニ行くのに、一緒に行こーってアントが誘って、一緒に買い食いしにいってるのよwたまに焼き鳥屋行って帰ってきたり。
Commented by lacasamia3 at 2019-03-25 06:07
tawarayaさん、なんだかねー、二人の世界があって楽しそうです。
Commented by lacasamia3 at 2019-03-25 06:08
takeさん、中学生の頃、ちょっと反抗期があったりしたけど、また仲良くなりました。喧嘩もするけど、すぐ仲直りします
Commented by lacasamia3 at 2019-03-25 06:10
africajさん、くうちゃんとアント、二人でしみじみ焼き鳥屋に行ったり、コンビニで買い食いしたりするの想像できる〜。
by lacasamia3 | 2019-03-22 02:33 | トスカーナ山暮らし | Comments(6)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho