ポレンタも石臼で挽きます


f0106597_08291299.jpg



ご存知の方も多いかと思いますが、北イタリアではトウモロコシの粉を練って作るポレンタという食べ物があります。
昔から水車小屋では、ポレンタの粉も小麦同様に挽いていました。


f0106597_08285195.jpg


先日、水車小屋でルイージお爺ちゃんがポレンタ粉を挽く為の準備をしていました。
大切に畑で育てたトウモロコシを乾燥させ、手動の機械で一粒ずつにします。

f0106597_08291912.jpg
準備万端。

f0106597_08335199.jpg


水車小屋には2台の石臼があり、いつも小麦を挽くのに使うのは左側の石臼。今回は右側のを使います。
大体機能は殆ど同じで、ちゃんと回りますが、下のタービンの軸の支えの部分(コマの先っぽみたいな部分)が僅かにずれているそうで、何れその修理を行なう必要があるそうです。

f0106597_08360906.jpg


使い方も同じですが、唯一、トウモロコシは落ちる時に跳ね返って外に飛び出てしまうので、真ん中に植木鉢を逆さまにしたものを急遽付けました。


f0106597_08371398.jpg


そして挽けたのがこちら。
小麦同様に、ふるいにかけて少し細かくします。
どんな味がするのか楽しみ♩


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪








by lacasamia3 | 2018-11-02 08:39 | 水車小屋物語 | Comments(0)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho