パニフィカトーレと呼ばれる人たち


パニフィカトーレと呼ばれる人たち_f0106597_04180766.jpg


何だか最近、パンの話題ばっかりですが(笑)、年々、パン好きが高じて興味がやはりそちらの方に向いているようです。
ボランティアでやっている水車小屋の粉挽きが軌道に乗って、小麦粉を買いたい人だけでなく、自分が栽培した小麦を挽きに来る人から連絡をもらう事も増えました。

トスカーナには、panificatore(パニフィカトーレ)と呼ばれる人たちが居ます。
本業は農業の場合、自分で育てた小麦を粉にして、その小麦粉を使うのであれば、パンを作って売って良いというシステムがあるのです。私たちが住んでいるフィレンツェの北側でも、かなり山奥まで小麦を栽培する事が出来るようで、細々ながらパンを作っている人がいます。それぞれ売り先は個人のオーダーだったり、地元のオーガニック市だったり。

先日も、おらが村の土曜日の朝市で、以前小麦を挽きに来たレオナルドが自分が焼いたパンを売っていました。
パンを自分で焼いていると、他の人がどんなパンを焼いているか気になる(笑)。普段は外でパンを買う事はほとんどありませんが、興味があったので、半分分けてもらいました。

パニフィカトーレと呼ばれる人たち_f0106597_04180782.jpg
レオナルドは型に入れて高さを出したパンを焼いています。

パニフィカトーレと呼ばれる人たち_f0106597_04180757.jpg

生地の部分はフンワリと柔らかく、上手に発酵しています。天然酵母で、しかも古代小麦の全粒粉なのに、これだけ膨らむのは凄い!
噛むとじんわり粉の旨味が口の中に広がります。

パニフィカトーレと呼ばれる人たち_f0106597_04180705.jpg

関係ないけど、先日のラーラ。
水車小屋に連れて行っても、お部屋の中に入っちゃいけないのを分かってて入り口でじーっと待ってる。

明日の朝も水車小屋です♩


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


Commented by kotaro_koyama at 2019-01-20 22:10
こんにちは。小麦もこうして挽くとまた格別の風味があるんでしょうね!市販のパスタでも、中には小麦の風味がするやつがあって、多少割高でもそれを買っちゃいます。水車小屋万歳!
Commented by lacasamia3 at 2019-01-24 00:20
kotaro_koyamaさん、ウンブリア州は小麦の大生産地帯だからきっと良質の小麦が手に入るでしょうね。稼働している水車小屋もありそう・・・・。
by lacasamia3 | 2019-01-20 04:30 | 水車小屋物語 | Comments(2)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho