チッタ・ディ・カステッロでポルチーニ三昧

f0106597_07531125.jpg

アンギアーリに行ったら絶対外せないのが、車で更に15分程行った場所にある、サンセポルクロのハーブ博物館。
ここは、サプリメーカー、アボカが運営している博物館で、展示が凝っていてなかなか面白いのです。展示室のあちこちには乾燥されたハーブが置いてあり、実際に手で触る事が出来ます。

f0106597_07533505.jpg


私のブログで何度もご紹介したこのお部屋。毎度訪れる度に、天井からつり下げられたハーブの量と種類に圧倒されます。
サンセポルクロはレース編みでも有名な街で、ドゥオーモの近くにはレース編み協会の本部があり、定期的に市民が集まって伝統工芸を守るべく、レース編みの集いを行なっているようです。見てみたいな♩

Aboca Museum
Via Niccolo' Aggiunti 75, San Sepolcro
0575-733589
昼休み(13時〜15時30分)があるのでご注意下さい。



f0106597_07533582.jpg

そして更に20分程車を走らせると、チッタディカステッロという城壁で囲まれた小さな街があります。
お昼時にはひっそりとしている街ですが、いつも行くレストランに入ると、広いお店で席数もかなりあるのに店内は凄く賑わっていて、多くの人がワシワシご飯を食べています。

f0106597_08000598.jpg

トリュフとキノコのメニューで有名なお店です。
写真は、「どうせシンプルなブルスケッタだろう」と甘く見ていた前菜。奥のポルチーニ茸のせは、目が覚める程美味しかった!トーストしたパンにトマトと新もののオリーブオイルをたっぷり振りかけただけで何故こんなに香り高いのでしょう!素材だけで勝負するイタリア料理ってある意味ズルいです。

f0106597_07533509.jpg

プリモは勿論、ポルチーニ茸のタリアテッレ。
トスカーナ州からウンブリア州に入ると何故こんなにパスタがおいしくなるのかしら?


f0106597_07533548.jpg

そして、カットステーキ、タリアータにポルチーニ山盛り。
あああ・・・もう一切れ食べたい。秋を満喫したキノコ尽くしのランチでした。

Trattoria Lea
Corso Cavour 8F, Citta' di Castello
075-8521678


ティヴェリーナ渓谷ってそれ程有名な観光地ではないのですが、観光地化されていない良さがあります。
今回訪れた場所は以下のページでも紹介しています。
一度既にオルチャ渓谷は行かれた方で、イタリアでの手仕事が好きな人はこっちの方まで足を伸ばしてみるのも良いですね。









美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined





気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



Commented by akkii at 2018-11-12 14:23 x
ポルチーニ茸ファンとしては、素材だけで勝負するイタリア料理。ずるいけどやっぱり食べてみたいです!ちほさんのブログで行きたいところばかりが増えてます。笑。是非パートナーと訪れたいと思います。
by lacasamia3 | 2018-11-11 08:10 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(1)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho